先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

4922 第13回ベーテン音楽コンクール福山本選〜大人の生徒さん!

もう先月のお話になります。

 

10月20日(日)行われた、第13回ベーテン音楽コンクール福山本選。

 

会場はJR福山駅からもほど近い広島県民文化ホールふくやまでした。

 

山本あきひこのぴあの教室からも何人かの生徒さんたちが挑戦のステージに立たれたのですが、その中の一人、大人の生徒さん。

 

去年、同コンクールピアノソロ部門自由曲コースで全国大会第4位に輝かれました。

 

3人のお子さんのお母さんでもあり、フルタイムでお仕事をされている状況でもあり、大変にお忙しい中でのステージ挑戦になられた今年。

 

とても高い集中力を持たれた方ではあるのですが、さすがに今年はお忙し過ぎて曲の仕上がりが危ぶまれました。

 

無難に、手の内に有られるレパートリーでエントリーすることも不可能ではなかったのですが、

 

生:「教室の5年生の○○○ちゃんの演奏を聴いて(落選でした)、本当にすごいなって思ったんです」

 

僕:「確かに、逃げずに頑張り切った感がありましたよね」

 

生:「だから私も」

 

僕:「応援しますっ!」

 

で、本当にぎりぎりなんとかステージに持っていけるところまで仕上げて、

全国大会出場決定っ!

 

実は、娘さんも(こちらは初めて!)同コンクールピアノソロ部門自由曲コースでの全国大会出場が決まっていました。

 

山本あきひこのぴあの教室の仲間たち初の「全国大会親子で出場」決定っ!

 

ご家族にとってもステキな一年の仕上げになりますように(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4920 第77回福山音楽コンクール〜中学2年生吹奏楽部っ!

彼女が山本あきひこのぴあの教室の仲間になってくれたのは、彼女が小学3年生になる春のこと。

 

彼女との付き合いも、もうすぐ6年になります!

 

音楽も好きだけれど実はテニスなどのスポーツも習っていて、運動も好きな彼女は、中学校では吹奏楽部を選びました。

 

とあるピアノコンクールの岡山大会で数十人もいた出場者の中から第1位に選んで頂けたこともある彼女。

 

子:「福山音楽コンクールって、出てみよっかな。先生、ど〜思う?」

 

僕:「いいと思うよ。やってみよう!」

 

で、急遽、一次予選申し込み締め切り直前にエントリーすることになりました。

 

予選、何とか通過。

 

そして迎えた二次予選が、今月初めにありました。

 

結果、、、

子:「受かった!」

 

僕:「おめでとうっ!」

 

彼女、同コンクールのファイナルの本選に出場出来ることになりました!

 

もうすぐ本番っ!

 

がんばろな〜っ(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4919 第13回ベーテン音楽コンクール福山本選〜小学6年生は一発勝負!

今月初めに広島県福山市にある、ふくやまリーデンローズ小ホールを会場に行われた第13回ベーテン音楽コンクール福山本選。

 

そのピアノソロ部門バロックコースに挑戦した、山本あきひこのぴあの教室の小学6年生の生徒さん。

 

彼女、実は、小学4年生の時に初挑戦した同コンクールピアノソロ部門自由曲コースで、その全国大会第4位に輝いたことがあります。

 

が、しかしっ!

 

元々お人好しで欲が無く、負けず嫌いではあるけれど頑張ることは若干苦手、、、。

 

そんな感じの彼女は、以後、コンクールではちょこっと低迷!

 

曲の仕上げが間に合わなくなりました。

 

そうっ!

 

人生の季節「反抗期」!

 

ピアノや僕も含めて、自分の周囲の人、事象、物、彼女が物理的にも心理的にも触れる全てのものを対象に、彼女から様々なジャッジメントにかけられることになりました。

 

今のところ、、、

 

ピアノや僕のことはキライではないみたい(笑)

 

そんな大変な心の中の作業と同時進行での挑戦になった、今回の第13回ベーテン音楽コンクール福山本選。

 

彼女なりに頑張った時間があったはず。

 

それはピアノとなのか、心の中の葛藤となのか、それは彼女の心の内のことなので、僕には分かりません。

 

でも、、、。

 

たぶん、彼女は心の中の何かに対して頑張れたはず。

 

結果、、、

子:「全国(大会)、残れた!」

 

僕:「おめでと〜!」

 

子:「うちが『引き』で写ったら、、、」

僕:「先生の顔がよりデカくっ!」

 

子:「あはは〜♪」

 

彼女の全国大会のステージも年末。

 

もしかしたら彼女の小学生時代のラストステージ。

 

期待してますっ(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4917 第13回ベーテン音楽コンクール福山本選〜小学2年生は祝・落選っ!

今月初めに行われた第13回ベーテン音楽コンクール福山本選。

 

そのピアノソロ部門自由曲コースに出場した小学2年生の生徒さん。

 

とても利口っ!

 

おもしろいことが大好きで、お笑いも大好きで、レッスンでも日々「楽しいこと」を追及しています(笑)

 

そんな彼女は、ピアノの上達も速く、去年、彼女がまだ小学1年生の時に初挑戦した第12回ベーテン音楽コンクールでは、ピアノソロ部門自由曲コースで全国大会に残ることが出来ました。

 

ただ、、、。

 

まだ小さな彼女のお顔に伸びた、天狗さんのおハナ(笑)

 

ご両親もそのことを考えておられて、

 

母:「家での態度を考えたらこれは早めに折らないと(笑)」

 

父:「すいすい行き過ぎない方が長い目で見ていい(笑)」

 

と、お話して下さっていました。

 

 

そして迎えた今回の第13回ベーテン音楽コンクール福山本選。

 

本番前のレッスン。

 

当然、僕のお話なんか聞いていません(笑)

 

本人も、出来ていないことは理解してはいるのですが、心のどこかに「このくらいできたらうかっちゃうもん」的なイメージを持っていたのかど〜なのか、、、。

 

結果、彼女、人生初めてのコンクール落選っ!

 

そして、ついでに、第5回スタインウェイコンクールinジャパン広島地区審査会も落選っ!

 

本人、泣いていました!

 

でも、

 

父:「本当に良かった!落ちた瞬間『やった!』って思いました(笑)」

 

母:「本当に安心しました。このくらい(の練習)で通ったら、うちの子、人生舐めていっちゃうようになるんじゃないかって心配していました(笑)」

 

そして!

 

本人!

 

子:「これからはちゃんと先生のおはなしをきく。」

 

僕:「ふむふむ」

 

子:「もう、こんなきもちになりたくない」

 

僕:「ふむふむ」

 

子:「だかられんしゅうもがんばる」

 

僕:「やっぱり、○○○はいい子だね!」

 

子:「なんで?」

 

僕:「大きくなったらきっとわかるんよ」

 

子:「?」

 

そんな彼女は、本当にレッスンの時も、おうちでの練習も変わっていました!

涙の後は素敵な笑顔っ!

 

彼女の長い人生の中の、本当に素敵な「祝・落選」に、彼女なら高めてくれると思います。

 

辛い経験、よく逃げずに頑張って反省して乗り越えて、えらいぞ〜(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4915 第5回スタインウェイコンクールinジャパン広島地区審査会〜高校1年生バスケ部!

先日広島で行われた、第5回スタインウェイコンクールinジャパン広島地区審査会。

 

会場は広島市内中心部にある老舗スタインウェイディーラー浜松ピアノ社さんのホールでした。

 

2年に一度行われている同コンクール。

 

「弾いている本人が楽しんでいるか」とか「聴く人を楽しませているか」も審査されるようです。

 

 

その挑戦のステージに立った山本あきひこのぴあの教室の仲間たちの一人、高校1年生の生徒さん。

 

4年ぶりの同コンクール挑戦だった彼女は、数年前にかの東京大学首席合格者を輩出したことでも知られる県内有数の進学校に在学。

 

中学時代からずっとバスケ部の主力メンバーでもあります。

 

幾多の突き指、青タンなどは無数にあって、その他様々なケガやアクシデントとも上手に付き合いながらピアノも続けてくれています。

 

小学4年生になったばかりのまだ小さかった頃に山本あきひこのぴあの教室の仲間になってくれました。

 

気が付くと、、、

 

彼女との付き合いも、もうすぐ7年!

 

本当に限られた時間の中で頑張っている彼女なのではありますが、実は、先日行われた第13回ベーテン音楽コンクールでは本選で落選っ!

 

でもっ!

 

去年の第12回ベーテン音楽コンクールではピアノソロ部門自由曲コース全国大会ベスト10賞に輝いていた彼女は、今年の落選から踏ん張りました!

 

落選したベーテン音楽コンクールから二日間。

 

高い集中力を発揮して練習し、少しは体も休めて、気持ちも切り替えて、、、。

 

そして臨んだスタインウェイコンクールinジャパン広島地区審査会でした。

 

この日彼女が出場したカテゴリーDは、去年の第12回ベーテン音楽コンクール全国大会第1位のお子さんもおられるハイレベルっ!

 

結果、入賞したのは、その去年の第12回ベーテン音楽コンクール全国大会第1位だった高校1年生のお今さんと、同じ高校1年生の彼女の二人だけ!

子:「やっぱ、結果じゃないと思っても、結果っておっきいよなぁ」

 

僕:「うん、そうじゃなぁ。先生も最優秀賞頂いたらテンション上がったもん」

 

子:「よなあ!」

 

僕:「うんうん」

小学生だった彼女ももう高校生!

 

テンション高いお父さんに付き合ってくれてる娘風に写真に付き合ってくれました(笑)

 

彼女が進む未来にもたくさんの笑顔が待っていてくれますように(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4912 第5回スタインウェイコンクールinジャパン広島地区審査会〜チーム山本あきひこのぴあの教室!

一昨日11月4日(月・祝)、広島市内の本当にど真ん中、原爆ドームや旧広島市民球場も徒歩圏の中区本通りにある老舗スタインウェイディーラー浜松ピアノ社さんホールを会場に行われた第5回スタインウェイコンクール広島地区審査会。

 

午前中にカテゴリーA(年中〜小1)、カテゴリーB(小2〜小4)クラスが行われ、午後からはカテゴリーC(小5〜中1)、カテゴリーD(中2〜高1)の審査が行われました。

 

審査はもちろん厳粛な雰囲気の中で行われるのですが、その審査後「ステージ上での写真撮影、ご自由にどうぞ」っていう、会場である浜松ピアノ社の社長さんからのお計らいがありました。

 

浜松ピアノ社さんが保有されているスタインウェイD型(フルコン)は、実は戦後日本に輸入されたスタインウェイの第1号っ!

 

東京の日比谷公会堂に納入され、20世紀の巨匠たちの来日公演で必ず使われていた(当時はスタインウェイを持っている音楽ホールが日比谷公会堂だけでした)、そしてその巨匠たちが直筆のサインを残していった、歴史と伝統のピアノ。

 

70年以上前のグランドピアノですが、スタインウェイ社の技術者によるオーバーホールもされていて、現役バリバリ!

 

ピアノについているお馴染みの「STEINWAY&SONS」のロゴやライラのマークも、今のものよりちょっぴりレトロ感があります。

 

午前中が出番だった小学2年生の生徒さんは、翌日の学校もあってお昼で帰って写っていないのですが、カテゴリーDまですべての審査が終わって、全ての結果発表後、残って聴いていた山本あきひこのぴあの教室の仲間たちで写真撮影をしました。

 

これは、

カテゴリーDの表彰式。

 

この日のカテゴリーDの入賞者はわずか二人!

 

その内の一人、奨励賞を頂く事が出来た山本あきひこのぴあの教室の生徒さんは、

幾多の突き指、ケガを乗り越えて来たバスケ部!

 

副賞の、

ダイヤモンドカットされたクリスタルガラス!

 

そして、他の参加者の方々の写真が終わってから、

山本あきひこのぴあの教室の仲間たちもパチリ!

 

僕:「ほんじゃ〜、両側の二人、『やまもてぃー』いこか」

 

子:「あっ!そっか(笑)」

 

で、

会場に残っておられた全員が大爆笑に!

 

両側の二人は前回は入賞したけど、今回はそうではなかったのにこの笑顔っ!

 

これぞ、チーム・山本あきひこのぴあの教室っ!

 

高校生の生徒さんの入賞も嬉しかったし、それを祝福する小学生の生徒さんたちの笑顔も嬉しかった、とってもいい一日になりました(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4911 第5回スタインウェイコンクールinジャパン広島地区審査会!

IMG_1927.jpg
実は世界各地でもう戦前から行われていて、日本では10年前から行われるようになったスタインウェイコンクール。

言わずと知れたコンサート用グランドピアノシェア世界一の手作りピアノメーカー、スタインウェイ社が主催する16歳以下の子どもたちのためのピアノコンクールです。

他のピアノコンクールとの違いは、、、。

会場では100パーセントスタインウェイピアノが使われる事と、演奏の正確さよりも「演奏者が楽しんでいるか」とか「聴く人を楽しませてくれる演奏か」が問われる事などがあるかも知れません。

あと、3学年を一つのカテゴリーにして、5〜7才(幼稚園年中〜小学一年生)がカテゴリーA、8〜10才(小学二年生〜四年生)がカテゴリーB、11才〜13才(小学五年生〜中学一年生)、14才〜16才(中学二年生〜高校一年生)をカテゴリーD、そんな分け方で行われます。

昨日、広島にある老舗スタインウェイディーラーの浜松ピアノ社さんのホールを会場に、そのスタインウェイコンクールinジャパン広島地区審査会が行われました。

山本あきひこのぴあの教室からも、カテゴリーB、C、Dに合わせて4人の生徒さんたちが挑戦しました。

そして、それぞれのカテゴリーで最優秀賞、優秀賞、奨励賞が各1名ずつ(場合によっては該当者なし、または複数名になることも)の入賞者が決まります。

なので、地区審査会で入賞するだけでもとても大変!

なのですが!

カテゴリーDで、高校一年生の生徒さんが奨励賞を頂きました!

これは嬉しいっ!

とりあえず速報でした\(^-^)/
| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4910 第13回ベーテン音楽コンクール福山本選〜自分も!

一昨日11月2日(土)。

 

福山駅からちょっとはなれた場所にある音楽ホール、ふくやまリーデンローズ小ホールを会場に、第13回ベーテン音楽コンクール福山本選が行われました。

 

山本あきひこのぴあの教室からは小学生から中学生、高校生、大学生、一般までの各学年クラスのピアノソロ部門自由曲コースとバロックコースに、合わせて7人の仲間たちが挑戦しました。

 

結果は、、、。

 

今の、一昨日の、その瞬間の人生の結果は悲喜こもごも。

 

でも!

 

あくまでも「今の結果」!

 

悔しかったことも未来の力へと変えて行ける気持ちが「山本あきひこのぴあの教室の仲間たちクォリティ」のひとつです!

 

みんなの未来に期待っ!

 

 

で、、、。

 

僕は9月に行われた三次(みよし)本選で、なんとかぎりぎり通して頂く事が出来ていたので、もう出なくても良かったのではありますが、、、

 

なんとなく、、、

 

なんとなく、心の中が「も〜いっかい頑張った方がカッコええんとちゃうか?」とつぶやきます。

 

その声に乗ることにしました。

 

三次の本選合格後、もう一回本選に申し込みをし、、、

 

それが一昨日の福山本選でした。

 

本番前の舞台袖。

 

僕:「もう逃げたい!緊張する!どうしましょう!?」

 

係:「先生でもそんなことがあるんですか(笑)」

 

僕:「いやもう、そんなことばっかりで、、、」

 

って、初めて弱音を吐きました。

 

すると!

 

ちょっと安心、、、っていうか、覚悟が決まった!

 

そして演奏。

 

本番、

終了。

 

会場は、

とても好きな雰囲気でした。

 

僕の3番後に出た大学生の生徒さんと、

応援に来てくれたお友だちたちと。

 

僕の結果は、

何とか最優秀賞を頂く事が出来ました。

 

でもでも、この結果も一時のもの!

 

全国大会、本選が悔しかった生徒さんたちの分もがんばりますっ(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4905 第13回ベーテン音楽コンクール福山本選〜大学1年生も人生初!

先日10月20日(日)、行われた第13回ベーテン音楽コンクール福山本選。

 

会場はJR福山駅からもほど近いべしょにある、広島県民文化ホールふくやまでした。

 

僕は今年初めて知ったのですが、実際に聴いてみると、とても音響が良く、雰囲気も素敵なホールです!

 

 

その挑戦のステージに立った山本あきひこのぴあの教室の仲間の一人、大学1年生の生徒さん。

 

日本中に有名な民謡で知られる山陰のとある町出身の彼女。

 

彼女が進んだ大学がたまたま岡山県内で、そのご縁でこの春から山本あきひこのぴあの教室の仲間になってくれました。

 

実は中学校卒業の時に一度ピアノをやめているんだそうです。

 

高校の途中から「進路に必要だから」とピアノを再開はしたそうなのですが、レッスンは古典中心だったらしく、、、。

 

でも、ピアノを弾くのは大好きで、、、。

 

 

とってもポテンシャルが高く、たくさんの伸びしろが残されているような気がして、

 

僕:「コンクールとか、ステージに出てみぃひん?(=出てみない?:大阪弁)」

 

大:「考えてみます」

 

で、実家のご両親とも相談してくれた結果、そのお話の一週間後、

 

大:「この前のお話、出てみることにしました」

 

僕:「おっ!ありがと〜!がんばろね〜!」

 

 

そこから譜読みが元々速く、それを楽しめる彼女は急激にパワーアップ&レベルアップ!

 

それまで未経験だったショパンのエチュードも弾けるように!

 

そして臨んだ第13回ベーテン音楽コンクールピアノソロ部門自由曲コース。

 

予選。

 

優良賞でギリギリ通過出来ました!

 

 

そして進むことが出来た本選。

 

予選がギリギリ通過だったこともあり、また、大きなコンクールは初めての彼女はちょっぴり自信も少なめで、本選を通過出来るイメージがわきにくかったかも知れなかったのですが、追加レッスンにたくさん来てもらって、出来る限りのことをやって、、、。

 

彼女にとっての新曲で臨んだ本選でした。

 

結果、、、

僕:「おめでと〜!」

 

大:「ありがとうございます」

 

予選はギリギリ通過だった彼女、

本選は最優秀賞を頂いての、彼女の人生初のコンクール全国大会出場が決まりました!

 

大:「お父さんから、号泣してるスタンプが来ました(笑)」

 

僕:「そりゃ、お父さん嬉しいよねぇ、、、」

 

大:「お母さんも『えーっ!?』!?っていう感じで、、、(笑)」

 

僕:「ほんと頑張ってよかったねぇ(笑)」

 

 

彼女の全国大会は年の瀬。

 

彼女のステージが今年の山本あきひこのぴあの教室の仲間たちの締めくくり、ラストステージになります。

 

再スタートしたばかりの彼女のピアノ。

 

全国大会もその先も!

 

楽しくがんばろね〜(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4904 第13回ベーテン音楽コンクール福山本選〜小学5年生、初めての全国大会へ!

今も過去も、コンクールに出ている(出ていた)生徒さんたちの多くが落選経験も持ち、何度目かの挑戦で初めて全国大会に届いたお子さんも多い山本あきひこのぴあの教室。

 

山本あきひこのぴあの教室の生徒さんたちの全国大会経験者の、今も過去も、その全員が、初めての全国大会は山本あきひこのぴあの教室から。

 

一緒にコツコツ頑張ってそのレベルを楽しみながら上げて来た仲間たちです。

 

コンクールで頑張っている生徒さんたちのほとんどは、コンクールを目指して山本あきひこのぴあの教室の仲間になってくれたわけではなく、ご入会の理由で一番多いのが「教室や先生が楽しそうだから!」。

 

日ごろのレッスンを楽しんでくれたり、その成果を披露する発表会、そして山の学校、雪あそびなどの自然体験、春の社会科見学の旅などの新体験、球技大会などで遊んだり、、、。

 

そんなこんなをしながら進むうちに、知らず知らずにピアノも上手になっていて、

 

僕:「ほんじゃあ、コンクール挑戦してみる?」

 

子:「うん、やってみる!」

 

っていう、生徒さんが、一人、また一人と増えています。

 

 

先日10月20日(日)、広島県福山市内中心部、JR福山駅からほど近い場所にある広島県民文化ホールふくやまを会場に行われた、第13回ベーテン音楽コンクール福山本選。

 

その挑戦のステージに、そんな山本あきひこのぴあの教室の仲間が一人、立ちました。

 

彼女は小さい頃、ピアノは本当にのんびり進んでいて、ただ、言葉の発達が超速かったので、レッスンではたくさん言葉で遊びながら、、、。

 

、、、「ボケとツッコミ」とも言います(笑)

 

そんな彼女ではありましたが、彼女が小学2年生の途中くらいから、時々「ぽっ」とピアノが輝きそうな瞬間が出始めて、、、。

 

しり込みする彼女の心を時に押し、時に引っ張り、時に待ち、、、。

 

そして、去年、ついにそのレベルの曲が弾けるようになった彼女は、僕のおススメにも乗ってくれて、ベーテン音楽コンクールピアノソロ部門自由曲コースに挑戦っ!

 

そして落選っ!

 

でも、彼女の心の中の目標に「ベーテンの全国大会に出たい」が加わったみたいで、、、。

 

 

落選から1年。

 

今回の福山本選ピアノソロ部門自由曲コース。

 

去年の3・4年生の部から、5・6年生の部へクラスアップしています。

 

彼女小学5年生。

 

6年生に混ざって弾くことになります。

 

彼女のお家の都合で、彼女の本選は1回きりの一発勝負っ!

 

結果、

子:「うち初めてベーテンの全国行けることになったあああっ!」

 

僕:「おめでと〜っ!」

 

子:「でも、あと合計で1点足りなかったら落ちていた!」

 

僕:「それでも通ったっ!」

 

子:「うん!」

 

僕:「もっと輝こうっ!」

子:「写真が輝いたっ(笑)」

 

彼女の全国大会も年末。

 

初めての全国大会、楽しもうな〜(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |
profilephoto

山本あきひこのぴあの教室LINE公式アカウントはじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS