先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

4410 第35回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山予選〜その1!

小学3年生の生徒さん。

 

彼女が初めてレッスンに来てくれたのは、今から約3年半前のこと。

 

彼女はまだ保育園の年中さんで、5才になったばかりの頃のことでした。

 

小さかったのですがよくお話が聞けて、お家でも頑張って、先に始めていた同学年のお友だちをあっという間に追い越して、、、。

 

、、、と思ったら!

 

ここのところ「ちょっと休憩」的な雰囲気になって、のんびり進んでいたのですが、

 

子:「コンクール出たい」

 

僕:「ほほう!」

 

ちょっぴり驚きもありましたが、それ以上に嬉しくもあって、

 

僕:「じゃあ、お家の人が『いいよ』って言って下さったら挑戦してみよっか」

 

子:「うん!」

 

で、本当に挑戦することになりました。

 

しかしっ!

 

お家で練習を頑張ることからちょっぴり遠ざかっていた彼女は、なかなか練習に取り組むことが出来ず、僕からも、

 

僕:「出来ないのはいいんよ。でも、やらないのは良くないかもよ」

 

子:「うん」

 

僕:「成功するまでは全部失敗なんやから、その失敗は成功への階段の一つずつやからいいと思うんよ。でも、失敗もしないのはもったいない気がする」

 

子:「うん」

 

僕:「出来ない理由を考えるよりも、出来る方法を考えたら出来るかも!」

 

子:「うん」

 

、、、「うん」と言ってはくれるものの、なかなか頑張れない彼女。

 

ふにゃふにゃした状態が続きましたが、本番直前、ちょっとだけ頑張れるようになりました!

 

そして臨んだ第35回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山予選、ピアノ部門小学3・4年生の部。

 

小学3年生の彼女、

決して高得点ではありませんでしたが、予選通過!

 

でも、このままでは次の本選では厳しいことになります。

 

僕:「本選、どうしたい?」

 

子:「全国(大会)いきたい」

 

僕:「うん!行けるかも知れない方法があるけど、わかるかな?」

 

子:「れんしゅうがんばること?」

 

僕:「おりこうさんや!で、本当に頑張れたらもっとおりこうさんやで!」

 

子:「がんばる」

 

彼女が本当は元々持っているはずの、彼女の強い「頑張り力」!

 

その輝きを放つことが出来るように、僕は応援がんばります(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4409 食料っ!

レッスンに通って来て下さる生徒さんたちを毎日迎えてくれている、山本あきひこのぴあの教室のグリーンたち。

 

葉っぱが綺麗なものや花が綺麗なもの、全体の姿が優しい雰囲気のもの、生徒さんたちが遊んでくれそうなものなどなど、色んな基準でキャラが被らないように選んでいます。

 

中には食料兼用のものもあり、、、(笑)

 

今年植えた「食料兼用のなかまたち」の中の一本、甘ししとうが、

植えてから約1か月半、早くも実を付けてくれました!

 

中に2本、もう、

食べごろっぽい実があったので、

収穫っ!

 

うちの神棚にお供えしてから洗って、ぬか床に入ってもらいました。

 

 

ししとうと言えば、、、。

 

子どもの頃から大好きで、でもまだ人生経験少なかった学生の頃、その中に時に激辛のものがあると知らず、バーべーキューをしていて思いっきりしっかり食べたものが激辛で、それはその後も含めて今のところ僕の人生の中で最も激辛の経験!

 

バーベキューをしていた高知の山の中でヨダレが止まらなくなるほど悶絶、絶叫、友だちみんなに爆笑してもらえた楽しい思い出があります(^O^)/

 

 

信じて選んだ「甘ししとう」。

 

ぬか床の中で、さらに美味しくなれよ〜(^O^)

| やまもとせんせい | 我が家の食卓 | comments(0) | - |

4408 夏色の光の中へ!

この夏も夏真っ盛りの時期に計画している「山本あきひこのぴあの教室・新山の学校2018in三瓶山」。

 

おかげさまで10周年の第11回目になります。

 

最寄りのコンビニまで20km以上あるという、国立公園三瓶山の標高600mに広がる真夏の三瓶高原の大自然の中、違う学年や違う学校の生徒さんたち同士、ひたすら遊んで来てもらう山本あきひこのぴあの教室ならではの自慢の特別企画です!

 

今までののべ参加者は、夏と冬合わせて約480人。

 

山の学校が10周年を迎えるこの夏に参加して下さる生徒さんは、みんな節目の500人目の参加者!

 

これは、今まで参加して下さった生徒さんたちみんなはもちろん、大切なお子さんを預けて下さった保護者の皆様はじめ目的地の国立三瓶青少年交流の家スタッフの皆様、星空観察で訪れる島根県立三瓶自然館サヒメルスタッフの皆様、往復の安全安心と快適を約束して下さるバス会社の皆様、帯同して下さるカメラマンさん、帰り道に寄るアイスクリーム屋さん、、、。

 

他にも多くの皆様のお力とお心とのおかげで続けることが出来ています。

 

この場をお借りして本当にありがとうございます!

 

 

この夏のお申込用紙を先週お配り始めました。

 

締め切りは来月中頃なのですが、昨日早速、

記念の10周年、新山の学校お申込み第1号っ!

 

満面の笑み!

 

彼女はつい先日、彼女が通う小学校の山の学校にも行って来たところなのですが、

 

子:「ピアノ教室の山の学校の雰囲気が好き」

 

僕:「ありがとう!」

 

って教えてくれました。

 

この夏も生徒さんたちのたくさんの笑顔の輪と歓声が、青空に遠く入道雲沸き立つ三瓶山の大自然の中に広がりますように(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜夏〜 | comments(0) | - |

4407 ウソでした!

きっかけは、当時小学校低学年の生徒さん(今はもう大学生!)のお母さんに「山本先生もいかがですか?」ってお声をかけて頂けたことでした。

 

それは、月に一回、地域の小学校の朝読書の会の時間に1〜3年生の教室にお邪魔して絵本の読み聞かせをするボランティア。

 

その頃のボランティア活動のタイトルは「お話おかあさん」でした。

 

お母さんではなかったのですが混ぜて頂けて、それが思いの外楽しく、毎回「次はどんな風に笑ってもらおうかな」って考えるようになり、、、。

 

そう!

 

僕は絵本の読み聞かせにも笑いを求めたい大阪人!

 

 

1年目は全7回中、2回参加させて頂けました。

 

それが2年目からはずっと全7回参加させて頂けるようになり、先日のブログで「もう10年以上続けて、、、」と書いていたのですが、、、。

 

ウソでした!

 

今、念のために調べてみると今年で9年目。

 

、、、まだまだ10年には届いておらず、、、。

 

すみません(ToT)/~~~

 

 

そんな絵本読み聞かせボランティアに参加させて頂けることになった9年目の今年度。

 

昨日、その打ち合わせがあり、僕も打ち合わせに出席しました。

 

僕の他にもボランティアの方が数名おられ(高学年のお子さんのお母さん)、各クラスの保護者の方が入れない日にボランティアが入ります。

 

幸い、

今年も全7回、参加出来ることになりました!

 

これはとっても嬉しいです!

 

今年も新たな笑いを求めて!

 

小学校のクラスの子どもさんたちに朝から元気いっぱい笑ってもらえるようにがんばります(^O^)/

| やまもとせんせい | おまけ話 | comments(0) | - |

4406 実力を見せる時!

先日レッスンに来てくれた中学3年生。

 

彼が初めてレッスンに来てくれたのは、彼がまだ幼稚園児の頃のことでした。

 

もうすぐ1年生になるタイミングでレッスンに来てくれた彼でしたが、小さい男の子に珍しくお行儀よく、お話も聞けて、もちろんごあいさつもバッチリ!

 

山本あきひこのぴあの教室の彼の同学年軍団たちはピアノコンクールで活躍する子たちが割と多く、コンクール入賞経験者が6人いて、その中に全国大会経験者が5人、その全国大会経験者の中に全国大会で何らかの賞を頂いたことがある子が4人、全国大会第1位に輝いた経験がある子も実はいます。

 

彼もコツコツピアノを頑張ってくれているうちに少しずつ上達、コンクールに挑戦してみることになりました。

 

しかし落選っ!

 

でも明るく未来向きな彼は、翌年リベンジに挑戦っ!

 

しかし、あとほんの少しで落選っ!

 

子:「俺、ピアノ向いてないのかなぁ、、、」

 

僕:「好きこそものの上手なれ!」

 

でも、学校のピアノ伴奏になることも無く、、、。

 

もとは色白だったはずの彼は中学校に入って部活のテニス部で真っ黒、っていうか、こんがりとしたかりんとうみたいな濃いブラウンに変身しつつ、ピアノはずっと続けてくれて、時々楽譜は忘れつつ、、、(笑)

 

そんな彼が、

 

子:「あの〜、、、」

 

僕:「ふむふむ」

 

子:「伴奏になった」

 

僕:「ほっほう〜!」

 

子:「文化祭の合唱大会の課題曲(旅立ちの日に)の伴奏をやる人がいなくて、話し合いの時にクラスのみんながシーンってなりかけたときに、『そう言えば○○(彼のこと)ピアノやっとんじゃね?』的なことを言うやつがいて、、、(汗)」

 

僕:「それはうれしいじゃん!」

 

子:「それでやらねばならぬ的空気になって引き受けた」

 

僕:「かっこいいな!」

 

子:「それで、早めに練習しときたいから楽譜ありますか?」

 

僕:「もちろん!」

 

で、

早速譜読みを始めた彼は、いよいよその実力をみんなの前で見せる時がやって来ました!

 

がんばろな〜(^O^)

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

4405 山あり谷あり10周年っ!

彼女が初めてレッスンに来てくれたのは2008年6月4日、虫歯予防デーの日のことでした(笑)

 

今からちょうど10年前のことになります。

 

一人っ子で、ちょっぴりわがまま系だった彼女は、打たれ弱さも併せ持ち、小さい頃は参加してくれた山の学校でも実はお友だちと小さなトラブルが頻発する子でした。

 

彼女が小学4年生の時に登った三瓶山では、登りから既に怪しかったのですが下りで心が折れて、標高1050m地点から登山口のある標高600m地点まで、当時もう背が150cmくらいあって体重もそれなりになっていた彼女を僕がおんぶして、僕の登山用装備と彼女の荷物とそして彼女とを合わせて50kg分以上を背負って下りたこともありました。

 

でも、その後の人生の中で、幸いにも彼女は大人になる前にいくつもの辛いけれど、苦しいけれど、大変だけれどっていう経験をし、その時間をきちんと受け止めて人間的に大きく成長っ!

 

この春から自ら選んだ高校の中で自ら選んだ部活に入って、自ら選ぶ人生の充実した時間を謳歌(おうか)しています。

 

その結果!

 

子:「せんせ〜、成績やっべえええ〜!」

 

僕:「うん、素晴らしい下り坂に乾杯っ!」

 

子:「あははは〜って、笑えんのよ!」

 

僕:「ほんまやな!」

 

っていう、人生のピンチを迎えつつもあるようですが、無事にピアノ10周年を迎えました。

 

彼女からは特に色のリクエストが無かったので、こちらで彼女のイメージでチョイスしたベイビーGをプレゼントしました。

 

表情豊かな彼女なので、以下スライドショーで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子:「うち、これちょー気に入った!この色ちょーかっこいい!」

 

僕:「良かった!ありがとう!」

 

子:「毎日学校にしていくわ!」

 

僕:「ぜひぜひ!」

 

彼女が進む未来の時間が、大きな大きな青空のように広がっていきますように(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノ10周年達成っ! | comments(0) | - |

4404 どんぐり太郎!どんぐり次郎!

今年のバレンタインのお返しに、生徒さんたちに8粒ずつプレゼントした、食べられるどんぐり(マテバシイ)のタネ。

 

なかなか、「芽が出たよ〜」のお知らせがまだ少なく、僕も16粒植えてみたのですが、まだ一つしか芽を出してくれず、ちょっと心配していました。

 

そんな一昨日。

あっ!

 

のんびりと、どんぐり第2号が芽を出してくれました!

 

元々暖かい地方の木らしいので、土が乾かないように気を付けていれば、これから芽が出るのかも知れません。

 

うちの廊下の、

どんぐり太郎とどんぐり次郎です(^O^)

| やまもとせんせい | 植物たち | comments(0) | - |

4403 ヘタ!

昨日、ふと見ると、玄関の日よけにと中庭に植えているキュウリが、なんとなく、

 

キ:「水くれ〜」

 

僕:「わかった!」

 

ということで、水をやりに行きました。

 

すると!

 

3株植えた中に1本だけですが、見事に食べ頃に育ったキュウリを発見!

 

水をやってから、

 

僕:「ありがと!もらうね〜」

 

キ:「いいよ〜」

 

っていう感じで、はさみでパチンと収穫し、洗ってから神棚にお供えして、

 

僕:「そうだ!ぬか漬けにしよう!」

 

と、冷蔵庫からぬか床を出して、軽くかき混ぜてからキュウリを埋めました。

 

僕:「あ、しまった!」

 

今年のキュウリ第1号の写真を撮るのを忘れたので、

ヘタだけ(笑)

 

ぬか床の中で更に美味しく変身中のはずのキュウリ。

 

数日後の楽しみが増えました(^0^)

| やまもとせんせい | 我が家の食卓 | comments(0) | - |

4402 夢のおはなし!

中田喜直さんの子ども向けの作品「夢のおはなし」。

 

僕は大好きです。

 

 

昨日レッスンに来てくれた中学1年生。

 

進学校としても有名な中高一貫校に合格、その中等教育学校入学と同時に、未経験のバスケ部に入部。

 

広がる世界、生活時間帯の変化、周りから求められるもの、自分がやりたいこと、、、。

 

様々な変化に戸惑いつつ、ピアノは来春で10年になります!

 

そんな彼女とこの夏の山の学校のことから寝相の話になって、夢の話に着地しました(笑)

 

子:「すっごい怖い夢を見たことがあるんよ」

 

僕:「怖い夢って見たくなくても見るんよなあ」

 

子:「強盗に追いかけられる夢」

 

僕:「それ、なんかリアルやな!」

 

子:「あたしが強盗に追いかけられてて、その強盗を警察が追いかけてて、その警察を追いかけてる人がいて、、、」

 

僕:「なんか、そこだけ絵本やな(笑)」

 

子:「でも、あたしはもう必死に逃げてたんよ、、、」

 

僕:「夢の中って、なんか上手く走られへんことない?」

 

子:「ううん。めっちゃすごいスピードで走れとった」

 

僕:「なんかなめらかでええなあ」

 

子:「もうめちゃくちゃ走って、必死に走って逃げて、、、」

 

僕:「うんうん。夢の中って疑うことなく必死になるもんなぁ」

 

子:「それで最後、『すとーん』ってあたしが落とし穴に落ちたんよ」

 

僕:「オチ付きやんっ!」

 

 

そんな夢いっぱい、希望いっぱいの中学一年生の、

夢のおはなしでした(^O^)

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

4401 セブンイレブン「釜揚げしらすの御飯」!

この春から始まった、週2回の大学勤務。

 

学生さんたちはみんな生き生きされていて、僕にとっては新しい発見や楽しいことばかりなのですが、その中の本当に小さな個人的一つがお昼ごはん。

 

いつも大学の近くにあるセブンイレブンで選んでいます。

 

、、、ここの所、季節ごとにちょっとずつ変わる季節のお弁当が無いのが残念っ!

 

ではあるのですが、のり弁だったり幕の内だったり、楽しんでします。

 

 

昨日は、朝、ちょっと早めに出て、早島の吉野家で、

 

僕:「牛丼Aセットください」

 

店:「かしこまりました」

 

で、朝ごはんを食べ、ついでに吉野家の隣にあるセブンイレブンに寄って、昼の弁当を、、、

 

無いやんっ!

 

昨日は本当に見事なまでの売り切れっぷりで、ようやくゲット出来たのが、

「釜揚げしらすの御飯(愛媛県産しらす使用)」・・・340kcal。

 

、、、めっちゃヘルシーやん。

 

迷っている暇はなかったので、

二つゲット!

 

なので、昨日は、この景色を眺めながら、

「うおぉぉ〜、メインのおかずが海苔の佃煮って、どこまでヘルシーやねん」ではあったのですが、釜揚げしらすは確かに美味しくて、「うん、これはこれで結構ありやな〜」になりました。

 

ちっちゃい弁当二つも、これからは候補に入れようと思ったのでした(^O^)/

| やまもとせんせい | 大学 | comments(0) | - |
profilephoto
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS