先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2522 新しい楽器に挑戦〜サックス編!

一昨日の日曜日、この春中学校に入学されて吹奏楽部に入部、担当が希望通りのアルトサックスに決まった生徒さんの「マイ楽器選定旅」に、生徒さんと一緒に東京へ行って来ました

「ついでに、僕も用事を済ませ、、、」の、用事ですが、、、

これを持って帰って来ました

オリジナルがこんなケースに収められていて、背負って持って帰ってきたのは、

背負い紐(?)は、こんな風に、

きれいに収納することが出来て、

表はこうなっています。

中身は、

これっ

実は、去年の春、思い立ってお買い得品のクラリネットを購入

ピアノの合間の気分転換に「ぽぉ〜」と吹いていたのですが、、、

気が付いたことがいくつかありました

プラスは、、、

1.自分の息がそのまま音になるって、想像以上に楽しい

2.呼吸や、間の取り方、新しい発見がいっぱい

3.ピアノ以外の音が、耳にとっても新鮮だ

などなど


ただ、

4.クラリネットは運指が複雑で、たまに吹くだけだと、運指表との戦いが続く

5.音を鳴らすのに、たまに吹くだけだとほっぺたの力が大変だ

6.天然木なので、水分等の管理があり、ものすごい汗っかきの僕は気を遣う、、、。

7.お買い得品のエントリーモデルを買ってみたら、音の深さがもう一息だった

などなどの発見もあり、、、

一部の生徒さんからの、「先生のイメージはクラリネットも悪くないんじゃけど、もっと、こう、金色ピカピカのサックスとか、トランペットで、金色とかオレンジなんよ」、っていうお声もあり、、、

あと、

8.今、新高校一年生の生徒さんが中学3年間アルトサックスを続け、そのお話を聞いたり演奏を聴くと、おもしろそうだ


それで、新しく中学1年生の生徒さんがサックスを買われるタイミングで、クラリネットを下取りにして思い切って僕もサックスにチェンジすることにしたのでした

選んだのは、永江楽器さんに出ていた「セルマー・SA80・シリーズ供Εールブラッシュド・ゴールドラッカー」という、艶消しゴールドのサックス

僕にとっては、値段はちょっと高かったのですが、音色の深さや艶、輝き、楽器としての見た目の美しさ、自分自身の感性にきっと大きなプラスになってくれると思えたものを選びました


生徒さんには、お店に一つだけ残っていた折り畳み携帯に便利な軽量イエローのサックススタンドが付きましたが、僕のは黒く重たいスタジオ用のサックススタンドをサービスでつけて下さいました

でも、信頼のメードイン・ドイツ(楽器スタンド専門メーカーです)

溝に出っ張りを合わせて、

固定。

マウスピースは、

付属のものを、初心者にも吹きやすく定番のものに交換して下さって、

これです

そして、

渋い艶消しゴールドの彫刻無しモデルの、この素っ気ない輝きが素敵っ

吹いてみると、パッとはクラリネットよりかなり楽に遊べます

クラリネットもサックスも、きっと極めれば同じで奥が深いんだと思うのですが、クラリネットは「間口が狭く奥が深い」、サックスは「間口も広く、奥も深い」そんな第一印象になりました

いつか生徒さんたちの前でお披露目出来たらなあと、夢がひとつ広がりました

| やまもとせんせい | サックス! | comments(0) | - |

2521 サックス選定の旅〜東京編!

昨日の午前中は遠方から来て下さっている生徒さんのレッスン日でした

姫路の子も、成羽町の子もみんな元気にレッスンに来てくれて、、、

そして、午後、、、

東京へ日帰りで行って来ました


この春中学生になられた生徒さんの中に、吹奏楽部でサックスに決まったお子さんがいて、部活から「マイ楽器を、出来たらちょっと上等のものを購入して下さい」というお願いが出たそうで、、、

色々な相談を経て、東京の楽器屋さん「永江楽器」さんへ、実際に行ってみられることになりました

ただし、

1.吹奏楽コンクールが近いので、一日でも早く楽器が必要

2.生徒さんのお父さんは田植で、出たくても出られない

3.お母さんは下にまだ小さい弟がいて、連れても単独でも遠出は難しい

山本の出番だっ


僕もたまたま永江楽器さんへの用事があったので、それを一緒に済ませることにして、

12時49分発ののぞみ124号で、

中学1年生の生徒さんを僕がお預かりして、いっしょに上京しました


、、、以後、写真を撮り忘れ、、、


永江楽器さんは、東京の下町・高円寺の駅から程なくのところにありました。

僕のクラリネットや、姪っ子のサックスをお世話して頂いたことがありましたが、実際に尋ねるのは初めてで、店内は静かなブティックのようでもあり、なんとも飾らないけれどきちんと整理されて落ち着いた雰囲気のお店でした。

店員さんが、ものすごく優しく、しかも親切です

試奏用の防音ルームで生徒さんが、メーカー名やモデル名は知らされずに試奏し、全く迷うことなく一瞬で気に入った相性バッチリの個体と出会うことが出来、、、

本人の希望だった、ピンク色のかわいいサックスケースも在庫があって、その他諸々、必要なものが全部揃い、かなり上等の純正サックスケースは後日無料で送って下さることにもなり、、、


気が付くと、帰りの予約していた新幹線の出発時刻に、まだお店にいるっていうことに、、、


でも、本人も大満足の嬉しいお買い物が出来て、僕の用事も済み、日が暮れて赤ちょうちんが揺れる高円寺のガード下を、新しいしいサックスが入ったピンクのサックスケースを背負った笑顔笑顔の生徒さんと一緒に高円寺駅まで歩き、総武線各駅停車から、新宿で中央本線快速に乗り換えて東京駅に出て、

東京駅発岡山行き最終1本前の、20時10分発の岡山行きのぞみの自由席の一番端っこ、1号車に座席を2人分確保することが出来ました

座席に座ってから出発までまだ10分ほど時間があったので、生徒さんには座席に残って荷物を見ておいてもらって、僕はホームを走り、7号車付近にあるホーム売店で2人分の晩ごはんとジュースを買って、また1号車に戻り、、、

「せんせい、めっちゃあついねん

にはなりましたが、満席で、デッキまで人が溢れた日曜日の夜下りのぞみは、生徒さんのご両親が待たれる岡山へ向けて快走し、

深夜23時35分、岡山駅に到着し、お迎えのお母さんに笑顔の生徒さんを無事お返しすることが出来ました

永江楽器の皆様、格別に良くして下さって、本当にありがとうございました

今日の部活からの生徒さんのマイ楽器デビュー

素敵な未来へ繋がるはじめの一日が、やっぱり素敵な一日でありますように

| やまもとせんせい | サックス! | comments(0) | - |
profilephoto
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS