先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

5009 雪あそび2020inさんべ山の様子〜その6、旅の続き!

何だかもう、1ヵ月よりもっと前の夢の中の出来事のような気がする山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2020inさんべ山。

 

、、、出発の日からまだ十日でした。

 

 

昨日の先生の日記の続きです!

 

本当に楽しかった二泊三日の夢の時間は二日目のお昼になりましたが、生徒さんたちにはまだまだ旅の続きがありました!

みんなのことを見守ってくれている、三瓶五山の主峰、男三瓶山(1126m)。

 

みんなが遊んだ、

武道館と、一日三便、JR山陰本線大田市駅と交流の家とを結ぶバスが発着する国立三瓶青少年交流の家前バス停。

 

(武道館は柔道の日本代表の選手たちも練習に来られたことがあるそうです!)

 

生徒さんたちは、

2揃いの記念写真を撮ったり、、、

 

これまた超美味の、

石見銀山カレーも出た、

バイキングのお昼ごはんを楽しんで、

その名も「さんべの家売店」でお土産を選んだり、、、。

 

(人生初、ソロお買い物デビューがこのさんべの家売店っていう生徒さんもたくさんになりました!)

 

そして、予定通りの時間に、

下電観光貸し切りバスは出発!

 

違う学校、学年の生徒さんたち同士が仲良くなって、車内はお話で大盛り上がりのバスは、三瓶の大自然の森の中の道を、

進んで行きます!

 

三瓶山、

ありがとう、また来るね!

 

帰り道、国道54号線道の駅ゆめらんど布野の手作りアイスクリームを食べて、

バスは一路、岡山を目指したのでした!

 

参加してくれた生徒のみんな、大切なお子さんを預けて下さった保護者の皆様、安心快適な旅を提供して下さった下電観光バスの皆様、手作りアイスのゆめらんど布野の皆様、目的地の国立三瓶青少年交流の家スタッフの皆様、他にもお世話になった全ての皆様のおかげでこの冬も山本あきひこのぴあの教室・雪あそびを楽しく行うことが出来ました。

 

本当にありきたりでシンプルな言葉なのですが、本当にありがとうございます。

 

 

次回の夏の山の学校は、、、

 

実は高知県馬路村!

 

馬路温泉夏祭りの日に行きます!

 

馬路村から太平洋に注ぎ、ダムが無い清流安田川でのアユやアメゴ、ウナギのつかみ取り大会もあります!

 

ただいま準備進行中っ!

 

夏の山の学校もよろしくお願いいたします(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

5008 雪あそび2020inさんべ山の様子〜その5「初挑戦っ!」

暖冬だった今年ではありましたが、幸い雪が積もってくれて、生徒さんたちみんな元気に雪でも遊んで来ることが出来た山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2020inさんべ山。

 

二日目の午前中は、歩くスキーを予定していて、まだ森の中のコースには少し雪が残っていて歩くスキーに出かけた団体さんも多かったのですが、いつもよりは限られるコースが混雑しそうだったので、安全も考えて、

国立三瓶青少年交流の家にある武道館の剣道場をお借りして、

これまた国立三瓶青少年交流の家の人気活動プログラムのひとつ、

「ドッチビー」に差し替えました。

 

これは、

想像以上の、

大盛り上がりっ!

 

生徒さんたちを3チームに分けて、

総当たりのリーグ戦は、

最後はディスク3枚投入で、

逃げ回る生徒さんたちっ(笑)

 

山の学校から帰ってからも、楽しかったことベスト3の中に「ドッチビーが楽しかった!」を入れてくれた生徒さんたちもたくさんでした!

 

お昼になってドッチビーはお開きになって、

会場だった武道館を出て、

みんなで泊まった貸し切りのセミナーハウスを見ながら本館に戻り、、、

 

 

続きは明日、ご紹介させて頂きます(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

5007 雪あそび2020inさんべ山の様子〜その4「夜から朝まで」!

幸い、この冬貴重だった雪にも恵まれて、みんな楽しく雪あそびをすることが出来た、山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2020inさんべ山。

 

僕たちが出かけたのは先週でしたが、この土日も雪が積もっているみたいで、今日もきっとあの雪景色の中にたくさんのお子さんたちの歓声が響いてるんだろうなぁ、、、。

 

 

昨日の先生の日記の続きです!

 

国立三瓶青少年交流の家の、三食必ず本当に美味しいバイキング。

 

その晩ごはんを楽しんだ生徒さんたち。

 

早い冬の日暮れの後も、

雪あそび、ザ・ナイターっ!

 

夜まで雪が残ってくれて、みんな超高速そりすべりを楽しんでいました!

 

そして、、、

この日泊まった貸し切りのセミナーハウス。

 

雪あそびで冷えた体を、

ホッカホカに温めてくれる、

三瓶山から湧き出る天然水を温めた、男女別、国立三瓶青少年交流の家自慢の温泉のように大きなお風呂へ、

子:「ほんじゃぁ、せんせ〜お先っ!」

 

僕:「行っといで〜」

 

で、みんながホカホカになって戻って来てから僕もお風呂へ。

 

雪あそびをして程よくくたびれて、程よく体も冷えていて、そこへこの三瓶山の天然水のお湯のお風呂。

 

ちょ〜気持ちいいんです!

 

最高ですっ!

 

そして、、、。

 

三瓶山にも夜の時間がやって来て、、、

 

あちこちの部屋からちょっぴりおしゃべりの声も聴こえつつ、、、

 

僕はそれは聴こえないことにして、、、。

 

 

朝になりました!

素早く身支度を整えたみんなが、

向かったのは、

 

(この夜、三瓶山でも気温が氷点下にならず雪が解けていました!)

 

国立三瓶青少年交流の家主催の、

朝のつどい。

 

朝のつどいのあとは、そうじ、片づけ、朝ごはん!

それが出来たら荷物をまとめて、交流の家スタッフの方のお部屋点検をクリアし、

お部屋出発っ!

 

 

続きは明日、ご紹介させて頂きます(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

5006 雪あそび2020inさんべ山の様子〜その3!

昨日の先生の日記の続きです!

 

 

目的地の国立三瓶青少年交流の家に到着した、山本あきひこのぴあの教室の生徒さんたち。

 

バイキングのお昼ごはんを食べてパワーアップ!

 

歩くスキーで国立公園三瓶山の大自然の森の中のコースを抜けたみんなを待っていてくれたのは、

新雪に覆われた三瓶北の原!

 

なぜかどの団体も来られてなくて、

この景色を、

ひとりじめ!

 

雪の男三瓶山(1126m)をバックに、

この冬の雪あそびに参加してくれたみんなで、

記念写真!

 

三瓶北の原からまた森の中のコースを進んで、国立三瓶青少年交流の家に戻って、

みんな元気!

 

交流の家主催のゆうべのつどいで、

旗係さんになった、

二人も無事、役目を務めることが出来ました!

 

ゆうべのつどいを境に、国立三瓶青少年交流の家ではあいさつも「こんばんは」に変わります。

 

三瓶山に訪れた、

冬の夕方。

 

雪はなんとか持ってくれました!

 

夕方と言えば、、、

晩ごはんっ!

 

食べ放題のバイキングです!

 

国立三瓶青少年交流の家の食堂の料理って本当に美味しいっ!

 

年々さらに美味しくなっているような気がします。

 

晩ごはんを食べたみんなは、、、

 

 

続きはまた明日っ(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

5005 雪あそび2020inさんべ山の様子〜その2!

昨日の先生の日記の続きです!

 

 

この冬初めての雪が積もってくれた三瓶山に無事到着したみんなは、美味しいバイキングのお昼ごはんを食べて、

腹ごなしに、国立三瓶青少年交流の家の多目的ホールで、ちょこっと遊んでから、

歩くスキー、スタート!

国立三瓶青少年交流の家の本館前のつどいの広場で、

少し転び方の練習をしてから、、、(笑)

 

さあっ!

三瓶山ならでは、森の中の、

クロスカントリースキーへ出発だっ!

三瓶北の原へ向かう森の中は、

雪うさぎの足あとも残る、

白銀の道。

こんな森の中を抜けたみんなを待っていてくれたのは、、、!

 

 

続きは明日、ご紹介いたします(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

5004 雪あそびinさんべ山2020の様子〜その1!

今日2月6日(木)。

 

ずっと暖冬だったところに、この冬最大の寒波が来て、三瓶山も再び銀世界になっているみたいです。

 

今月初めに行って来た、山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2020inさんべ山。

 

その時はこの冬最初の積雪だったそうです。

 

本当にラッキーでした!

 

その一泊二日の夢の時間の様子をスライドショーでご紹介いたします。

 

 

2月1日(土)朝、

元気に来てくれたみんなを乗せた下電観光貸し切りバスは出発っ!

 

バスは山陽自動車道、尾道自動車道と走って、

いくつかのトンネルも抜け、、、。

 

そして、

 

子:「ここって、いつもなら雪あるよなあ」

 

僕:「うん」

 

っていう広島県の道の駅世羅でトイレ休憩をして

再び出発!

 

三次東インターチェンジから一般道に降りて、国道54号線道の駅ゆめらんど布野、

 

同じく道の駅赤来高原で

トイレ休憩をして、

 

バスは一路、三瓶山へ続く道に。

 

麓の粕淵には雪がありませんでしたが、三瓶山に向けてどんどん登って、三瓶山周回道路に入ると、

ついに雪っ!

 

みんなのテンションも、

、、、と思ったら、結構寝てたりして、、、(笑)

 

でも、誰もバス酔いすることなく、

無事、予定通りぴったりのお昼12時、三瓶山到着!

 

この日の三瓶山は、

パウダーシュガーをかけたお菓子みたい!

 

入所オリエンテーションを済ませたみんなは、

グループごとにまとまって、

本当に美味しい国立三瓶青少年交流の家の食堂のバイキングのお昼ごはんでエネチャージっ!

 

僕個人的にはこの日のお昼はキムチうどんが特に最高でした!

 

そしてっ!

 

 

続きは明日ご紹介いたします(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

5003 山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2020inさんべ山の奇跡っ!

今月初め、2月1日(土)〜2日(日)の一泊二日の日程で行った、山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2020inさんべ山。

 

この冬も島根県大田市(旧三瓶町)の国立公園三瓶山の標高600mの三瓶高原に立つ国立三瓶青少年交流の家へ出かけてきました!

 

2010年冬の第1回以来、今年で10周年!

 

雪景色の三瓶山もお馴染みになりました。

 

が、しかしっ!

 

この冬はちょっぴりいつもと違うことが、、、。

 

それは、、、。

 

過去最高と言われる暖冬っ!

 

三瓶山周回道路には冬季通行止め区間があり、数年前まではスキー場があったほどの、本来は山陰の豪雪地帯のひとつだった三瓶山。

 

この冬は、、、

 

まだ一度も積雪なしっ!

 

それは、山本あきひこのぴあの教室のみんなの雪あそびの陽が近づいても変わらず、、、。

 

10日前から毎日、一日何度も何度も10日間天気予報を見ては一喜一憂し、、、。

 

でも、、、。

 

前日になっても結局積雪なし。

 

どころか、三瓶山に雪が降ることさえなく。

 

 

しかしっ!

 

 

みんなの気持ちが天に届いて、奇跡が起こりました!

 

出発前日夜から三瓶山に雪が降ったのです!

 

そしてその雪は、2月1日のお昼過ぎまで少しずつ優しく積もって、山本あきひこのぴあの教室のみんなが三瓶山の到着したとき、

積もったああああっ!

 

本当にこの冬の三瓶山奇跡の初めての積雪に出会うことが出来て、雪あそびが出来ました!

 

みんなの様子は、、、。

 

明日からスライドショーでご紹介させて頂きます(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

5001 雪の三瓶山から無事帰宅!

一昨日、昨日と出かけて来た「山本あきひこのぴあの教室・雪あそび2020inさんべ山」。

 

山本あきひこのぴあの教室の冬の雪あそび、10周年でもありました。

 

心配していた雪でしたが、、、。

みんなの願いが届いたのか、三瓶山のこの冬初めての積雪に出会うことが出来ました!

 

山本あきひこのぴあの教室のみんなが行く前日の夜から降り始めた雪は、みんなが歩くスキーを始めたお昼過ぎまで降ってくれて、気温が上がった夜まで持ってくれました!

 

三瓶山の北側にある三瓶北の原は元々三瓶山で一番雪が深いあたりで、三瓶山周回道路もこの北の原付近から西の原までは、毎冬冬季通行止めになっていたほど。

 

この冬もみんなに真っ白な三瓶山を見せることが出来ました。

 

積もった新雪の美しさ、誰もいない雪原に響くこだまを聞かせることが出来ました。

 

何より、みんな仲良く楽しく遊ぶことが出来ました!

 

三瓶山の神様、ありがとう!

 

動画だと、

こんな感じです!

 

参加して下さった生徒さんたち、保護者の皆さま、目的地国立三瓶青少年交流の家スタッフの皆様、道の駅ゆめらんど布野の手作りアイスクリーム屋さん、安心快適な旅を提供して下さった下電観光バスの皆様、他にもお世話になった多くの皆様から頂くことが出来たお力、お気持ちのおかげでみんな楽しい雪あそびに行ってくることが出来ました。

 

本当にありがとうございます!

 

これからもよろしくお願いいたします!

 

生徒さんたちみんな、早速今日から学校のはず!

 

みんな元気に2月がスタートしていますように(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

4998 奇跡、起こるかも!

この冬10周年を迎える、山本あきひこのぴあの教室・雪あそびinさんべ山。

 

いよいよ明日出発です!

 

がっ!

 

今年は史上最高の暖冬!

 

一昨日、目的地の国立三瓶青少年交流の家に電話をしてスタッフの方にお聞きすると、

 

僕:「雪はどうでしょうか」

 

ス:「全く無くて、辛うじて駐車場にはそり遊びがが出来るくらいの雪は、まだ残っていますが、すごい速さで融けているので、無くなるのも時間の問題かと、、、」

 

僕:「それでもまだ雪があるってすごいですね」

 

ス:「天気予報を見ると、もしかしたら降ってくれるかも知れません」

 

僕:「雪が積もってくれるのを祈ってます!」

 

 

そして、今朝、天気予報を見ると、

明日の朝まで雪が降り続けてくれる予報に!

 

雨雲レーダーでも、三瓶山周辺には強めの雪雲がかかっていました!

 

そして、

この冬、今まで雪が無かった、三瓶山南側の三瓶温泉付近のライブカメラにも積雪が!

 

三瓶山は円形に5つの山が並んだ形をしていて、その南斜面にある三瓶温泉は、三瓶山では一番雪が少ないです。

 

そして、、、。

 

国立三瓶青少年交流の家がある、三瓶山の北側は、交流の家への交差点から三瓶西の原までは、本来なら冬季はずっと積雪通行止めになるほど雪が深い場所。

 

期待大っ!

 

雪、積もってくれますように(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |

4938 三瓶山の下見!

昨日12月1日(日)。

 

レッスンの休みを頂いて、三瓶山へ行って来ました。

 

目的は、、、

 

この冬の雪あそびの現地下見と確認、それに引き出し容量アップです。

 

昨日の三瓶山周辺は、天気予報では雨でしたが、

大丈夫っ!

 

国立三瓶青少年交流の家は、

ストーブがホカホカでした!

 

生徒さんたちみんなで歩くスキーの時に出かける予定の三瓶北の原。

 

三瓶自然館サヒメルがこの冬、改装工事に入るために休館中で、トイレが使えるのか、と、もし仮設トイレがあればその場所の確認と思って行ってみると、ちゃんと北の原に仮設トイレが置かれていました。

 

これで一安心!

 

そして、ずっと気になっていた三瓶小豆原埋没林公園へ。

 

これは過去の三瓶山の大噴火によって瞬時に埋没、そのまま立ち枯れた巨樹の森がそのまま発見されたものを、そのまま保存して展示されているという貴重なもので、地下に降りて見に行きます。

 

個人的には好きでした!

 

 

次に、初めての石見銀山へ。

 

駐車場に車を停めてから、歩くと40分ほどかかる道を、電動アシストレンタサイクルでササっと進み、江戸時代に掘られて現存、そして唯一公開されている間歩(まぶ=坑道のこと)内へ。

これ、人の手によって、ノミと金槌だけで掘られたものの、ほぼそのまんまなんだそうです!

 

間歩の中には、途中何本も何本も脇坑道が枝分かれしていて、そこには入れないようになっていました。

 

石見銀山は江戸時代当時、世界最大の銀鉱山だったらしく、当時のヨーロッパでは銀のことを「IWAMI」と呼んでいたこともあったほどなんだそうで、、、。

 

っていうことは!

 

ショパンやリストたちも石見銀山から掘り出された銀に触れていたのかも!

 

間歩内はちょっとした冒険気分で、こちらは子どもにも楽しいような気がしました。

 

 

無事、下見と引き出し容量アップを終えて、

通算66777kmっていう美しい数字で無事帰宅しました。

 

石見銀山坑道内見学は、いつか夏の山の学校に組み込みたいと思います(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜冬〜 | comments(0) | - |
profilephoto

山本あきひこのぴあの教室LINE公式アカウントはじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS