先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

4656 発見っ!

先日レッスンに来てくれた小学4年生、お笑い系の生徒さん。

 

、、、と書いてから、そ〜いえばうちの生徒さんたち、ほとんどみんなお笑い系なことに気が付いた山本です。

 

、、、お笑いバンザイっ!

 

ペダルを踏む時に足元を見ると、

 

僕:「おっ!」

 

子:「なになに!?」

 

僕:「これはすばらしいっ!」

 

子:「あ〜!あははは〜(笑)」

 

で、

にこちゃんマークのプレゼントになりました(^O^)/

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

4642 小学1年生男子の夢っ!

昨日レッスンに来てくれた小学1年生の男の子。

 

とっても利口な彼は、シャイ・ボーイ!

 

「はずかしいから」と、去年の発表会以外の全てのピアノステージを固辞し続けています(笑)

 

そんな彼が、昨日のレッスンの最初、宿題でしてもらっている音楽ドリルのマル付けをしていた時のこと、

 

子:「あした、ソフト(ソフトボール、彼のもう一つの習い事)のれんしゅうじあいがある」

 

僕:「おっ!練習試合ってうれしいよなあ!」

 

子:「ホームランがうちたいから、ホームランをうてるバットをかいて」

 

、、、彼は幼くして「が」「を」などの助詞を、その発する言葉の中で的確に使います!

 

僕:「オッケー!まかせとけ!」

 

子:「ありがと」

 

で、

 

僕:「じゃあああ〜ん(笑)」

 

子:「うふふ」

 

が、

僕:「来たボールを、ぜ〜んぶぶっ飛ばしてくれる『ロケットパンチバット』!」

 

子:「これ、ぜんぶホームランにできそう」

 

その後、ピアノを弾く前、

 

子:「おちつくまでちょっとまって」

 

僕:「いいよ」

 

、、、二人の無言の時間は約10分続きました。

 

子:「ひける」

 

僕:「ほな、ど〜ぞ〜」

 

で、まだ仕上がってはいなかったけれど、弾いてくれました。

 

僕:「そっかぁ!これお家で練習頑張って来たんだ!」

 

子:「うん」

 

僕:「それに、ものすごく集中したら、お家ではうまく出来かけたこともあった」

 

子:「うん」

 

僕:「だから、そのうまく出来かけたときと同じくらいの気持ちになるまで待ってから弾いてくれたんだ」

 

子:「そう」

 

、、、彼は基本、レッスンの時は静かに語るタイプです。

 

その後、もう何回か弾いてくれた彼。

 

子:「あしたソフトをがんばる」

 

って言って、ニコニコ帰って行きました(^O^)/

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

4586 生徒さんからのリクエスト〜男の子バージョン!

お預かりさせて頂いているお子さんたちを見ていて、もちろん個人差も大きく、もちろん男女平等な世の中であるべきと思っているのではありますが、男の子と女の子との違いって小さいお子さんほどあるようにも感じるような気もすることがあります。

 

音楽ドリルのマル付けの時に生徒さんからもらう、ちょこっと挿絵のリクエスト。

 

小学1年生の男の子。

 

彼は、

 

子:「ぼく、ポケモンのカッコいいのをかいてほしいんよ」

 

僕:「よっしゃ!ほんで、なにがええ?」

 

子:「メガリザードンX(エックス)!」

 

僕:「まかせとけ!」

 

、、、知りませんでした(笑)

 

彼と一緒にスマホで検索。

 

僕:「おお、カッコええな〜」

 

子:「でしょ!だからこれかいて!」

 

僕:「おっけー」

 

で、

子:「、、、あ〜」

 

女の子なら喜んでくれる「ちょこっとアレンジ」なのですが、彼が求めていたのは「リアル」でした(笑)

 

しかしっ!

 

くじけない山本!

 

その次回レッスンで、

 

子:「つぎは『メガハンギラス』がいい」

 

僕:「おっけーまかせとけぇ!」

 

スマホ検索後、、、

 

僕:「はい、できあがり!」

子:「、、、あ〜」

 

彼が求めたのはリアル!

 

でも、お家でこれを見た、彼のお姉ちゃん(小4)は、

 

姉:「かわいい〜!」

 

だったそうです(笑)

 

 

その次のレッスンからは、

 

子:「なんかかいて」

 

になった彼。

 

、、、利口な彼は、ポケモンはボケられることを学んだのかな。

 

なので、

彼がおうちで餃子を作ったお話の日。

 

そして、

梅雨明けでとっても暑かった日。

 

そして、

うちわのお話をした日、、、。

 

そこから、

山の学校があり、

夏休みの宿題があって、

絵日記のお話を聞いた日。

 

それから、

なんとなくくまモン。

 

そして、

秋さがしの校外学習の日。

 

これは、

彼が勇気を出してとっても正直だった日。

 

そして、

漢字のテストで100点だったと教えてくれた日。

 

これは、

彼がお母さんと一緒に急いで自転車で来てくれた日。

 

彼とのストーリーも続いています(^O^)/

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

4585 生徒さんからのリクエスト〜その3!

一昨日、昨日の先生の日記の続きです!

 

小学1年生の生徒さんのリクエストでいつの間にか続きものになった、音楽ドリルの挿絵。

 

色んな生徒さんが時々、別のピアノ教室や違う習い事のお話をしてくれることがあって、例えば「ごうかくしたらかわいいシールをはってもらった!」が一番多く、中には「行ったらアメとかハイチュウもらえた」も!

 

しかしっ!

 

女性の先生方には「カワイイ」や「きれい」で到底及ばない僕、山本。

 

かわいいシールの持ち合わせも無ければ、かわいいシールを選ぶセンスも、女性と比べるときっと無いっ!

 

ので!

 

男の直球勝負だ!

 

とりあえず、思ったものを心を込めて描く事にしました。

 

遠足のおはなしを聞かせてくれた日、

えんそくもん。

 

そして、

ハロウィンパーティーのお話を聞かせてくれた日。

 

やがて、

彼女のおたんじょうび!

 

そして、

学校の楽しみのひとつ、席替えの日!

 

さらに、

音楽発表会があって、

 

季節は、

やきいもに。

 

彼女が「ともだちがハワイにいったっていってた」っておはなししてくれた日は、

こんな感じ(笑)

 

ここのところ岡山市内でも急に朝夕寒くなって、

 

子:「きょうは『さむいもん』かいて」

 

僕:「ほぃほぃ、りょーかい」

さむいもん(笑)

 

まるで大喜利みたいなアイデアの瞬間勝負なのですが、今のところ喜んでもらえています。

 

 

そう言えば、、、。

 

僕のおばあちゃん、今97才!

 

僕が小さかった頃、船頭さんが舟をこぐ絵を「さらさら〜」っと描いてくれて、それがとっても嬉しかった思い出があります。

 

後年になって見てみると、おばあちゃんのその絵はけっして子ども受けする絵ではないのですが。

 

人が描いた絵って、どんな絵でも、何回見ても飽きないような気がします。

 

音楽の生演奏もそんな気がします。

 

もしかしたら、人が自分のために描いてくれた絵ならなおのことかも。

 

音楽の生演奏もそうかも!

 

こんなちっちゃな絵だけれど、生徒さんにとってなんかの「うれしいな」の一つになってくれてたら嬉しいです(^O^)/

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

4584 生徒さんからのリクエスト〜その2!

昨日の先生の日記の続きです!

 

ちょっとしたことがきっかけで、また、そのきっかけをきっかけに生徒さんからのリクエストが始まって、いつの間にか続きものになった、小学1年生の生徒さんの音楽ドリルの挿絵。

 

最初は5月。

 

彼女が夢いっぱい、希望いっぱいの「いちねんせい!」になってすぐのこと、彼女のチャラ字を諫めた(いさめた)「わるそうなドラえもん」が第1号でした。

 

その後、初夏を迎え、夏になり、猛暑の日もあって、そして、

岡山には珍しい台風が来た日。

 

そして、岡山が世界に誇る(フランスやアラブ諸国へ試験的に輸出したところ『これは何ていうフルーツだ!』って大絶賛だったんだそうです!)白桃。

 

僕は全ての食べものの中で、桃が一番大好きです!

 

その中でも名高い清水白桃の最盛期は、

こうなって、

 

彼女はまだ参加してくれなかったけれど、

山の学校の時。

 

夏休みも終盤になって、

「しゅくだいモン」が登場し、

 

彼女がかわいい歯抜けさんになっていたので、

これが登場っ!

 

「こんにちは〜!」って、彼女がとってもいいごあいさつで登場してくれた時は、

これ!

 

そして、

敬老の日があって、

 

秋の運動会のお話をしてくれた日には、

なかまたちも登場しました(^O^)/

 

〜つづく〜

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

4583 生徒さんからのリクエスト〜その1!

生徒さんたちにお家での宿題でして来てもらっている音楽ドリル。

 

まだ小さい生徒さんたちには、そのマル付けの時に、その子が好きなキャラなどの絵をちょこっと描くことがあります。

 

中にはその絵をとっても喜んでくれる子もいて、シリーズ化することも!

 

ある小学1年生の生徒さん。

 

彼女はとてもしっかりしているのですが、答えの書き方がちょっとチャラ字になって来たことがありました。

 

そこで!

僕:「つぎは、ていねいにかいてくるんだぞ〜」

 

子:「わかった!」

 

で、これが始まり。

 

多くの場合は、その一回くらいで丁寧に直ったりすることは珍しいのですが、彼女はちゃんと丁寧に書いて来てくれたので、

 

僕:「じゃあ、ごほうびに、、、」

子:「ありがと!」

 

で、それが始まりで、毎回彼女が、

 

子:「なんかかいて♪」

 

って言ってくれるようになってシリーズ化!

 

以後、

から、

ちょっと変えてみたり、

ロールケーキのお話が出たときはこうなって、

 

つぎは、

ぺらっとなって、

ケーキになって、

とっても暑かった日はこうなりました。

 

〜つづく〜

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

4579 おとめ、なやみちゅう!

高校1年生の生徒さん。

 

今まさに、人生の春を謳歌する彼女。

 

そんな彼女がこの前のレッスンの時、悩みを教えてくれました。

 

子:「あ〜小顔になりてぇ〜」

 

僕:「あ〜、みんな言うよなぁ」

 

子:「せんせ〜、ど〜やったら小顔になるん?」

 

僕:「いやいや、っていうか、もう充分小顔やん」

 

子:「ぜってぇそんなことねぇし」

 

小柄な彼女は、その小さな本体に組み合わされた顔も、本当にちっちゃいんです。

 

子:「あ〜小顔、うらやまし〜」

 

僕:「まぁまぁ。○○(その子)はちゃんと小顔じゃから」

 

子:「しんじられん」

 

僕:「ほな、先生と一緒に写真に写ったら」

 

子:「?」

 

僕:「先生と顔の大きさを比べると、、、」

子:「せんせ〜、顔ヤバっ!(笑)」

 

僕:「ほら!ちゃんと小顔じゃろ〜(笑)」

 

子:「せんせ〜、顔デカっ!(笑)」

 

幼稚園児の時代からずっと10年以上、レッスンに来続けてくれている彼女。

 

彼女が幼稚園児だった頃、彼女は自転車に乗ってよそ見をしていて、そのまま電信柱に激突しておでこにたんこぶを作ってきたこともありました㊙

 

人類おとめのなやみを一つ、解消出来ました(^^♪

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

4578 おとめ、へんしんちゅう!

先日レッスンに来てくれた小学2年生の生徒さん。

 

ピアノを始めてちょうど1年になりました。

 

体験レッスンの時に「まほうつかいになりたい」って、夢を教えてくれた彼女。

 

春の社会科見学にはお母さんと一緒に参加してくれて、山本あきひこのぴあの教室のお姉ちゃんたちと一緒に東北へ!

 

わんこそばに挑戦し、盛岡こけしを作り、ホテルにも泊まって、太平洋フェリーいしかりでの豪華太平洋クルージングの旅も体験し、吉本新喜劇も観て大笑いして帰って来ました。

 

夏の山の学校にも参加してくれて、真夏の三瓶山の深緑もりもりの大自然の中でたくましく遊んでくれて、、、。

 

子:「やまもとせんせ〜、おもしろ〜いっ!」

 

僕:「ありがと〜!」

 

って、僕とも仲良しに(^^♪

 

なのですが。

 

まだ小さい彼女、「がんばるゆうき」がなかなか出せなくて、ピアノはちょっぴり停滞気味でした(笑)

 

、、、でもでも。

 

ピアノを始めて1年が過ぎ、小学2年生の冬になって、彼女の気持ちにちょっとずつ変化が現れています。

 

子:「おうちでれんしゅうしてきた」

 

僕:「がんばったね〜」

 

とか、

 

子:「おうちでもがんばれた」

 

僕:「えらいね〜」

 

っていうことが増え始めて、先日ついに!

 

子:「ピアノでもてつぼうでも、できないことをがんばって、できるようになったら、なんかたのしい」

 

僕:「それはすごい大はっけんじゃなぁ!」

 

子:「まぁね〜」

 

そんな、

ピアノも心も変身中の彼女の、ピアノを弾くときの真剣な横顔が素敵でした(^O^)

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

4559 もうすぐ15歳の男気っ!

彼は今、中学3年生。

 

もうすぐ15歳のお誕生日を迎える14歳、受験生です。

 

幼稚園の年長組さんの時からスタートしたピアノをずっと続けてくれて、もうすぐ9年!

 

そんな彼が、昨日、レッスンに遅れて来ました。

 

時間はレッスン時間終了1分前!

 

でも!

 

子:「先生、遅れてすいません!」

 

僕:「いいよいいいよ!たとえ1分でも顔を出してくれて、よっぽど何かあったんじゃろう」

 

子:「実は、、、」

 

通っている塾での進路相談が長引いたのでした。

 

僕:「それは大切じゃん!」

 

子:「でも、まぁ、、、(汗)」

 

僕:「1分だけでもレッスンに来てくれた記念に一枚(笑)」

テニスボーイでもある彼の男気に乾杯っ(^O^)/

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

4557 男の楽譜っ!

彼、今高校2年生。

 

彼が小学1年生だった冬、「うちの子はいつまで続くかわからないのですが、、、汗」というお母さんに連れられてレッスンに来てくれました。

 

以来、もうすぐ10年!

 

中学に上がっても、高校に入ってもピアノは続けてくれています。

 

そんな彼が通う高校では、選択音楽の授業で同じように音楽を選択した友だちとユニットを組み、バンド演奏をするという課題があります。

 

彼、高校1年生の時から安定のピアノ担当(笑)

 

ただ、ボーカルや他の楽器の子たちと比べると、ピアノ担当になった子の負担はきっと大きく、彼もいつも「やっべええ〜!」って言いながら、それでもギリギリには仕上げて来ました。

 

そして今回。

 

その音楽授業のバンド企画で、彼らのユニットはコブクロの桜を演奏することになったそうで、当然のようにピアノ担当になった彼も練習中!

 

その楽譜は、

このボロボロ、ヨレヨレ感こそ男っ!

 

もうすぐ本番、がんばれよ〜(^O^)/

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |
profilephoto
友だち追加
山本あきひこのぴあの教室公式LINE@はじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS