先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

4394 お弁当の日!

岡山市内やお隣の倉敷市の6つの中学校から集まってくれている山本あきひこのぴあの教室の中学生軍団たち。

その一つ、うちからお隣のお隣の学区の中学校から通って来てくれている中学1年生の子。

水泳が得意で、本当は水泳部が良かったけれど無かったのでバレーボール部に入った彼女。

​彼女たちが通う中学校には年二回「お弁当の日」というのがあるんだそうです!

​この日は、子どもたちが自分でお弁当を作って中学校に持って来てお昼に食べるんだそうで、、、。

​そのお弁当の日の今年度第一回目が先日あったと、自作のお弁当の写真をお母さんがコソッとその力作の写真を送って来て下さいました。

それが、

​これっ!(写真掲載本人了承済み)

​「タコウィンナーの足が折れたんよ(笑)」(本人談)とは言え、これは中学1年生当時の僕には絶対不可能なクォリティ!

​僕:「これ、絶対美味しそうじゃん!」

​子:「まぁまぁかな」

​僕:「男子たち、結構『茶色一色弁当』とかになって苦戦してたりとか」

​子:「ううん!それが違うんよ!男子のお弁当、結構みんな気合入ってキレイじゃったんよ」

​僕:「今どきの子たちってすごいなぁ(汗)」

​子:「うちも驚いた(笑)」

旧山本少年にはこのクォリティは無理だったかもしれませんが、あったらあったで楽しそうでいいなあって思ったのでした(^O^)

| やまもとせんせい | 食いしん坊! | comments(0) | - |

4372 ずっと気になっていた、、、!

僕にはいくつか気になっているお店がありますライト

 

、、、そのほとんどはいわゆる「B級グルメ」ですがやかんさん

 

その一つに昨日、初めて行ってみましたnew

 

岡山市北区大安寺のホームセンタータイムから隣接のアミーゴ側へ抜けて、岡山大安寺中等教育学校方面へ出てすぐのところにある、

セルフうどん屋さんやかんさん

 

こちらのお店、個人営業っぽくて外観はなんとなくちょっとくたびれた風なのですが、お昼時に通りかかるといつも必ず満車!

 

車が入れないほどお客さんが来ていて、しかも、もう何年もその状態が続いています。

 

、、、もしかしたら、とっても美味しいのかも。

 

昨日の昼下がり、運動がてら自転車で行って来ました。

 

14時過ぎの店内には先客は無く、とりあえず、

 

僕:「かけうどん、3玉出来ますか?」

 

店:「あ、出来ますよ」

 

僕:「お願いします」

 

店:「はい、どうぞ!」

 

で、出てきたうどんは、、、。

 

見た目、ふにゃふにゃっぽく、少々平たい感じの太麺で、「これはしまった!ぶにょぶにょっぽい、、、あせ」って思ったのですが、気を取り直して、ナス天とゲソ天もチョイスして、お会計へ。

 

店:「ゲソは切りますか?」

 

僕:「あ、お願いします」

 

ということは、ゲソが堅い系なのかな。

 

で、お会計の後、自分でダシをかけて、刻まれたダシを取ったあとらしい昆布ものせて、あと雑節ものせて。

 

客席に手を洗う洗面台があるので、手も洗って、、、。

 

いざ実食。

 

 

 

うまいっ!!

 

 

 

これはとっても美味しい!!!

 

見た目ぶにょぶにょのはずだったうどんは、実は活きていて、コシがあり歯触りも良く、ということはのど越しも良く、しかも、表面がちょっとふやけた感じになっているおかげかダシのからみも抜群っ!

 

ナス天を噛んだ時に染み出す、茄子の香りをまとった油の香ばしいこと!

 

ゲソ天はなるほど、確かに硬いですが、これはこれでゲソのうま味を吸った衣がうまい!

 

お店の人も親切です!

 

お店の名前は知らずに入ったのですが、

セルフうどん「まんてん」さん。

 

満点でしたラッキー

| やまもとせんせい | 食いしん坊! | comments(0) | - |

4201 久しぶりの大好物!

昨日は朝からレッスンをしていたのですが、お二人目の体験レッスンのお子さんが帰られた後、夕方まで少し空き時間があったので、ひとつ用事を済ませに倉敷の中庄まで車で往復して来ました車

​その帰り道、もう15時半ごろではあったのですが、中庄の川崎医大前にある王将(京都王将)に寄って、遅めの昼ごはんになりましたフォークとスプーン

​お店に入るまでは、「中華飯にしよっかな〜モグモグ」、「いやいや、天津飯もおいしいしモグモグ」、「ラーメンも捨てがたいぞ〜モグモグ」と思っていたのですが、かわいいお姉さんに「メニューがお決まりになりましたらボタンでお呼びください」って渡されたメニューを見て、、、patipati

​「あっ!揚げそばがあるっ!」

​揚げそば(長崎の皿うどん)が僕は子どもの頃から大好きでした。

あの、最初パリパリした麺がやがてとろみの付いたあんのうまみを吸ってふにゃふにゃになって、揚げた麺の香ばしさとあんのうま味の合わさった絶妙で、食べ始めと後半であんに溶け出した野菜のうま味も加わって味が変化していく複雑な味のハーモニーがたまらなく好きなのでした↑↑

高校の時の修学旅行で訪れた長崎では、修学旅行のコースとして組み込まれていた長崎ちゃんぽんの名店に、学年の3分の1(約200人)で入ったのですが、その全員がちゃんぽんを注文した中、本当に僕一人だけ皿うどんをオーダーしたこともあり、、、マリオ

また、その後大学生になってからは、スーパーでマルタイの皿うどん(一袋2人前)を買って来てはあんを自作して3人前ずつ食べるのがお気に入りでした。

ピアノ教室を始めてからは、なかなか自炊をする時間が無く、また、大抵のお店では皿うどんや揚げそばの大盛が無いので、もう10年以上皿うどんは封印していました。

​そんなところに飛び込んで来た「揚げそば」の文字と写真っ手

​しかも、昨日は大盛ほど食べなくてもレッスンもそんなに遅くはないから大丈夫だ手

​これはっ手

​いっちゃえっ手


僕は、ボタンを押して、かわいいお姉さんに注文をしようと、、、

、、、思ったら、ボタンを押したら、恐ろしく不愛想なお兄ちゃんが注文を聞きに来ましたゆう★

​でも、揚げそばをオーダーし、厨房を見渡せるカウンター席から、中華鍋で作られる揚げそばのその制作過程を全て堪能し、、、。

待つことしばし、、、。

​「お待たせしました」と、その不愛想なお兄ちゃんが揚げそばを持って来てくれました。

​これこれっ!

​このつやつやのあんの下に隠された、パリパリの麺たちが「早よたべやー」って、

まるで、そう言ってくれているようです♪

​いざっひらめき

​いざいざっひらめきひらめき

​本当に久しぶりの大好物「揚げそば(皿うどん)」き

​実食っ筋肉

​「あっつううぅぅぅぅ〜っぶー炎

​久しぶり過ぎて、忘れていました。

そう。

​そのとろみの付いたあんは、ほんの直前まで、烈火の上に置かれた中華鍋の中で激しく沸騰していたもの。

それを油で揚げた麺の上にかけた食品のその温度は、たぶん熱い。

僕は猫舌。

しまった!

このお昼ごはんにかけられる時間は約10分。

その間にこのアツアツを食べきらなければ、、、。

ああ、どうしよう。

うまいけど、あつい。

っていうか、むしろ痛いくらいに感じる。

ああ、なんで、急いで食べないといけないときに揚げそばになったんだろう。

​せめて、もうちょっとエレガントに食べられそうなラーメンくらいにしとけば良かった、、、。

​色々な思いが走馬灯のように、僕の脳裏をよぎりました。

​しかし、15分ほどでなんとか完食っ日の丸

​途中からは適温になって、「うまーい」で食べられましたアンパンマン

​久しぶりの揚げそば(皿うどん)は、でもでもやっぱり、超おいしかったのでしたラッキー

| やまもとせんせい | 食いしん坊! | comments(0) | - |

3964 三たび、うどん!

IMG_4106.JPG
僕には年の離れた従兄がいるのですが、先日、その従兄の子ども(とは言っても、僕と7才しか違わない!)が家族一緒に岡山に遊びに来てくれました。

メインは「さぬきうどん巡りをしてみたい!」っていう、彼の息子たち(新中3と新中1)の希望でした。

早朝に彼らが住む山口県柳井市を出発してくれて、朝10時頃にはもううちに到着!

すぐに出発になりました。

お天気は良く、瀬戸大橋は気持ち良く、香川に着いても気持ち良く、、、。

最初に飯山町にある「山の谷うどん」へ。

ここは大根おろしやショウガを自分で摩る(する)タイプの醤油うどんが食べられて、そのタイプのうどんだと、僕はここが一番好きです。

相変わらずさっぱりしてて美味しい!

従兄の子一家も喜んでくれて、、、。


次に向かったのは、道の駅滝宮近くにある「松岡」。

ここはかの名店「宮武」で修行された方のお店で、手打ち包丁切りによる微妙な麺の縮れとバラツキ、コシがたまりません!


その次は、まんのう町の土讃線沿いの山の中にある「山内うどん」。

こちらのお店も「宮武」で修行された方のお店で、薪で羽釜一杯の湯を沸かして、それでうどんを茹でます。

やっぱり完全手打ちの包丁切りで、程よい縮れとバラツキ、さっきの松岡とはまた少し違うコシがたまりません!


ラスト四軒目は、阿讃山脈を徳島へ越える国道438号車線沿いを少し入ったところにある三嶋製麺所。

これは映画うどんにも登場したお店ですが、看板無し、のれん無し、目印も、道案内も無し!

田んぼのあぜ道の中の細い舗装路を曲がり曲がり進んだところに、古い倉庫みたいな小屋があって、小さな煙突から煙が出ているのが唯一の目印です。

こちらは手打ち麺の茹で立てを、そのままか水で締めてもらってさっと醤油か、ほんの数人で満杯の店内に無造作に置かれた唯一のトッピング「生卵」を自分で勝手に取って割り入れてかき混ぜて半熟にして、釜玉うどんにしてて食べます。

荒く刻んだ鷹の爪をスプーンですくってうどんかけるっていうアクセントを付ける事も可能!

これ、うまいです!


そのあと、予約していた中野うどん学校琴平校でうどんを打って、大人チームは麓でお茶を飲みながら待つ間に、中学生の子どもたちは走ってこんぴらさんに登って、あっという間に降りて来ました!

その後、丸亀駅前の骨付鳥一鶴に行って、、、。

、、、みたら行列!

40分ほど待ちましたが、やはり待った甲斐のある味!


従兄の子一家はうちまで僕たちを送ってくれた後、車で山口へ帰って行きました。

、、、体重はいつ測ろうかな、、、σ(^_^;)
| やまもとせんせい | 食いしん坊! | comments(0) | - |

3962 再びうどん!

先月3月20日(月・祝)、五年生の生徒さんたちに誘ってもらえたことがきっかけで企画した「山本あきひこのぴあの教室・春の五年生うどん遠足」車

 

その時にみんなででっかい釜揚げうどんに挑戦した、釜揚げうどんの名店「長田in香の香」さん。

 

釜げの麺の香りと香ばしいイリコが香る出汁が渾然一体となって、「うどんってこれだよね!」っていう完成形の一つの姿を思わせるイメージで、僕は大好きなうどん屋さんです大吉

 

昨日、父母と香川を通る用事があり、

再び行って来ましたデレ

 

偶然、前回生徒さんが座った席だけ空いていて、

僕はそこになりましたびっくり

 

食べ始めは茹で立てのうどんの香りと出汁のイリコの香りがそれぞれぶつかり合って、フルスイングの旨みが口の中から鼻から、やがてそれらは心臓の鼓動とともに全身へと広がっていきます。

 

食べ進むと、そこに隠されたショウガやネギの風味も思い出すようになり、、、。

 

食べ終わりの一本の麺といっしょにちょこっとすする出汁のうまいこと!

 

そして、最後にほんの少し、うどん猪口(そば猪口?)に残った出汁だけをすすると、、、

 

「あ、茹で立てのうどんの香り、イリコの香り、それをショウガとネギが追いかけてくる、、、」

 

この食べ終わってうどん猪口に残った出汁は、それだけでまさに釜揚げうどんの思い出そのものでしたびっくり

 

 

食べ終わって店を出ると、

ちょうど、本日閉店。

 

美味しかったですモグモグ

| やまもとせんせい | 食いしん坊! | comments(0) | - |

3609 灘崎〜手打ち蕎麦千田!

新小学一年生の入学式が行われた先日、4月12日(火)国旗

事前の電話打ち合わせで、たまたまその日が今年の発表会の会場スタッフの方との最終打ち合わせ日になっていました♪

今年の発表会のお手伝いさんに立候補してくれた9人の内、その日が入学式で学校がお休みになっていた小学5年生二人のお母さんにお願いして、5年生の二人をお借りしましたライト

その二人に、打ち合わせに一緒に来てもらって、会場での今年の新企画のアイデアを「子ども目線」で見てもらって、微調整をし、、、。

ちょうどお昼になる時間帯でもあったので、打ち合わせの帰り道、

発表会会場ゆるびの舎がある早島町のすぐお隣、灘崎にある手打ち蕎麦屋さん「千田そば」に寄って、お礼にお蕎麦をご馳走して来ました手

二人とも「超おいし〜ハート」って気に入ってくれて、ペロリと一人前ずつ食べてくれて、僕は抑え気味の4人前、、、あひょうパンダ

お蕎麦もですが、季節の桜えびのかき揚げも美味しかったですモグモグ
| やまもとせんせい | 食いしん坊! | comments(0) | - |

3566 冬のごちそう〜津山家族庵の大阪風鍋焼きうどん!

大阪のうどん屋さんの冬の定番「鍋焼きうどん」ほのお

一人前サイズのの土鍋にうどん、鶏肉、野菜、こんがり焼いた餅、揚げたてのエビ天などなどの具材を入れて、出汁で一気に炊き上げてそのアツアツをフハフハ言いながら食べる、大阪のうどんの王様(あくまでも山本個人説)です指

メインは冬ですが、大阪には通年で出しているお店も多く、僕も子どもの頃から大好きでしたはーと

その大阪風の鍋焼きうどんをさり気なく、通年でメニューに入れている、津山の手打ち蕎麦屋さん「家族庵」かやぶき屋根

僕が一番好きな蕎麦屋さんなので、ここのお蕎麦が大好きなのですが、実はここの鍋焼きうどんにも非常に、ものすごく強く惹かれる魅力があり、、、。

岡山もとても冷えた昨日、レッスンのお休みを頂いていたこともあり、のんびりしていた父母も連れて津山まで食べに行ってきました矢印


お昼前に家を出発車

月初めだったので、地域の鎮守さま川入八幡神社と、いつもお参りしている吉備津彦神社にお参りしてから国道53号線で津山に向かいました。

途中、道端に残る雪もあり、ちょこっと津山名物北天まんじゅうのお店に寄ってから、やがて津山を囲む真っ白に雪化粧した奈義の山々を遠望できるロケーションに建つ家族庵に、ベストのお昼下がり頃着きました快晴

車から降りると、「さっぶううぅぅぅ笑う」だったので、さっとお店に入り、、、走る

僕:「鍋焼きうどん三つと、ざる蕎麦の大盛りください笑

店:「はいは〜い」

やがて最初に出てきた大盛りのざる蕎麦は、ほんのりと薄緑がかっていました↑↑

最初何もつけずに食べて香りを楽しんで、次に刻み海苔と蕎麦だけで食べると、蕎麦の香りに焼き海苔の甘さが乗せられてじわっと口の中にしみ出す新しい旨み、、、↑↑

いよいよ汁をつけて頂くと、、、

僕:「これ、うまぁ〜いっキラキラ

そばつゆがどのように作られるのか、僕は全く知りませんが、今までも美味しかった家族庵の汁に、海の塩で作ったにがりのようなわずかな苦味を含んだ濃い旨みが感じられて、ますます大好きな味でびっくりしました;


そして鍋焼きうどんたちが3人前、父母僕の前に、家族庵でだけ見たことがある深い一人前用土鍋の中で別府温泉の地獄のようにアツアツにグツグツ沸騰しながら運ばれてきました炎炎炎

まずは、前菜の火が通りかけの葉ネギ。

シャキシャキ、うん、うまい。

次に、こんがり香ばしく焼かれた餅にアツアツの出しを掛けて。

モチモチ、うまうま、うまい。

火が通り始めた白菜を、、、。

シャリシャリ、うん、いい感じ。

煮えはじめのうどん。

手打ちのコシがたまりません。

程よく出汁を含んだ揚げたてのエビ天とうどんと共に、、、。

香ばしさ、衣の旨み、エビの風味、最初より出汁を含み始めたうどん。

その出汁には具材の旨みが染み出しています。

かまぼこやナルト、干し椎茸、煮えて美味しくなった具材たちと、ますます出汁を吸ったうどん。

うまい!

そして出汁の中に最後まで残しておいた甘い卵焼きはデザートの役割。

口の中にほんのり広がる心地よい甘さ。

締めは、残った出汁と、残ったふやけたうどんや具材たちを雑炊風に、、、。

鍋ひとつに、前菜から副菜、箸休め、主菜、主食、デザート、締めまで入った完璧な逸品っ手

県北津山へ行かれることがあれば、

ぜひ、この鍋焼きうどんもオススメですモグモグ
| やまもとせんせい | 食いしん坊! | comments(7) | - |

3186 本場さぬきのなかやまうどん!

もう先週の水曜日のことになりますが、、、ドラえもん

ちょっとお遣い物の準備に、レッスン前の午前中、四国・高松に行って来ました車

今は瀬戸大橋がETC平日半額になっているので、車で出発 

坂出北ICで高速道路を出て、そのまま高松市内へ一直線に伸びる県道161号線を走りました走る

すると、、、キラキラ

適度にアップダウンする道の進行方向右側に、次々現れる美味しそうなうどん屋さんたちpatipati

「帰り道、せっかく香川に来たし、お昼ごはんに食べていこうっかなぁ〜にこ」と、何となく決めて、、、LAVEMUSIC

無事高松市内で用事を済ませ、いざ帰路に↑↑

行きに右側だったということは、帰りは進行方向車線側の道路左に、うどん屋さんが次々現れますキラキラ

出来るだけ個人の方のお店っぽいところに入ることにして、発見っねっ

こんなうどん屋さん家

時間は12時3分前でしたひらめき

寒い日だったので釜揚げの3玉を注文し、お店の中にあるセルフおでん(香川のうどん屋さんにはセルフおでんを置いておられるお店が多いような気がします)を3本ほど持ってきて、うどんの前に食べましたお願い

「うまいっ人間

出汁がしみた大根や豆腐の美味しいことゆう★

おでんの出汁が本当に好みの真ん中でした!

程なく出てきた釜揚げうどん手

立ち上る湯気の向こうに輝く麺のツヤ、そして茹でられた小麦の香り、そこに乗っかってくる付け出汁のいい香りき

食べる前から美味しいことが伝わってきましたゆう★

そして、アツアツの釜揚げうどん実食っ手

「うまぁぁ〜いモグモグ

もちもちとした食感、釜揚げうどんの麺のアツアツのおかげでそれに絡んでより立ち上る付け出汁のいい香りおんぷ

麺は適度な弾力がありながら、箸で持ち上げても大丈夫なコシを保っていて、その弾力が噛んで良し、そのコシが飲み込んで良し、、、ok

3玉のうどんたちは、あっという間に、、、やかんさん

シメにおでんの追加を5〜6本、、、やかんさん

幸せな気持ちで帰り道につきましたわーい♪

坂出北ICと高松市内を結ぶ県道161号線沿い南側の「なかやまうどん」キラキラ

四国に行くときには、また食べに寄ろうと思いますラッキー
| やまもとせんせい | 食いしん坊! | comments(0) | - |

3151 津山の手打ち蕎麦屋、家族庵!

一昨日の1月20日(火)から明日までは、レッスンはお休みを頂いています国旗

昨日は、電池交換後の僕の取り付けが悪くて内部に漏水し、音声通話が出来なくなっていた教室用のインターホンを、大安寺のケーズデンキまで買いに行って新しいものと交換し、銀行の用事などを済ませ、、、車

そんな一日でしたtaiyougoki


一昨日、生徒さんのお家にやって来た新しいピアノの納品調律の見学に行ったあと、父母を連れて、鉄道で津山を目指しました電車

庭瀬駅をお昼頃の電車で出発JR

岡山駅で一度途中下車をして改札を出てすぐのベルギーワッフル屋さんでワッフルを買って、岡山駅発13時05分のJR津山線津山行き快速ことぶき号に乗りましたバス

乗ってすぐにワッフルを食べ、ホームの自動販売機で買ったお茶を飲み、流れゆく車窓風景を眺め、、、ていたらいつの間にか首が直角に曲がるほど爆睡し、「うおぉぉ〜!首、痛ぇぇ〜ぶー」にはなりましたが、無事回復ニコニコ

そして亀の形の駅舎で有名な亀の甲駅を過ぎ、14時11分、定刻に津山駅に到着しました。

津山駅からは14時29分発の同じくJR姫新線に乗り換えてひと駅、東津山駅へ。

そこからは歩きをチョイスしましたスニーカー

駅前の信号で国道53号線を渡り、そのまま進んで旧道へ。

B'z'の稲葉さんのご実家の化粧品屋さんの前を通り、JR因美線の踏切を渡ると加茂川の土手に出ました。

そこから川沿いを歩き、本当に鴨が川を泳いでいたりして、そのまま進み、中国自動車道の高架をくぐったあたりでもっと細い支流沿いの川土手に進路変更。

そのまま右手前方に雪を頂いて真っ白になった那岐山を見ながら川土手を歩きました。

やがて、、、。

僕が一番好きな蕎麦屋さん、岡山県北津山にある家族庵さん到着ビックリマーク

店:「あ、こんにちは!いらっしゃい!」

僕:「歩いて来ました〜」

という訳で、僕と母が天ざる蕎麦の大盛りを、この日の津山はとっても津山らしく空気が冷たかったので父は「俺は熱々の鍋焼きうどん!」になりました。

僕:「あと、お酒も」

店:「熱燗で?」

僕:「お願いします」

で、熱燗を舐めながら蕎麦たちの登場を待ちました。

程なく天ざるそば大盛り登場っ!!

瞬く間に完食し、、、。

僕:「次は僕も鍋焼きうどんを」

店:「はい〜」

そうっ!

鍋焼きうどんは大阪のうどん屋さんには普通にあったメニューで、僕は猫舌ですが子どもの頃から大好物でした。

たこ焼きもお好み焼きも美味しいですが、冬に食べる鍋焼きうどんは沢山の名物のなかでも光り輝く別格の存在きらきら

家族庵さんのルーツは、もう数十年前の大阪の名店の一つ家族亭だそうで、家族庵さんの鍋焼きうどんは実は初めてでした。

程なく厚手の年季の入った土鍋の中でこちらもやはり手打ちのうどんと具材たちがグツグツ言いながら運ばれてきました!

最初は生に近い卵の下にはうどんとくっつかないようにかまぼこが敷かれていて、その隣に香ばしくちょっと焦がした焼き餅が乗り、揚げたての海老の天ぷらが一本決して油臭くなくほのかな香ばしさを添えています。

白菜も初めは生に近い状態ですが、食べ進むうちにほどよく火が通り、またダシの味も深く成長していきます!

うどんのちょこっと鍋底にくっついた部分がまた良くて、手打ちのうどんのちょっと平たいところがふにゃふにゃと出汁を吸ってとっても美味しく、3分の2ほど食べ進んだところで取り椀にうどんと一緒にこれまたいい感じに出汁を吸った衣をまとった海老の天ぷらを乗せて、、、。

僕:「これは、ミニ天ぷらうどん!」

ひと鍋の中に沢山の食べる楽しさがぎゅっと詰められていて、大満足の本物の鍋焼きうどんでした!


僕:「シメにざるそばを」

店:「はい」

これはとても丁寧に出して下さって、別格の美味しさでした!


帰り道、同じ道でしたが、

この日の入日、、、。

そして、東津山駅から、

再び鉄路で戻って来ました。

そんな素敵な津山遠征でしたモグモグ
| やまもとせんせい | 食いしん坊! | comments(0) | - |

3020 冷製トマトつけめん!

それは、ある生徒さんからの情報でしたnau

子:「大安寺のケーズデンキのとなりのラーメン屋さんあるがぁ。そこのトマトつけめん、ちょーおいしいんよハート

僕:「よしっmoe

僕はつけ麺の食感が大好きですマリオ

早速昨日、父母も連れて、お昼を食べに行って来ましたGO

岡山市内、大安寺のケーズデンキの西隣にあるラーメン屋さん、亀王(きおう)さん。

建物は、

こんな感じで、お店の奥に広い駐車場があります家

つけ麺にも種類がありました。

つけ麺は1玉も、1.5玉も、2玉も同じお値段もん

僕と母がトマトつけ麺、父があご節つけ麺をそれぞれ2玉で注文し、僕が母から1玉、父から半玉もらって食べることにしましたわーい♪

注文からちょっと待って、つけ麺たちが登場っok

見るからに美味しそうなつけ麺たちを、実食っちからこぶ

「うまぁ〜いっ!!

きりっと冷たく締められた麺の食感が想像を超える心地よさで、ちょびっとイタリアンテイストで濃い目のトマトスープとの相性も良く、僕、あっという間に3.5玉完食しましたやかんさん

こちらのお店には替え玉もあり、また替え玉ならぬ替え飯もあり、仕上げに頼んでみました。

つけ麺のスープの残りに、その替え飯を入れて、、、。

あっという間に完食っやかんさん


あまりにも美味しかったので、昨日、レッスンの時に、生徒さんたちにこのラーメン屋さんのお話をしたら、みんなもう結構行っていて有名そうでした矢印

「うちもトマトつけ麺2玉食べるんよっっ♡」って教えてくれた中学生の女の子もおりましたひらめき

おススメですモグモグ
| やまもとせんせい | 食いしん坊! | comments(0) | - |
profilephoto
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS