先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

4192 そして冬の大自然の中へ!

天気予報で今シーズン初めて「冬将軍」っていう言葉を聞いて、いよいよ冬が近づいてきている様子の岡山市内です木の枝

 

新年1月に計画している、山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2018inさんべ山快晴

 

先週の月曜日から詳しいご案内とお申込用紙を生徒さん全員にお配りしているのですが、昨日早速、今回の雪あそびのお申込み、

雪あそび初参加の小学1年生が、そのお申込み第1号になってくれましたOK

 

この冬の三瓶山は、地元の方々が口を揃えての大雪予想矢印

 

いつもの冬よりもさらにたっぷりの雪の中で思う存分遊べるかもしれません雪溶け

 

三瓶へ向かう、

この道も、さらに雪景色かも快晴

 

ゆきがたっぷりなら、

転ぶのもより一層たのしいかもっっ♡

 

国立公園三瓶山の大自然の実力を感じられる冬の、

三瓶山へ雪

 

今回は今のところ、前回雪あそびから150%アップの生徒さんたちが「いくよ!」って言ってくれています↑↑

 

素敵な冬の一日が、みんなに待っていてくれますようにラッキー

 

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

4182 山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2018inさんべ山!

思えば今から9年前の2008年の夏のこと♪

 

山本あきひこのぴあの教室・山の学校in三瓶山が始まりましたnew

 

始めたきっかけは、、、ひらめき

 

僕自身が小学生だった時に、通っていた大阪市内の小学校の山の学校(大阪の小学校ではその頃は林間学校って呼んでいました)で出かけた、奈良県の三重県境の深い山の中にある「国立曽爾青少年自然の家ok

 

その林間学校の時、訪れた国立曽爾青少年自然の家の食堂の高く大きな窓越しに見えた山の夕方の空の、何とも言えない美しさが心に残っていて、それはシンプルに美しかったからかも知れませんし、もしかしたら親元を離れて友だち同士で見る空だったからかも知れませんにっこり

 

いずれにしても、「あんな『景色を心で感じる体験』を生徒さんたちの心にも残したい」っていう、僕のわがままな理由で始めましたやかんさん

 

以来毎年開催で行っている「山本あきひこのぴあの教室・山の学校in三瓶山山

 

その大成功の勢いに乗って、冬も2011年から始めた「山本あきひこのぴあの教室・雪あそびinさんべ山雪

 

夏冬合わせて、今までにのべ400人以上の生徒さんが参加して下さっていて、山本あきひこのぴあの教室ならではの年中行事になっていますわーい♪

 

参加して下さる生徒さんはじめ、保護者の皆さま、カメラマンさん、施設スタッフの皆さん、バス会社さん、他にも多くの皆様の温かいお力添えや、ご理解、ご協力があって初めて行うことが出来ていることで、本当に本当にありがとうございます福助

 

この冬の雪あそびも、いよいよご案内とお申し込みを生徒さんたちにお配りし始めましたメモ

 

それに先立って、先日、三瓶山にある国立三瓶青少年交流の家へ現地下見と確認に行って来ました車

おなじみの記念写真用パネルがあり、

三瓶山のリアルなジオラマからは、三瓶山が太古の昔、遠く岩手県まで噴石を飛ばすほどの大規模な噴火を繰り返した火山だったことが分かります炎

 

そして、

寒気がやって来たこの日、岡山は快晴でしたが、三瓶山には雲がかかり、山陰の冬の空になり始めていました。

 

夏、みんなでキャンドルのつどいをした、

講堂。

 

こちらの、

自由に遊べるホールには、新しい遊具が!

 

これの遊び方はナイショですが(笑)、きっと生徒さんたちみんな、大はしゃぎしてくれそう手

 

施設の方のお話しで、

三瓶山の地元の人たちが口を揃えて、

「この冬は雪が多いで〜」って、口々に話されているそうで、

また、冬の、

この景色の中に、生徒さんたちみんなの歓声が響いたら嬉しいなアンパンマン

 

雪あそびは、新年1月27日(土)〜28日(日)の1泊2日ですだるま

 

たくさんの生徒さんのご参加をお待ちしていますラッキー

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

3928 山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2017inさんべ山の様子〜その4!

昨日の先生の日記の続きですチューリップ

 

 

楽しかった雪の三瓶山での2日間もいよいよ帰る時間が近づきました快晴

 

でもっびっくりハート

 

お昼ごはんを食べたあともみんなは「せんせい、外いってええ?」って聞いて来てくれて、さっさと粉雪舞い散る氷点下の雪景色の中へ出陣っ走る

 

お昼を食べ終わった13時過ぎから、バスの出発時間ぎりぎり(14時30分)まで、

雪あそび延長戦っ雪

 

それは、

そりで遊ぶ子、雪合戦をする子、かまくらや雪山トンネルを作る子、雪のオブジェを作る子、ひたすら走り回っている子、、、

 

もう次々舞い降りる粉雪とみんなの自由な時間っ↑↑

 

雪あそびのラストは、どうにか完成した、

一人用かまくらに一人ずつ入って、記念写真になりましたカメラ

 

記念写真を撮ってもらったら、

オマケの「そり・ラストラン」もして、自分の荷物をバスへと運んでバスに乗車バス

 

夢のように楽しかった雪の三瓶山をみんな元気に出発しました雪

 

バスでみんなが向かったのは、

帰り道、島根県から広島県へと越える国道54号線の雪深い赤名峠を越えて広島県に入ってすぐの道の駅夢ランド布野。

 

ここの「まるごと布野のアイス屋さん」の手作りジェラートが、三瓶山の山の学校シリーズでのみんなの大きなお楽しみのひとつですok

 

布野周辺の農家から直接仕入れる牛乳やその他材料をメインに作られるこちらのジェラートアイス ミントとイチゴ

 

定番のバニラやミルク、チョコチップなどに加えて、季節ごとにいろんな味(いちご、アスパラほうれんそう、さつまいも、栗、トマトなどなど!)のものも登場し、僕は自分が食べたことがあるジェラート(アイスクリーム)の中で、三瓶山の帰りにみんなで食べるこの道の駅ゆめらんど布野のジェラートが一番好きですハート

 

、、、ただし、味は好みですし、「三瓶山で思いっきり遊んで帰り道にみんなで食べる」っていうところもより美味しく感じさせてくれているのかも知れず、他にもきっとおいしいアイス屋さんはたくさんあるはずで、その点どうかご容赦くださいお願い

 

でも、個人的にはここで食べるアイスが一番おいしいっアンパンマン

アイスを堪能したみんなは、アイス屋さんの前の雪の広場でもちょこっと遊んだりしてから、

バスに乗って、

こんな雪景色の中を帰って来ましたsnowman

 

今回も帯同して下さった、矢掛町矢掛本陣の老舗写真館ミヤケスタジオのYさんが貸して下さった数台のコンパクトデジカメで、

子どもたちが自分で撮った写真も合わせて、全部で1387枚の笑顔っにっこり

 

今日から写真の注文封筒をお配りしますので、ぜひ、たくさんの笑顔を選びにいらして下さいおっ

 

 

余談ですが、いつも山の学校や雪あそびの帰り道、国立三瓶青少年交流の家を出発するときに、生徒さんたちから言われる言葉がありますやかんさん

 

子:「え〜っ、せんせ〜、もうかえるんbuu

 

僕:「まぁそりゃ帰らんとなぁ汗

 

子:「もう一泊しようやあ、っていうか次は二泊にしようやあbuu

 

僕:「うん、まぁ考えてみるね汗

 

子:「せんせいのケチっbuu

 

、、、笑う

 

 

でっねっ

 

雪あそびから帰った日の夜、国立三瓶青少年交流の家のホームページから空室状況を確認しました。

 

今年の夏は、けっこうもういっぱいで、ぎりぎり取れた一泊の予定になっていたのですが、、、。

 

、、、なんとビックリ!!

 

偶然、その予約していた日の前日に空きが出ていましたわぁお

 

夜、ドキドキしながら寝て、次の朝一番、早速交流の家に電話をすると、

 

僕:「昨日、一昨日はお世話になりました!夏のことですが、、、」

 

家:「あ、はい。すみません、そこは間違いで、一杯のはずですみません汗

 

僕:「そうですよねぇ、、、。」

 

家:「でも、ちょっと待っていて下さい。ホームページがそうなっているっていうことは、誰かがキャンセルを受け付けたのかも知れませんので、折り返しお電話差し上げます」

 

僕:「ありがとうございます。お待ちしています。」

 

 

、、、折り返しのお電話はわずか数分後だったのですが、その数分の長いこといじける

 

 

家:「お待たせしました。」

 

僕:「いえいえ!全然待ってません笑

 

家:「ピアノ教室さんの人数でしたらお受け入れが可能です」

 

僕:「本当ですかねっ

 

そして、、、

 

この夏、「山本あきひこのぴあの教室・山の学校2017in三瓶山」は、二泊三日に決定っ;

 

今までは、三瓶山にお昼に到着して、次の日のお昼まで遊んでしました。

 

が、しかし!

 

この夏は、一日目のお昼から次のお昼まで、プラス、次のお昼から次の次のお昼まで。

 

ということは、三瓶山で遊べる時間、山の学校二回分っVサイン

 

中一日、「今日は朝から夜まで三瓶山」の日が生まれます。

 

実は、今年で10回目を迎える夏の山本あきひこのぴあの教室・山の学校in三瓶山。

 

これはもう本当にたくさんのみなさんから頂くことが出来たたくさんのお力やお気持ちのおかげです福助

 

素敵なご縁を頂くことが出来ている幸運に感謝、、、。

 

参加して下さる生徒さんたちが楽しく遊べるように、また「行こっかな、ど〜しよっかな」って迷っている生徒さんたちには安心して参加してもらえるように。

 

今、ちょっとずつ今夏の計画が進行中ですYES!

 

次回、第10回目の夏の山の学校でも、たくさんの生徒さんたちの笑顔と歓声が、真夏の深緑の三瓶山の森に弾けますようにおてんき

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

3927 山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2017inさんべ山の様子〜その3!

一昨日の先生の日記の続きですライト

 

 

お昼間たっぷり遊んだあと、あったかいバイキングの晩ごはんを食べてまた元気もりもりになったみんなニコ!

 

晩ごはんのあと、三瓶自然館サヒメルで星空観察をして、また粉雪が舞う夜の森の道を歩いて交流の家に戻り、お風呂の時間まで思う存分ナイター雪あそびになりました雪

 

粉雪は、

次から次から降ってきて、みんなの頭はすぐ真っ白になりますが、サラサラなのではたけば落ちて、、、。

 

粉雪はくっつけようとしてもサラサラのままで、それを山にしたり、その山にトンネルを掘ったり、かまくらを作ったり、、、

みんなの動画を撮ろうと、手袋を外すと、手が痛いっ雪

 

けど、愉しいっ↑↑

 

そして、

お風呂の時間になったので、記念写真を撮ってこの日の雪あそびは終了〜patipati

 

このあと、国立三瓶青少年交流の家の温泉みたいに広いお風呂にゆっくり入ってもらって、楽しかったけど冷えた体を芯まで温めて、、、温泉

 

お風呂から上がったみんなは、それぞれの部屋でほどなく夢の中へ、、、きらきら

 

 

翌朝、元気に起き出してきたみんなは朝のつどいに出て、

掃除をし、部屋を片付けて、あったかい朝ごはんバイキングを食べに行きました。

 

そのあと交流の家スタッフの方によるお部屋点検があって、オッケーの班から荷物を持って別の部屋へ移動し、交流の家にある小さな売店「さんべの家売店」でおみやげショッピングを楽しみ、、、

そして、二日目の歩くスキーが始まりました快晴

 

二日目は基本粉雪、時々一瞬晴れ、さらに霰(あられ)もありふきだし

 

でしたが、みんな元気に三瓶の森の中の、一日目とは別のクロスカントリーコースに出て、

夏は牧場になる草原で、ゲレンデスキーをして遊びました。

 

そして、

また森の中のコースを進んで、交流の家に戻り、

お昼ごはんもあったかいバイキング矢印

 

お昼ごはんを食べ終わった子たちからさっさと外に飛び出して、

バスの出発までは雪あそびの続きです。

 

一日目の夜に作っていたものの続きを作る子、そり滑りをする子、みんな自由に真っ白い雪景色の中でまだまだ遊んでいましたわーい♪

 

続きはまた明日、ご紹介させて頂きますラッキー

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

3925 山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2017inさんべ山の様子〜その2!

昨日の先生の日記の続きです雪だるま

 

 

無事に目的地、国立三瓶青少年交流の家に到着したみんなニコ!

 

そこは国立公園三瓶山の標高600mの山懐雪

 

この冬一番と言われた寒波とも出会って、最高気温は余裕の氷点下でしたsnowman

 

それでもお昼ご飯を食べたら、「せんせ〜、はよ外いこうやあ雪」で、スキーの道具を持って元気よく外へ飛び出していき、思い思いに転、、、いや、すべり、、、走る

みんながちゃんと歩けるようになったところで、森の中に広がるクロスカントリースキーのコースに出ました。

 

向かった先は、

去年の夏、真っ暗な夜の森の道を歩いて、みんなで星を見に行った、さんべの森の中にあるグラウンドです。

 

ここではスキーを外して、みんな雪遊びをして、それからまたスキーを履いて、森の中のコースを進み、平らな安心コースとちょっと坂があるコースの二択では全員なぜかチャレンジングな方を選び、そして笑顔で転び、、、アハ

 

無事に交流の家に戻ったら、

ゆうべのつどいがあり、そのあとは、

あったかくておいしいバイキングの晩ごはん家

 

そして、一休みの後、

ロビーに集まってから、三瓶自然館サヒメルへ、雪の道を歩いて星空観察に向かいました。

 

この日は雪なので、この日の星空が映し出される、

プラネタリウム星空

 

三瓶自然館サヒメルから戻る道の途中から、

もう「雪あそびナイター」が始まって、交流の家に戻ったら、施設のスタッフの方が作られていたかまくらに入ってみたりしてから、

 

いざ、

まだ時間も早かったので雪あそびになりました雪だるま

 

サラサラの粉雪が次々にまるで白い粉を振りかけるようにどんどん降ってきました。

 

作ったものにも、足跡にもどんどん新しい粉雪が降り積もります。

 

そして、

みんなの雪遊びはどんどん面白くなっていき、、、

 

続きはまた明日、ご紹介させて頂きますラッキー

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

3924 山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2017inさんべ山の様子〜その1!

とっても楽しかった、山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2017inさんべ山快晴

 

今年の1月14日(土)〜15日(日)の一泊二日で島根県大田市の国立公園三瓶山の標高600mの山懐に立つ国立三瓶青少年交流の家へ山本あきひこのぴあの教室の生徒さんだけで貸切バスで行って来ましたバス

 

そこにはメインの雪あそびにプラスして、日本一のローカル線JR三江線のふた駅だけ乗車体験のプチ鉄道旅や、島根県立三瓶自然館サヒメルでの冬の星空観察、帰り道には国道54号線道の駅ゆめらんど布野の手作りアイスクリーム屋さんで好きなアイスクリームを食べ、、、アイス ミントとイチゴ

 

そんなおまけもありましたにっこり

 

今年は雪にも恵まれて、三瓶山滞在中ずっと気温が昼間も氷点下のままで新しい粉雪が降り続け、サラサラのパウダースノーの銀世界を楽しむことが出来ました雪

 

、、、ということはおんぷ

 

帯同して下さった、山本あきひこのぴあの教室の写真の全てをお願いしている矢掛町矢掛本陣の老舗写真館「ミヤケスタジオ」のYさんには時に吹雪という非常にハードな状況での撮影のお願いになったのですが、ずっとニコニコ子どもたちの写真を撮って下さり、、、福助汗

 

そのYさんから「スナップ写真出来ましたカメラ」ってご連絡を頂けたので、昨日早速サンプルを頂きに行って来ました走る

 

この冬のみんなの笑顔1387枚っハート

 

どれも素敵ですっ↑↑

 

その見本写真の中から抜粋で、この冬の雪あそび様子をほんのちょこっとですが、ご紹介させて頂きます雪

 

 

まずは、、、

JR三江線沢谷駅に到着して、この日2両編成だった列車に乗車、ふた駅先の粕淵駅までのプチ鉄道旅バス

 

その、

車内での様子。

 

粕淵駅で下車後、先回りしておいてもらったバスに再び乗車、

一路、三瓶山を目指します。

 

そして、

いよいよ雪景色の三瓶山に到着snowman

 

まずは、

食堂のバイキングで腹ごしらえをしてから、

国立三瓶青少年交流の家の入所オリエンテーションを聞いて、部屋に荷物を運び込んで準備が出来たら、

歩くスキー(クロスカントリースキー)の扱い方や道具のサイズの選び方などなどの説明を聞いて、

自分に合った道具を選んだら、いよいよ、

雪の上へっキラキラ

 

続きは明日の先生の日記でご紹介させて頂きますラッキー

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

3887 雪あそび、二日目の様子!

とっても楽しかった山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2017inさんべ山雪

 

一日目、みんな楽しく遊んだあと、お風呂にゆっくり入って体の真ん中まで温まってそれぞれの部屋で「おやすみ〜」になりました星空

 

そして迎えた二日目の朝たいよう

 

ひと晩ずっと降り続けたらしい粉雪は、サラサラのまま新しく2〜30センチも積もっていました↑↑

 

朝6時20分にみんなを起こし、、、

 

、、、たけれど、すぐにはベッドから出てきませんでしたが、やがて一人二人と、ふわふわ洗面所に集まり始めて、山本あきひこのぴあの教室のみんなの、雪あそび二日目が始まりましたアクアビクス

 

着替えたら、まずは国立三瓶青少年交流の家主催の朝のつどいです。

 

今回は、山本あきひこのぴあの教室が司会の役目を頂けていて、それは、中学生の子が務めてくれましたおんぷ

朝のつどいのあと、バイキングの朝ごはんを食べて、次に、

 

みんなで、

おそうじキラキラ

 

掃除の後は、きちんとお片づけも出来ているかのお部屋点検が有り、そしていよいよ歩くスキーにみんな喜んで出て行きました走る

 

僕はその間に食費やシーツ代等の精算やアンケートなどの雑用をササッと済ませ、みんなに遅れること約30分、僕もスキーを履いてみんながウォーミングアップをしていた広場へ出ました。

 

すると、、、ビックリ!!

一瞬だけ輝く青空と、夏に登った男三瓶山山頂(1126m)がっ山

 

この写真を撮っていたら、僕を見つけた生徒さんたちが集まってきてくれて、みんなで、「きれいじゃなあねっ」って感動し、、、

 

、、、ていると、遠くの空から真っ黒い雲が空一面を覆い尽くしながら超高速で押し寄せてきて、

 

子:「うわっ!急に風が冷たくなった!」

 

子:「なにこれ!」

 

子:「いたっ!なんかバラバラふってきた!」

 

僕:「あられじゃんっ!」

 

強風とともにバラバラ降ってきたのは直径5〜6mmほどの霰(あられ)でした!

 

あられは一面に降り積もっていた粉雪の上に、みるみるパラパラと散らばって、、、

 

子:「せんせ〜、あられあつめれるよ!」

 

見るとみんなスキーのグローブでアラレを受け止めていて、もうそれだけの時間でもグローブの中にたくさんあられが積もっていました。

 

10分ほどであられは粉雪に変わり、みんなで林間コースへ、、、。

 

林間コースを抜けて、夏は牧場になる広い雪野原でみんな思い思いに新雪の上に新しいコースを作って滑ってあそび、滑っては転び、そんな楽しい生徒さんたちの歓声は新雪の雪野原が「すーっ」と吸い取っていました。

 

たっぷり遊んで施設に戻り、お昼ご飯のバイキングは、みんな食べる食べるっおむすびコロリ

 

これは、

うどん4杯ずつ食べるの図アハ

 

うどんは、他の物も食べられるように1杯が小さいのではありますが、それでもうどん1杯でゆうにご飯1杯分よりはちょっと多いくらいの量はありますゆう★

 

お昼を食べたら施設の中にある小さな売店「さんべの家売店」でお土産を買って、そのあとまた外に出て雪山やかまくらを作ってギリギリまで遊び、予定より30分延長して14時30分にバスで出発になりました。

 

いつものように、国道54号線道の駅ゆめらんど布野にある手作りジェラート屋さんでみんなで「さっぶぅぅ」って言いながらもしっかりアイスを食べ、またバスに乗って、、、。

 

バスは雪景色の中を進み、

今回選んだアナ雪を流し、、、。

 

予定よりちょっぴり早い18時40分ちょうど、岡山に戻って来ました家

 

参加してくださった生徒の皆さん、保護者の皆様から頂くことが出来た温かいご理解やご協力、目的地国立三瓶青少年交流の家スタッフの皆さん、島根県立自然館サヒメルスタッフの皆さん、道の駅ゆめらんど布野のアイス屋さん、JR三江線の運転手さん、両備バスの皆様、そして今回も素敵なお写真を大雪の中重い機材を担いでいっぱい撮って下さったミヤケスタジオのYさんとYさんのサポートに来て下さったTさん、他にもお世話になったたくさんの皆様の温かいお力添えのおかげで、今回の雪あそびも安全に楽しく終えることが出来ました。

 

心から本当に本当にありがとうございました福助

 

次回、夏の山の学校は、山本あきひこのぴあの教室・山の学校シリーズ10周年記念っ!

 

生徒さんたちからもアイデアを募りながら、より楽しい山の学校の準備が出来たらと思います。

 

今夏の山の学校もたくさんの生徒さんのご参加をお待ちしていますアンパンマン

 

これからも山本あきひこのぴあの教室も、山の学校シリーズもよろしくお願いいたしますおてんき

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

3886 雪あそび〜一日目の様子!

昨日、一昨日と島根県大田市にある国立三瓶青少年交流の家へ出かけて来た、山本あきひこのぴあの教室雪あそび・2017inさんべ山雪

 

参加してくれたみんな、国立公園三瓶山の大自然の中での一泊二日を元気に過ごし、全員元気に帰って来ました走る

 

今回は、三瓶山滞在中、気温はずっと氷点下のままで雪にも恵まれ、空から降ってくる粉雪はサラサラのままでどんどん積もっていくのが見えました;

 

詳しい様子は、帯同してくださったカメラマンさん、矢掛町矢掛本陣の老舗写真館「ミヤケスタジオ」のYさんの写真が出来てからご紹介させて頂きます↑↑

 

なので、今日は僕がアイフォン7で撮った写真だけで、ちょこっとご紹介ですpatipati

 

行きのバスは、尾道自動車道を進むと、

こんな雪景色の中になりました。

 

でも、車内は、

あったかく、、、ハート飛び

 

途中、近い時期の廃止が決まった日本一のローカル線、JR三江線にも沢谷駅から粕渕駅までのふた駅だけ乗って、

10分間のプチ鉄道旅付きバス

 

そして、いよいよ三瓶山に入ると、

道も真っ白になりました雪

 

目的地の国立三瓶青少年交流の家に着いたら、みんなでバイキングの昼食をとってから入所オリエンテーションを受けて、施設の生活の決まりなどの説明を受け、それぞれの班ごとに部屋に移動して荷物を置いたら、、、

雪あそびのメインのひとつ、三瓶山高原歩くスキーの始まりsnowman

 

もちろん、

転んだりもしながら、、、アハ

 

みんなが歩けるようになったら、林間コースに出て、夏はサッカー合宿などのグラウンドとして使われる森の中の広場を目指し、そこで少しスキーを外して遊んでから、またスキーを履いて交流の家に戻り、

交流の家主催、その日の宿泊団体全員集合の「ゆうべのつどい」がありました。

 

国立三瓶青少年交流の家では、このゆうべのつどいから、施設内でのあいさつが「こんばんは」に替わります月の夜

 

ゆうべのつどいのあと、班ごとにバイキングの晩御飯を食べてから、生徒さんたちみんな一緒に交流の家から歩いて10分ほどの場所にある、島根県立三瓶自然館サヒメルの天体観察会に出かけました。

 

粉雪は次々と舞い降りてきて、雪が積もった道は夜の中へと続いていました。

 

天体観察会はプラネタリウムでこの日の三瓶の星空を見て、夜道に積もったサラサラ雪を「コキュッコキュ」と踏みしめて交流の家に戻り、それからお風呂の時間までは、

雪あそびナイターin

三瓶山っsnowman

 

そして、サラサラで固まりにくい雪を、子どもたちが何とか固めて作った、

オラフハート

 

一時間ほどナイターで遊んだあとは、交流の家の大きなお風呂に入ってゆっくりあったまってもらってからそれぞれの班ごとの部屋で「おやすみなさ〜い」になりました星空

 

二日目の様子はまた明日、ご紹介させて頂きますラッキー

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

3885 雪あそび、二日目は吹雪から!

IMG_3718.JPG
雪あそび二日目は吹雪の朝になりました。

小麦粉をざるでこすくらい雪が舞い降りて来ました!

みんな元気にスキーをしています(o^^o)
| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

3884 雪あそびinさんべ山、出発っ!

生徒さんたちが楽しみにしてくれている、山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2017inさんべ山雪

 

いよいよ出発の日の朝になりました走る

 

貸切バスは途中休憩を挟みながら、一路、

この景色を目指しますっバス

 

雪不足が心配でしたが、幸い今日、明日の三瓶山の天気予報は雪雪

 

今日、明日の三瓶山の予想最高気温はマイナス5℃、最低気温はそれよりもちょっと低めだそうです↑↑

 

国立三瓶交流の家のお風呂は大きく、時間もゆっくり入れるので、夜入るそのお風呂もいいんですっ温泉

 

みんな元気に行って帰って来れますようにおてんき

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |
profilephoto
RECENT COMMENTS
  • 3566 冬のごちそう〜津山家族庵の大阪風鍋焼きうどん!
    やまもとせんせい (11/03)
  • 3566 冬のごちそう〜津山家族庵の大阪風鍋焼きうどん!
    家族庵 (11/02)
  • 3566 冬のごちそう〜津山家族庵の大阪風鍋焼きうどん!
    家族庵 (11/02)
  • 3566 冬のごちそう〜津山家族庵の大阪風鍋焼きうどん!
    家族庵 (10/12)
  • 3566 冬のごちそう〜津山家族庵の大阪風鍋焼きうどん!
    やまもとせんせい (10/11)
  • 3566 冬のごちそう〜津山家族庵の大阪風鍋焼きうどん!
    家族庵 (10/10)
  • 3978 山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学2017まとめ!
    やまもとせんせい (04/23)
  • 3978 山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学2017まとめ!
    ゆう 母 (04/21)
  • 3978 山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学2017まとめ!
    やまもとせんせい (04/21)
  • 3978 山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学2017まとめ!
    ゆう 母 (04/20)
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS