先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

4828 竹製のピアノ鍵盤!

2016年の発表会から毎年、発表会の時にステージに本物の高座を組んで落語を披露して下さっている落語家・桂文五郎さん。

 

あの桂文珍さんの35年ぶりにして4番目のお弟子さんで、落語家デビューからまだ5年目ではありますが、バイクの整備士や若くしてその整備工場長に抜擢された社会人経験もあられ、甲子園球場のビールの売り子の販売トップに輝くなど、もともと人を惹きつける力を持っておられる方なのかも知れません。

 

その文五郎さんが竹製のメガネに興味を持っておられるということで、、、

昨日、その竹製メガネの工房がある福井県の鯖江まで、せっかくなので日帰りでご一緒してきました!

 

お天気快晴っ!

文五郎さんは近鉄電車で、僕は新幹線でそれぞれ出発して京都駅で合流。

 

僕は京都駅に15分ほど早めに着いたので、京都駅構内のおみやげ店を見学。

 

京都ってやっぱりおしゃれ!

 

僕は大阪育ちなので、京都の人は「みやこびと」、街は「美しい」っていう、同じ関西でもやっぱりちょっぴり上のようなイメージを持っていたのですが、関西から「日本」っていうところや、もしかしたら「世界」っていうところまで広げても、やっぱり美しいところなのかも。

 

駅構内の売店なのに、おみやげの一つ一つになんか品が合って、でも気取ってなくて、思わず手に取ってみたくなるものが無限に!

 

 

約束の時間になったので京都駅の近鉄電車改札口正面で、岡山駅改札口の気分で電車の到着を待っていると、、、。

 

まるで大きな川の流れのように改札口からあふれ出してきた人の波!

 

その波にのまれた僕は、30mほど流された後、その人の川の川岸に逃れることが出来て、文五郎さんとも無事合流。

 

京都駅から鯖江駅までは特急サンダーバード5号に乗りました。

 

 

京都駅から1時間15分ほどで鯖江に到着。

 

文:「あっつううううう!」

 

僕:「いやいやこれはなかなか!」

 

この日の鯖江は、接近中の台風10号からの強い南風を受けてのフェーン現象が発生していました。

 

そんな熱風が吹く中、鯖江駅から7〜8分歩くと、その竹製メガネのお店「Roots(ルーツ)」さんに着きます。

 

お店のご主人に文五郎さんを紹介し、しばらく談笑してから、文五郎さんの竹メガネ選び、というか、完全オーダーの一点もの竹メガネの打ち合わせになりました。

 

 

こちらのRootsさん、実は、

メガネに加えて、竹製ピアノ鍵盤の開発にも、

日本で初めて成功っ!

 

この竹製鍵盤、たぶん象牙よりいい!

 

自然素材だからか、竹の特性か、指に吸い付くような弾き心地で、本当にいいんです!

 

9月3日から6日まで、東京ビッグサイトで行われる東京インターナショナルギフトショーにて、竹製のメガネと共に出品されて、実際に購入も可能!

 

興味のあられる方はぜひ!

 

 

無事に「文五郎さんデザイン」の竹メガネのイメージが出来上がったあとお店を出て、

鯖江の神社にお参りし、

 

前回僕が鯖江に来た時に食べた、

 

僕:「駅の二階の喫茶コーナーでなんでか手打ちそばもやっていて、これが本当にうまいんですよ」

 

文:「それい〜ですね〜!お昼そこにしましょっか」

 

僕:「ただ、前回はすぐに『なくなりました』って後のお客さんをお断りされてたので、急ぎましょ〜」

 

文:「それはホンマにうまいってことですよね〜」

 

で、鯖江駅まで戻り、駅舎の二階の喫茶コーナーに続く階段まで来たら、売り切れえではなかったものの、

定休日でした。

 

ササっと調べると、、、。

 

せっかく鯖江に来たので鯖江駅からあるお手15分くらいのところにあるメガネミュージアムへ歩いて行く途中にも越前そば屋さんがありそうだったので、そちらに変更!

 

しばらく歩くとそのお店発見!

 

入って、「越前そばでちょっと一杯」。

 

冷たい生ビールは、フェーン現象による熱風の世界、しかも快晴の空の下を歩いて来た我々には、もう、例えようのない美しい輝きを放つ魔法の液体でした。

 

、、、ちょっと二杯になりました。

 

 

メガネミュージアムを見学した後は鯖江駅までまた歩いて戻り、鯖江駅からは、

 

僕:「せっかくやから鈍行(普通列車)で帰ります?」

 

文:「それものんびりしてていいですねぇ〜」

 

程なくやって来た北陸本線の2両編成の普通列車は、夏の青春18きっぷの旅人たちにより通勤電車のようになっていて、

 

文:「ぜんぜんのんびりと違うやないですか〜」

 

僕:「文五郎さん大丈夫ですか〜」

 

文:「大丈夫もなにも、しゃ〜ないやないですか!(笑)」

 

酔っ払いでもあった我々はぎゅうぎゅう詰めの車内で敦賀までなんとか持ちこたえました。

 

敦賀からは湖西線周りの新快速に乗り換える人がたくさんいたおかげで、我々の北陸本線長浜行き普通列車はようやく座れるようになって、

スノーを楽しむ、

おっさん二人。

 

長浜駅からは新快速になります。

 

新大阪まで新快速に揺られた後、新大阪駅構内の「しおや」っていう、ちょっと一杯どころで3杯ずつ呑んで、ちゃんと来年の発表会の打ち合わせもして、解散になりました。

 

文五郎さんと別れた後、新大阪駅の立ち食いうどん屋へ。

 

この大阪の昆布だしが効いたちょっと甘めのおダシにふにゃふにゃのゆで置きの麺が合わさった、主食にもおかずにもなり得るうどん。

 

大阪にいた頃はそう思っていなかったのですが、これ、時々食べたくなるんです。

 

やっぱり僕、大阪人なんかなぁ。

 

新大阪駅からは在来線が西明石付近での人身事故により不通になったので急遽新幹線に変更。

 

こだまでしたが1時間、あっという間に岡山駅に着きました!

 

フェーン現象の熱風を浴びてから飲む生ビールは最高でした(^O^)/

| やまもとせんせい | 色んなピアノ紹介 | comments(0) | - |

4477 スタインウェイ・シルバーの兄弟!

山本あきひこのぴあの教室のレッスンで使っているスタインウェイグランドピアノB型。

 

写真の手前が生徒さん用、奥側が、僕用で、

生徒さん用は今から9年前、自分用のスタインウェイより先に思い切ってグレードアップしました。

 

特徴は、深く華やかな音色。

 

生徒さんたちが弾いているのを聴くと、低音が太く、その太い低音に乗る高音域は輝く星々のようにキラキラと響く、、、。

 

、、、ような気がする親バカ、どうかお許しください。

 

2台のピアノは同じスタインウェイB型ですが、金属パーツの色が違っていて、生徒さん用が金太郎、僕用が銀次郎(スタインウェイジャパン後藤社長さん命名)。

 

僕の銀次郎はそのまま銀色。

 

生徒さんたち用のスタインウェイから遅れること8年、

ドイツで試作してみたものが日本にやって来て2年間。

 

ずっと群馬県高崎の販売店で展示されていて売れず、スタインウェイジャパンに戻って来たところでたまたま出会って、僕がとってもその音色が気に入って思い切って自分用のピアノもグレードアップしたものです。

 

後日談があり、、、。

 

このシルバーのスタインウェイ。

 

2年間売れなかったにも関わらず、僕がこの個体に決めた直後、別のお客さんが「シルバーが欲しい」と現れたんだそうです。

 

シルバーは本来は受注生産のスペシャルコレクションっていうモデルなので、在庫が無いのと一から作るので、その方は1年待ちくらいになるそうです、ともお聞きしていました。

 

スタインウェイ社の方々からは「個人情報があるので詳しくはお話し出来ませんが、山本先生と同じ中国地方の方です」ともお聞きしていました。

 

そんなタイミングで、昨年審査のお仕事を頂けたあるコンクール本選で初めてご一緒させて頂いた先生があり、ごあいさつと名刺交換をして、、、。

 

その後、実は、シルバーを注文されていたのがそちらの先生!

 

そちらの先生から「ピアノ来ました!」と!

 

昨日、拝見させて頂きに、そちらの先生のお家へお邪魔させて頂きてきました!

 

それが、

これ!

 

日本に2台目のスタインウェイシルバーのB型です。

 

スタインウェイはちょこちょこマイナーチェンジを繰り返しているらしいのですが、昨年ビッグマイナーチェンジがあり、譜面台や大屋根のストッパー、脚のデザイン、框(かまち=鍵盤の両側の部分)などのデザイン変更がありました。

 

一番はサイドロゴ!

 

僕のには無い、シルバーに輝くサイドロゴがかっこいい!

 

スペシャルモデルだからか、アクションの調整は非の打ちどころが無く、音色は豊かな倍音を含む音の本体をなんだか凛としているけれどフワッと柔らかい光で包まれたような音。

 

もちろん、木の香りがするほど出来立てのピアノなので、音には若い緊張感もあります。

 

でも超綺麗っ!

 

ニューモデルのシルバーとしては、スタインウェイの全てのモデルの中で日本第1号で、現在唯一!

 

こちらの先生はピアニストであり、メインの教えられる場は大学。

 

僕とは住んでおられる世界が違う方なのかも知れないのですが、僕からの一方通行的感覚ではお話させて頂いていてとても気さくで面白い!

 

きっと、こちらの先生のキャラや音色を吸収しながら数年後、ものすごいピアノに育っているような気がしました。

 

人様のピアノなんですが、それも楽しみです!

 

そんな、今のところ日本に2台のピアノが結んでくれたご縁に感謝感謝なのでした(^O^)

| やまもとせんせい | 色んなピアノ紹介 | comments(0) | - |

4336 スタインウェイの自動演奏ピアノ「SPIRIO(スピリオ)」!

先月のことになるのですがライト

 

全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会に出場された生徒さんたちの応援に、僕も東京へ行った日国旗

 

その日、たまたまスタインウェイ&サンズ東京で「ボストンピアノフェア」をやっていて、それは予約制だったので予め予約しておいて、後学(こうがく)のために行って来ました大吉

 

ボストンピアノはスタインウェイ社が設計しプロデュースしている、スタインウェイ社のセカンドブランドピアノです。

 

日本の河合楽器で委託製造されたあと、スタインウェイ社が引き取って調整、仕上げをし、世界中に出荷されているそうです。

 

スタインウェイ&サンズ東京もそうですが、スタインウェイ社の正規ディーラーに置かれているボストンピアノって、本当にスタインウェイそっくりな音色がします。

 

調整や調律で変わるらしく、不思議っぐるぐる

 

 

そこで、まだプレリリースされたばかりの一台のピアノがありました。

 

スタインウェイ・スピリオ。

全自動演奏機能付きスタインウェイピアノのことです。

 

このスタインウェイ・スピリオは、スタインウェイ社が開発した自動演奏機能をスタンウェイB型に予め組み込んだピアノで、付属のiPadで操作して自動演奏すると、

こんなことにっびっくり

 

従来の全自動演奏ピアノと大きく異なることは、その再現力!

 

ホロヴィッツやミケランジェリなど、歴史上の巨匠の演奏が、彼らが使っていたスタインウェイピアノの本物で再現されます。

 

強弱は人の感覚で感じ取れる限界値を大きく超える1200段階!

 

もちろん、ウナコルダやハンマースピードの変化などによる音色やニュアンスの変化も再現されていて、ホロヴィッツの演奏の再現でトロイメライが流れると、僕なりに感じ取れるレベルで、ですが、その慈愛に満ちた音色や間合い、演奏から伝わって来るその深い感覚に涙が出そうでした。

 

全自動演奏モードをオフにすると、演奏感や音色は通常のスタインウェイと全く同じです!

 

どうなってるんだろう、、、。

 

通常のB型よりも300万円ほどアップなんだそうですが、曲のレパートリーはこれから無限に増えていくみたいなので、ホテルのロビーや豪華な船の中などに置かれると、本当にすごいかも知れません。

 

レッスン室に置いたら、巨匠たちの演奏を生で体験することも可能っ!

 

 

そんな新しいピアノも見れた3月24日の出来事でしたラッキー

| やまもとせんせい | 色んなピアノ紹介 | comments(0) | - |

4168 スタインウェイ特殊モデル3種!

遠方から単発レッスンに通って来て下さっている生徒さんのお家が新しくグランドピアノをご購入されることになり、昨日、そのピアノの選定の立ち合いに、東京にあるスタインウェイジャパンセレクションセンターへ行って来ました♪

 

ピアノはボストングランドピアノだったのですが、選定の詳細はNGということで割愛、、、おんぷ

 

 

昨日、セレクションセンターに並べられていたピアノの中から、いくつかの特殊モデルのご紹介ですNE

 

まずは、ウォルナットの木目が温かいチッペンデール(猫足)モデルは、

譜面台も柔らかいカーブを描いていました矢印

 

そして、通常は注文生産なので、新品の展示は見ることがない、

職人さんによる全て手彫りによる細工が美しい、

ルイ16世モデルは、通常モデルの数倍の5800万円っふきだし

 

そしてこちらが、

レトロ調のフルコンサートグランドピアノD274キラキラ

 

D274は、国内外の多くのコンサートホールにおけるプロのコンサートやコンクール、そして山本あきひこのぴあの教室の発表会のピアノとしてもお借りしているので、 生徒さんたちにも一番おなじみのコンサートピアノかも知れませんが、こちらはそのD274型の特殊モデルです。

 

譜面台も透かし彫りっふきだし

 

世界限定1台だけ製造された激レアモデルのこちらは、通常のD274型の2倍強の4800万円っ矢印

 

でも、こんなピアノがオシャレな大正レトロ風の温泉ホテルのロビーや、音楽に力を入れている町の中心的音楽ホールとかにあったらめちゃめちゃカッコいいかも矢印

 

3台とも、今回生徒さんのピアノをお世話して下さった、広島・浜松ピアノ社さんで扱っておられますニコチャン

 

ご興味があられる方はぜひびっくりハート

 

 

その3台とは別に、今のところ日本に3台(O180型、A型、B型それぞれ1台)だけ入って来た珍品があり、その1台のB型が、

ありました。

 

これ、通常金色のロゴや、金具、ペダル、鉄骨のフレームなどがクローム仕上げによるシルバーになっている特殊モデルで、もう行先が決まっているらしく、中身は写真を撮れませんでしたが、

一番の特徴は、少しだけ音を聴かせて頂けたこのピアノが持っている深く太く明るい音色なような気がしましたキラキラ

 

スタインウェイジャパンの社長さんともたくさんのお話しをすることが出来て、して下さったお話のその全てが僕にとって大きな財産になるお話しで、、、矢印

 

まるで実りの秋そのままのような東京出張でしたおてんき

| やまもとせんせい | 色んなピアノ紹介 | comments(0) | - |

4142 世界限定一台のスタインウェイ特別モデル!

昨日はレッスンのお休みを頂いていました国旗

 

そこでびっくり

 

東京にあるスタインウェイ&サンズ東京へ、ピアノそのものの勉強に行って来ましたライト

 

うちを朝7時ちょうどに出発して、のんびりあえて新幹線はひかりで上京、お昼ちょうどにスタインウェイ&サンズ東京に着きました。

 

スタインウェイ&サンズ東京は、スタインウェイジャパンセレクションセンターに併設されていて、この春の社会科見学で山本あきひこのぴあの教室のみんなで訪れたときは、まだセレクションセンターだけでした。

 

社会科見学の時にお世話して下さったSさんがスタインウェイ&サンズ東京の総支配人に就任されていて、スタインウェイのピアノの先生向け限定モデル「MT170」の試弾が目的のひとつでした。

 

MT型も含めてアップライトからグランドの通常モデル、限定モデル、そして、スタインウェイ社のセカンドブランド・ボストンピアノと、たくさん弾かせて頂いて、、、。

 

たまたまスタインウェイの日本における調整技術指導のトップのおひとりのTさんがおられ、たくさんお話を聞かせて頂く事が出来ました。

 

これは、僕にとっては目からうろこだったり、自分自身が感じている感覚の理論的であったりさらに上の感覚であったりの答え合わせが出来たり、今にも過去にも未来にも活きる、もちろん生徒さんたちのために無限に役立てられる何にも代えがたい大きな大きな吸収の時間になりました矢印

 

1時間半ほど滞在の後、群馬県高崎市にあるスタインウェイ正規ディーラー「ピアノプラザ群馬」さんへ。

 

本当は、岡山県・広島県のスタインウェイ正規ディーラー浜松ピアノ社(広島)さんに先に展示されていた時に見たかったのですが、時間が合わなかったので見に行った、

スタインウェイの、世界1台のみ作られた限定モデルは4000万円ヨロシク

 

他にも様々なスタインウェイとボストンピアノを弾かせて頂いて、たまたまこの春入社したばかりという、ピアノプラザ群馬の創業者のお孫さん(大学卒業したて)ともたくさんお話が出来て、こちらのお話しからもたくさんのプラスの事を吸収出来て、、、矢印

 

一台4000万円のピアノを見た後は、もう日が暮れた高崎駅の在来線ホームで、

一杯260円のかけそばを食べて、、、。

 

そして、東京駅八重洲口前の富士そばで、もう一杯そばを食べてから、

春の社会科見学でみんなで乗った寝台特急サンライズ瀬戸に乗って、個室の明かりを消して夜の車窓を流れる都会の明かりを眺めて、小田原を過ぎると夜の太平洋が眼下に見えて、熱海が近づく23時過ぎ、ブラインドを下ろして寝ました。

 

「まだ夜中かな〜」って思いながら、次に目が覚めたので、外を見ようとブラインドを開けると、

もう朝やんはれ

 

スマホを見ると、5時半を少し回ったところでした。

 

熱海に止まりかけたブレーキは覚えているのですが、熱海駅出発も、深夜の名古屋や明け方の大阪の運転停車も、姫路駅の客扱い停車も全っ然知らないっあせ

 

大爆睡っにっこり

 

それまで、4時間、4時間、3時間で来ていた睡眠不足もスッキリ解消っok

 

元気復活っちからこぶ

 

そして、やがて、

車窓に見えた今日が始まる瞬間の輝き、、、おひさま

 

岡山駅からは普通列車で庭瀬駅へ。

 

うちには7時に帰り着きました。

 

たくさん勉強になって、心に旅情も充電出来て、充実の24時間でしたラッキー

| やまもとせんせい | 色んなピアノ紹介 | comments(0) | - |

4135 思い出のピアノ復活!

レッスンに来てくれている、ある小学1年生の生徒さんpy

 

保育園の大きい組さんになってすぐに山本あきひこのぴあの教室の仲間になってくれた彼女とのレッスンも、気が付くと迎える10月でちょうど1年半になります大吉

 

レッスンは、頑張れる時もあったり、そうでもないときもあったり、、、ドラえもん

 

でも、レッスンはいつもとっても楽しみにしてくれているそうで、、、わーい♪

 

彼女はお家での練習には、お母さんが使われている7年ほど前の電子ピアノを使っているのですが、

 

子:「うちのピアノから『びぃぃ〜ん』ってへんなおとがするok

 

僕:「『びぃぃ〜ん』??

 

子:「ペダルもへんなんよok

 

僕:「ペダルも??

 

で、お母さんのご実家から、お母さんが昔使われていた、20年ほど前のアップライトピアノが運ばれて来ることになって、昨日、その復活作業がありました↑

 

ピアノは、

ヤマハのU30BLキラキラ

 

ヤマハのビッグサイズアップライトの名器U3の後継機種で、20年たった今でも狂いの少ないしっかりとした造りと、サイズから来るゆったりと余裕のある響きが特徴です。

 

作業はいつもおなじみ、岡山ピアノ調律センターのスタインウェイ会調律師Tさんちからこぶ

 

僕はレッスンの都合があって、作業の途中、1時間ほどの見学でしたが、まろやかで伸びのある音色のピアノでしたやかんさん

 

お母さんと、お母さんのご両親の思い出が詰まったピアノで、小学1年生の彼女もこれからピアノがもっともっと好きになってくれますようにラッキー

| やまもとせんせい | 色んなピアノ紹介 | comments(0) | - |

3632 スタインウェイ・クラウンジュエルシリーズ!

昨日、一通の封書が届きましためーる!

広島市中心部にある老舗ピアノ店、

「浜松ピアノ社」さんからonpu03

広島の浜松ピアノ社さんは、今年で創業61年。

広島県、岡山県を担当されるスタインウェイディーラーでもありますト音記号

封書の中身は、

スタインウェイの特別モデル「クラウンジュエルシリーズ」展示のご案内でしたOK

スタインウェイピアノは一台一台手作りされていて、ピアノ本体のカーブや腕木の削られ方、ピアノの幅など、よ〜く見ると同じモデルでも個体ごとに若干少しずつ違っています指

もちろん、音色や演奏感も一台一台全て違っていますふきだし

なので、その全てが一点ものと言っても過言ではないのですが、その中でも「クラウンジュエルシリーズ」という特殊モデルが存在していて、外装に美しい木目の気を厳選、その木目のままに仕上げたピアノの鍵盤蓋の内側に本物のダイヤモンドが一粒あしらわれています。

お値段、通常のスタインウェイピアノの約1.5倍〜ヨロシク

なのですが、僕も何種類、何台かクラウンジュエルシリーズの本物を見たり弾いたりしたことがあるのですが、音色はもちろん、見た目がなんとも言えず美しいです矢印

天然の木が持つ優しさや温かさ、木目の美しさが、その丁寧な仕上げのおかげでまるで上等の大理石のような輝きを持って、ピアノの形に仕上がっているんですキラキラ

今回、広島の浜松ピアノ社さんに展示されるのは、その中でも「トパーズ」のグランドピアノと「アクアマリン」のアップライトピアノキラキラ

5月22日(日)までお店で実物に触れることが出来るそうですキラキラ

もしよろしければ、目の保養にぜひnew

楽器がお好きな方なら、見ているだけでも飽きないかもしれませんにっこり


うちの生徒さん用のピアノ、

スタインウェイB211も導入から6年半になりましたおっ

スタインウェイ社の社長さんが教えて下さったのですが、自分用よりも先に生徒さん用のスタインウェイを買ったのは、実は僕がスタインウェイ社の歴史上、日本初おめでとう!

正式には分からないけれど、世界中でもたぶん初じゃないかと仰って下さって、、、日本

「未来ある子どもたちのためにスタインウェイピアノを使って下さることを、スタインウェイ社を代表してとても嬉しく光栄に思います」と言って頂けたことは、僕の数少ない自慢のひとつですキラキラマリオキラキラ

だって、それはもしかしたら、たとえ多くの部分で他の先生方に遥かに及んでいなくても、ほんの一部分、そこのところだけでも、世界でただ一人だけの感覚を持ってレッスンが出来ているかも知れないっていうことにっこり

、、、それは、「優れている」っていうよりは「ただ珍しい」っていうだけのことかも知れないのではありますが、、、ポッ

、、、また、その感覚が生徒さんたちのお役に立てているか、は、甚だ怪しい部分でもあり、、、ムニョムニョ

でも、ピアノそのものは、生徒さんたちが口を揃えて「先生のところのピアノが一番すごい」と言ってくれています手

ベタベタの手前味噌、お許し下さい汗


お話が横道に逸れました、、、ライト

スタインウェイのクラウンジュエルシリーズの実物に触れられる、本当に珍しい機会でもありますので、もし、広島方面へお出かけされることがあれば、ぜひ、ご覧になって見られることも楽しいかもで、オススメです♪

僕も時間があれば、超一流のマイスターと呼ばれる人たちが作り上げた実物の空気を感じに、広島まで見に行きたいですニコニコ
| やまもとせんせい | 色んなピアノ紹介 | comments(0) | - |

3131 日本に一台のピアノ!

昨日、山本あきひこのぴあの教室の3台のピアノと生徒さんのピアノもお世話になっている、広島の老舗スタインウェイ正規ディーラー浜松ピアノ社さんの新年初営業日でしたmochi

山口のおばあちゃんちにちょこっと会いに行ったついでに、その帰り道、広島に寄り道して浜松ピアノ社さんに行って来ましたnau

目的は、、、ビックリマーク

正規輸入された記録では現在まだ日本に一台、日本初登場のモデル「ジャスパー」を見に行く事でしたOK

スタインウェイ・ジャスパーは、クラウンジュエルシリーズと呼ばれる特殊モデルシリーズの一種類で、独特の木目と色合いを持つ木を選んで、丁寧に仕上げられた逸品です矢印

これっふきだし

モデルは、スタインウェイでは一番小さなベビーグランドと呼ばれるS155型と同じサイズで、

この美しい外観もさる事ながら、この個体の一番の特徴は、その本当に透明で美しい音色びっくりハート

中音域〜高音域の豊かな倍音を含む響きは、僕はちょっと出会ったことがないくらいの美しさで、音を聴くだけでも気持ちがいいほどの透明感を持っていましたキラキラ

インナーリムにも、

同じ木目の仕上げが施されています。

お値段は、

1516万円っニコ!

このピアノの一番の特徴は、

とにかく綺麗な外観、、、

まるで上等の大理石のような輝きの中に持つ木の温もり、、、。

鍵盤蓋もこの仕上げ、、、。

なのですが、外観ももちろんですが、この個体だけが持つ美しい響きなような気がしましたはーと

経済的に余裕が有って、実用と見た目、そして希少価値を求めておられる方には本当に最高の一台の候補になれるピアノなような気がします指

その美しいピアノを見て弾かせて頂いたあとは、広島駅でお好み焼きを食べて、

青春18きっぷを使って普通列車を乗り継いで岡山に戻りました電車

新年早々、素晴らしい五感全てのの保養になりましたラッキー
| やまもとせんせい | 色んなピアノ紹介 | comments(0) | - |

3099 生徒さん宅のピアノ、音色復活!

今週の火曜日、生徒さんのお家のピアノのちょっと大掛かりな作業がありましたひらめき

ピアノは、アメリカのワイマンピアノフォルテ社のワイマン110チェリーきらきら

明るい木目のコンパクトサイズのアップライトピアノですが、ドイツ・レスロー社製のピアノ線、スプルースの響坂、ハンマーも100%ウールでサイズを超えた低音、キラキラ上品な高音が魅力ですハート

ただ、中学2年生、小学6年生、そして幼稚園年長さん、3人のごきょうだいが弾かれるので、前回の調律の時に見させて頂くと、ハンマーにかなり弦跡が付いて音の響きがイマイチになっていましたアセアセ

次の機会には整音もセットでとおすすめしていて、その作業が火曜日にありました♪

作業は、いつもお馴染み、岡山ピアノ調律センターのスタインウェイ会調律師Tさんき

朝10時前に始まった作業は、

アクションを取り外し、ハンマーを整形し直して、それに合わせてアクションの調整もするのがメインでした。

作業は、素晴らしいロケーションとお天気だったので、

ハンマーの削りホコリを気にせずに作業できる屋外で!!

途中、僕は一度家に帰って用事を済ませ、お昼にもう一度お邪魔させて頂いて、調律師さんと一緒にお昼をご馳走になりましたランチ

そのどれもが美味しく、、、矢印

あらかじめ大盛りにして下さっていたのですが、遠慮なくおかわりをし、、、アンパンマン

作業は食事の後も続き、僕はレッスンがあるので作業途中ではありましたが失礼しましたゆう★


その後レッスンの時に、このピアノの持ち主の生徒さんたちに聞くと、、、。

「音めっちゃ綺麗になった!すっごい弾きやすくなった!『ペンペンっ』じゃったのが『ぽんぽぉ〜ん』って感じで超きれいなんよ!」って喜んでくれました笑

良かったですラッキー
| やまもとせんせい | 色んなピアノ紹介 | comments(0) | - |

2910 ピアノ調律立ち会い!

昨日は一昨日に続けて、午前中に別の生徒さんのお家のピアノの調律がありました♪

ピアノのタッチについてのご相談があったので、僕も立ち会わせて頂くことにして、朝うちを出発=3

、、、した直後にまさかの大雨雨ふり

になったのですが、昨日はたまたま、自転車ではなく車で出かけていたのでセーフでしたおひさま


2年ぶりの調律になったピアノは、

アメリカ・ワイマン社のこちらは明るい木目のコンソール型アップライトピアノですおんぷ

作業はやっぱりいつもおなじみ、岡山ピアノ調律センターのスタインウェイ会調律師Tさん。

ピッチが大分下がっていたので、一度引き上げて、もう一度引き上げて、そして本調律という、3度の調律になりましたゆう★

調律のあとは、

鍵盤を外してアクションのお手入れなどの調整をし、、、♪

やがて、

完成っ手

見違えるように綺麗な響きになりましたゆう★

こちらのピアノは、中学2年生と小学6年生のご姉妹と、たまたま昨日がレッスンデビューだった幼稚園年長さんの弟くんが使われます。

特に、今まで使っているお姉ちゃん二人が頑張った証しが、ピアノのハンマーに「弦跡」としてしっかり刻まれていていい感じになっていたので、次回の調律ではハンマーのファイリングを含めた整音の作業をお勧めしました♪

昨日は、そのレッスンデビューの弟くんもですが、6年生のお姉ちゃんのレッスンもあり、「ピアノめっちゃ綺麗な音になっとった!」って喜んでくれました手

この素敵なピアノといっしょに、ごきょうだい3人仲良くずっとピアノ大好きでいてくれますようにラッキー


〜今日がおたんじょうびの生徒さん〜

今日6月12日は、ももはちゃん(小5)のお誕生日ですケーキ

ももはちゃん、おめでとうっハート
| やまもとせんせい | 色んなピアノ紹介 | comments(0) | - |
profilephoto

山本あきひこのぴあの教室LINE公式アカウントはじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS