先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

4346 蛤(はまぐり)のお守り!

ちょっと前のことになりますが、、、ライト

 

この春休み、徳島県南部の海沿いの街に住んでおられる自分のおじいちゃん、おばあちゃんのお家へ遊びに行っていた新小学4年生の生徒さんが、

 

子:「これ、おまもり大吉

 

僕:「え?」

 

子:「徳島に行ってはまぐりを採って、それを洗って、、、」

 

僕:「自分で作ったの?」

 

子:「うん!中には塩が入っとる。塩って、悪いものから守ってくれるって」

 

僕:「そうなんだ!これはうれしいなあ!」

 

子:「はいどうぞハート

 

で、彼女がくれた、

彼女手作りのはまぐりのお守りtaiyougoki

 

とっても嬉しいのでしたラッキー

| やまもとせんせい | おまけ話 | comments(0) | - |

4345 落語家、桂文五郎さん!

前々回、一昨年2016年の山本あきひこのぴあの教室・第15回演奏発表会から出演して下さっている桂文五郎さん♪

 

あの桂文珍さんの約30年ぶりお弟子さんにして、上方落語協会に所属される本物の落語家さんです。

 

「出演」と言っても、ピアノではなく、落語ライト

 

開演時と、途中休憩のあとにそれぞれ一席ずつ、合わせて二席、噺(はなし)をして下さっていて、今年も来て下さることになりましたわーい♪

 

きっかけは、まだ文五郎さんが修行中だった頃、山口県長門市で行われた桂文珍独演会の前座として一席されたのがとっても面白かったので、僕が直接上方落語協会に電話して協会の方とお話しして、協会の方が桂文珍に取り次いで下さって、文珍さんがまだ修行中の文五郎さんに「そんなええ話、行ってこい!」って許して下さったことが始まりです。

 

今、上方落語の若手ホープとしてたくさん高座に出られるようになって、日に日に人気が出て忙しさを増しておられる様子も嬉しく!

 

山本あきひこのぴあの教室のちびっ子たちの中にも「ぶんごろーさん;」って言って、覚えてくれている子や、文五郎さんの生落語を聴いたことがきっかけで落語ファンになった子もチラホラねっ

 

文五郎さんはもともとのお人柄も明るい方で、個人的にお話ししていてもとても楽しく、明るい気持ちになれます↑↑

 

今年も、

大阪から遥々、山本あきひこのぴあの教室の発表会のためにビックリ!!

 

落語家桂文五郎さんの噺は、14時の開演時と、16時30分ごろの途中休憩のあとです。

 

もしお時間よろしければ、ぜひ文五郎さんの落語も聴きに発表会会場、ゆるびの舎へいらしてください;

 

よろしくお願いいたします福助キラキラ

| やまもとせんせい | 発表会 | comments(0) | - |

4344 高知県馬路村から!

いよいよ今週の土曜日に近づいた、山本あきひこのぴあの教室・第17回演奏発表会♪

 

昨日、会場打ち合わせを済ませ、14時の開演時と第3部開演前の16時30分ごろの二席、落語をして下さる落語家の桂文五郎さんとも打ち合わせが出来て、着々と準備が進んでいます大吉

 

そんな中、

高知県馬路村にあるエコアス馬路村から荷物が届きました指

 

二つの荷物の中身は、、、。

 

山本あきひこのぴあの教室の発表会で、2008年以来毎年おみやげに採用している杉の間伐材で作られた木のうちわ第17回発表会モデルうちわと、今年は3人の生徒さんが迎える発表会10回目表彰用と、山の学校と雪あそび合わせて10回参加になった生徒さん用の、やはり高知県馬路村の魚梁瀬杉で作られた天然杉の額入り木の表彰状(中身は手書きで、一人ずつに合わせてこれから書きます)です筆

 

今日は朝から15時まで大学勤務のあと、16時から23時までは山本あきひこのぴあの教室のレッスンです日本

 

学生さんたちも、生徒さんたちもみんな元気にレッスンに来てくれますようにラッキー

| やまもとせんせい | 発表会 | comments(0) | - |

4343 ヘルシーなアイデア!

昨日の朝、ご飯を炊く前にふと思いつきました大吉

 

「そうだ!精米機にかけるのもいいけど、玄米のまま炊いて食べたら、手間もいらないし、精米の時間もかからないし、何よりヘルシーっぽい気がするライト

 

そこでびっくり

 

玄米のまま、ご飯を炊いてみることにしましたにこ

 

「ふむふむ、玄米のままだと、コメを研ぐときに水と馴染みにくいのか、、、」

 

知らないことだらけの僕、山本マリオ

 

どうにか玄米のまま、コメを研いで、愛用している25穀米を一さじ加えて、水を入れて、炊飯器のスイッチをオンちからこぶ

 

炊き上がりに通常の倍、1時間半かかることという事実、発覚っnew

 

「精米したほうが速かったやんぶー

 

炊飯器のスイッチを入れてから1時間半、ようやく、

あと3分の表示が出て、ほどなく、

炊き上がりやかんさん

 

見た目は、

いい感じですキラキラ

 

いざ、実食っ日本

 

「もしゃもしゃで硬いやんっぶー

 

これはこれで美味しいけれど、やっぱり白米の方が好きなのでしたポッ

| やまもとせんせい | 我が家の食卓 | comments(0) | - |

4342 岡山学芸館高校吹奏楽部スプリングコンサートのお知らせ!

昨年度、全日本吹奏楽コンクール全国大会で見事金賞を受賞、ノリにノッている岡山学芸館高校吹奏楽部♪

 

そのスプリングコンサートのご案内を頂きましたはなまる

来たる5月4日(祝・金)、13時15分開場、14時開演で、岡山シンフォニーホール大ホールが会場ですおんぷ

 

吹奏楽が好きな方はもちろん、まだあまり吹奏楽を聴いたことが無い方もぜひビックリマーク

 

山本あきひこのぴあの教室にも、同校吹奏楽部の子がいるので、僕も聴きに行こうと思いますライト

 

よろしくお願いいたしますラッキー

| やまもとせんせい | 音楽や芸術のお話 | comments(0) | - |

4341 今年の発表会!

春の時期、なんとなく生徒さんたちみんな忙しそうな雰囲気になって来たことを感じて、お試しで夏休み7月末に行ってみた前回の第16回・山本あきひこのぴあの教室演奏発表会py

 

、、、みんな夏はもっと忙しかったのでした笑う

 

そこでっわぁお

 

今回の第17回から、山本あきひこのぴあの教室では発表会を再び春開催に戻すことになりました桜

 

ということはたいよう

 

いつもなら12ヵ月ある発表会と発表会のインターバルが、今回は前回発表会からわずか9か月っビックリ!!

 

この「12ヵ月」と「9ヵ月」の3か月の差は生徒さんたち、結構大変だったみたいで、、、やかんさん

 

でも、いよいよ、

来週になりましたわーい♪

 

山本あきひこのぴあの教室の演奏発表会は教室以外の方に聴いて頂く事もオッケーで、毎年、色々な他のピアノ教室や音楽教室の先生方も聴きに来て下さっているとお聞きしています。

 

その際に、山本あきひこのぴあの教室では生徒さんたちはもちろん、保護者の皆さまにも本物のクラシックコンサートと同じ客席マナーを、

お願いしています。

 

ですので、もし会場まで聴きに足を運んで下さる場合は、どうか客席マナーへのご協力をよろしくお願いいたします。

 

開演時の14時と、休憩後の16時30分ごろの二回、本物の落語家の桂文五郎さんが来て下さっての落語もあります。

 

発表会の緊張感の合間のホッとするお時間は、ちびっ子たちも喜ぶ楽しさok

 

大切なお子さまの春からのピアノ教室探しをされている親御さんがおられましたら、百聞は一見に、ではないのですが、山本あきひこのぴあの教室の雰囲気を一番感じて頂ける場かと思います。

 

もしよろしければ、ぜひっハート

 

山本あきひこのぴあの教室の本当の雰囲気や、最初は本当に簡単な曲を弾いている幼稚園や小学校1,2年生のちびっ子たちが、それから2,3年後には急激に上達して、中学生になっても伸び続けて、高校生になっても大学生になっても楽しく続けていられる秘密を、出演してくれる生徒さんたちの演奏や、休憩中などの生徒さんたちと僕とのやり取りの様子などなどから体感して頂けるかも知れませんねっ

 

たくさんのご来場を、会場でお待ちしていますおんぷ

 

もし聴きに来て下さった時には、ひと声かけて下さると更に嬉しいです↑↑

 

今年の発表会もよろしくお願いいたします福助キラキラ

| やまもとせんせい | 発表会 | comments(0) | - |

4340 新小学4年生、新学期の夢!

レッスンに来てくれた、新小学4年生の生徒さんpy

 

彼女は、最初、本当にお話が聞けなくて、ピアノは本当にレッスン中グダグダだったのですが、去年の発表会くらいから徐々に変化が表れ始めましたライト

 

それは!

 

自分が納得できる説明をしてもらえたら、自分の良くなかったことを反省出来るようになったみたいなのですはなまる

 

これは大きな大きな進化矢印

 

嬉しいですおんぷ

 

 

そんな彼女が、

 

子:「あんなぁ、うち、大きくなったら小学校の先生になりたいんよ」

 

僕:「夢があるって素敵じゃなあ」

 

子:「だからピアノもがんばる」

 

僕:「小学校で『こんな先生になりたい!』っていう憧れの先生がいるのかな?」

 

子:「ううん?その逆!」

 

僕:「え?」

 

子:「前の先生が、本当に自分の気分だけでイライラしたり、怒鳴ったり、機嫌がいい日は調子よくって嫌じゃったから」

 

僕:「それは大変やったな〜。その先生も、何か辛いことでもあったのかな?でも、なんでその理由で?」

 

子:「その先生よりもっといい先生になって、見返してやりたい!」

 

僕:「それもありか!」

 

そんな夢を語ってくれた彼女は、

発表会の仕上げをとっても頑張っていましたラッキー

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

4339 来年の発表会!

春の社会科見学夏の山の学校秋の球技大会冬の雪あそび、その他時々企画するイベントなどなど矢印

 

生徒さんたちからもらえた「こんなことしたい!」とか「これやって!」リクエスト+僕が「これやってみたい!」やってみたい!とか「こんな経験してもらいたい!」を次々と実行した結果、山本あきひこのぴあの教室は、一年中楽しいイベントをしているピアノ教室になりました楽しい

 

そのイベントの全ては自由参加で、ほとんどがアウトドア、または、体動かす系ですヨロシク

 

そんな山本あきひこのぴあの教室で一番大切で、一番多くの生徒さんが参加して下さるのが発表会ok

 

最初は夏休みに入ってすぐくらいの時期の開催で、でも、その内みんな夏休みが忙しくなって来て10年ほど前から春開催に移行。

 

でも、当時は比較的空いていた春の時期にも部活の大会や、10年前は5月が多かった各学校の宿泊研修が四月になったりでみんな忙しくなって、昨年、試しに発表会を夏開催に戻してみました。

 

するとやかんさん

 

みんな、夏はもっともっと忙しかったっマリオ

 

っていうわけで、今年からまた春開催に戻したのですが、なので来年以降も春開催にすることにして、先日、

無事に来年春の発表会の会場予約が出来ましたnew

 

次々回、来年の発表会は平成31年4月14日(日)、会場は18年連続になる早島町町民総合会館ゆるびの舎文化ホールですok

 

ちょっと気が早いですが、来年の発表会もよろしくお願いいたしますおてんき

| やまもとせんせい | 発表会 | comments(0) | - |

4338 卒業生、母校に帰る!

それは先月末のことライト

 

東京への生徒さんたちのコンクール遠征と、その後の東北への春の社会科見学の準備をしていた時。

 

あるご連絡を頂きましたやかんさん

 

それは、僕にとってはあり得ないお話しで、有難いお話しで、まさに青天の霹靂(へきれき)やかんさん

 

その後、メールやお電話での打ち合わせ、実際の面談を経て、、、。

 

結果、この春から、母校、くらしき作陽大学に通うことになりました。

 

教える側ですやかんさん

 

 

出勤日になっても、

 

学:「やっぱり無しでした〜」

 

僕:「ですよね!でもありがとうございます!」

 

的なお話になるのではないかと、半信半疑どころか、0信10疑で出勤初日の当日を迎えても「やっぱり無しで」っていう連絡は無かったので、その日ちょっと早めに実際に大学に行ってみて、するとちゃんと勤務することになっていて、僕が学生の頃からお世話になっていた事務のKさんも「あきひこ〜よう来たなあ!よろしくな〜」って迎えて下さったのでした。

 

レッスン室の鍵を受け取り、レッスン室に行って窓を開けて懐かしい景色を眺めていると、僕が受け持ちになる大学新一年生の学生さんたちが「おはようございまーす!」って登場し、、、。

 

最初なので、レッスンではなく、受け持ちの学生さんたちと自己紹介やピアノレッスンの状況などをお聞きして、、、。

 

みんなえらい笑ってくれて、とりあえず一安心でしたok

 

 

それから二日後の昨日、今度は初日とは別の3・4年生の学生さんたちとの顔合わせがあって、そちらも無事にレッスンが始まりそうで、一安心しました。

 

僕の受け持ちは、小学校の先生を目指す学生さんと、保育士さんや幼稚園の先生を目指す学生さん合わせて24人!

 

 

僕は学生時代、決して優秀な学生ではなく、授業はたくさんさぼっていました。

 

当時の同学年ピアノ科百数十人中、卒業試験ではピアノ実技ではたまたま3位で上位という事になり卒業演奏会にぎりぎり出演は出来ましたが上に1位と2位がいましたし、もっと器用にこなせる同級生もいっぱいいました。

 

なので、お話しを頂けることがあるとは夢にも思わず、、、。

 

でも、実際に始まった大学勤務は、

この窓の外の懐かしい眺めと共に、楽しく充実!

 

急なお話しなので、半期になるのか一年になるのかもわからないのですが、僕にとったら貴重なこの経験を山本あきひこのぴあの教室の生徒さんたちにも、大学の学生さんたちにも、何でもいいからプラスなものとしてお伝え出来たら嬉しいですわーい♪

 

二足の草鞋(わらじ)、がんばりますラッキー

| やまもとせんせい | おまけ話 | comments(0) | - |

4337 咲いた咲いた!

きっとみんなが知っていて、多くの人が唄ったことがことがありそうな童謡のひとつ「チューリップ」♪

 

今から80年以上も前の昭和7年に作られたんだそうですライト

 

、、、それはさておきnau

 

 

母が冬の間に球根を植えておいてくれたうちの中庭のチューリップが、

カラフルに咲きましたチューリップ

 

玄関の窓の外、

いい感じおんぷ

 

窓の内側の丸いのは、

この春の社会科見学で作った盛岡こけしのアンパンマンアンパンマン

 

順調に春が進んでいますラッキー

| やまもとせんせい | 植物たち | comments(0) | - |
profilephoto
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS