先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

4011 ハンバーグケーキ!

昔も今も子どもたちに人気の食べ物のひとつ「ハンバーグ」フォークとスプーン

 

タルタルステーキ(肉を細かく刻んで作ったステーキ)が起源とされている料理で、その発祥の地はドイツのハンブルグライト

 

山本あきひこのぴあの教室で生徒さんたちに弾いてもらっているスタインウェイピアノが生まれた町です大吉

 

そんなハンバーグが大好物っていう、高校3年生の生徒さんpy

 

先日が誕生日だった彼女が、見事なお誕生日ケーキの写真を送ってきてくれましたびっくり

 

それが、

巨大ハンバーグび

 

なんですが、実はこれ、チョコケーキなんだそうで、、、ふきだし

 

かかっているソースも、実はもう固まっているチョコレートケーキ

 

先日の「だるまさんケーキ」と同じ、白石のパティスリー・シトロンさんが作ってくれたんだそうです矢印

 

とっても美味しそうでしたモグモグ

| やまもとせんせい | おすすめの一品 | comments(0) | - |

4010 ミカサバレーボール公認球のケーキ!

球技系のスポーツをされている方にはお馴染みの言葉のひとつ「公認球」ライト

 

これは大会主催者や、それぞれの競技連盟において「試合ではみんな平等にこのボールを使いましょう」ということで、その大会や、競技連盟主催の公式試合の全てで使われるボールのことなんだそうですパソコン

 

バスケットボールではモルテンがメジャーでしたが、バレーボールではミカサなんだそうですパソコン

 

モルテンもミカサも本社は広島市西区に有り、昔ミカサの技術者たちが独立して立ち上げたのがモルテンっていう歴史もあるんだそうですパソコン

 

ヤマハの技術者だった河合小市(通称発明こいち)が立ち上げた「カワイ」や、同じくヤマハから独立した大橋幡岩(本名はたいわ=通称ばんがん)が立ち上げた「オオハシ」と似ているような、、、。

 

技術者たちが腕と誇りをかけて切磋琢磨、独立を目指されていた時代があったのかも知れません。

 

 

、、、余談になりましたおんぷ

 

 

今月18歳になった高校3年生の生徒さん(彼女との付き合いは彼女がまだ3才のころから)が、

 

子:「誕生日ケーキケーキ

 

と言って、LINEをくれましたやかんさん

 

バレーボール岡山県の元MVPの彼女のケーキは、

ミカサのバレーボール公認球そのままの、

これっok

 

何味だったか、また教えてもらおうっとモグモグ

| やまもとせんせい | おすすめの一品 | comments(0) | - |

4007 お誕生日ケーキ!

山本あきひこのぴあの教室では、生徒さんたちのお誕生日に合わせて「三瓶山特製、木のお手紙」にメッセージを書いて送っていますポスト

 

そんな中、今日がお誕生日の小学6年生の子がいるのですが、本人が特製のお誕生日ケーキの写真を送って来てくれましたやかんさん

 

それは、、、もん

 

あのとっても楽しかったこの春の社会科見学で、今日がお誕生日の小学6年生その彼女本人が作った、

だるまさんだるまさんがころんだ

 

の、そのまんまの、

お誕生日ケーキっケーキ

 

だるまさんとケーキを並べた、

なかよしツーショットも矢印

 

ケーキは、学区内の白石にある「パティスリー・シトロン」さん(ハローズからちょっと久米の交差点方向へ進んだエネオスのガソリンスタンド手前の右手の小さなお店)家

 

オリジナルデザインに応えて下さるだけでなく、もちろん味も僕は大好きなケーキ屋さんアンパンマン

 

ケーキをもらった本人は嬉しくて楽しくて幸せで、注文した人も楽しくて嬉しくて幸せで、このケーキを見た周りの人も思わず笑って、きっと作っておられる方も楽しんでおられて、、、。

 

ケーキ屋さんって、みんなを幸せな笑顔に出来るものすごく素敵なお仕事なんだなぁ、、、↑↑

 

もりもりに明るくかわいい、このだるまさんケーキケーキ

 

本人「私のだるま!」って大喜びだったそうですモグモグ

| やまもとせんせい | おすすめの一品 | comments(0) | - |

3982 レッスン前〜空気のお清め!

おかげさまでたくさんの生徒さんにレッスンに通って来て頂けている山本あきひこのぴあの教室おんぷ

 

頂くことが出来ているたくさんのご縁の広がりと幸運に感謝しかなくて、、、お願い

 

本当にありがとうございます福助

 

 

そんな山本あきひこのぴあの教室では、毎日のレッスン前、レッスンに来て下さる生徒さんをお迎えする前に、ちょこっと空気のお清めをしています手

 

それが、お香ゆう★

 

ただ、匂いには好き嫌いがあるかもしれないので、合成香料ではなくて自然の木の香りがほんのわずかに香り、煙もとても少ないタイプの、

これを使っています。

 

、、、偶然、Amazonで見つけましたグリーン

 

 

そして、毎日のお香も楽しい方がきっとさらに素敵っ蚊取り線香

 

玄関用にかわいらしいお香立があればいいな〜と探していて、発見しました!

お地蔵さんお願い

 

夏の暑い日、冬の寒い日、風の日、雨の日、もちろん晴れの日も晴れ

 

レッスンに通って来てくれる生徒さんたちを、玄関で優しく迎えてくれますようにラッキー

| やまもとせんせい | おすすめの一品 | comments(0) | - |

3931 平成29年の新酒しぼりたて!

時に御使いものに、時にに自宅用に、お気に入りの造り酒屋さん「板野酒造場」(岡山市北区一宮)矢印

 

備前国一宮こと吉備津彦神社へお神酒を納めておられる酒蔵でもあり、またご主人は岡山県利き酒コンテスト連続優勝中の舌を持たれた方でもあります鳥居

 

その板野酒造場さんから「今年の新酒が出始めます」とご案内が届きましたMAIL

 

うまい酒を求めて早速出陣っ走る

 

そして、

ゲットっVサイン

 

左側の牡丹鶴にごり酒は、もうそのまんまどぶろくで、少しでも温度が上がるとポコポコ発酵が始まり、みるみる泡を吹き、もちろんそのまんま微炭酸酒で、独特の酵母の香りともろみの甘さ、それにコメの旨みがそのまま残っていて、酵母が出した炭酸のサッパリ感がそれらをまとめています。

 

もう一本の方は、今は主に岡山県南(ごく一部熊本県など)でのみ栽培されているアケボノっていう、昭和28年に品種登録された古い品種の大粒のコメを原料に作られたお酒の無濾過原酒で、こちらも発酵継続中の微炭酸酒で、山田錦の洗練された旨さと対照的に、古くノスタルジックな落ち着いた旨みのあるお酒です。

 

どちらも温まると酵母が目を覚まして栓が飛ぶほど発酵するので、とりあえず涼しい所に置いて、さっさと飲もうっと、、、↑↑

 

日本酒がお好きな方にも、ビール党の方にもオススメですモグモグ

| やまもとせんせい | おすすめの一品 | comments(0) | - |

3852 レッスン前のお清め!

毎日たくさんの生徒さんたちがて入りする、山本あきひこのぴあの教室の玄関家

 

、、、は、結局、うちの玄関でもありますアハ

 

出来るだけ気持ちよく入ってもらえるように、ちょこっとカワイイ物を置いてみたり、お花やグリーンも置いてみたり、夏場なら出来るだけ風通しを良くしてみたり、、、♪

 

今のところ、生徒さんたちからは「せんせいんちのげんかん、すきゆう★」って言ってもらえてはいるのですが、更に改良してみるのが山本あきひこのぴあの教室クォリティ手

 

、、、時に、それがスベっていくこともありますが顔

 

というわけでひらめき

買ってみました♪

 

たまたまネットで見つけた、

天然の香料を使用した消臭効果の高いお線香蚊取り線香

 

早速、

点けて、生徒さんたちをお迎えすることにして一週間ピンク

 

新しい匂いに敏感なはずの小さい子たちにも、誰も何にも気づかれることなく、静かにわずかの煙を上げています。

 

気がつかれない部分の改良って、とってもオシャレことのような気がしていますきら目a_1

 

ということは、、、おんぷ

 

きっと大成功っ!

 

このお線香、本当にほのかな自然な香りで、煙もわずかで、焚いたあと、確かに無臭になるような気がします↑↑

 

優しい香りのお線香をお探しの方にはオススメですニコニコ

| やまもとせんせい | おすすめの一品 | comments(0) | - |

3842 土瓶(どびん)と急須(きゅうす)!

毎朝、起きたらお茶を一服入れて飲むのが日課の僕、山本。

 

2〜3年前までは、もう今は亡くなったおじいちゃんが若い頃に人にもらって、そのまま使わずにしまっていた萩焼の急須をおじいちゃんが元気だった頃に「あきちゃん、これをあげよう!」と貰い受けて、それを永く愛用していました。

 

もういつの頃のものかはわからない、おじいちゃんがまだ若い頃、少なくとも半世紀以上前(もしかしたら80年前くらい?)の萩焼で、もちろん手びねりによる作品で、使うほどに急須に茶渋が染みてそれが文様のようになるのが趣(おもむき)で、楽しんでいたのですが、、、。

 

母にきっと悪意があるわけではなく(笑)、萩焼の素焼きに近い急須だったのでちょっと弱かったのか、母が洗ってくれる度にあっちが欠け、こっちが欠け、とうとう注ぎ口が欠けてしまって使えなくなりました。

 

それが今から2〜3年前のこと。

 

それ以来、何となく気に入った急須を探しつつ、なかなかピンと来るものに出会うのに時間が掛かり、、、。

 

とりあえず粉末茶(おすし屋さんのお茶風)を直接湯呑に入れて「ほっ」と、朝の一服を楽しんでいました。

 

が!

 

師走始まった12月1日!

 

ついに、

大安寺の雑貨屋さん「ティンクルティンクル」さんで発見っ!

 

それは、

急須じゃなくて土瓶なんですが、全体の景色や横の凹みがいい感じで、

 

ぱっと見て、

一目惚れでした!

 

安心の日本製で、お値段はペットボトルのお茶10本ちょっとくらい。

 

今朝から早速使ってみると、、、。

 

湯呑に注ぐときに広がるお茶の香りが濃くてとてもいいっ!

 

しかも、注ぎ口からお茶が垂れません!

 

これは良かった!

 

3年探した甲斐がありました(^O^)

 

 

僕は調べてみて初めて知ったのですが、土瓶と急須は、土瓶は持ち手が無くて代わりにツルが上に付いていて、急須は横に直接持ち手が付いているんだそうです。

 

急須は、発明された中国では元々、急な来客の時などにお酒を温めるための酒器の一つだったそうで、それが日本に伝わってお茶の道具になったんだとか。

 

また、土瓶には直火に掛けられるものもあり、そう言えば九州鹿児島では旅館の晩ご飯で、焼酎を平たい土瓶に入れて温めたものを出してくれたことがありました。

 

それは普通にお燗されたものよりも一段と香りが良くて、美味しいような気がしました。

 

もしかしたら、平ための急須でもお酒を温めると、お銚子とまた違った美味しさになるのかも!

 

 

、、、横道にそれました。

 

そんな新しい土瓶でのお茶の一服で始まった今日、山本あきひこのぴあの教室で一番の妹ちゃんがレッスンデビューされます。

 

彼女は人生が始まって4年とちょっとの若者です(笑)

 

今日も生徒さんみんな元気にレッスンお待ちしています\(^o^)/

| やまもとせんせい | おすすめの一品 | comments(0) | - |

3833 冬の準備!

IMG_2947.JPG
今朝、この秋一番の冷え込みになりました。

週間天気予報を見ても、予想最低気温が一桁だったり、北日本では雪だるまのマークが並んでいたり、、、。

いよいよ近づく冬。

新年一月の山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2017inさんべ山も楽しみな今日この頃。

咳が出たり、くしゃみが出たり、風邪気味の生徒さんが多くなります。

そこで!

そんな生徒さんたちにはマスクを渡して着けて貰っています。

マスクをするだけでも、不思議と咳が治まって、レッスンにも集中出来て、いい感じ!

なのですが、、、。

今までは、僕用の大きな紙マスクだったので、多くの生徒さんは四捨五入したら顔面の全てがマスクになる事になって、それはそれでかわいくて面白かったのですが(ごめんなさい!)、この冬は、生徒さんたちの顔の大きさに合わせたサイズのマスクを用意しました。

先日、早速、風邪気味で咳が出ていた二人の生徒さんに着けて貰っていたところ、ピッタリ!

マスクで喉も守られたのか、咳も治まりました。

レッスン室は楽器のために湿度を40%台に保っているので、一般的なお家より空気が乾いています。

お家では大丈夫でも、レッスン室に来ると喉が乾いて咳が出てしまう子もいるみたいです。

これは良かったです!

みんな安心してレッスンに来てね〜(o^^o)
| やまもとせんせい | おすすめの一品 | comments(0) | - |

3832 新年の準備〜カレンダー編!

IMG_2945.JPG
師走が近づき、少しずつ新年の準備も進めている山本あきひこのぴあの教室です。

手帳の準備が出来たら、次はカレンダー!

山本あきひこのぴあの教室には、永らく毎年使っていた同じシリーズのカレンダーがあったのですが、数年前に、これまたずっとお世話になっていた雑貨屋さんが取り扱いを違うカレンダーに切り替えられて、そこから良いカレンダーを探して数年、、、。

今年から、山本あきひこのぴあの教室発表会お土産のオリジナル木のうちわを毎年作って頂いている「エコアス馬路村」がある、高知県馬路村の農協のカレンダーを使ってみました。

暦や満月、新月も書かれていて、ついでに馬路村のお祭りの日や鮎漁、アメゴ漁、イノシシ猟の解禁日、それに特産のゆず栽培の農作業目安なども書かれていて、一番は見るとなぜか元気が出る馬路村の絵!

そのカレンダーの販売開始が11月中頃。

というわけで!

来年のレッスン室のカレンダーの手配も無事に出来ました(笑)

写真は、これも毎年送って来て頂けている、スタインウェイのカレンダーです。

スタインウェイピアノがある風景や、珍しい特殊モデルなどの写真が採用されていて、とても綺麗です。

偶然ですが、僕も弾かせて頂いた事があるクリスタルガラスを装飾された個体そのものも、何月かの写真に採用されていました!

こちらは練習室の来年のカレンダーに使おうと思います(o^^o)
| やまもとせんせい | おすすめの一品 | comments(0) | - |

3831 新年の準備〜手帳!

IMG_2944.JPG
今の季節、山本あきひこのぴあの教室では色々な新年の準備が始まります。

その一つが、手帳!

レッスンの予定や生徒さんとの約束、発表会、山の学校、雪あそび、その他諸々の予定を書き込んで、山本あきひこのぴあの教室の一年を無事に運営して行くための必須アイテム!

色々な理由があって毎年同じものを使うようにしています。

その新年版が、いつもお世話になっている、岡山大学正門前の楽譜屋さん「楽譜やサワ」さんで無事に手に入りました。

うっかり注文を忘れていたのですが、「山本さん、いつもだから(笑)」と取っておいて下さって、さすが老舗!

感謝感謝でした。

この手帳の中身のメインは、見開きが横に一週間になっていて、朝8時から夜22時までが縦に30分刻みになっていて、僕にとっては早朝や深夜のレッスンの時は枠外に書いたり、生徒さんデータも50人までなので二冊でも実は足りないのですが、生徒さんデータのページは万が一落とした時に、生徒さんにご迷惑をおかけしてはいけないので毎年くうらんのままにしているので全く問題なし!

一番使いやすくて重宝しています。

こちらの手帳、毎年色が変わるのも楽しみの一つです。

新年版は初めての色、「うっすらピンクがかったアイボリー」でした!

新しい手帳は毎回、カレンダーページに生徒さんのお誕生日を書き写すことから使い始めます。

山本あきひこのぴあの教室の仲間のお誕生日一番最初は1月5日の社会人の子(小学生から来てくれて高校も専門学校も卒業して社会人になって二年目で、小学生からずっとレッスンを続けています!)、一年ラストは12月30日の高校二年生(こちらは小学校卒業間際からずっとレッスンに来てくれています!)。

今年よりももっと、みんなにとってプラスになれるように成長出来るように新しい手帳と一緒に頑張ります(o^^o)
| やまもとせんせい | おすすめの一品 | comments(0) | - |
profilephoto
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS