先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

3952 春の五年生うどん遠足〜こんぴらさんの石段と巨大釜揚げうどんに挑戦!

昨日の先生の日記の続きですライト

 

 

無事、手打ちさぬきうどん作りに成功したみんなは、

そのまま元気にこんぴらさん(金刀比羅宮)の石段を登り始めましたびっくり

 

その足の速いことっ走る

 

あっという間に、

御本宮に、

到着わぁお

 

ここまで785段っ笑

 

しかしっ!

 

今回はこの更に先にある奥社を目指します。

 

麓から奥社までは1,368段っ;

 

残りが約600段っわぁお

 

御本宮までは元気だったみんなにも、さすがにちょっと疲れが見えましたが、麓から約1時間、

金刀比羅宮奥社まで登りましたっ走る

 

みんなで、

順番に、

お参りして、、、

 

下り石段のみんな速いことっ走る

 

みんな、まるでおにぎりがコロコ転がっていくように石段を下りていきますおむすびコロリ

 

下りは40分ほどで麓まで下りて、参道脇のお土産屋さんで、

栄養補給を、、、アイス ミントとイチゴ

 

そして、水分も補給してから車に乗って、次は、弘法大師生誕の地、善通寺へと向かいました。

 

善通寺には、ご本堂の地下の真っ暗闇を歩く「戒壇巡り」という体験があり、これはその地下に作られた戒壇を巡ることで色々なことを感じられる貴重な場所です。

 

まずはご本道にお参りしてから戒壇巡りに行きました。

 

みんなには、この真っ暗闇体験は想像以上にドキドキして楽しかったみたいでした。

 

階段巡りを終えてから、

みんな順番に鐘を突き、、、

 

そんな、

善通寺をあとにして向かったのは、、、。

 

この春の遠足のラスト、

巨大釜揚げうどんに挑戦だ!の釜揚げうどんの名店、長田in香の香さん。

 

僕も合わせとりあえずみんなで、

頼んだ、

釜揚げうどん9人前(9玉)。

 

、、、は、あっという間に完食っ手

 

みんなは「もうおなかいっぱい!」って言ったので、僕用にと3玉をおかわりで注文し、それが到着すると、、、。

 

僕の釜揚げうどんに向かって伸びる、みんなの腕っゆう★

 

おかわりの3玉もすぐになくなり、、、

 

さすがにみんな「もう〜無理!これ以上はいらんわ」ってなって、、、。

 

でも、僕用に再びおかわり3玉アハ

 

、、、が到着したら、ものすごい勢いで伸びてくるみんなの腕っゆう★

 

、、、2度目の3玉もすぐにみんなの胃袋へ飛び込んで行きましたゆう★

 

結局、もう2玉おかわりを頼んでそれで釜揚げうどん大会終了っ!

 

大人が僕一人とあとは小学5年女子6人、合わせて7人で17玉、綺麗に食べました。

 

僕はたぶん4玉分くらいしか食べてないので、彼女らが食べたのは一人2玉以上っお願い

 

1時頃に自分たちの手打ちうどんを食べて、おやつも食べて、ソフトクリームも食べて、まだ夕方5時前だったのに、みんな頼もしい食欲だっアンパンマン

 

さすが、うちの仲間たち手

 

 

で、楽しい春の遠足は高速道路を走って帰ってまたね!になるはずだったのですが、、、

 

高速道路に乗ったらみんなが、

 

子:「え〜もう帰るのヤダ〜」

 

子:「帰りも船に乗りたい!」

 

子:「先生おねがい!」

 

になって、急遽、みんなのお家に連絡して了解を頂き、行き先は高松港へ!

 

高松港18時55分のフェリーまで少し待って、待っている間も、

車の中でパリピーなみんなアハ

 

フェリーに乗ったら、夜で他に誰もいない展望デッキでずっと走り回って遊んでいて、声がジャズシンガーのようになった子もいました♪

 

楽しかった旅も宇野港到着になり、みんなそれぞれ学区が違ったので、宇野港から近い順にそれぞれのお家へ本人をお届けし、、、。

 

車の中で「こんど夏休みに!」「夏が無理なら秋でもいいから!」って、次回リクエストももらえた楽しい遠足はまた次回になりました車

 

五年生の生徒さんたちから誘ってもらえて考えた企画、みんな喜んでくれて良かったですラッキー

| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

3951 春の五年生うどん遠足〜手打ちさぬきうどん作り体験!

昨日の先生の日記の続きです大吉

 

 

無事、フェリーで四国・高松港に上陸した7人は、なぞなぞやしりとりやマジカルバナナをしながら、そのまま車で琴平町のこんぴらさんを目指しました車

 

高松港からは安全運転、約1時間で、前もって予約していたこんぴらさんのふもとの参道にある「中野うどん学校・琴平校」に到着っ笑

 

受付を済ませて、、、。

 

いざっビックリ!!

手打ちさぬきうどん作りが、

スタートっ↑↑

 

作り方は本職の方(作るのも教えるのも!)がとてもわかりやすく説明して下さるので、簡単です;

生地が伸ばせたら畳んで、

包丁で見本の太さを目指して切ります。

 

そして、

切れてなかったりして、、、アハ

 

でも、

完成っ!

完成っ!

 

この手打ち体験は、お店の人があらかじめ作っておいた生地で作るのですが、それとは別に生地作りにもチャレンジします。

小麦粉と塩水を合わせて手でこねてから、ここからがさぬきうどんの真髄、

独特の強いコシと食感を生む「生地踏み」!

 

この作業は体重が必要なので、みんなおんぶしてパワーアップっ!

 

そして、

中野うどん学校の卒業生になりました。

 

生地は寝かせる時間が必要なので、お土産で持って帰り、自分たちで打った麺の方は、

これも自分たちで、

湯掻いて、

究極のセルフうどん、実食っ日の丸

 

感想は「おいしいっわぁお」でしたねっ

 

このあと、

みんなが向かったのは、こんぴらさんの石段、、、。

 

続きはまた明日の先生の日記でご紹介させて頂きますラッキー

| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

3950 春の五年生うどん遠足〜その1!

生徒さんたちに「教室の五年生みんなでどっかに遊びに行きたい!」誘ってもらえたことがきっかけで、生徒さんたちと相談しながら考えた「山本あきひこのぴあの教室五年生・春の遠足〜本場さぬき手打ちうどん体験&こんぴらさん参り石段に挑戦&特大釜揚げうどんを全員で完食チャレンジ、瀬戸内海のプチ船旅付き」py

 

略して、春の五年生うどん遠足桃の花

 

昨日3月20日(月・祝)春分の日桜

 

体調やおうちのご都合などで、今回は全員勢揃いは出来なかったのですが、生徒さんたち6人と僕の合わせて7人で、四国香川へ行って来ましたうちわ

 

僕の車、窮屈ですがぎりぎり7人乗れるので、朝7時50分、うちに集合してもらって出発っやかんさん

 

道は思ったよりも空いていて、朝9時30分宇野港発の高松港行き四国フェリーに乗る予定で、途中コンビニに寄ったりしたのですが8時40分頃にはもう宇野港に着きました。

 

宇野港でフェリー待ちの車列に並ぶと、

 

子:「降りたい降りたいっわーい♪

 

で、港を散策していると、

別の桟橋からどこかへ行く小さなフェリーが出て行ったり、隣の桟橋に直島行きのフェリーが到着して賑わっていたり、、、。

 

高松港行きのフェリー乗り場にもバイクのツーリングの人や家族連れの車など、結構たくさん人が集まっていました。

 

しばらくすると、海の向こうから姿を現した、

折り返しの高松行きのフェリー。

 

その折り返し便が着岸して、たくさんの車やトラック、バイク、人を降ろしたあと、僕たちも車に乗ってそのまま乗船しました。

最初は船室内にいたけれど、

 

やっぱり、

屋上の

青空の下の、

展望デッキが、

気持ちいいっ夏

 

そこは、

海と空と吹いてくる風と、太陽と、島々の景色と、、、。

 

色んなオプション付きのみんなの遊園地でしたキラキラ

 

展望デッキの上で自由に遊んでいるみんなのことを、

どこからか飛んできた、

カモメが眺めていたり、、、。

 

宇野港から高松港までの一時間のプチ船旅は、心の贅沢の時間でしたok

 

 

高松港到着後の様子は、また明日の先生の日記でご紹介させて頂きますラッキー

| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

2926 春の遠足〜焼き物作品完成っ!

山本あきひこのぴあの教室初の企画、春の遠足2014はーと

発表会の1週間後、4月27日(日)に行って来ましたバス

当日はお天気にも恵まれ、バス酔いする生徒さんも無く、無事に行って来れましたやかんさん

その日にみんなで挑戦した陶芸体験もん

その作品が焼き上がりましたと、予定より早く、お世話になった寒風陶芸会館のスタッフの方からご連絡を頂きましたわーい♪

昨日は午後はレッスンのお休みを頂いていたので、早速受け取りに行って来ました車

うちから約45分で到着キラキラ

お礼を言って、みんなの作品を受け取って、持って帰って、、、

先ず、自分のだけpatipati

作品はひとつずつ、丁寧に新聞紙でくるまれています。

山本作、グランドピアノねっ

踊る鍵盤、フニャフニャの輪郭、スタインウェイ風を狙った譜面台デザイン、、、キラキラ

、、、それなりにオッケーと言うことで、、、顔アハ

生徒さんたちの作品も早く見たいけれど、まだ開けずに置いています。

レッスンに来てくれたときに、一緒に「じゃぁぁ〜んっゆう★」って見ようかなあと、、、手

みんなの作品、出来はまだ分かりませんが、来週のレッスンのときからお渡ししますプレゼント

お楽しみに〜ラッキー
| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

2920 春の遠足の写真も、、、!

山本あきひこのぴあの教室として初めて、今年の春行ってみた「春の遠足桜

コンパクトなマイクロバスにぎゅうぎゅうで乗って、瀬戸内市牛窓にある寒風陶芸会館で焼き物体験をし、牛窓オリーブ園の瀬戸内海を見下ろす芝生の広場でおにぎりを食べおむすびコロリ、その後総社市まで移動して、雪舟さんの涙のねずみ伝説でも有名な井山宝福寺の本物の禅堂で座禅体験をしました塔

途中休憩の吉備津彦神社の雰囲気も良く、、、鳥居

カメラマンとして、発表会でも山の学校でも雪あそびでも!

いつも良くして下さっている、矢掛町矢掛本陣の写真館「ミヤケスタジオ」のYさんも来て下さいましたカメラ

先日、今年の発表会の写真と一緒に、Yさんが春の遠足の写真も届けて下さいました車

素晴らしいお天気にも恵まれた「山本あきひこのぴあの教室・春の遠足2014」たいよう

お一人参加して下さった大人の生徒さんと、子どもの生徒さんたちの作り出す、このなかま感ブイサイン

写真に写る子どもの生徒さんたちは、実は9つの小・中学校に通う6つの学年の子たちOK

みんな山本あきひこのぴあの教室を通してお互いがお友だちになりましたわーい♪

僕の小さな自慢ですok

集合写真は牛窓オリーブ園で、また、集合写真の左下の写真は、左から井山宝福寺禅堂にて、同じく座禅中、そして寒風陶芸会館にて、ですキラキラ

春の瀬戸内海が本当に綺麗でした風景


山本あきひこのぴあの教室の次のイベントはっキラキラ

8月25日(月)〜26日(火)の予定の山の学校です山

みんなに素敵な夏の一日をプレゼント出来ますようにニコニコ
| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

2896 春の遠足2014〜お寺で子ども座禅編!

一昨昨日の「焼き物作り編」、一昨日の「牛窓オリーブ園編」、そして昨日の「神話のロマン編」に続けて、今日は「お寺で子ども座禅編」のご紹介ですOK


みんなでお弁当を食べてちょっと遊んだ牛窓オリーブ園からバスで移動の途中、休憩で立ち寄った吉備津彦神社鳥居

吉備津彦神社での休憩のあと、みんなの乗った貸し切りバスは次の目的地、総社市にある井山宝福寺を目指しましたバス

途中、渋滞も無く、吉備津彦神社から20分ほどで宝福寺に到着塔

駐車場から境内を歩き、、、スニーカー

宝福寺は推定1000年以上の歴史ある古刹(こさつ=古く由緒あるお寺)で、その後画家としても大成することになる禅僧・雪舟(1420〜1506)が小僧さん時代に修行し、和尚さんに叱られて涙で鼠の絵を描いた伝説のお寺としても知られています筆

そんな「本物」の空間でみんなを迎えて下さったのは、宝福寺の副住職さんです。

最初にお寺での決まりをお話して下さるのですが、宝福寺では小学校の座禅遠足も受け入れておられるそうで、とても優しく子どもたちに合わせてお話をしてくださいます。

最初に「方丈(ほうじょう)」というお堂でお話を聞き、そのあと、

お腹の前で手を重ね、静かに歩いて「禅堂」へ、、、。

禅堂は、元々はお寺のお坊さんの修行の場なんだそうで、堂内の隅々まで、空間全てからなんとも言えない静けさと美しさが伝わって来ました。

この空気感を体験出来ただけでもものすごく大きなプラスに感じますわーい♪

着座後、再び副住職さんから、今度は座禅についてのお話が、これまた子どもたちにとっても分かりやすく、優しいお話があって、いざ!

座禅を組みました。

子ども向け体験座禅なので、約15分、、、。

線香一本が燃えた約15分後、一回休憩があり、副住職さんが修行中のお話を女の子向けに面白く話して下さって、みんな和み、、、。

そんな和やかな空気感の中、

第2回目座禅、、、。

このお坊さんが叩くのは、実は懲罰ではありませんでした!

修行中の眠気や体の硬直、肩こりから身をほぐすための応援で、こちらからお願いをしたときだけ両肩を「パシッ」と叩かれます。

でも!

これが本当に、叩いて頂くと体がほぐれてものすごく楽になるんですびっくり

叩く音も、小さい子の時は「ぽしっ」、中くらいの子の時は「ぺしっ」、大人の時は「パシッ!」。

厳しい修行を重ねて来られた副住職さんの優しい心が、その棒からも伝わって来るようでした。

みんな進んで「ぽしっ」

静かな静かな、僕たちにとっては非日常の時間が流れて行きました。

そして、

とっても貴重な座禅体験は終了、、、。

副住職さんのお話は、最後まで優しく子どもたちを包んで下さり、、、。

禅堂〜方丈と歩いて、お堂から出て駐車場に向かい、またバスに乗って、

マイクロバスに「ぎゅっ」と詰まって、みんな元気に帰って来ましたびっくりハート

「本物の体験」と目指した、山本あきひこのぴあの教室・春の遠足2014桜

お世話して下さった本当にたくさんの皆さんが今までに重ねて来られたお時間のおかげで、とっても貴重な経験をすることが出来ました。

お世話になった皆様、本当にありがとうございました福助

大切なお子様を預けて下さった保護者の皆様もありがとうございました福助

とっても素敵な春の一日でしたok

また来年の春の遠足もよろしくお願いいたしますおてんき
| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

2895 春の遠足2014〜神話のロマン編!

一昨日と、昨日の先生の日記の続きですtaiyougoki


初めてこの春企画してみた「山本あきひこのぴあの教室・春の遠足」py

朝8時30分に山本あきひこのぴあの教室の近くを両備貸し切りバスで出発、瀬戸内市牛窓にある「寒風陶芸会館」での陶芸体験のあと、再び貸し切りバスで牛窓オリーブ園に移動して海を見下ろす高台の広場でお弁当を食べ、またバスに乗って、今度は方向が真反対の総社市にある井山宝福寺を目指しましたバス

この移動は、前もって調べたところ、約1時間ちょっとほどかかります時計

両備バスさんとの打ち合わせで、ここは無理をせずに途中の吉備津彦神社で休憩をしてもらうことにしていましたにこ


牛窓オリーブ園を出発したバスは山を下り、岡山ブルーラインを走って国道2号線バイパスに合流、途中から岡山西バイパスを北上して国道180号線一宮へ、そして、

途中休憩場所の吉備津彦神社に到着鳥居

実は吉備津彦神社の車祓い所に、ちっちゃく「山本あきひこのぴあの教室」の文字もありますpatipati

それを生徒さんたちに見せると、

子:「うわっ!すげ〜!せんせい、なんであるんびっくり

僕:「ふっふっふ、、、Vサイン

プチ自慢をし、、、キラキラ笑うキラキラ

その後、お手水(ちょうず)の読み方や使い方、お参りの仕方など話しながら、

吉備津彦神社は社伝によると、今から約2040年前からこの地にあり、この場所はもともとは吉備津彦の命のお屋敷の跡なんだそうです。

吉備津彦の命(きびつひこのみこと)は桃太郎伝説のモデルとも言われていて、その陵墓は宮内庁管轄地として吉備津彦神社のご神体でもある吉備の中山の山頂付近に大きな前方後円墳として残っています。

吉備津彦の命は、卑弥呼のモデル説がある人物の一人「倭迹迹日百襲媛命(やまとととひももそひめのみこと)」の弟で、岡山の桃太郎伝説を始め、讃岐を治めていた姉から援軍を頼まれて遠征、それが讃岐の桃太郎伝説になったという説、そのモデルは吉備津彦の命ではなく、その弟だったとの説、また、島根県米子付近での吉備津彦の命の父による鬼退治伝説などなど、色々な鬼退治伝説にその名が登場します。

281歳まで生きたという伝説もあり、また、吉備津彦の命の家来の一人「犬飼健(いぬかいたける)」は吉備地方の犬飼氏および犬養氏の始祖で、5・15事件の犬養毅首相のご先祖様とも言われています。

、、、調べてみると、知らないことがたくさんありましたポッ


そんな神話の時代から続くと言われる歴史ロマンの、

吉備津彦神社にお参りし、

境内に祀られている、

学問の神様天満宮にも参拝、お勉強祈願もし、、、お願い

またまた貸し切りバスに乗り込んだみんなは、一路最終目的地の井山宝福寺を目指したのでした♪

明日はいよいよ、今回の春の遠足のご紹介最終回、座禅体験編ですラッキー
| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

2894 春の遠足2014〜牛窓オリーブ園編!

昨日の先生の日記の続きです手


4月27日(日)、お天気にも恵まれた「山本あきひこのぴあの教室・春の遠足2014」晴れ

瀬戸内市牛窓にある寒風陶芸会館での陶芸体験のあと、貸し切りバスで15分ほど移動して向かった先は、

同じく瀬戸内市牛窓にある「牛窓オリーブ園」でした♪

こちらの海を見下ろす素敵な芝生の広場でお弁当タイムでしたおむすびコロリ

みんなそれぞれ思い思いの場所に陣取って、

パクパク、、、

早く食べ終わった子の中には、僕にちょっかいを出しに来る子もいて、、、ゆう★

そのうち、食べ終わった子たちの追っかけっこが始まり、、、Docomo119

当然、僕も参加っ筋肉

追っかけっこはやがて、「さぁ〜いしょぉぉ〜はぐうっピース」で、

鬼ごっこになり、

どんどん参加者が増え、、、大人げなくタッチをかわす大人もいたりして、、、マリオ

みんな元気に走り回り、、、

ゴミなどのお片づけをしてから、また貸し切りバスに乗って次の目的地に出発したのでした矢印

次の目的地は、雪舟さんが小僧さん時代に修行した伝説でも知られる、総社市の宝福寺なのですが、移動が1時間を超えるので途中1回休憩を挟みました。

その様子はまた明日ご紹介させて頂きますラッキー
| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

2893 春の遠足2014〜焼き物作り編!

2008年に初めて行ってみた「山本あきひこのぴあの教室・山の学校山

これは、山本あきひこのぴあの教室のレッスンに通って来て下さっている生徒さんたちをお預かりし、島根県にある国立公園三瓶山の標高600mの山懐に立つ「国立三瓶青少年交流の家」へ出かけて、大自然の中ひたすら遊んで来ようっていう、1泊2日の夢の時間ですキラキラ

参加は小学1年生以上の希望者ですが、生徒さんたちみんなが楽しみにしてくれている毎年夏休みの恒例行事になりましたアクアビクス


山の学校の大成功に続けて2010年に企画、2011年からスタートしたのが、山の学校の冬バージョン「山本あきひこのぴあの教室・雪あそび雪

これも小学1年生以上の生徒さんの希望者が対象で、同じく国立公園三瓶山の国立三瓶青少年交流の家へ出かけ、1泊2日の間、ひたすら雪で遊んで来ようっていう夢の時間ですゆう★

こちらも生徒さんたちが楽しみにしてくれている、冬の恒例行事になりましたsnowman


そしてっ!!


その勢いそのままに立てた新企画、「山本あきひこのぴあの教室・春の遠足2014」桜

今年4月20日(日)に行った発表会の翌週の4月27日(日)、行って来ましたバス

、、、思ったより参加者が少なくて、マイクロバスになりましたがドラえもん

でも、それでもマイクロバスの補助椅子まで全て使い切る定員ピッタリ24名参加っok

いつもおなじみの矢掛町矢掛本陣の写真館ミヤケスタジオさんのプロカメラマンさん(学校カメラマンもされています)も同行して下さって、お天気にも恵まれ、とっても楽しい春の一日になりました日本

そんな楽しかった春の一日をご紹介ですきらきら


朝8時30分、ご家族の皆様に見送られながらバスは出発し、

バスは一路、最初の目的地「寒風陶芸会館」(瀬戸内市牛窓)へ、、、。

寒風陶芸会館に到着したら、

陶芸用のエプロンを身に付けて、

先ずはプロの方の「本物」を見て、イメージを高めます矢印上

その後、

この日はたまたま、本職の備前焼陶芸家の方による「焼き物作り講座」のあと、

思い思いに作陶開始っ手

真剣に、

時に爆笑しながら、、、

やがて完成っゆう★

作品は、

こうして並べて、、、(左下が山本作『グランドピアノ』)

数日間の乾燥後、釉薬をかけて焼き上げ、後日完成するそうです♪

焼き物作りのあとは、

またバスに乗って、昼食ポイントの牛窓オリーブ園へ移動したのでしたランチ

高台から見下ろす海がとっても綺麗だった牛窓オリーブ園での様子は、また明日ご紹介させて頂きますラッキー
| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

2866 春の遠足〜スマイルコレクション!

一昨日、4月27日(日)に初めて行ってみた「山本あきひこのぴあの教室・春の遠足」バス

参加して下さった生徒さんたちの保護者の皆様から、直接やメールで「帰って来てから『たのしかった!たのしかった!』って、本当にそればかり言うんです」、「今から『夏の山の学校にもいく!』って張り切ってて、、、」っていう、本当に嬉しいお声をたくさん頂けましたびっくりハート

今回の春の遠足のスナップ写真は、帯同して下さったプロのカメラマンさんが撮って下さっているのですが、お昼ごはんの時だけ、僕も自分のデジカメで写してみましたカメラ

山本あきひこのぴあの教室・春の遠足2014スマイルコレクションですおひさま

お互い遠い小学校同士ですが、教室で行った昨夏の山の学校でお友だちになった小学5年生同士、HちゃんとMちゃん。


同じ小学校の3年生同士、Jちゃん、Aちゃん、Sちゃん、Mちゃん。


全員違う小学校の3人。小5のTくん、小2のKくん、小2のKちゃん。


これもバラバラグループの小4Yちゃん、小5Mちゃん、小6Mちゃん。


ちょっとおすましの同じ小学校同士の6年生、RちゃんとAちゃん。


姉妹で参加してくれた、中2のAちゃんと小3のMちゃん。


実はご近所同士の小6Yちゃんと小5Mちゃん。


こちらもご近所同士、中1のAちゃんと小6のAちゃん。


これはこの日初めて出会った2人、小3Mちゃんと小4Rちゃん。


大人として参加して下さったIさん。

この広い景色と気持ちのいいお天気が、みんなの笑顔を引き立てていましたにこ


今日は、岡山県北、真庭市の久世エスパスホールにてスタインウェイピアノリレーコンサートがあり、教室の仲間10数名と僕も出演して来ますおんぷ

今日も素敵な一日になりますようにラッキー
| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |
profilephoto
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS