先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

4634 雪あそびの様子〜おまけの時間!

昨日の先生の日記の続きです!

 

 

すっかり銀世界になっていた国立公園三瓶山の大自然の中、みんな元気に遊びことが出来た山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2019inさんべ山。

 

一泊二日の夢の時間はあっという間に過ぎて、お昼ご飯を食べた後はバスの出発を待つばかり、、、

 

、、、ではなく、その間は自由時間!

 

みんな思い思いに、国立三瓶青少年交流の家の中にある「さんべの家売店」でおみやげを買ったり(僕も三瓶山にある日高恵比寿堂っていうお饅頭屋さんのきんつばを買いました。これ、とっても美味しくて毎回買っています)、

 

お部屋の中で、

持って来ていたバランスゲームで遊ぶ子、

 

外へ飛び出して、

苦労して転がして転がして、ひたすら転がして作ったでっかい雪玉を掘って、

中に人が入れるようにしたチーム!

 

そして、

夜の間に吹いた強い北風に持ちこたえて、ちょっと傾いたけど元気なオラフ!

 

その、

オラフの向こうで雪のオブジェを追加制作するチーム!

 

そして、

降り積もった雪を掘って掘って、、、

 

こちらは、

大雪玉の穴をさらに掘って、全員かわりばんこに入って遊んでいたり、、、。

 

さらに、

そり滑りも!

 

そんなみんなのことを見守ってくれていた、

三瓶五山の主峰、男三瓶山(1126m)。

 

ギリギリを過ぎてまだ遊んだみんなを乗せたバスは、予定よりちょっぴり遅れの14時25分、三瓶山を後にしました。

 

帰り道では、いつも大人気の道の駅ゆめらんど布野のアイスクリーム屋さんで手作りジェラートを食べ、再び出発したバス。

 

車内では、岡山に到着するまでずっとみんなの笑い声が響いていました。

 

そしてバスは到着し、みんなは三々五々、お迎えに来て下さったお家の方と帰って行って、、、。

 

山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2019inさんべ山、無事にまた次回になりました。

 

 

旅の目的地国立三瓶青少年交流の家スタッフの皆さん、星空観察でお邪魔させて頂いた島根県立三瓶自然館サヒメルスタッフの皆様、安心快適な旅をご提供下さった下電観光バスの皆様、道の駅夢ランド布野の皆様、子どもの忘れものを取り置いて下さった道の駅赤来高原の皆様、他にもたくさんのお世話になった皆様のお力と、大切なお子さんを参加させて下さった保護者の皆様の温かいご理解とご協力のおかげで、今回の旅も楽しく安全に行うことが出来ました。

 

この場をお借りして、ご協力いただきました全ての皆様に心より厚く御礼申し上げます。

 

 

最後に!

 

今回の雪あそびでの僕のお気に入りの一枚を。

今回の旅での経験や思い出も、参加してくれた生徒さんたちの未来がより輝く力の一つに、ちょっとでもなってくれた嬉しいな。

 

次回三瓶山は夏八月っ!

 

この雪景色が深緑に変わる真夏の三瓶山!

 

たくさんの笑顔が真夏の三瓶山の大自然の中にも弾けますように(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

4633 雪あそびの様子〜二日目!

昨日の先生の日記の続きです!

 

 

幸い雪にも恵まれて、みんな元気いっぱいに遊ぶことが出来た、山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2019inさんべ山の一日目。

 

たっぷり遊んだあとはお風呂であったまって、みんなぐっすり!

 

そんなみんなにも、

雪の三瓶山での、

朝が、

やって来ました!

 

、、、が、まだ眠そう(笑)

 

交流の家主催の、

朝7時からの朝のつどいのあと、

 

この日の朝日を浴びる、

三瓶山に見守られながら、

自分たちで布団を片付け、

ちょこっと身支度も整え直し、

お掃除タイム!

 

交流の家スタッフの方によるお部屋点検のあと、

一日目の夜の続きを、

完成させてから、みんなスキーを履いて、一日目とは別の森の中のコースを進み、

白銀の三瓶北の原へ!

 

北の原で遊ぶみんなを見守ってくれている、

男三瓶山。

 

たっぷりの新雪でたっぷり遊んだあとは、あったかいバイキングのお昼ごはんがみんなを待ってくれています!

 

この日のお昼のメニューの中には、キムチうどんもありました。

 

そして、

キムチうどんおかわり大会を終えた、この満足っ!

 

山本あきひこのぴあの教室の山の学校、雪あそびではなぜか、麺類のおかわり大会が自然と行われるようになりました。

 

なんでだろう(笑)

 

みんな、

ごちそうさまの子の笑顔!

 

そして、

こちらは、

次代のおかわり女王候補っ!

 

充実のお昼ごはんのあとは、、、。

 

 

続きは明日ご紹介いたします(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

4632 雪あそびの夜!

昨日の先生の日記の続きです!

 

 

雪にも恵まれて、すっかり銀世界の三瓶山で楽しく遊んだみんな。

 

星空観察を終えて交流の家に戻ったのが夜20時10分ごろ。

 

、、、ということは!

 

まだまだ時間があるっ!

 

次々と夜空から舞い降りて来る新しい雪たちは、

まるで「みんなあそぼうよ〜!」って誘ってくれているみたい!

 

というわけで、毎年恒例、お風呂までの時間、外で雪あそびになりました!

 

早速、

降り積もったフワフワの新雪に飛び込んだ子!

 

さらに、最初は手のひらサイズだった雪玉を転がす内に、

こうなって、

 

そこから、

こなっても、まだまだ押して転がして、雪玉成長中だったり、、、。

 

こちらは協力して、

あーしよう、こーしようと、

工夫を重ねるチームがあったり、、、。

 

また、

雪山を作って、その下に5人で5本のトンネルを掘って、

5本のトンネル開通を目指すチーム。

 

やがてお風呂の時間になりました。

 

大雪玉チームは、

このサイズに!

 

こちらは翌朝の完成を目指すことになった、

製作中!

 

そして、

自分たちの肩まであるでっかい雪だるまの頭は、重かったけどみんなで力を合わせて「よぉ〜いしょぉおおっ!」って乗せたんだそうです!

 

そして、

トンネルチームは無事開通し、でっかいオラフも作っていました!

 

このあとみんなは、国立三瓶青少年交流の家の温泉みたいに大きなお風呂に入って、三瓶山の天然水を沸かしたお湯で温まって、すやすやと眠りに就いたのでした。

 

 

続きは明日ご紹介いたします(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

4631 雪あそびの様子〜一日目!

昨日の先生の日記の続きです!

 

 

途中、段々と銀世界へと変わっていく車窓からの風景も楽しみながら予定通りに到着した旅の目的地、国立三瓶青少年交流の家。

 

国立三瓶青少年交流の家は国立公園三瓶山にそびえる男三瓶山(1126m)のちょうど標高600mの山懐にあります。

 

隣接する島根県立三瓶自然館サヒメルと合わせて、その広大な敷地は全て国立公園内なので、開発には特別な許可がいるそうです。

 

なので、ブナなどが生い茂る天然林が広がっていて、そのまんますべての景色が大自然!

 

この冬も、山本あきひこのぴあの教室のみんなのことを迎えてくれた、

男三瓶山と雪景色!

 

みんなは温かいバイキングの昼食後、早速、

歩くスキー(クロスカントリースキー)の道具を借りて、

出陣っ!

出陣っ!

用具が上手く付けられないなかまを助けてくれるお姉ちゃん生徒さんたち。

 

、、、この日の三瓶山は気温が低く、グローブを外すと超冷たく、スキー中は写真を撮れませんでしたm(_ _)m

 

しばらく練習した後、夏はサイクリングコースになる三瓶の森の中に続くクロスカントリースキーコースに出て、三瓶山北東斜面に広がる牧場で滑って遊び、その後みんな無事に施設に戻って来ました。

 

シーツ置き場からシーツを持って来て、

布団の用意も!

 

17時10分からは、

交流の家主催の夕べのつどいがあり、この日宿泊していた約350人でゲームをして遊んだり、、、。

 

その後、夜はさらに温かく感じるバイキングの晩ごはんを食べ、みんなで雪道を歩いて、

三瓶自然館サヒメルに到着!

サヒメルでの天体観察会は、夏の山の学校、冬の雪あそびともに実は生徒さんたちから大人気っ!

 

冬は大抵、

暖かいドーム内での、

通常の10倍の精度を誇る、リアル・プラネタリウムによる、

この日の星空の上映です。

 

適度なリクライニングシート、やわらかなBGM、そして心地よい暖房、、、。

 

約50分ほどのプラネタリウムが終わって管内が明るくなると、結構みんな夢も見ています(笑)

 

夢と星を見た後は、

夜の底が白くなった森の道を歩いて、

歩いて、

時々走って、、、。

 

みんな、

途中歩きながら作った雪玉と一緒に交流の家に戻りました。

 

でも!

 

山本あきひこのぴあの教室の雪あそびの夜はこれから!

 

 

続きはあすご紹介いたします(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

4630 山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2019inさんべ山の様子〜出発っ!

1月16日(土)〜27日(日)、一昨日、昨日の日程で出かけて来た、山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2019inさんべ山。

 

昨日の夜18時45分ごろ、予定よりちょっぴり早い到着で、みんな元気に無事戻って来ました。

 

雪にもお天気にもみんなの元気にも恵まれた一泊二日の夢の時間!

 

その様子をスライドショーでご紹介いたします。

 

 

今回は過去最少のコンパクト三瓶山だったので、

お世話になっている下電観光バスさんに相談したら、マイクロバスを用意して下さいました!

 

途中、約40分ごとに、

取った休憩の、これは二回目休憩で立ち寄った、道の駅世羅です。

 

本当にうっすら雪がありました。

 

道の駅世羅を出発して間もなく、

三次への峠に差し掛かると、吹雪に!

 

窓の外が見えなくなるほどの降りっぷりに、

みんなちょっと緊張!

 

でも、下電観光バスさんは熟練の正規運転手さん。

 

安心で、

JR芸備線三次駅で三回目の休憩中も雪!

 

三次駅を出発し、広島県の布野から島根県の赤名へ越える県境はもちろん積雪で、

三瓶山への最後の休憩場所、国道54号線道の駅赤来高原では、

雪に大喜びっ!

 

そして、みんなを乗せたマイクロバスは雪の中を進み、

11時50分、みんなは雪の三瓶山に到着したのでした!

 

生活の決まりなどの説明がある入所オリエンテーションが始まるまでに、

三瓶山での、

記念写真っ!

 

これ、今回の雪あそびで僕が写っている唯一の写真っ!

 

入所オリエンテーションのあと、温かいバイキングのお昼ごはんでパワーアップしたみんなは、いよいよ、、、!

 

 

続きは明日ご紹介いたします(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

4628 雪あそび、出発っ!

2011年の第1回以来、今までで一番、雪の心配をした今冬の雪あそび。

 

出発の朝を迎えました。

 

三瓶山に年末年始以来の雪が!

 

昨夜遅くから降り始めた雪は朝6時現在、三瓶山の麓の飯南町や、三瓶山では一番雪が少ない山の南側の三瓶温泉付近で約20cm!

 

目的地の国立三瓶青少年交流の家周辺は三瓶山でも雪が多い北側で、その標高も約600m!

 

今回の雪は、明日のお昼前ごろまで降り続けるらしく、また最高気温の予想も氷点下!

 

たっぷりの新雪で遊べそうになりました!

 

この雪景色の、

三瓶山へ!

 

みんな元気いっぱい、楽しく遊んで来れますように(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

4627 雪あそびの天気予報!

いよいよ明日の出発になった、山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2019inさんべ山。

 

ですがっ!

 

この冬は本当に雪がありません。

 

ここのところ毎日、何度もネットの天気予報を見ては、「寒波こ〜い」「雪よこ〜い」と祈ってはいたのですが、今週に入ってからも、

火曜日の時点で、期待薄っ(>_<)

 

、、、だったのですが!

 

なんとっ!

 

急遽、この冬一番の寒波がやって来てくれると、ニュースでも報じられている通り、

今夜から、三瓶山方面でも雪が降り始め、明日は一日中雪が降り続き、その雪は明後日、三瓶山を出発するお昼過ぎ頃まで休むことなくずっと降り続けると!

 

三瓶山の麓、飯南町の明日の予想最高気温が0℃ということは、、、。

 

国立三瓶青少年交流の家周辺(標高600m)は余裕の最高気温氷点下確定っ!

 

お天気の神様、ありがとうございますっ!

 

、、、色んな都合の方がきっとおられると思います。

 

、、、自分と子どもたちの都合だけで喜んで、本当にごめんなさい!

 

三瓶山周辺は、かつての、ずっと1m以上の積雪に覆われていた厳しい冬を乗り越えるために道には埋め込みの融雪装置が整備されていて、当然、目的地の国立三瓶青少年交流の家も壁は分厚く、ガラスもごつい2重窓、元々が雪国仕様なので少々のドカ雪は全く問題ないんだそうです。

 

これは楽しくなりそうだっ!

 

あとは、、、。

 

明日の朝、みんな元気に集合してくれますように(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

4624 もうすぐ雪あそび、、、だから祈ります!

今週末に近づいて来た、山本あきひこのぴあの教室のの冬のイベント「雪あそび2019inさんべ山」。

 

3月には高知県馬路村の馬路温泉を目指す、春の社会科見学の旅が控えています。

(山本あきひこのぴあの教室のイベントは全て自由参加です!)

 

温泉っ!

 

そう、、、。

 

「温泉」という響き。

 

また、馬路温泉の成分は皮膚疾患にも有効な、ということは「美肌の湯」!

 

「温泉」。

 

そして「美肌の湯」。

 

さらに「のんびり旅」。

 

そんな様々なキーワードが、山本あきひこのぴあの教室の女子生徒さんたちの心をがっちり引きつけたらしく、

 

子:「うち、今回は冬はやめとく。そのかわり、春の温泉にはいく(笑)」

 

僕:「おおっ!りょーかい!」

 

、、、っていう会話、多数。

 

その結果、今回の雪あそびは過去最少の僕を入れても14人っ!

 

、、、去年の雪あそびの半分以下っ!

 

下電観光バスさんのマイクロバスを借りることが出来て、なんとか実行にはこぎつけました。

 

しかしっ!

 

この、

三瓶山の麓(ふもと)のひとつ、島根県飯南町の天気予報。

 

実は、ちょっぴり心配で、先日三瓶山まで様子を見に行って来ました。

 

山の木々の間や日陰には雪があったのですが、基本雪が無いっ!

 

この26日、27日。

 

麓で最高気温予想が4℃なので、三瓶山の標高600mの場所にある国立三瓶青少年交流の家周辺はもうちょっとは気温が低く、雪も降ってくれるかも知れません。

 

今までは、何だかんだで行ったら雪には恵まれた山本あきひこのぴあの教室の三瓶山への雪あそび。

 

雪あそびの日、雪が降って、真っ白に積もってくれますように(>_<)

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

4589 三瓶山への抜け道発見っ!

この冬も計画している「山本あきひこのぴあの教室・雪あそびinさんべ山」。

 

お申込み締め切りまであと1週間!

 

昨日、最初は「いかない」って言っていた小学2年生の生徒さんが、同じ小学校に通う山本あきひこのぴあの教室の先輩お姉ちゃん生徒さんたちから「さそってもらえた〜」って、お申込みしてくれました。

 

これで総勢14人!

 

僕も入れたら15人!

 

ですが!

 

バスを借りるにはもうちょっとハードルが高い!

 

でも、せっかく「行きたい!」!って言ってくれている生徒さんが10人以上もいてくれるからには、その嬉しい気持ちにこたえたい!

 

で、何とか行ける方法はないかと探し、、、。

 

昨日の朝は考えていなかった別ルート発見っ!

 

新幹線の「こだま指定席きっぷ」なら格安に広島まで行けるので、それで広島まで行って、そこからJR芸備線に乗り換え三次を目指せば、福塩線経由と変わらない運賃で時間短縮、しかも快適な新幹線の旅!

 

帰りには広島駅でお好み焼きを食べて帰ることも可能だ!

 

、、、と思ったら!

 

今、芸備線は先の西日本豪雨の影響で、来年秋ごろの復旧見込みではあるものの現在不通。

 

、、、しかしっ!

 

不通区間の代行バスにちょうどいい時刻のバスを発見っ!

 

、、、しかしっ!

 

「満員等でご乗車できない場合がございます」の注釈が!

 

小さな代行バスに15人ではもしかしたらはみ出すかも知れません(涙)

 

でもでも!

 

小学4年生の頃に兄から手ほどきを受けて以来、僕は時刻表が好きで、旅行の計画を立てるのが大好きなので、

みんなで過ごすこの景色を目指して!

 

またあれこれ楽しく考えようと思います(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

4588 雪あそびピンチっ!

この冬も計画している、島根県大田市や飯南町に広がる国立公園三瓶山への雪あそび。

 

その名も「山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2019inさんべ山」!

 

しかしっ!

 

今、ピンチっ!

 

今回は日程的に英検の日と被ったりして(ここ数年、小学生の英検挑戦者が増えています)参加希望の生徒さんが少なく、今、13人!

 

毎年の雪あそび、バスの費用が一番のポイントになっていて、20名の参加者がいてくれて僕の持ち出しが家族で3〜4回焼肉に行けそうなくらい。

 

25名参加者がいてくれて、ようやくトントンで運営しています。

 

もちろん、下見や現地打ち合わせ、当日の人件費は僕もとっても楽しいということでゼロ円として(笑)

 

、、、ということは!

 

13人だと、僕の持ち出しが余裕の二ケタ万円越えに!

 

これはさすがに難しいっ!

 

ので、、、。

 

予算内で行ける他の方法が無いか、いろいろ調べてみました。

 

それも、せっかくなので少人数だからこそ出来る方法で。

 

ついでに今後の可能性を広げられるチャレンジになったらもっとラッキー!

 

 

JR山陰本線大田市駅まで列車で行って、そこから国立三瓶青少年交流の家行きの路線バスが一日3本出ています。

 

おおっ!

 

しかもちょうどいい時間のバスがある!

 

、、、と思ったら。

 

冬季の土日は、その8.5km手前、三瓶温泉までで運転打ち切りになっていました。

 

それと、大田市駅までの距離が長く、JRの普通列車なら予算内ですが特急やくも利用になるので予算オーバー。

 

 

次に。

 

JR福塩線府中駅か、芸備線三次駅まで行ったら国立三瓶青少年交流の家のバスが迎えに来てくれること発見っ!

 

しかも最もリーズナブル!

 

早速電話をし、、、。

 

、、、ましたが、既に先約があり不可。

 

 

次に。

 

うちから最寄りのJR山陽本線庭瀬駅から福山駅乗り換え。

 

福山駅から福塩線で府中を通り過ぎてJR三次駅まで。

 

三次駅からは駅前発のバスに乗り継ぐと、

いつも三瓶山に行くときに最後に休憩する、国道54号線の赤名峠を越えて島根県側に入った最初の道の駅「赤来高原」の、約30m手前にある赤名バス停までは行ける!

 

しかも予算内だ!

 

しかしっ!

 

そこから三瓶山まで約20km!

 

雪道の中、到底歩いては行けない!

 

なら、タクシーか、そこから三瓶山まで小さなバスを借りる手もあるかも知れない。

 

とりあえず、タクシー運賃だけ調べてみると、、、。

 

おおっ!

 

1台に3人乗れば、なんとか予算内で行けるではないかっ!

 

 

っていうことを、昨日発見しました!

 

以前一度、やっぱり参加者が少なくて中止したことがありました。

 

でも!

 

考えてみたら、今回も10人以上の生徒さんたちが「行きた〜い!」って言ってくれています。

 

もちろん、往復のルートが変更になるので、ルート候補が決まったらお知らせしてその了解を頂いてから、にはなりますが、出来ない理由を考えるより、出来る方法を考えるのが山本あきひこのぴあの教室クォリティ!

 

なんとか実行できる方法を考えるのって、ちょっと楽しいです(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |
profilephoto
友だち追加
山本あきひこのぴあの教室公式LINE@はじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS