先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

4451 嬉しいメール!

先日、兵庫県から単発レッスンに来てくれた小学4年生の男の子。

 

無事、コンクールが終わったとお母さんからメールが届きました。

 

本番まで楽しく準備が出来たこと、本番のステージを終えて本人納得の笑顔で「楽しかった!」って戻って来てくれたこと、結果以上に本人がピアノやステージそのものを楽しんでくれたことが嬉しいですとお知らせして下さった中に、

 

「講評には、ソナチネは丁寧な演奏で表情・音色が良く表現されている、流れも良く音楽を感じて作れている、ただ時々両手のバランスが気になるとありました。
メヌエットは7
名全員の審査員の先生に、曲奏をとらえてよく歌えている、美しい響きが作れましたと記入していただきました。

結果、奨励賞をいただき、全国決勝大会出場ラインまで0.1
点及ばずでしたが、今までメヌエットのような曲は苦手意識があり、でも今回の講評は本人にとってすごく嬉しかったようです。
山本先生に教えてもらった事が褒めてもらえてる!と笑顔で話してくれました(^-^)」
 

(原文まま)

 

これは嬉しいっ!

 

彼は、いつもの先生に教えて頂いていることに加えて、もしかしたらいつものレッスンとは違った角度からになったかも知れなかった僕からのアドバイスも、本番前の数日の準備の間に彼の心の中で上手に結び付けて、「弾く人も聴く人も楽しい演奏」へと昇華させてくれたのです。

 

彼の夢中時間の結晶!

 

仕上げの努力っていうよりは、夢中で楽しんで試行錯誤を繰り返すことが出来たのかなあと想像しています。

 

お母さんが送って下さった、

納得の彼の笑顔!

 

彼の本番はもう一回あるらしく、聡明な彼ならきっと、次回はさらにバージョンアップした笑顔でステージを終える準備が出来そうな気がします。

 

ふぁいといっぱつ!

 

メールは「またぜひレッスンお願いします」と結ばれていました。

 

またお会いできる日が楽しみです(^^♪

| やまもとせんせい | うれしい! | comments(0) | - |

4433 バスケ少女!

先日レッスンに来てくれた小学4年生の生徒さん。

 

幼稚園の頃からずっとレッスンに通って来てくれている彼女。

 

彼女が通う小学校でも、この秋行われる学習発表会での学年の演奏のピアノ伴奏オーディションがありました。

 

合唱、リコーダー奏、そして合奏がそれぞれ一曲ずつ、合わせて三曲演奏するんだそうです。

 

一番ピアノが綺麗に聴こえるのは合唱なんだそうです。

 

しかしっ!

 

合唱の伴奏はそちらの小学校では音楽の先生がされるらしく、子どもたちが担当できるのはリコーダー奏と合奏の二曲。

 

僕:「それって、けっこう弾ける子もいるから、子どもに任せるのもありなんとちゃうかなぁ」

 

子:「そうなんよ。伴奏やりたい子、多いし、、、」

 

僕:「まぁ、先生は先生で『子どもの負担を減らそう』って頑張っておられるのかもなぁ」

 

子:「うん。でも、本当はみんな歌の伴奏が一番よくピアノが聴こえるから、みんな歌の伴奏やりたいんよ(笑)」

 

僕:「そっかぁ」

 

、、、これは今までにピアノ伴奏を務めた子、ほぼ全員が一致する貴重な意見です(^^♪

 

 

何はともあれ、彼女もまた、楽譜を貰ってから5日後くらいのタイミングでのオーディションになりました。

 

立候補は7人。

 

当日くじ引きをし、演奏順を決めて、彼女は3番だったんだそう。

 

立候補者全員と先生が見守る中で弾くという、プレッシャーがかかる場面。

 

彼女は仕上げのために、オーディションの前日夜遅くにもレッスンに来ていました。

 

結果、、、

彼女、合格っ!

 

昨年秋に行った「山本あきひこのぴあの教室・球技大会」で初めて経験したバスケがとっても楽しくて、それもあって、最近バスケを始めた彼女。

 

ちょっと空回りすることもあるけれど、ピアノにも燃えています!

 

夏の山の学校、秋の球技大会、冬の雪あそび春の社会科見学発表会、そしてコンクール挑戦も、、、。

 

山本あきひこのぴあの教室を丸ごと全部楽しんでくれてもいる彼女。

 

一緒にオーディションを受けたお友だちたちの分も伴奏がんばろうな〜(^O^)

| やまもとせんせい | うれしい! | comments(0) | - |

4431 ハレルヤコーラス!

今、山本あきひこのぴあの教室に通って来て下さっている小学生の生徒さんたち、それぞれが通われている小学校では、秋に行われる音楽発表会や学習発表会、学芸会など(学校によって呼称が違います)で行われる合唱や合奏のピアノ伴奏者オーディションがそろそろ始まりだしたようです。

 

先日レッスンに来てくれた小学4年生の生徒さん。

 

彼女が通う小学校でも先日ピアノ伴奏者オーディション課題が出されました。

 

ここのところの傾向で、オーディション1週間前以内に楽譜が希望者に配られて、楽譜が配られてから4〜5日後にオーディションっていうパターンが多いように感じます。

 

この彼女も楽譜を貰ってから数日でオーディションでした。

 

曲は、、、。

 

ハレルヤコーラスの伴奏。

 

 

先週の彼女のレッスンの時。

 

その配られたハレルヤコーラスの楽譜を持って来てくれました。

 

伴奏もしっかりポリフォニーの一翼を担っていて、歌声によるコーラスとの掛け合いが美しそうでした。

 

しかしっ!

 

子:「これ難しいから教えてください」

 

僕:「確かにっ!」

 

小学4年生が4〜5日で弾くのは相当大変かと思ったのですが、聞くと、

 

子:「全員で20人、立候補してた」

 

僕:「あ〜、そうよなあ。ピアノ盛んやもんなぁ」

 

彼女が通う小学校は、本当にピアノ率が高く、コンクールに出ている子も多く、ピアノが盛んでしかもハイレベルなんです!

 

 

そして今週のレッスンの時、

挑戦者20人の中、彼女、幸運にも合格っ!

 

先週のレッスンの後、お家でも頑張って両手で仕上げていった彼女。

 

聞くと、挑戦者20人中15人は諦めていて、残った5人の中でも両手で弾けていたのは彼女だけだったんだそうです。

 

もしかしたらバッハのインベンションの1番よりも難しいくらいだったかも。

 

僕:「よかったなあ。よく頑張れたね!」

 

子:「うん」

 

同じく挑戦したお友だちの分も、みんなが盛り上がれる素敵な伴奏が出来ますように(^^♪

| やまもとせんせい | うれしい! | comments(0) | - |

4428 レッスン再開っ!

全国ニュースでも大きく取り上げられることになった今回の豪雨。

 

うちは地域の浸水だけで何とか片付けも済んだものの、もっと大きな被害に遭われた方もおられるので喜んでもいられません。

 

ですが、昨日から通常通りレッスンを再開することが出来ました。

 

お家が水没寸前になった生徒さんはおられましたが、幸い、生徒さんたちの中に大きな被災をされたご家庭は無い様子で、とりあえず一安心しました。

 

昨日、自転車で、

無事のお礼参りに吉備津彦神社へ。

 

途中、深く浸水していた跡が残る場所もありました。

 

被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

| やまもとせんせい | うれしい! | comments(0) | - |

4313 吉兆っ!

急須でお茶を一服飲むのが毎朝のルーティーンの僕、山本ねっ

 

何となく柔らかい気がして、今は番茶がお気に入りです茶

 

時に茶柱が立って、朝からラッキー気分が味わえることも↑↑

 

茶柱=お茶の茎が入っているのは庶民用のお茶だけの特典っハート

 

ありがたやありがたや、、、お願い

 

 

今朝も番茶を一服飲んでから、レッスンの準備にかかりましたアンパンマン

 

レッスン室に掃除機をかけて、練習室も掃除機をかけて、玄関を出て表を掃いて、、、家

 

いつもレッスンが始まる前、玄関で焚く(たく)お香の台も、

ひょいと持ち上げて、燃え残りのお香を、、、

 

あっ!

お香が立ったっわぁお

 

こんなことは初めてでした↑↑

 

いつもよりももっとラッキーな気持ちで一日が始まりました大吉

 

今日は日曜日休

 

お天気は快晴っtaiyougoki

 

生徒さんたちみんなにもいいことありますようにラブラブ

| やまもとせんせい | うれしい! | comments(0) | - |

4312 十五の春に桜咲く!

昨日3月16日(金)★

 

岡山県立高校入学試験の合格発表がありました矢印

 

山本あきひこのぴあの教室の仲間たちも、私立専願でもう決まっている子たちを除いて、昨日がその運命の日。

 

合格発表後、

続々と、

嬉しいお知らせが、

届き、

みんなの十五の春に咲いた桜桜

 

、、、だったのですが、実は一人だけ、、、。

 

昨日、その子と直接お話が出来て、受験直後から自己採点の結果もう駄目だとわかっていたこと、でもそれでももしかしたらと願っていたこと、たくさん泣いたこと、いっぱいお話しを聞きました。

 

でもっキラキラ

 

彼女が受かっていた私立高校は、県内でも有数の人気校の普通科進学クラスで、部活動も盛ん、生徒の進路指導には特に高い定評があり、全国各地の国公立大学、私立大学に指定校推薦枠を大量に持っている学校。

 

施設の充実ぶりも群を抜ています。

 

学校の雰囲気とは、むしろ受験していた高校よりもそちらの私立高校の方がしっくり来ている印象でした。

 

そっちでよかったんじゃんねっ

 

 

みんなに咲いた十五の春の桜桜

 

みんなに、きっと楽しい笑顔の3年間が待っていてくれているような気がしますおてんき

| やまもとせんせい | うれしい! | comments(0) | - |

4297 思い出の中に!

昨日の深夜23時過ぎkanco

 

お迎えの車に乗って帰って行く昨日の最後の生徒さんを見送ったあと、いつものように片づけをし、簡単な掃除をし、次の日のレッスンの準備もしてから遅い晩ごはんをササっと食べた後、風呂に入る前にちょこっと新聞を斜め読みしていると、、、

 

あっライト

 

山本あきひこのぴあの教室の中学2年生の生徒さんのことが、山陽新聞の岡山市民版に大きく載っていましたびっくり

 

それは、昨年夏、国土交通省が全国から募集した「2017年度河川愛護全国絵手紙コンクール」の記事で、全国からの応募総数848点中20点の入賞作品が選ばれ、岡山県からはこの生徒さんの作品だけが入賞したとやかんさん

 

彼女が描いてくれたのは、彼女が小学校低学年の頃に山本あきひこのぴあの教室のみんなと一緒に行った三瓶山への夏の山の学校の帰り道、ちょっと寄り道して遊んだ国道54号線道の駅ゆめらんど布野のアイスクリーム屋さんの近くを流れる布野川でみんなが遊んでいる風景山

 

それは、もう遠い夏の日に本当にあった、

この景色と、

 

その景色の中にいた、

笑顔の自分と、

仲間たちとの時間を、彼女の心の中で思い出してくれて描いてくれたものペン

 

学業成績では常に学年トップ5にいる彼女。

 

将来の夢をかなえるために、よりハードな勉強をする環境を選んでピアノは卒業になりました。

 

最後、去年の秋の文化祭で、初めてクラスの合唱の伴奏を務めてくれました。

 

ただ、それまではピアノでは大きな活躍はなかった彼女でもありました。

 

ピアノ教室を通して、彼女の人生の中にも何か一つでもプラスとして関われていたのかなあと、ちょっぴり自信なく思っていたら、彼女は心の中に、あの夏の三瓶山の一日を、

こんなにも瑞々しく輝く風景のまま残してくれていました虹-1

 

良かった!

 

夢に向かってがんばれよ〜っおてんき

| やまもとせんせい | うれしい! | comments(0) | - |

4292 教室の12年生、夢へ向かってピアノ卒業!

山本あきひこのぴあの教室には10年を超えてレッスンに通って来てくれていたり、もうすぐピアノ10周年を迎えたりの「レジェンド」や「もうすぐレジェンド」の生徒さんたちもたくさんおられますok

 

「レジェンド」や「もうすぐレジェンド」みんな、長く通って来てくれて、本当にありがとう↑↑

 

保護者の皆さまも、長くご縁を下さり、本当にありがとうございます福助キラキラ

 

教室のレジェンドたちの後を追いかける「未来のレジェンドたち」も頑張っています;

 

 

そんな、山本あきひこのぴあの教室のレジェンドの一人。

 

高校3年生の女の子mtrism_07

 

彼女が山本あきひこのぴあの教室の仲間になってくれたのは、彼女が小学校入学の日のことでした。

 

気が付けば、それからこの春で12年の年月が流れていました。

 

決して器用ではなく、人付き合いも器用ではなく、小学校、中学校、高校と、周りに馴染めないことも多かった彼女。

 

彼女が夢を追いかけて、自ら選んで進んだ高校では出席日数不足が近づいて、もうちょっとで進級不可になりそうになりながら、ギリギリピッタリ出席日数が足りて進級出来たこともありました。

 

ピアノは、ほんとうにゆっくり。

 

大抵の子が3年くらいで進む距離を、12年かけて進んでいました。

 

習い事も、他の何も続かず、でも、ピアノだけは12年。

 

彼女にとってどんな12年だったんだろう。

 

ちょっとは約に立てたのかな?

 

一見何も続けられない彼女ではありますが、一つだけぶれないことがありました。

 

それは、、、。

 

彼女が心の中に持っている「人生の夢」ハート

 

この春高校を卒業する彼女は、彼女自身の人生の夢を追って東京へと旅立つことを選びました。

 

そして、彼女、昨日が、

ピアノ卒業式↑↑

 

初めて出会った時は6歳だった彼女ももう18才。

 

教室の12年生になっていました。

 

東京のことを聞くと、「不安しかない」と。

 

自分でも一つのことを続けられるか自信がないと。

 

そんな彼女に、役に立つかはわからないけれど僕は初めて僕自身のことも話しました。

 

僕は、実は自分が高校卒業の時に現役で受けた大学4つ全部だめだったこと、理系コースにいながら文学部を受けてブレブレだったこと、小さい頃の習い事はピアノの4年が最長であとは何にも続けられなかったこと、高校卒業後に浪人して通い始めた予備校の授業には本当に3日しか出られなくて3か月で除籍になったこと、逃げて行った山口のおばあちゃんのところで農業や林業の手伝いをして暮らしていたこと、その山口も逃げ出して大阪に戻って、ホテルで宴会係をして働いていたこと、そこは5か月でやめてファミレス店員で働いていたこと、、、。

 

何にも続かなくて立派なことがなかったこと。

 

でも、ずっと持っていた夢はあって、時間はかかったけれど、いつかその夢へと引っ張り上げて下さった恩師と出会えた幸運があったこと。

 

続けていれば必ず引っ張って下さる人と出会えるような気がするっていうこと。

 

だから諦めずに夢がぶれなければ表面は変わることもいいことの一つなのかも、って今は思っていること。

 

そして今は彼女たちみんなのおかげで幸せなこと。

 

彼女のことも応援していること。

 

彼女の18歳、春。

 

未来に桜咲く始まりの日。

 

東京で元気にがんばれーっおてんき

| やまもとせんせい | うれしい! | comments(0) | - |

4276 冬の光の芸術!

数年ぶりの大寒波が抜けて、岡山市内は快晴ったいよう

 

予想最高気温も久しぶりに9℃くらいまで上がる天気予報になっていました↑↑

 

晴れなので、いい感じに放射冷却があったのか、今朝も、

バケツが凍ってるっ雪

 

しかも、

杓子(しゃくし)の凹みのおまけつきデザインっ;

 

昨日よりも分厚い氷は、

持つことも出来て、

、、、ということはビックリ!!

 

これは、

冬の光の芸術にっキラキラ

 

氷を持っていた左手がじんじん痺れましたモゴモゴ

| やまもとせんせい | うれしい! | comments(0) | - |

4271 立春大吉〜山本あきひこのぴあの教室は創立19周年を迎えることが出来ました!

今日、平成30年2月4日(日)立春大吉国旗

 

山本あきひこのぴあの教室は、レッスンに通って来て下さっているお一人お一人の生徒さん、保護者の皆さまと一緒に創立19周年を迎えることが出来ました大吉

 

これは、今レッスンに通って来て下さっている生徒さん、保護者の皆さまはもちろん、今までに山本あきひこのぴあの教室に通って来て下さった全ての皆様、そんな皆様から頂くことが出来ているたくさんの幸せなご縁のお力のおかげですハート

 

この場をお借りして、本当に本当にありがとうございます福助

 

 

昨日の節分の日、

節分コスプレでレッスンに来てくれた幼稚園年長組さんもいました(笑)

 

彼女からは福豆のプレゼントが矢印

 

山本あきひこのぴあの教室は、これからもコツコツですが、より生徒さんたち、保護者の皆さまに喜んで頂ける、楽しんで頂けるピアノ教室を目指して進化を重ねて行けるように、がんばりますびっくりハート

 

20年目を迎えることが出来た山本あきひこのぴあの教室を、これからも変わらずよろしくお願いいたしますおてんき

| やまもとせんせい | うれしい! | comments(0) | - |
profilephoto
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS