先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

3997 第4回東京国際ピアノコンクール岡山予選!

昨日、5月6日(土)国旗

 

倉敷市にある玉島文化センターホールにて、第4回東京国際ピアノコンクール岡山予選が行なわれました勲章

 

予選は各学年クラスごとの課題曲の中から1曲を選んで演奏し、次の準本選、ファイナルの本選(東京)では得意な自由曲1曲勝負(例えばラフマニノフの楽興の時より複数曲などの選曲は可)の、課題曲、自由曲併用のコンクールです。

 

社団法人東京国際芸術協会の主催により行われるピアノコンクールです。

 

山本あきひこのぴあの教室の生徒さんは、今回はまだ出場されてはいなかったのですが、審査員のお仕事のご依頼を頂けていて、審査をさせて頂いて来ました福助

 

大学の先生方に混じって、一人、「素ピアノ教師」として審査しました福助汗

 

小学生から大学生、一般まで、どちらの出場者の方も熱演ビックリ!!

 

会場の雰囲気がとても温かく、まだ始まったばかりの新しいコンクールで、これからだんだん人気が出て来そうな気がします;

 

今年は岡山予選がゴールデンウィーク中だったり、次の準本選が山本あきひこのぴあの教室の発表会の翌日の日程で、生徒さんにおすすめしにくかったのですが、次回は日程が合えば生徒さんたちにとても良いステージ経験を積んでもらえるコンクールなような気がして、おすすめしてみようと思います。

 

審査は好みを抜いてさせて頂きましたが、個人的には昨日の最後の出場者の方のバルトークがとても自然で、僕は大好きな演奏でした。

 

たくさんの素敵な演奏を聴くことが出来た昨日、5月6日でしたラッキー

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

3963 初めての全国大会!

昨日と一昨日、東京で行われた第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールピアノソロ部門小学校低学年と中学年の各部の全国大会国旗

 

山本あきひこのぴあの教室からも、前もって行われた予選、本選を通過していた3人の仲間たちがその挑戦のステージに立ちましたキラキラ

 

その3人は全員、全国大会初出場ですNE

 

僕は応援には行けなかったのですが、きっとそれぞれに感じることがあって、きっとそれぞれの未来にいい時間に、、、OK

 

コンクールのあとは、みんなご褒美タイムもあるらしく、、、びっくりハート

 

お天気に恵まれた楽しい東京になっていますようにおひさま

 

新学期のレッスン再開でのおみやげ話が楽しみですラッキー

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

3940 第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山本選〜その3!

先月末、岡山県倉敷市にある玉島文化センター大ホールを会場に行われた第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山本選勲章

 

同コンクール岡山本選当日は、午前中に管弦打楽器の各部門審査があり、午後がピアノ部門の審査でしたえんぴつ

 

その挑戦のステージに立つことが出来た、もうひとりの山本あきひこのぴあの教室の小学3年生の仲間めお

 

彼女が山本あきひこのぴあの教室の仲間になってくれたのは、彼女がまだ小学二年生だった去年の秋の初め、9月のまだ暑い日のことでした夏

 

やはりもうピアノは始めていたのですが、彼女の仲良しで、幼稚園時代のひとつ後輩の女の子が山本あきひこのぴあの教室に通って来てくれていて、その子がとっても楽しそうなのにとても上手になっているっていうことを間近で感じて下さったことがご縁の始まりでしたおっ

 

当時小学2年生だった彼女本人は、なんとなくのんびりしていて、でもしっかりもしていて、大らかな性格なのかなあっていう印象でレッスンスタートok

 

まだ優しい曲が中心で、難しい曲はこれから!の彼女でしたが、コツコツ進んでステップアップ出来て、今回のコンクール挑戦になりました。

 

それが良さでもあるのですが、優しく大らかでのんびり屋の彼女。

 

弾き方もそのまんまで、それが魅力のひとつです〜♡

 

ただしっやかんさん

 

そのせいで弾き方が大雑把で雑にもなる傾向が有り、、、ドラえもん

 

レッスンでは時に1小節に2〜3週間かけることもありながら細かい作業もコツコツ、、、。

 

彼女の素敵な大らかさの上に細やかな気遣いも飾り付けて行けるように、、、ちからこぶ

 

そして臨んだ、第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山本選日本

 

結果、

彼女もまた、東京での全国大会に出場できることになりましたわーい♪

 

コンクール後、最初のレッスンの時に、

 

僕:「審査員の先生からの講評と賞状、持って来てくれた?」

 

子:「わすれたにっこり

 

その翌週になった昨日のレッスンで、

 

僕:「講評と賞状、持って来てくれた?」

 

子:「、、、わすれてたびっくり

 

僕:「、、、笑う

 

 

でもっ!

 

その大らかさは、

彼女の大きな魅力の一つアハ

 

彼女も楽しい東京になりますようにラッキー

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

3939 第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山本選〜その2!

先月末、岡山県倉敷市にある玉島文化センター大ホールを会場に行われた、第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山本選キラキラ

 

その挑戦のステージに立つことが出来た山本あきひこのぴあの教室の仲間たちの中の一人、小学3年生の生徒さんおんぷ

 

彼女は去年の秋、山本あきひこのぴあの教室の仲間になってくれましたニコ!

 

もう既にピアノを習っていた彼女は、彼女のお母さんがたまたま山本あきひこのぴあの教室のホームページを見つけて下さり、この「先生の日記」を読んで下さったことがご縁の始まりです矢印

 

彼女にはふたつ年上にお姉ちゃんと、そして下に弟くんがいます。

 

弟くんのキャラはこれから、なのですが、お姉ちゃん何でも器用にこなす太陽のように明るい子はれ

 

初めて会った時、その太陽みたいに明るく活発なお姉ちゃんの妹である彼女本人はお月様みたいに静かで落ち着いていました赤い月

 

ご家庭の方針で、お姉ちゃんと弟くん、そして彼女本人、三人それぞれ別の得意分野を身につけている最中で、そのきょうだい二人とは違う得意分野として彼女本人が選んだものがピアノでしたピアノ

 

とりあえず、秋からパワーアップ、技術アップ、そしてメンタルももん

 

お月様にはお月様の良さがあります月夜

 

日本人が古来から愛してやまなかった美しきもののひとつ、お月様満月

 

、、、彼女は練習習慣はこれから、、、みたいではありますがドラえもん

 

でもでも頑張ってくれて、臨んだ第32回全日本ジュニアクラシック音楽岡山本選でした。

 

結果、、、

彼女が頂いた本選合格証には、銅メダルのオマケが付く、本人もお母さんも全く予想外の高評価を頂いて、春休みに東京で行われる全国大会に出場できることになりましたわーい♪

 

彼女の猛スピードの上達に合わせて、全国大会のエントリーは曲を3段階くらいレベルアップしたものに変更手続きもし、、、。

 

そんな彼女は、

僕:「おめでとう日本

 

子:「ありがとう〜♡

 

って、ちっちゃな声で答えてくれて、やっぱり何となくお月様キャラ。

 

彼女が進む道にも、たくさんの笑顔が待っていてくれますようにラッキー

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

3935 第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山本選〜その1!

先月末、倉敷市にある玉島文化センター大ホールを会場に行われた第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山本選勲章

 

前もって行われていた予選を通過出来ていた山本あきひこのぴあの教室のなかまたちも挑戦のステージに立ちました矢印

 

同コンクール本選に出場した山本あきひこのぴあの教室のなかまたちの中の最年少、小学1年生の生徒さんキラキラ

 

ピアノを始めてようやく1年になった彼女は、まだまだ進化が始まったばかり↑

 

予選、本選と演奏曲を変える規定がある同コンクールなので、予選から本選へは、彼女の進化に合わせてちょっぴり曲のレベルも上げた新曲で臨みましたブイサイン

 

「コンクールにでる!」って決めてから、それまでより練習を頑張れるようになって、本番直前はそれに加えてとても丁寧に自分の音を聴いて練習していることが伝わって来ていました。

 

そして本番っ日本

 

名古屋におられるおばあちゃんも応援に駆けつけて下さった彼女の結果は、、、

幸運にも本選合格証を頂くことが出来て、初挑戦で全国大会出場決定っやかんさん

 

彼女は春休みの東京へ、

行けることになりましたわーい♪

 

全国大会翌日には、東京で楽しい時間の計画も決まったそうで、、、ok

 

まだ小学1年生の彼女。

 

全国大会のステージはもちろん、それまでの時間、それからの時間、丸ごとぜ〜んぶ、彼女の未来にいい時間になってくれますようにラッキー

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

3910 第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山予選〜その3!

1月8日(日)に倉敷市にある玉島文化センター大ホールにて行われた第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山予選勲章

 

その挑戦のステージに立った山本あきひこのぴあの教室の仲間たちのご紹介のトリは、、、キラキラ

 

小学3年生の生徒さん矢印

 

彼女が山本あきひこのぴあの教室のなかまになってくれたのは、去年の9月のまだ暑かった日のことでした晴れ

 

それよりも少し前に体験レッスンに来てくれていたのですが、ご希望のお時間がいっぱいで、ご入会ご予約という形でしばらくお預かりさせて頂いてからのご入会でしたニコチャン

 

彼女ももうすでに大手音楽教室でピアノを習っていて、ピアノのコンクールに出てみたこともあり、、、。

 

そんな彼女にはひとつ年下の、彼女が幼稚園時代からのお友だちがいて、そのお友だちが山本あきひこのぴあの教室に通って来てくれていて、そのお友だちがご縁のきっかけです矢印

 

そのお友だちがコンクールで活躍し始めたことも刺激になって、思い切って山本あきひこのぴあの教室の仲間になってくれたのでしたにこにこ

 

大らかでのんびりしたお人好し感がひしひしと伝わって来る彼女は、それまで彼女が受けて来たレッスンのスタイルとの違いにちょっぴり戸惑いつつ、だんだん成長ちからこぶ

 

晴れて第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール挑戦になりましたok

 

そして臨んだ岡山予選。

 

僕は応援には行けませんでしたが、プログラムを見た限りでは、「おおっ!」っていうほどレベルが高く、、、!

 

でも、どうにか、

予選通過出来ましたキラキラ

 

子:「前受けたコンクールは、けっこうまちがえる子とか止まる子が多かったけど、今度のはみんなめちゃくちゃうまかったあせ

 

僕:「そうなんだ〜。次の本選に向けてまたがんばろうねにっこり

 

この冬の三瓶山への雪あそびにも来てくれるはずだった彼女でしたが、それは風邪を引いて次回のお楽しみに、、、雪

 

そんな彼女との初めての記念写真は、

こうなりましたねっ

 

彼女も今、まさにピアノ成長中っYES!

 

楽しくすくすく、未来の笑顔に向かって伸びていってくれますようにラッキー

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

3909 第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山予選〜その2!

先月1月8日(日)国旗

 

倉敷市にある玉島文化センター大ホールを会場に行われた、第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山予選勲章

 

昨日の先生の日記に続けて、その挑戦のステージに立った山本あきひこのぴあの教室の仲間たちのご紹介です矢印

 

 

小学3年生の生徒さんニコ!

 

彼女が山本あきひこのぴあの教室のなかまになってくれたのは去年の秋、10月のことでしたはれ

 

それまでもうピアノは習っていたのですが、まだコンクールなどの経験はなく、コツコツ普段の練習を頑張っていて、、、。

 

お母さんがたまたま山本あきひこのぴあの教室のホームページを見つけて下さって、ブログも読んで下さって、それで「娘に合うかも!」って考えて下さったんだそうです。

 

もちろん、それまでお世話になられていた先生とのご関係やお気持ちもあることなので、相当悩んで迷われたようなのですが、バレエで才能を開花させ始めた上のお子さんに少しコンプレックスを抱え気味な下のお子さんにも自信が持てる特技を身に付けさせたいと決心されて、、、ふきだし

 

昨秋にレッスンが始まった最初の頃、やはりすごく控えめな彼女でしたが、スポンジみたいに柔軟に、自然にどんどん吸収します矢印

 

お家での練習も楽しいらしく、階段5段飛ばしで進むようなイメージくらいでぐんぐん進化中になりました矢印

 

そして、彼女の人生初のコンクールとして出場した同コンクール予選。

かなり高得点で通過になりましたびっくりハート

 

予選エントリー時に提出した本選の曲が実はかなり後ろになったくらい、今はもう本選で演奏予定の次の次の次くらいの段階の曲に進んでいる彼女にっこり

 

彼女の通う小学校の山本あきひこのぴあの教室の仲間は彼女一人なのですが、先日の三瓶山への雪あそびにもためらうことなく「ぽんっ」と参加してくれて、早速新しいお友だちも出来て、ついでに僕ともたくさんおしゃべりできるようになって、、、ok

 

そんな彼女の「初めてのコンクール記念写真」は、

これっカメラ

 

雪あそびのイメージにしてみました雪

 

山本あきひこのぴあの教室を丸ごと楽しんでくれて、それが彼女の長い人生の中でちょこっとでも役に立ってプラスになって、彼女を最初に見てくださった先生のお気持ちも大切に引き継いで、一緒に彼女の未来の笑顔の時間を増やすことが出来たら嬉しいな;

 

そんな彼女の本選も2月25日(土)ですラッキー

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

3908 第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山予選!

もうひと月ほど前のことになるのですが、、、ライト

 

先月1月8日(日)、倉敷市にある玉島文化センター大ホールを会場に第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山予選が行われました勲章

 

自由曲一曲(組曲や作品集からは複数選択可)の一本勝負で行われる同コンクールは、会場の雰囲気もどこか穏やかで、自由曲のコンクールの中では比較的親しみやすいこともあって、それでいて、リアルに見上げるようなレベルも体感出来るので(全国トップクラスに入賞されるお子さんたちの演奏は中学生でショパンのバラードやリストのエチュードになります!)、山本あきひこのぴあの教室の生徒さんたちにもおすすめしているコンクールの一つですびっくりハート

 

その予選に、山本あきひこのぴあの教室からは同コンクール初挑戦の3人(小1、小3、小3)の仲間たちが出場しました矢印

 

トップバッターだったのは、、、指

 

小学1年生の女の子ハート

 

彼女はピアノを始めてようやく1年。

 

コンクール自体初めてで、「ステージで弾く」っていうことも、昨春の山本あきひこのぴあの教室の演奏発表会に続いて今回がまだ2度目。

 

どうなることやら、、、。

 

1月8日の当日は僕はレッスンがあったので、会場には行けませんでしたが、結果発表後にお母さんがご連絡を下さいましたやかんさん

 

(後日この日の岡山予選のプログラムを見せてもらったら、他の小学生の出場者の方たちのレベルが圧巻っ!本人、お母さん、共にびっくりされたんだそうです)

 

でも、幸い、

コンクールデビューで予選合格証を頂くことが出来ました日本

 

記念写真のSNOWにも、

興味深々、、、にっこり

 

同コンクールは、予選と本選で曲を変える規定があり、今、彼女も本選用の曲を頑張り中おっ

 

今までよりももっと、「がんばることってたのしいな!」とか感じてくれるようになって、そのことで、彼女の未来がよりプラス側に進むようになったら嬉しいなわーい♪

 

彼女の次の本番は2月25日(土)グッド

 

笑顔の一日を目指してのびのびがんばれますようにラッキー

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

3901 第10回ベーテン音楽コンクールから〜皆勤賞の中学生!

年末年始に東京で行われた第10回ベーテン音楽コンクール全国大会ライト

 

その挑戦のステージに立たせて頂ける幸運を掴んだヤマモトあきひこのぴあの教室の仲間たちのご紹介、ラストは、、、大吉

 

ピアノソロ部門自由曲コースとバロックコースにダブル出場を果たした中学一年生の生徒さんピース

 

昨年度、小学6年生の時にもダブル出場を果たし、そのバロックコースで上位入賞してメダルを頂いた彼女py

 

今年度も両方にエントリーして、予選、本選ではギリギリだったりでちょっと危なかった時もありましたが、今年度も自由曲コース、バロックコース、両方で全国大会に進むことが出来ましたおんぷ

 

中学生の部に上がった今年度、先に12月に行われたバロックコースで去年に続けてメダルを頂くことが出来ましたっ勲章

 

そして、その勢いのままにお正月を挟んで年始に行われた自由曲コースに向けては、、、

 

彼女は自分の家族のことや友だちのことが大好きびっくりハート

 

年末年始、ちゃんと家族との時間を大切にし(これは素晴らしいことだと思います)、急遽、年始に行われることになった彼女が所属する吹奏楽部の演奏会にも、その練習にも参加、自分のお姉ちゃんが所属する高校のオーケストラ部の演奏会(東京でした!)にも駆けつけ、塾やトランペットのレッスンにも通い、学校の宿題もきちんと提出、もちろんピアノのレッスンも追加レッスンも合わせて平均で週3回以上来てくれて頑張っていました矢印

 

、、、彼女は一体いつ休んでいるんだろうっゆう★

 

ただ、

 

僕:「めっちゃ頑張ってるけど、バロックでメダルもらえて、ちょこっと『今回はこれでいいか〜』ってなってない?」

 

子:「ちょっとなハート

 

っていう、ホッとした感も持ちながらの自由曲コースの準備でもあり、、、patipati

 

自由曲コースの方は、

僕:「東京楽しかったな〜ねっ

 

子:「うんにこ

 

になりましたおんぷ

 

 

でもでもっわぁお

 

 

初めて出会った時の彼女はまだ保育園児でしたが、それ以来、中学1年生になった今まで、発表会、山の学校、雪あそび、春の遠足などなど、山本あきひこのぴあの教室の行事、皆勤賞っ;

 

、、、小学1年生の時の山の学校では、夜、コソっと、自分の部屋を抜け出して僕の布団に入ってきたこともありましたアハ

 

、、、雪あそびの時には僕におんぶをせがんでそのまま背中で寝ていた、のはいいけれど、目が覚めてからもそのまま寝たふりをして30分以上、僕の背中に乗っていたこともありましたアハ

 

そんな彼女は今、山の学校や雪あそびではちびっ子たちのお世話に奔走してくれて、僕の代わりにちびっ子たちをまとめてくれて、僕のことをとても助けてくれるようになりましたひらめき

 

、、、大きくなったんだなあcry

 

 

お笑い系の彼女との記念写真は、

これだったり、

 

また、

これだったり、

 

もうひとつは、

こうなりました(笑)

 

人が大好きな彼女の未来は、彼女も周りも笑顔いっぱいなような気がしますラッキー

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

3900 第10回ベーテン音楽コンクール全国大会から〜中学一年生テニス部!

年末年始、東京で行われた第10回ベーテン音楽コンクール全国大会勲章

 

その挑戦のステージに立った山本あきひこのぴあの教室の仲間たちニコ!

 

小学生たちのご紹介に続けて、中学生たちのご紹介ですOK

 

 

彼女は中学一年生py

 

日焼けを厭わない(いとわない)テニス部くま

 

元々、そんなに運動が得意でも好きでもなかったっぽい、しかも色白だった彼女が中学校に進学後に選んだ部活がテニス部だったという事に驚きつつ、でも部活の仲間たちと楽しく学校生活を送っているお話をチラチラ聞かせてくれる様子からは「よかったな〜いちご」って安心も出来て、、、おんぷ

 

彼女は今、難関中高一貫校に通っていて、ピアノはずっと続けてはいましたが、小学6年生だった一年間はその受験のためにコンクール挑戦からは遠ざかっていましたライト

 

中学生の部に上がった今年度、小学5年生の時以来の挑戦になったベーテン音楽コンクールピアノソロ部門自由曲コースキラキラ

 

ベーテン音楽コンクールピアノソロ部門自由曲コースは中学生の部ではショパンのバラードやスケルツォも全国大会上位に入るお子さんたちの定番のひとつになり、中にはリストのメフィストワルツを弾かれるようなお子さんもいて、、、ふきだし

 

その中に、一年間コンクールを休んでいて、しかも運動部の彼女が割って入ることが出来るのかふきだし

 

でも、割っては入れたらすごいなっびっくりハート

 

結果は、予選は通過最低点ギリギリだったものの、本選は少し余裕を持って通過出来て、全国大会に出場することが出来ました矢印

 

全国大会に向けては、今の結果よりも敢えて成長を取って、全くの新曲で臨み、、、

 

、、、ましたが、練習が間に合わず、本番前日も東京でスタジオを借りて練習し、本番当日朝、ようやく暗譜できて、それでステージへ矢印

 

なので、

もちろんメダルには大いに届きませんでしたが、

 

僕:「逃げたいとか無かったの?」

 

子:「全然にこにこ

 

と言ってのけられる強心臓の彼女ok

 

コンクール後、中学校に入ってから少し(っていうか、かなり)少なくなっていた練習量も、少し増えた様子で、またピアノに前向きになってくれていますにっこり

 

そんな彼女は「かわいくないの」が好きなので、

こんな、

 

感じの、

記念写真になりましたキラキラ

 

初めて出会ったとき、まだ幼稚園だったのに、大きくなったなぁニコニコ

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |
profilephoto
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS