先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

5151 文月!

IMG_4656.jpg
今日7月2日!

昨日から7月でした!

昨日の朝、父母を連れて吉備津彦神社へ月初のお参りに行って来ました。

車でお参りに行く途中、友だちと一緒に自転車で登校中の高校生の生徒さんをたまたま見かけたり、、、

境内から見える山の色は濃くなって、日陰に咲く紫陽花は満開!

なんかいい風情でした。


今日は動画のアップが上手く行かないので、明日まとめて二曲アップします!

ハプニングも楽しもうっと!

今日もみんな元気にレッスンに来てくれますように\(^o^)/
| やまもとせんせい | ケ-タイより | comments(0) | - |

5026 ここからもアイデア!

IMG_3099.jpg
昨春、山本あきひこのぴあの教室の春の社会科見学の旅で訪れて、二泊三日、たっぷり遊んで来た馬路村。

高知県東部の山間にある人口900人ほどの村です。

ごっくん馬路村やポン酢でも有名になりました!

馬路村での二泊三日の時間は、生徒さんたちに大好評でした。

その好評と、馬路温泉の支配人さんからの、

支・「馬路は夏がえいが(良いの)です!ぜひ夏来ちゃって下さい」

のお声を受けて、、、。

この夏の山の学校は、実は「村の学校」として二泊三日、馬路村へ出かけます。

村の中にもアイデアがたくさん!

この写真の看板もお気に入りのひとつ。

こんな言葉を思いつける人になりたいな。


山本あきひこのぴあの教室は今日からレッスン再開っ!

お休みを頂きありがとうございました!

僕の元気がアップしたかは、、、

レッスンでのお楽しみ!

みんな元気にレッスンに来てくれますように\(^o^)/
| やまもとせんせい | ケ-タイより | comments(0) | - |

5025 続・ひみつ基地計画!

IMG_3098.jpg
着々と進行中の山本あきひこのぴあの教室・ひみつ基地計画。

生徒さんたちが気軽に集まれる場に育てたいっていう夢があります。

なので!

ひみつ基地兼、生徒さんたちの迎賓館!

中は、、、

1.たこパー対応、ちゃぶ台風木の丸テーブルエリア

2.なんでも愚痴聞くよ、小さなカウンター席のジュースバー・エリア

3.おもてなしを創り出す、ガスコンロ二口のキッチンは、ジュースバー・エリアと繋がっています

4.もっと新しい、もっと楽しいアイデアを生み出す、僕の書斎ゾーン

5.これも大切、僕の睡眠ゾーン

、、、こう書くと凄いのですが、うちから近く新しく借りるアパートです。


みんなが集まりやすい丸テーブルが最初に決まって、ジュースバー用のカウンターは山本あきひこのぴあの教室を始めた頃に買ったもの、、、

様々に準備を進めていますが、書斎用の机が決まりました!

これも勉強したい生徒さんたちにも使ってもらえるものを選びました。

それが生まれたのはこの森。


本気は中々伝わらなくても、本気じゃ無いのはすぐバレる!

遊びも本気だ!

これが山本あきひこのぴあの教室クォリティー!

生徒さんたちから「おとなっていーなー」って思ってもらえて、生徒さんたちが安心して大人になって行きたくなれる大人のサンプルの一人になれるように!

生徒さんたちも巻き込んで遊びも創って行く2020年を目指します!

みんなお楽しみにねー\(^o^)/
| やまもとせんせい | ケ-タイより | comments(0) | - |

5024 山本あきひこのぴあの教室・ひみつ基地計画!

IMG_3091.jpg
ピアノに関して、世界的ピアニストでも無ければ日本的ピアニストでも何でもない僕、山本。

日々「生徒さんたちが喜んでくれそうなアイデア見つけよー」の積み重ねで、その見つけた(つもりの笑)アイデアの数少ない成功例と、無数の失敗例のミルフィーユが、たぶん、山本あきひこのぴあの教室です。

ただ、ここのところ、去年の夏頃からちょびっと、自分がパワーダウンしているのを感じていました。

思い切って、新年度からは働き方改革っ!

週一回はお休みを作って、ちゃんと睡眠時間を確保して、、、

僕が元気だからこそ、生徒さんたちにちょびっとでも喜んでもらえるレッスンが出来る!

僕が元気だからこそ、生徒さんたちが喜んでくれそうなアイデアも出る!

みんな健康第一っ!

、、、って、ようやく気が付きました。


今、お正月1月3日以来のお休みを作りました!

そのお休みの三日目の朝。

睡眠も十分!

ポジティブと元気がモリモリ心の中から湧いて来ます!


実は、山本あきひこのぴあの教室にはこの春からの新計画があります。

それは!

「山本あきひこのぴあの教室・ひみつ基地」計画!

全然ひみつじゃなくて、あと何日かで生徒さんみんなにオープンにする新計画なのですが、、、笑

「ひみつ基地」の響きがいいっ!

なんでも「ごっこ遊び」にした方が、面白さ、楽しさもアップような気がして、「ひみつ基地」と呼ぶ事にしました。

そのひみつ基地では、写真の中華鍋も活躍の予定です。

安心、信頼の新潟・燕産のメイドインジャパンの鉄製中華鍋です!

ひみつ基地計画、進行中っ\(^o^)/
| やまもとせんせい | ケ-タイより | comments(0) | - |

5023 晴れっ!

IMG_3095.jpg
昨日2月24日。

レッスンのお休みを頂いて、久しぶりに父母を乗せてドライブに行って来ました!

とは言え、コロナがあるので、出来るだけ人が少ない場所を選んで、、、。

写真はしまなみ海道のとあるパーキングエリア。

快晴の空が素敵でした\(^o^)/
| やまもとせんせい | ケ-タイより | comments(0) | - |

5000 5000回は三瓶山から!

IMG_2947.jpg
今日2020年、令和2年2月2日(日)。

2揃いになったこの日。

拙ブログ「先生の日記」第5000回になりました。

2007年の2月14日の第1回以来、1日も欠かさず毎日更新を続けて、もうすぐ13年。

最初の頃は1日に10人ほどの方が読んで下さっていました。

今では一ヶ月に平均で、のべ30,000人もの方が読んで下さっています。

山本あきひこのぴあの教室の何気ない日常や、僕の個人のお話などを徒然に綴るだけの日記なのですが、読んで下さっている皆さま、今まで読んで下さった皆さま、本当にありがとうございます。

そして、5000回を迎えることが出来たのは、生徒さんたち、保護者の皆さま始め、お世話になっている全ての皆様、ご縁をを頂けている全ての皆様のおかげです。

重ねまして、本当に本当にありがとうございます!


今日の第5000回は三瓶山から!

そして本当にたまたまなのですが、二揃いの日になりました。

2は、子どもの頃、僕が一番好きだった数字。

なんかラッキー!


今朝の三瓶山はとても穏やかです。

生徒さんたちもみんな元気!

朝ごはんもみんな美味しそうに食べていました!

これからも、山本あきひこのぴあの教室も、このブログ「先生の日記」も、よろしくお願いいたします\(^o^)/
| やまもとせんせい | ケ-タイより | comments(0) | - |

4994 充電っ!

IMG_2753.jpg
昨日1月26日日曜日。

お昼までレッスンしたあと、充電に向かいました。

目的地は東横イン岡山駅西口右。

チェックインしたあと、夕方、駅前の奉還町を1時間ほど散歩して、ホテルに戻り、、、。

21時過ぎから朝8時前まで、爆睡っ!

ここのところの三日分寝ました!

一昨日は頭痛がした後、久しぶりに鼻血が吹き出して、一年のお守りにしている年始のおみくじには「睡眠をとるべし」と書かれていて、、、

神さまなんで分かるんだろう(笑)

自分でも体調に焦っていたのですが、自宅だと父母との生活時間の違いから寝られず、苦しかった!

昨夜は寝ました!

写真は昨夜寝る前、夜21時ごろの岡山駅の様子です。

夜景に旅情がありました。

元気回復っ\(^o^)/
| やまもとせんせい | ケ-タイより | comments(0) | - |

4973 大学もレッスン初め!

IMG_2603.jpg
今日2020年1月6日(月)。

くらしき作陽大学の授業が始まります。

と言うことは!

僕も今日が大学でのレッスン初め!

、、、なのですが。

子ども教育学部の学生さんたちは、当然、教育実習などもあって、僕が受け持っている学生さんたちの中の二年生の内の6人の学生さんの、昨秋11月に実習期間中の補講が必要になりました。

しかしっ!

補講設定日の土曜日は山本あきひこのぴあの教室のレッスンがあり、また、平日も時間が取れず、、、

そのままでは大学の後期終了までの補講は、3コマ分は何とかなったのですが、あと一コマ分がどう考えても無理なのでした。

大学の事務局の方に相談してみました。

僕・「カクカクしかじかなのですが、どうしたらいいんでしょう」

大・「そうですねぇ。どうしてもの時は0時限っていうのもありますよ!」

僕・「0時限!?」

、、、それは。

通常の1時限が始まる前の時間にも、授業を設定出来ると!

なんてラッキーなんだ!

、、、でも、早起きになる学生さんたち、ごめんなさいっ!

、、、でもでも、学生さんたちも0時限オッケーしてくれてホントありがとうっ!

0時限は朝7時50分から!

そんな訳で!

昨日の山本あきひこのぴあの教室のレッスンの最後だった大学生を送ってから、そのまま新倉敷に移動。

大学最寄りのセントイン倉敷っていうホテルに初めて泊まってみました。

冬の朝の空が超きれい!

学生さんたちもみんな元気にレッスンに来てくれますように\(^o^)/
| やまもとせんせい | ケ-タイより | comments(0) | - |

4969 岡山へ!

IMG_2468.jpg
今日、令和二年正月二日。

年末、兄と姪っ子、甥っ子(奥さんはお家でのんびりでした)と、北海道のルスツで二年ぶりのスキーを楽しんだあと、、、。

兄たちは千歳空港から空路東京へ。

僕は、、、。

せっかく北海道に来たのだから!

JR北海道で乗り鉄の旅を楽しんでいました。

千歳で兄たちと別れたあと、電車で札幌へ。

そこから特急ライラックに乗って旭川へ。

旭川から特急大雪で北海道を横断し網走で一泊。

網走は吹雪でした!


翌日の元日。

快晴!

網走から釧網本線に乗ってオホーツク海を眺め、知床半島を眺め、羅臼岳から続く山の峠を越えて釧路湿原を通り抜け、、、

本物の天然の丹頂鶴が数羽、車窓から見れました!

しかも!

一羽、綺麗に飛んでくれたっ!

釧路湿原そのものの車窓風景も、時に果てしなく広く、時に川や湿地、沼が迫り、鷲(ワシ)も飛びました!

釧網本線の終点釧路駅から特急で帯広へ。

帯広で一泊。

路面はスケートが出来そうなくらい、全面氷の世界でした!


そして今日!

充電完了っ!

レッスンの時の話のネタも出来たぞー!

帯広を朝出発して、再び電車を乗り継いで約22時間!

岡山へ戻ります。

帯広からの車窓は真っ白!


生徒さんたち、みんなたくさんお年玉集まってますように\(^o^)/
| やまもとせんせい | ケ-タイより | comments(0) | - |

4968 新年あけましておめでとうございます!

IMG_2354.jpg
&#65279;(写真は今朝撮った一枚目。北海道網走駅前の初日の出前。今年最初の夜明けの空です)

令和二年、2020年元旦!

今年は何をしようかな。

絵本を描きたい、山本あきひこのぴあの教室の球技大会(バスケ)もしたい、ピアノで弾きたい曲もある、もちろんレッスンだって今までよりもっと濃いレッスンが出来るようになりたい、レッスン中の小話のネタも増やしたい(笑)


一月、まだコンクールの全国大会経験の無い生徒さんたちのチャレンジがあります。

二月には山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2020がある!

コンクールの審査のお仕事も頂いています。

三月には生徒さんたちの全国大会で東京へ行けるかも!

社会科見学の旅で九州・鹿児島へ出かけます。

生徒さんの新しいボストンピアノの選定で東京のスタインウェイジャパンセレクションセンターへも出かけます。

四月、三年目になる大学での教員生活がスタート。

山本あきひこのぴあの教室の一番大切な行事、演奏発表会があります!

五月、来春の社会科見学や夏の山の学校の現地下見、打ち合わせがあります。

六月、生徒さんたちのコンクール挑戦の予選スタート!

七月、あるコンクールの審査のお仕事を頂いていますが、こちらのコンクールでの審査は初めて。

生徒さんたちのステージ挑戦も続きます。

八月、この夏の山の学校は、馬路村の夏祭りに出かけます。

生徒さんたちの全国大会で東京へ行けるかも知れません!

九月、生徒さんたちのコンクール本選が始まります。

十月、球技大会が出来たらいいなぁ。

十一月、生徒さんたちのコンクール本選仕上げがあります。

十二月、コンクールに出ている生徒さんも、楽しくピアノを続けてくれている生徒さんたちみんな、それぞれに、今年もピアノ楽しかったなぁとか、良い一年だったなぁって思ってもらえる事のお役に、ちょっとでも立てていたら嬉しいなぁ。

そのために!

まずは健康第一!

今日もみんな元気で楽しい一日になりますように\(^o^)/
| やまもとせんせい | ケ-タイより | comments(0) | - |
profilephoto

山本あきひこのぴあの教室LINE公式アカウントはじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS