先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

4703 みんなで頂いた第35回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会優秀指導者賞!

先日、僕当てに小包がひとつ、届きました。

一般社団法人東京国際芸術協会からでした。

 

開けてみると、

お手紙が添えられた箱と筒が、、、。

 

中身は、

東京国際芸術協会が主催された、第35回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールの、その全国大会における優秀指導者賞でした!

 

(送付忘れがあったとのことで、第33回における同賞も一緒に送って下さいました!)

 

第35回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会における優秀指導者賞該当者は、日本全国から35名。

 

ピアノ部門、弦楽器部門、フルート部門、木管楽器部門、金管楽器部門、声楽部門、作曲部門の全ての部門合わせて日本全国から35名です。

 

嬉しいっ!

 

頑張ってくれた生徒さんたちがいて、レッスンや練習を支えて下さったご家族の皆様のお力やご理解ご協力があって、山の学校や雪あそびや社会科見学など、みんな一緒に仲良しで遊ぶ山本あきひこのぴあの教室のみんながいてくれて。

 

たくさんの力が集まって初めて頂くことが出来た、「チーム・山本あきひこのぴあの教室」のみんなが頂いたこの賞!

 

これからも、頂いたこの賞に恥じないように!

 

またみんなで一緒にがんばります(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4686 第36回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会〜小学生中学年の部!

一昨日3月23日(土)、第36回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール小学生中学年(3・4年生)の部の全国大会が行われました。

 

会場は、あの「こち亀」の町、亀有のJR亀有駅前にある亀有リリアホールでした。

 

山本あきひこのぴあの教室からは、前もって行われていた予選、本選を通過出来ていた二人の小学4年生が出場!

 

僕も一緒に応援に行って来ました!

 

二人ともお昼過ぎの出番だったので、早朝JR山陽本線庭瀬駅を5時39分発の登り一番電車で出発しました。

 

岡山駅からは朝6時ちょうど発の東京行きのぞみのこれまた1番列車に乗って、

道中居眠りをしたり笑ったり、、、。

 

お天気が曇りで富士山は裾だけ見えました。

 

やがて定刻通りの9時23分、東京駅着。

 

そこから京浜東北線に乗り換えて、都内にあるピアノ練習スタジオを目指します。

 

この日の東京は、みぞれが降っていました!

 

スタジオの時間までちょっと余裕があったのと、みんな朝早くて、もうお腹が空いたので東京名物立ち食いソバ(と言っても座って食べられます)で冷えた体も温めて、、、。

 

1時間ほど練習した後、電車を乗り継いで会場を目指しました。

 

会場に着いてプログラムを見てびっくりっ!

 

中学生の部でも不思議ではない曲を弾く演奏者が連なっていて、これはすごい!

 

今まで実際に聴いたことがあるコンクールの小学3・4年生の部としては、過去最難かも!

 

そんな中に混ざった、山本あきひこのぴあの教室の二人でしたが、本番が終わると演奏前の緊張から解放されて、

ちょっとずつ、

いつもの笑顔が戻って来て、

亀有駅前を、

見下ろしながら、

記念撮影に、

なりました。

 

夜になった結果発表は、二人とも仲良く「またがんばろう!」になりました(^O^)/

 

結果発表後、二人のお母さんと一緒に二人が楽しみにしてくれていた打ち上げへ(笑)

 

、、、行く前に、

亀有駅前のこち亀像と一緒に、

記念撮影を、、、。

 

亀有駅前からはバスに乗って小岩駅前へ移動して、

JR総武線小岩駅北口前にあるもんじゃ屋さん「もんじゃは別腹」さんで、

打ち上げの、

もんじゃ焼き大会っ!

 

もんじゃ焼きのあと、みんなそれぞれ錦糸町駅、東京駅、僕は大井町駅と、それぞれのお宿がある駅で降りて解散になりました。

 

この一日も、彼女たちの素敵な未来の一部分!

 

またがんばろうっ(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4685 東京の朝!

IMG_9730.jpg
昨日、東京・亀有にある亀有リリアホールを会場に、第36回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会・小学生中学年の部(3・4年生)が行われました。

山本あきひこのぴあの教室からも、幸運にも予選、本選を通過出来ていた二人の仲間たちが出場っ!

、、、ではあったのですが、僕が聴いたことがある全てのコンクールの小学3・4年生の部の中で、多分、ぶっちぎりのハイレベルっ!

「世界びっくり大賞」的なお子さんたちが次々と登場しました!

、、、うちの子たちよくこのハイレベルに混ざれた!

、、、これもピアノでも、人としてでも、どちらにとっても嬉しい経験の一つだ!

と感じました。

詳細はまた後日、ご紹介させて頂きます。

今回は、去年11月以来の東京で、その時も含めて日帰りが多かったので、今日は久し振りの東京の朝になりました。

今日はコンクールとは別の予定があります。

それも楽しみです(^o^)
| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4672 第12回ベーテン音楽コンクール全国大会受賞者記念演奏会!

昨日3月10日(日)。

 

昨年行われた第12回ベーテン音楽コンクールにおける全国大会第5位以上の入賞者による受賞者記念演奏会が行われました。

 

会場は、

広島市内中心部、原爆ドームにすぐの場所にある広島県民文化センターホールです。

 

山本あきひこのぴあの教室からも3人の仲間たちが出演っ!

 

、、、僕もその一人として弾いて来ました。

 

せっかくなので、43人の出演者の演奏方々を出来るだけたくさん聴こうと思って、岡山駅を朝9時17分発の広島止め新幹線ひかり号で出発っ!

 

、、、それまで一週間の平均す民時間が僕にとっては短かったことと、さらに本番前日、3時間半睡眠だったので、安心の広島止めで睡眠時間確保っ!

 

車内は空いていて、目をつぶった瞬間に広島駅到着のアナウンスがかかりました(笑)

 

いつもの通り、広島駅の立ち食いうどんを食べてから市内電車で会場へ。

 

調律に来ておられた広島・浜松ピアノ社の社長さんとちょこっとごあいさつしてから、プログラム1番から無事聞く事が出来ました。

 

昨日は偶然、プログラム20番、30番、40番が山本あきひこのぴあの教室の仲間たち!

 

途中、ピアノソロ以外にも連弾、バイオリン、声楽などもある楽しいコンサートは順調に進み、やがて僕の出番に。

 

弾き始めて、、、。

 

「臭っ!」

 

香水の中でも一番大嫌いな臭いが、演奏中に鍵盤から立ち上って来ます!

 

「うおおお〜!くさいぃぃぃ〜、、、」

 

と思った瞬間、間違えて、、、(^O^)/

 

、、、はありましたが、何とかステージを務めることが出来ました。

 

、、、後で、その臭いの原因は、本番前に手を洗った時の会場トイレ備え付けのハンドソープだと発覚しました(>_<)

 

 

最後の43番の方の演奏後、山本あきひこのぴあの教室の仲間みんなでお好み焼きで打ち上げへ!

 

メンバーは、

僕と、出演した小学4年生とそのお母さん、ご自身が出演されたお母さんとそのお母さんのもうすぐ別のコンクールの全国大会を控える小学4年生の娘の5人!

 

、、、ややこしや、、、。

 

楽しくお好み焼きを食べた後は、

お店の方が、

店:「撮りましょうか〜?」

 

僕:「ありがとうございます〜!」

で、何枚か撮って下さって、

 

子どもたちが、

 

子:「せんせ〜、いつもな感じのも撮ろうやぁ」

 

僕:「おっ、ええなあ」

 

で、

ここから、

こうなって、

こんな写真になりました。

 

 

この二人、お昼休みの休憩中には、

会場近くの原爆ドームにも行ったんだそうです。

 

昨日はそんな一日でした(^^)v

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4671 お慶びごと!

今日3月10日(日)。

 

今年度行われた第12回ベーテン音楽コンクールの全国大会受賞者記念演奏会が行われます。

 

山本あきひこのぴあの教室からも、幸運にもピアノソロ部門自由曲コースで全国大会第5位以上に入賞することが出来た三人の仲間たちが出演します!

 

これは、

前回、昨春の受賞者記念演奏会の休憩中の一コマ。

 

今日も素敵な一日になりますように(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4666 第12回ベーテン音楽コンクール受賞者記念演奏会のお知らせ!

昨年(今年度)行われた、第12回ベーテン音楽コンクール。

 

自由曲コースは完全に自由曲制、バロックコースは指定のバロック作品の中からの選曲を一曲含む規定はありますがその選曲も含めてやはり自由曲制、そして課題曲を演奏する課題曲コースがある同コンクール。

 

山本あきひこのぴあの教室からは、共にピアノソロ部門の自由曲コースとバロックコースに18人の仲間たちが挑戦してくれました。

 

予選で1人、本選3人、今回は惜しかった生徒さんもいましたが、14人の仲間たちが全国大会のステージに立つことが出来ました。

 

今回は惜しかった子たちも次回以降のリベンジに燃えています!

 

そんな仲間たちを見て、「私も挑戦してみたい!」って、初挑戦宣言をしてくれている生徒さんたちも新たに11人っ!

 

今年の第13回ベーテン音楽コンクールは、もしかしたら30人での挑戦になるかも知れません。

 

もちろん!

 

コンクール挑戦はしないけれど、自分の人生を楽しく盛り上げるアイテムの一つとしてピアノをマイペースで楽しんでくれている素敵な仲間たちも、山本あきひこのぴあの教室にはたくさんいます!

 

全国大会経験者のほとんど全員が、山本あきひこのぴあの教室に来てくれてから初めて全国大会出場を果たした、頑張りたいみんなにチャンスがある超雑草集団が山本あきひこのぴあの教室かも知れません。

 

、、、僕もそんな一人です。

 

なので、もちろん「ピアノ=人生!」っていう生き方もとても尊いものだと思いますし、でも、うちの生徒さんたちには「人生>ピアノ」っていうスタンスで接していて、ピアノがあることでその子の人生がより楽しくなったり、笑顔が多くなったり、より周りの人たちと幸せな関係を築いて行けたり、より周りの人たちを幸せにできる人になれたり、、、。

 

山本あきひこのぴあの教室のレッスンも、一人ひとりのお子さんたちにとって、人生をより彩り豊かなものへと創ってくれるアイテムのひとつになったら嬉しいなあと願いながらレッスンしています。

 

、、、話が横道に、、、m(_ _)m

 

 

昨年の第12回ベーテン音楽コンクールで、自由曲コースとバロックコースは全国大会で第5位以上に入賞することが出来た出場者、課題曲コースは最終の地区大会金賞及び銀賞受賞者の方々がそれぞれ出演することが出来る、

受賞者記念演奏会のご案内が届きました!

 

山本あきひこのぴあの教室からもピアノソロ部門自由曲コースの全国大会でそれぞれの学年の部で第4位、もう一人同じく第4位、そして第5位に入賞することが出来た3人の仲間たちが出演します。

 

もちろん他にたくさんの素晴らしい受賞者の方々がご出演されます。

 

もしお時間よろしければ、春、若きピアニストたちのコンサートを聴きに、会場まで足をお運び下さい。

 

素敵な春の一日になりますように(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4652 第36回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山本選〜急遽挑戦の中学1年生吹奏楽部!

先日レッスンに来てくれた中学1年生の生徒さん。

 

小学3年生の時からずっと、車で片道30分以上かけてレッスンに通って来てくれています。

 

送り迎えをして下さっている、彼女のご両親に感謝です!m(_ _)m

 

山本あきひこのぴあの教室の仲間になってくれてから本格的にコンクール挑戦を始めた彼女。

 

あるコンクールの岡山大会で、出場数十名の中から第1位の金賞に輝いたこともありました。

 

元々とっても無邪気で天真爛漫なタイプだった彼女。

 

 

そんな彼女も昨春、中学生になりました。

 

吹奏楽部に入り、新しい友だちも出来、世界も広がり、、、。

 

それまでは小柄だったので「チビッ子ネタ」を本人も楽しんでいた様子でしたが、背も150cmを超えて伸び始め、、、。

 

そしてやって来た人生の季節。

 

反抗期。

 

訳もなく眠たい期。

 

人の話はすぐに忘れる期。

 

、、、笑!

 

レッスンでの注文も、それまでの、まるでスポンジに水を垂らしたような吸収力から、真夏の河原の大きな石に水をかけたように表面は一瞬濡れるけどサッと乾いて跡形無し!に。

 

清々しいまでの、美しく完ぺきな無吸収状態っ!

 

子:「うちもなんとかしたいんよ。でも、頭に入って来んのよ。あはは〜(笑)」

 

僕:「そんな時はもうそのまんま弾こう!(笑)」

 

子:「うん。そうしてみる」

 

で臨んだ、昨年末のベーテン音楽コンクール全国大会。

 

本人納得とは程遠い、理想とかけ離れたステージになったみたいでした。

 

 

そのベーテン音楽コンクール全国大会の直後、彼女から連絡がありました。

 

子:「全日本ジュニア出てみたいんじゃけどどう思う?」

 

僕:「いいと思うよ!行っちゃえ行っちゃえ(笑)」

 

子:「ありがと。分かった(笑)」

 

ただ、そのタイミングだと岡山予選はもう既にお申し込み締め切りを過ぎていたので、香川予選でのエントリーになりました。

 

そこからなんとか頑張って、暗譜をし、香川予選は何とか通過!

 

香川予選の約10日後が岡山本選でした。

 

全日本ジュニアクラシック音楽コンクールは自由曲制ですが、予選と本選では曲を変更する規定があります。

 

岡山本選はベーテン音楽コンクール全国大会で弾いた曲。

 

ですが、ガタガタ(笑)

 

でもっ!

 

そこから彼女に奇跡がっ!

 

僕:「なんか、めっちゃスラスラ直るやん」

 

子:「ほんまじゃ。なんでかわからんけど(笑)」

 

そして臨んだ岡山本選。

 

蓋を開けてみると、この日の中学生、高校生、大学生の部はそのまま全国大会になりそうなハイレベルっ!

 

でもでもっ!

 

この日の彼女はそんなハイレベルに混ざってもそん色なく弾けていて、、、。

 

結果、

銅賞!

 

春休み、彼女も東京へ行けることになりました!

 

 

そして、

 

子:「せんせ〜、今日は勉強教えて」

 

僕:「ほぉ〜、かかってきなさい(笑)」

 

で、

数学を、、、。

 

山本あきひこのぴあの教室の仲間の、彼女と同じ中学1年生の別の子が勉強で低迷しかけたのですが、数学を一緒に頑張っていたら、夏休み前は平均点以下だった数学が、前回の自己診断テストで学年上位にまで上がっています。

 

その子は、うっかりが無ければ今回は98点分解けていました!

 

ということは、、、。

 

彼女だって大丈夫っ!

 

ピアノを弾くときだって、音楽以外の色んな知識や知恵、考え方を持っている方がより深く理解して演奏できるかも知れません。

 

もともととっても理解が速く、優しい性格の彼女。

 

ピアノも勉強も遊びも!

 

どんなバランスにするかは人それぞれとして、人生バランスも大切な気がします。

 

勉強もやる気になってくれている彼女。

 

彼女の未来にも笑顔多かれっ(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4651 第36回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山本選〜小学4年生3度目の挑戦っ!

先週2月11日(月・祝)、倉敷市にある玉島文化センターだおホールを会場に行われた第36回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山本選。

 

全国各地で行われた予選に続けて行われる本選の一つで、全国大会出場がかかったステージです。

 

その挑戦のステージに立つことが出来た山本あきひこのぴあの教室の仲間たちの中の一人、小学4年生の生徒さん。

 

彼女との出会いは、彼女がまだ2才の頃まで遡るのですが、その後の紆余曲折を経て、5才からピアノを始めてくれた彼女。

 

、、、でしたが。

 

究極のめんどくさがり屋さんでネガティブ、上昇志向というよりはまだ5才の時点でその5才での人生の到達点からの滑空を望んでいるタイプでした。

 

僕:「そんなところから滑空したら、ちょろっと飛ぶ前におわりじゃぁぁ〜い!」

 

っていうことを、5才だった当時の彼女にも理解できる言葉に変換して伝えても、

 

子:「べつにいいもん」

 

でした(^O^)

 

 

でもっ!

 

彼女は小学校に上がって段々と変身。

 

元々国語能力が高く本が好きで、小学校の休み時間には一人で本を読んでいたんだそうですが、やがて休み時間には外へ飛び出すようになり、嫌がっていたうちの山の学校や雪あそびにも参加してくれるようになり、段々と積極的で「がんばろう」っていう気持ちも持てるように変わって来たみたいなんです。

 

そしてピアノの上達も始まって、、、。

 

コンクールにも挑戦出来そうなところまで来てくれました。

 

そして挑戦した全日本ジュニアクラシック音楽コンクール。

 

初挑戦は鮮やかに落選っ!

 

しかしっ!

 

二度目の挑戦になった昨年春の第34回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールで、見事、全国大会出場の夢をかなえ、、、。

 

その勢いで臨んだ昨年の第12回ベーテン音楽コンクールでは予選は通過出来たものの、もう一息がんばり切れず本選で落選っ!

 

しかししかしっ!

 

規定で予選免除での挑戦になった今回、第36回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールには自分から「出る!」と!

 

迎えた本番、緊張からか寒さからか、前半はちょっぴり指が滑った彼女。

 

後半何とか持ち直して弾き切りました。

 

結果、

彼女、自身2度目の全国大会出場決定っ!

 

彼女もまた春の社会科見学の旅にも参加してくれることになっています。

 

東京へ、高知へ、充実の春!

 

今までは自信なさげにちっちゃく見えたステージ上での彼女が、今回の岡山本選、それまでよりはちょっぴり大きく見えました。

 

ピアノの上達そのものももちろんなのですが、ピアノでの経験も通して、彼女がより自分に自信を持てるようになって、より魅力的な雰囲気を持てるようになって、その結果例えばお友だちにもより優しく接することが出来るようになって、、、。

 

より素敵なお姉さんへと成長して行ってくれたら嬉しいなといます。

 

彼女の未来にも幸多かれっ(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4648 第36回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山本選〜初挑戦の小学4年生!

先日2月11日(月・祝)、倉敷市にある玉島文化センター大ホールを会場に行われた第36回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山本選。

 

前もって行われていた予選通過をされていた参加者と、コンクール規定による予選免除の参加者たちが出場されました。

 

山本あきひこのぴあの教室からも何人かのなかまたちが挑戦のステージに立ちました。

 

 

その一人、小学4年生の生徒さん。

 

去年の6月から山本あきひこのぴあの教室の仲間になってくれた彼女。

 

もう既に幼いころからピアノ経験はあった彼女でしたが、彼女と同じ小学校に通う山本あきひこのぴあの教室の仲間たちがとっても楽しそうにレッスンを続けている様子を見て、思い切って山本あきひこのぴあの教室の仲間になってくれたのでした。

 

僕の役目はそれまで育てて下さった先生のお気持ちも大切にしながら、またそれまでに教えて頂いていたことを僕なりにですが何とか活かせるようにうまく引き継いで、子どもさん本人には山本あきひこのぴあの教室のレッスンを楽しんでもらうこと!

 

彼女は早速夏の山の学校にも参加してくれて、他の小学校に通う仲間たちとも友だちになってくれて、挑戦したベーテン音楽コンクールでは初めてピアノソロ部門自由曲コースの全国大会出場も果たしました。

 

そして!

 

子:「うちも出てみる!」

 

僕:「ベーテンの全国大会のすぐあとが予選で大変やけど、がんばってみよう!」

 

で、第36回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールに初めて出場することになった彼女。

 

予選用に古典のソナタを一曲用意して予選に出場!

 

本人思っていなかった高得点を頂いて予選通過になりました!

 

その予選から1ヵ月。

 

同コンクールは自由曲制ではありますが、予選と本選は別曲を演奏する規定があります。

 

本選用の曲を練習し直し、そして臨んだ本選でした。

 

同コンクール初挑戦だった彼女、

全国大会出場決定っ!

 

ステージ上でのお辞儀などの立ち居振る舞いも、曲の練習と同時進行で練習中の彼女ですが、ステージ上でのお辞儀も様になって来ました。

 

馬路村への春の社会科見学にもお申込みしてくれている彼女。

 

春の社会科見学の旅の数日前が、東京での全国大会です!

 

子:「うちなぁ、東京初めてなんよ」

 

僕:「それはうれしいじゃん(笑)」

 

子:「そうなんよ。行ってみたいとこ色々あるけど、それがどこかわからん(笑)」

 

僕:「わからんよなあ(笑)。でも楽しみじゃなあ!」

 

子:「うん!」

 

お母さんのお仕事のご都合もあり、初めての東京は日帰りらしい彼女。

 

彼女にも東京への楽しい旅の時間が待っていてくれますように(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4636 第35回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会第5位〜中学3年生バスケ部!

昨年夏のことになるのですが、、、。

 

東京で行われた第35回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会。

 

日本中から、その予選、本選を勝ち抜いたお子さんたちが集うそのステージ。

 

自由曲制で行われる同コンクールは、予選では多少ばらつきがあるものの、全国大会ともなると、中学生の部でショパンのバラードやスケルツォ、エチュード、リストやラフマニノフのエチュードなどが続々と登場することになります。

 

そのステージで、山本あきひこのぴあの教室の生徒さんが幸運にも全国大会第5位に選んで頂く事が出来ました!

 

今、中学3年生の彼女。

 

受験生でもある彼女は、受験直前ということもあって、昨年末12月に行われた同コンクール受賞者記念演奏会は辞退しました。

 

本当ならば、その受賞者記念演奏会で行われる表彰式で授与されるはずだったトロフィーが先日、彼女のもとに届きました!

 

嬉しい彼女っ!

 

、、、は、

嬉しさのあまり、トロフィーを入れる箱を粉砕っ!

 

ではあったのですが、

こちらも勢いで捨てちゃったクッション材の代わりに古新聞を入れて、それでも、レッスンの時にわざわざ持って来てくれて、

僕にも見せてくれました!

 

小学生の時のピアノ大活躍からから一転、様々な葛藤、経験、紆余曲折を乗り越えて、

見事、復活以上に成長した彼女のピアノは、同じく大きく成長した彼女の心そのもの!

 

ちゃんと表彰状も、

子:「この入れ物、結構嬉しいんよ(笑)」

 

僕:「その喜びポイントもありよな(笑)」

 

勉強でも学年トップクラスを誇る彼女は、先日、連続二日間の日程で行われた私立高校入試の一日目と二日目の間だったレッスンの日にも休まず登場っ!

 

たくさんしゃべって気分転換して帰ってくれました。

 

彼女は、彼女たち自身の中学校の卒業式の伴奏にも決まっています。

 

彼女の人生の一部分として復活してくれたピアノ。

 

彼女の人生の未来の時間も、ピアノを通して応援して行けたら嬉しいなと思います。

 

彼女にも笑顔いっぱいの未来が待っていてくれますように(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |
profilephoto
友だち追加
山本あきひこのぴあの教室公式LINE@はじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS