先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

3996 ノートルダム清心学園オーケストラ定期演奏会!

昨日、5月5日こどもの日国旗

 

倉敷市美観地区からほど近い倉敷市芸文館ホールを会場に、ノートルダム清心学園オーケストラ定期演奏会が行なわれました♪

 

これは、倉敷市にある清心中学校と清心女子高校のオーケストラ部の部員の皆さんによる定期演奏会で、山本あきひこのぴあの教室の生徒さんが所属されていることもあって、聴きに行って来ましたGO

 

最初、連休中の倉敷美観地区周辺ということもあって、道路や駐車場の混雑を考えて自転車か電車で行こうかと考えていたのですが、、、。

 

、、、昨日は暑かった火

 

ので、急遽、車で行ってみることにしましためお

 

、、、ら指

 

美観地区周辺、大渋滞の上に駐車場の空きはなく、奇跡的に倉敷市芸文館隣のタイムズ駐車場に一台枠があったと思ったら、駐車料金がなんと!

 

15分が300円の上限なしっ矢印

 

コンサートの間、駐車しようものなら、下手したらうちからタクシーで往復できるほどの金額にっおひさま

 

無理を承知で、あるお世話になっている方に「駐車場をお借りできないでしょうか汗」と電話してみると、「どうぞどうぞ〜」って言って下さり、お言葉に甘えてその方の駐車場に止めさせて頂いて、、、福助汗

 

会場近くの古い喫茶店でオムライスをササッと食べて、いざ会場へ走る

 

コンサートは、

女の子ばかりだからか、清心学園の雰囲気なのか、とても穏やかでマイルドな演奏↑↑

 

心地よい時間が流れました;

 

休憩中のロビーコンサートや、本編のアンコールまでしっかり聴いて、コンサート後、お客さんを並んで見送って下さった部員のみなさんの中に並んでいた、山本あきひこのぴあの教室の生徒さんにも挨拶できて、いい気持ちで会場を後にしました笑

 

音楽っていいなぁニコニコ

| やまもとせんせい | 音楽や芸術のお話 | comments(0) | - |

3949 岡山県立岡山朝日高校管弦楽団第15回定期演奏会〜春うららの音楽会!

昨日3月19日(日)国旗

 

岡山市内中心部にある岡山県最大のホール、岡山シンフォニーホール大ホールを会場に、岡山県立岡山朝日高等学校管弦楽団第15回定期演奏会「春うららの音楽会」が行われ、山本あきひこのぴあの教室の生徒さんも出演されることもあって、聴きに行って来ましたチューリップ

 

開演前、

会場の落ち着いた雰囲気。

 

岡山でこれ以上の行列を見たことがないほどの長蛇の列のお客さんで、3階席までほぼ満席になりましたmtrism!!

 

そのコンサートは、、、。

 

なんだろう、この心地よさ。

 

なんだろう、この深くて自然な感覚。

 

なんだろう、この伝わって来るものの外連味(けれんみ)のない、真ん中で落ち着いた、それでいて埋没しているわけではなく、むしろ新進気鋭を感じさせる音楽のオーラ。

 

最高、、、。

 

 

本当に、僕個人のちっちゃな思い出の中で、生の演奏で別次元で感動したものが、自分が中学生の時の中学校の卒業式の吹奏楽部の演奏による「贈る言葉」、今の大卒一年目学年の子たちが陵南小学校4年生時代に音楽発表会で歌った「スマイルアゲイン」、昨日の朝日高校の「さくら」。

 

これがベスト3になりました。

 

来年も必ず聴きに行きます手

| やまもとせんせい | 音楽や芸術のお話 | comments(0) | - |

3926 レッスン以外のお仕事!

おかげさまで毎日たくさんの生徒さんにレッスンに通って来て頂けている山本あきひこのぴあの教室♪

 

これは、レッスンに来て下さっている生徒さんたち本人はもちろん、保護者の皆様はじめ、たくさんの素晴らしいご縁の幸運に恵まれたおかげですわぁお

 

本当に本当にありがとうございます福助汗

 

 

今日はレッスンのお休みを頂いていて、レッスン以外のお仕事がありますにっこり

 

それは、、、やかんさん

 

ある音楽コンクールの審査員のお仕事メモ

 

全国大会出場がかかった本選です指

 

生徒さんたちからは、

 

子:「先生、明日レッスン休みじゃけど何するん?」

 

僕:「コンクールの審査っていうか、まぁ時々は真面目なお仕事もするんよちからこぶ

 

子:「先生に真面目な仕事って似合わん〜(笑)

 

審査員のお仕事を頂けることも、生徒さんたちからはそんな風に思ってもらえていることも、どちらも本当に有難いことだと感じますOK

 

今日のステージに立たれるきっと知らないお子さんたち。

 

でも、同じピアノを弾く人同士、また、それぞれのお子さんたちにはそれぞれに保護者の皆様や指導されて来られた先生方がおられます。

 

ひとつの音を鳴らすためにみんなで力を合わせて重ねて来られた長いお時間がきっとあるはず。

 

そんな重ねて来られたお時間や、集まっているはずのみんなのお気持ちも感じながら丁寧に演奏と向き合えるように体調を整えて会場に向かいたいと思います。

 

出場される皆さんにとっても、また、その周りの皆様にとっても、今日が素敵な未来の笑顔の始まりの日のひとつになりますようにお願い

| やまもとせんせい | 音楽や芸術のお話 | comments(0) | - |

3789 岡山市立吉備中学校吹奏楽部オータムコンサート・本番!

昨日10月10日(月・祝・体育の日)国旗

 

山本あきひこのぴあの教室がある地元の公立中学校、岡山市立吉備中学校体育館にて、同校吹奏楽部による定期演奏会「オータムコンサート」が開催されました♪

 

昨日は第10回ベーテン音楽コンクール三次(みよし)本選と日程が重なっていた(僕も出るつもりにしていて)ので、オータムコンサートには行けない、、、

 

、、、と、思っていたらライト

 

コンクールの僕の出番が遅く、受付が18時20分まで。

 

それならば、オータムコンサートが13時30分開演で、2時間としても15時30分ごろまで。

 

それからすぐ出発すれば広島県県北の町、三次市までは山陽自動車道と尾道自動車道を順調に行けば約2時間なので、もし連休の渋滞が多少あったとしても、僕のコンクール本番には毎合いそうだっ車

 

それに今回のオータムコンサート、幼稚園から通い続けてくれてもうすぐ10年の長い付き合いになる中学3年生の生徒さん(トロンボーン)の中学校吹奏楽部のラストステージはなまる

 

これはオータムコンサートに行かなきゃOK

 

午前中の朝9時から、この日が本番や本番が近いの子たちのレッスンをしたあと、お昼ご飯を食べて、吉備中学校体育館へ出かけましたrun

 

13時20分、無事着席きらきら

 

そして始まった

岡山市立吉備中学校吹奏楽部オータムコンサートおんぷ

 

矢印が生徒さんLAVEMUSIC

 

小さい頃からおしゃべり達者で、僕のボケにも素早く対応、彼女がまだちっちゃかった頃に、

 

子:「ぶどうあじのファンタのんだんよにっこり

 

僕:「えっ!『うどん味』のファンタ??

 

に、一瞬でその目をくるくるさせて「うどん味のファンタ」を想像して笑い転げてくれたこともありましたok

 

コンサートは途中休憩を挟みながら、第1部、第2部、そしていよいよラストの第3部と続き、、、。

 

このコンサートで、彼女たち3年生は引退です。

 

その第3部、彼女が目から涙をこぼしながらトロンボーンを吹いているのが見えました。

 

コンサートが終わって、僕はすぐにコンクール会場がある広島県三次市へと向かったのですが、車を運転しながらさだまさしさんの「道化師のソネット」っていう歌がずっと頭の中を巡っていました。

 

、、、昭和な上に、古い上に、おっちゃんですみませんアハ

 

 

僕のコンクールも終わって夜、三次市のコンクール会場から中学3年生、この日吹奏楽部を引退した彼女に「部活おつかれさま」ってLINEしたら、日付が変わる頃、彼女が「ありがとう」って短い返信をくれました。

 

彼女たちの3年間を集めた素敵なコンサートでしたラッキー

| やまもとせんせい | 音楽や芸術のお話 | comments(0) | - |

3788 岡山市立吉備中学校吹奏楽部オータムコンサート!

今日、山本あきひこのぴあの教室の生徒さんも在籍されている岡山市立吉備中学校吹奏楽部の秋の定期演奏会「オータムコンサート」が行われますもみじ

 

会場は岡山市立吉備中学校体育館LAVEMUSIC

 

開演は13時30分ですLAVEMUSIC

 

毎年秋の恒例行事になっていて、このコンサートをもってずっと頑張ってきた3年生部員は引退になる、3年生部員の皆さんにとってのラストコンサート;

 

山本あきひこのぴあの教室の生徒さん部員たちも、副部長として最後の仕事になる3年生部員の歌の伴奏をする子や、その元気さを買われて司会をすることになった1年生部員の子などなど、、、↑↑

 

うちの生徒さんたちもですが、中学校生活で吹奏楽を頑張ってきたお子さんたちの晴れ姿太陽

 

もしお時間よろしければ、地域の皆様、ぜひ吉備中学校まで足をお運びください自転車

 

よろしくお願いいたします福助きらきら

| やまもとせんせい | 音楽や芸術のお話 | comments(0) | - |

3782 第37回岡山学芸館高校吹奏楽部定期演奏会!

先日10月2日(日)国旗

 

岡山市中心部にある岡山シンフォニーホール大ホールを会場に、第37回岡山学芸館高校吹奏楽部定期演奏会が行われ、そのサックスパートに生徒さんがいることもあって僕も聴きに行ってきましたライト

 

朝9時からお昼13時までレッスンしたあと、うちを自転車で出発っzitensya

 

JR山陽本線庭瀬駅から電車に乗って2駅、岡山駅で降りて、駅ビルの中のうどん屋さんでササッとお昼を食べて、岡山駅前から今度は路面電車東山線(岡山市内には路面電車が2路線、走っています)の電車に乗って3停留所目の城下電停で下車。

 

すると、電停から横断歩道を渡ったところが今回の岡山学芸館高校吹奏楽部定期演奏会会場の岡山シンフォニーホールになりますキラキラ

 

全席指定席なので受付を済ませてから落ち着いて会場に入り、階段を上がって、この日出演される生徒さんが予め取っておいてくれたチケットの座席を探し、、、。

 

これはっ!!

僕は割りと、と言うより、結構好きなポジションでしたわーい♪

 

この岡山学芸館高校吹奏楽部の定期演奏会には、県内外の中学校の吹奏楽部の子たちも大挙、中には観光バスを仕立てて聴きに来ている学校がいくつもあるくらい、中学生の吹奏楽っ子憧れの吹奏楽部なんだそうですやかんさん

 

やがて今回出演される生徒さんのお母さんとそのお友だちの方も来られて、ちょこっとお話をしたりしていると、、、。

 

開演っ日本

 

演奏もさる事ながら、部員皆さんに真剣さの中に上品なユーモアがあって、学芸館高校の校風や、指導される吹奏楽部の先生のお人柄が熱く伝わって来ます!

 

その熱さプラス、こちらの吹奏楽部に望んで入ったお子さんたちだから予めそんな気質も持ち合わせた仲間たちの集団が力を合わせてさらに!っていうこともきっとありそう!

 

長い歴史の中で積み重ねて来られた時間の輝きを一瞬に集め、たった一つのステージに凝縮した密度と分厚さっビックリマーク

 

これはすごいっびっくり

 

コンサートのアンコールまで聴いて会場を出るときに部員の皆さんが見送って下さって、そこには小さい頃から知っている生徒さんの顔もキラキラと並んでいて、、、。

 

18時から再びレッスンだったので、急いで路面電車に乗ったら、、、

 

なんだろう、この「元気満タン感」「幸せいっぱい感」「エネルギーが溢れてくる感」↑

 

岡山駅前電停からトップを切って横断歩道を渡り、歩道を歩いてもう一つ横断歩道を渡り、駅前広場を突っ切って階段を上り、山陽本線乗り場に元気いっぱい着きましたマリオ

 

時計を見ると、、、

 

「17時19分」

 

しまった!

 

17時18分の電車が出た瞬間で、次は17時41分まで電車がないのです電車

 

正確には快速ですが17時30分発があるので、庭瀬駅で降りようとすると時速120kmの電車から飛び降りれば何とか、、、アンパンマン

 

、、、いくら元気いっぱいでも、それはノーマルの人類の僕にはムリだっbuu

 

仕方ないので、とりあえず駅のホームに下りる手前にある岡山駅の駅うどん屋さんで腹ごしらえをして、約束の18時に来て下さることになっていた生徒さんに、ちゃんと間に合うのでもし来られていたらちょっとそのままお車でお待ち頂けますでしょうかという連絡をしておこうとスマホを取り出し、、、

 

、、、たら、実はその日がレッスンスタートの新しい生徒さんでまだお電話番号を登録しておらず、、、ゆう★

 

とりあえず母に電話をして、そちらの生徒さんに取次をお願いし、僕は17時49分に庭瀬駅に到着し、そこから走るのび太くんの足のような回転で自転車を漕いで、17時53分に自宅に帰り着きましたひらめき

 

新しい生徒さんは今回が初めてだったので、小学3年生の本人とお母さん、それに小学5年生のお姉ちゃんも一緒にもう来て下さっていて「失礼しましたっ汗でもよろしくお願いしますねっ」とご挨拶をして、無事に山本あきひこのぴあの教室のレッスンデビューをして頂くことが出来ました;

 

そしてレッスンは続き、最後の生徒さんが帰られた深夜23時星空

 

戸締りをして掃除をして、片付けをして、ふと、、、

 

「なんか、いつもよりもっといい一日だったなぁハート

 

岡山学芸館高校吹奏楽部の皆さんが満ち溢れさせている、とっても楽しい幸せのエネルギーをたくさん頂いた一日でしたおてんき

| やまもとせんせい | 音楽や芸術のお話 | comments(0) | - |

3763 岡山学芸館高校吹奏楽部第37回定期演奏会のご案内!

この春、山本あきひこのぴあの教室のひとりの生徒さんが入部した岡山学芸館高校吹奏楽部王冠2

 

言わずと知れた、岡山県内屈指の吹奏楽の名門ですライト

 

その本気度は半端なく、活動はとっても楽しいらしく、入部した生徒さんの表情からもその人生の充実っぷり伝わってきますおんぷ

 

その生徒さんが昨日、ご案内を持って来てくれましたメモ

岡山学芸館高校吹奏楽部第37回定期演奏会のチラシですやかんさん

 

実は、裏面の、

一番左下隅に写っているうちの生徒さんおっ

 

岡山学芸館高校吹奏楽部では演奏はもちろん、技術もメンタルも、そして最も重要視されていることが礼儀っキラキラ

 

社会人になった時に最も大切なことを教えて頂けて、また部員も保護者もそれを受け入れて、、、。

 

顧問の先生は、今までどんなことを信念としてやって来られて、それをどうやって時代に合わせてバージョンアップされて、また、もしそうされているとして、どうやって「そう思い続ける感覚」や「感じる力」を持ち続けるっていう考え方や習慣を磨いて、高めておられるんだろう、、、。

 

朝起きた時に最初に感じられることは何なんだろう、、、。

 

一日の終わりに感じられることってなんなんだろう、、、。

 

「これから」っていう部分はどのくらいの期間で考えたり修正、微調整されるんだろう、、、。

 

それとも、「これっ」て決められたことを重ねると自ずと未来が姿になるのかな、、、。

 

チケットはあと少しを残して完売なんだそうですが、幸い、僕は二日目のチケットを生徒さん経由で手に入れることが出来たので、ステージを聴きに行こうと今からワクワクしていますラッキー

| やまもとせんせい | 音楽や芸術のお話 | comments(0) | - |

3731 暑い夏、吹奏楽熱く!

昨日の朝、僕のスマホに生徒さんからLINEが来ましたやかんさん

 

この春、高校に進学した彼女がピアノを始めたのは、彼女が小学2年生だった1月のことでしたok

 

まだピアノ経験が無かった彼女は、先にピアノを始めていた自分の二つ年下の妹を追いかける形でピアノスタートキラキラ

 

山の学校や雪あそびにも参加してくれて、山本あきひこのぴあの教室を丸ごと楽しんでくれながら、ピアノもコツコツ、、、もん

 

小学6年生の時に初めてピアノコンクールの全国大会出場をかけた本選に出場することになり、その直前、それまでと別人のように頑張って「グッ」と伸び始めました↑

 

中学校に進んで吹奏楽部を選んだ彼女はアルトサックスに決まり、、、。

 

一緒に東京までアルトサックスの選定品を買いに行ったのも懐かしい思い出ですにっこり

 

その後、彼女は望んで、県内で最もハイレベルな吹奏楽部の一つとして知られる高校に進学し、吹奏楽部に入部、アルトサックスを続けています。

 

元々吹奏楽の強豪校ではない中学校から進学した彼女は、県内外の吹奏楽強豪校から大量の部員が集まる中、最初明らかに他の子たちとのレベル差が大きくあったんだそうです。

 

しかしっやかんさん

 

実は彼女は課題曲系、課題曲自由曲併用系、自由曲系のそれぞれのピアノコンクールで全国大会のステージに立った経験の持ち主日本

 

中学1年生の時、あるコンクールの岡山県大会中学生の部で中学1年生から3年生まで数十人の出場者の中から第1位に輝いたこともありましたもん

 

そんな彼女は高校進学後、強豪校からやって来た仲間たちと同じ練習内容をこなし、分からないことは同級生や先輩にアドバイスをお願いし、ピアノはちょびっとほったらかし、、、笑う

 

最近では、先生からも「綺麗な音が鳴ってる」って褒めて頂けることもチラチラあるようになって来たんだとか↑↑

 

 

彼女の所属する吹奏楽部は、全国大会の常連校。

 

一軍を「百合」、二軍を「ひまわり」と呼んで、部内の競争は激しいみたいですが、百合の子たちには厳しさを、ひまわりの子たちにはたくさんのチャンスとステージ経験を与えて、とても良い循環が出来ているんだそうです。

 

そんな彼女は今はひまわり。

 

一昨日8月12日、そのひまわりの子たちが岡山県吹奏楽コンクールのB部門に出場。

 

彼女たちひまわり軍団、岡山県B部門第1位にっビックリ!!

 

しかも、翌日の百合の子たちの応援にも行くとビックリ!!

 

すごいっ;

 

 

余談ですが、、、。

 

ピアノと何か別のことで「ダブル全国大会経験者」は、山本あきひこのぴあの教室の中にいました。

 

しかしっキラキラ

 

ピアノと何か別のことでの「ダブル岡山県第1位」は山本あきひこのぴあの教室の仲間史上初のことジミビックリマーク

 

これはすごいっねっ

 

彼女が進んでいく未来、選ぶ未来、出会う人たち、、、。

 

いつまでも人にも運にも出会いにも愛される彼女でありますようにラッキー

| やまもとせんせい | 音楽や芸術のお話 | comments(0) | - |

3676 岡山県内高校吹奏楽部「第40回バンドフェスティバル」!

昨日と一昨日の二日間の日程で、岡山県内の全ての高校吹奏楽部(公立、私立とも)の出演による「第40回バンドフェスティバル」が行われましたおんぷ

 

会場は倉敷・美観地区に隣接する「倉敷市民会館」大ホールですキラキラ

 

 

バンドフェスティバル一日目の一昨日はずっとレッスンで、生徒さんが出られる高校がいくつかあったのですが聴きに行けず、、、落ち込み

 

しかしっびっくり

 

昨日は行けましたライト

 

朝8時30分から10時20分までレッスンをしたのち、その生徒さんと一緒に玄関まで出て、生徒さんはお迎えの車に、僕は予めお願いしていたタクシーに、、、車

 

この日のバンドフェスティバルは、開場10時30分、開演11時ちょうど。

 

倉敷市民会館は駐車場に限りがあり、ギリギリに行ったらたぶんもう自分の車は停められない、電車も時間的に難しい、、、。

 

そうだっ!自転車があるやないかいっOK

 

、、、昨日の岡山県南は午前中、朝から滝のような豪雨で自転車案、廃案かさ

 

この日、生徒さんが出演するのは開演一発目、11時ちょうどの岡山学芸館高校吹奏楽部キラキラ

 

やっぱりタクシーにしよう、、、アハ

 

タクシーで会場に着いてみると、一般駐車場は溢れていて、近隣の駐車場も観光地倉敷美観地区なので休日は満車っぽく、でも僕は開演15分前には会場に入ることが出来ましたねっ

 

ステージに向かって2階席正面やや左寄りに席を取っていざ開演っ↑↑

 

トップの岡山学芸館高校、総勢149名による演奏は圧倒的な音量でありながらとても調和の取れた響きで華やかに始まりました!!

 

これはもう、「聞きしに勝る」でした↑↑

 

サックスを吹く、楽しそうな生徒さんの顔も無事見えて、、、♪

 

次に、とっても楽しそうな岡山城東高校吹奏楽部、きちんとした印象のおかやま山陽高校吹奏楽部と続き、、、。

 

決して吹奏楽有名校ではない学校の、わざわざ前に出てきてのフルートの女の子の独奏がやけに感動的だったり、少し猫背で斜めに構えて決して「良い姿勢」で叩くわけではなく音も大きすぎてバランスを取れてなかったけどある高校の男の子のドラムが独特で良かったり、これも男の子独唱のヤングマンで会場一体になったり、、、。

 

それぞれの学校の「心・技・体」のバランスがとても素敵ですジミビックリマーク

 

特にどこも「心」が大きくて熱いっハート

 

指揮を振られる先生方のお気持ちも、その背中から客席に伝わってきて、僕が言うまでもなくそれぞれに素敵だったのですが、あくまでも「中でも」僕の個人的に印象に残ったのが、、、。

 

まだ若い男性の先生が指揮を振られた作陽高校吹奏楽部は総勢僅か30人の少人数でしたが、ハーモニーの綺麗さや音色の輝き、フレーズのつくり方、僕が偉そうなこと全く言えないのですが、こちらの先生、もしかしたら将来のマエストロかも、、、。

 

独特の感性を持たれた「人」を感じました。

 

女性の指揮者の方だと、瀬戸南高校吹奏楽部の先生が振られたのが、「ほわっ」とあったかくて、僕は好きでした。

 

県北の林野高校吹奏楽部の次々隊形を変えながら演奏するマーチングも楽しくて、場内は大拍手喝采になりました!

 

バンドフェスティバル終盤になると、明誠学院、就実、岡山南と、毎年夏の吹奏楽コンクール金賞候補校が最後に立て続けに出てきて、それぞれに素晴らしい演奏もさることながら、それぞれステージから伝わって来る各校のカラーの違いがとても楽しかったですmtrism_07

 

11時の開演から、17時過ぎの終演まで、お昼も食べずに全部聴きましたははは

 

 

帰り、もう雨は上がっていて、暗くなるまでまだ時間もあったし、元気な音楽をいっぱい聴いてより元気になったし、割りと涼しかったし、で、うちまで約10km、歩いて帰ることにして、てくてく歩いて会場を後にしましたおんぷ

 

、、、途中、「涼しいいうても、やっぱりあっつぅぅ〜笑う

 

になりはしましたが、倉敷市民会館から中庄小学校前、マスカット球場と進んで、JR山陽本線中庄駅までちょうど1時間、そこからもう1時間ちょっと歩いて、薄暮の空に月が昇るのが見える頃、うちに帰り着きました走る

また来年も聴きに行きたいですラッキー

| やまもとせんせい | 音楽や芸術のお話 | comments(0) | - |

3663 トランペット選定の様子!

昨日の「先生の日記」の続きですライト


6月5日(日)、吹奏楽部でトランペットに決まった新中学1年生の生徒さんの楽器選びに出かけた日帰り東京旅電車

目的地の東京・杉並区高円寺にある管楽器専門店「永江楽器」さんに到着後、予約の時間よりだいぶ早く着いてしまったのですが、たまたま試奏ルームが空いていたので、お店の方がすぐに用意をしてくださって、早速、生徒さんと生徒さんのマイ楽器になるトランペットとの出会いの時間が始まりました♪

まず、お願いしていた、「トランペットといえばこれ!」とも言われる一本のひとつ、

アメリカの「ヴィンセント・バック180MLSP」OK

世界中のトランペット奏者に愛されているモデルのひとつですびっくりハート

これは、バックの日本の総輸入元、横浜・野中貿易さんの倉庫で出荷前に選定された「選定品」ですきらきら


早速、生徒さんが楽器に付属のマウスピースを着けて吹いてみました矢印

子:「ふすすぅぅぅ〜、、、ぴのこ:)

そう!

この生徒さんたちの中学校の吹奏楽部トランペットパートの新1年生たちは、この選定の日の前日の土曜日になってようやく初めて楽器を吹いたばかりアハ

生徒さんはまだトランペット歴、二日目手

でも、飲み込みが速いのか、すぐに音が出せるようになって、音階や、ヤマハのCM(ドレミファソーラファミッレッド)などなど吹いて遊べるようになり、音もパリパリ鳴らせるようになりましたゆう★


次に、ヤマハのXENO(こちらも選定品)。

子:「パーッビックリ!!

選定前日、中学校で初めて吹かせてもらった備品のトランペットがヤマハだったらしく、

子:「慣れてる感じがする」

と、息がスムーズに入りましたジミビックリマーク

僕:「ほな、そのくらい思い切った息の速さと量で、バックも吹いてみて」

子:「パァ〜ンゆう★

僕:「ほな、同じ感じでヤマハを、、、」

子:「パーッビックリ!!

僕:「もう一回バックを、、、」

子:「パァァ〜ンゆう★

ヤマハのはとても音の立ち上がりが速く、輪郭が明確で、音のしっぽもはっきりと切れる、端整で四角い印象の音。

バックのは音の立ち上がりが緩やかで、音の角が丸く、余韻があり、ふっくらした印象の音。


その後、もう一本、バックの同じモデルの選定品も出してくださって、それを吹いてもらうと、、、

子:「プァァ〜ンンハート

子:「これが一番好きぃハート

僕:「うん!ほな、お店の人にも聴いてもらってみよう!」

子:「うん矢印

お店の専門の人にも試奏室に入っていただいて、こちらの意見はお伝えせずに3本のトランペットを聴き比べて頂いて、、、。

その3本のトランペットの中から、お店の方が、

店:「これが音に艶があって、遠くまで響くような印象ですね」

と言って下さった個体が、なんとっキラキラ

生徒さんの直感「これが一番好きぃハート」と、お店の金管専門の方の意見が一致っ;

そして、もう何回か吹いて、聴いて確かめて、、、。

本体、ヴィンセント・バックの2番目に出して頂いた方に決定っ手


そこからマウスピース選びが始まりました♪

まずは標準、付属品のバック7Cと、同じバックの6C。

6Cの方が良く、次に6Cよりもカップが深い6B。

6Bが良かったので、さらに6Bゴールド(金メッキ仕様)。

6Bゴールドが良く、次にその6Bゴールドと5Bゴールド。

やはり6Bゴールドが良く、最後にもう1本同じ6Bゴールドの別個体を試し、、、。

そこは最初は甲乙つけがたく、生徒さん、お店の人、僕、みんなで迷ったのですが、生徒さんが何度か吹いている内に、不思議なことに、後から出していただいた方の6Bゴールドと生徒さんとの相性がどんどん良くなって、マウスピースもそちらに決定っき

金管楽器の専門家でもあられるお店の方の、「将来、もっとうまく使えるようになるように感じます」ということと、生徒さんが思いの外飲み込みが速かったこともあり、マウスピースも初心者向けの標準7Cではなく6Bに。

そうして、全て選定品の3本のトランペットと、付属品も含めて6本のマウスピースから生徒さんと楽器、マウスピースとの相性の最高の組み合わせでカスタマイズチョイスされた、

生徒さんの相棒になるトランペット「ヴィンセント・バック180MLSP」のセット誕生っ手

あとは、

色々な書類に本人がサイン、、、。

お店の方にお礼を言って、約2時間の滞在の後、永江楽器さんを出て、新しいトランペットを持った生徒さんと高円寺駅に向けて歩きました晴れ

最初は楽器は重いので、僕が持つ予定にしていたのですが、結局トランペットは生徒さんが担いで高円寺駅まで出てJR中央線の各駅停車に乗り、次の中野駅で、

快速に乗り換えて東京駅へ、、、。

東京駅で家族やお友だちへのお土産を買う間は僕が持っていましたが、帰りの新幹線に乗ると、彼女はトランペットは車内の荷棚に上げることなく、18時ちょうど東京駅発岡山駅行きののぞみは定刻に東京駅を出発しました。

嬉しくって仕方ない彼女は岡山駅まで3時間半、このままで持って帰りましたゆう★

東京駅を出発直後、

自撮りした車窓に偶然写っていた汐留の鎮守さま「日比谷神社」むにゅ

行きは雨交じりの曇り空でしたが、いつの間にか快晴になっていて、彼女の笑顔の後ろに見える格別に綺麗な夕方の空が次々車窓の後ろへと流れて行きました虹-1


東京駅出発から約50分。

「あっ!」ということがあったので、それはまた明日、ご紹介させていただきますラッキー
| やまもとせんせい | 音楽や芸術のお話 | comments(0) | - |
profilephoto
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS