先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

4321 6年生遠足〜四万十川45km自転車旅のサプライズ!

みんな無事に完走できた、山本あきひこのぴあの教室6年生軍団の四万十川下り45km自転車の旅大吉

 

途中、たまたま道沿いにあった郵便局に寄ってみると高知限定の変形はがきがあり、そのはがきを使ってそれぞれのお家へサプライズで手紙を出しましたポスト

 

それは、

それは、結構みんな真剣に書いていて、

 

書き上がった子から、

その立ち寄った、

口屋内郵便局のポストに、

局長さんに見守られながら、

投函!

 

僕も、

ついでに、、、。

 

最後まで悩んでいた二人も、

投函、

完了っok

 

「はがきが家に届くまでみんなナイショ!」そんな楽しいサプライズも出来た四万十川の自転車旅は、桜咲く春の一日でしたラッキー

| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

4320 6年生遠足〜四万十川45km自転車の旅〜その3!

朝11時ごろ、四万十りんりんサイクルを借りてJR予土線江川崎駅を出発し、四万十川に沿って土佐の小京都・中村を目指した、山本あきひこのぴあの教室6年生軍団のみんな♪

 

それこそ、野を越え山越え谷越えて、山間の集落をいくつも通り過ぎ、さらに峠も越えて、

中村まであと10kmほどの里に下りて来ました。

 

そのまま四万十川の支流沿いに中村までまっすぐ行っても良かったのですが、

まだ走れそうだったので、

みんなには「実は遠回りだ」とは言わずに「四万十川見にいこうや〜」「行く行く〜」と、5kmほど遠回りをして、ちっちゃな峠ももう一つ越えて、

四万十川の本流にかかる一番大きな沈下橋「佐田の沈下橋」を、

ここも安全第一で自転車を押して渡りました。

 

ここからの四万十川の右岸の道は本当のくねくねの山道っ!

 

森林浴も楽しみながら進み、やがて中村に入ると四万十川の広い広い川土手の上の道を、満開に近くなっていた桜と追い風に応援されながら快走っOK

 

いよいよ中村の市街地に入る、四万十川にかかる鉄橋の手前で、

ゴールまであと4kmほどのみんな。

 

バックに見える赤い鉄橋を渡って、中村の町の中を通り、左手に中村駅を見ながら進んで、四万十りんりんサイクルの中村の返却所=今回の四万十川45km自転車旅のゴール、中村観光協会案内所に、

みんな無事に、

江川崎駅を出発してから5時間20分の16時20分、ゴールしました矢印

 

観光案内所から5分ほど歩いて、自転車でさっき通った中村駅に戻り、

おやつやお土産を仕入れ、

中村駅16時45分発高知行きの特急に乗って、

乗って、、、

爆睡っきらきら

 

車に乗り換えた後に寄ったサービスエリアで晩ごはんの時も、

ちょっと眠そうな、

みんなでしたが、晩ごはんはきっちり食べていました筋肉

 

このあと、一人ずつそれぞれのお家へ順番に車で送って、楽しい旅はお開きに♪

 

45km、日本地図で見ても分かるほどの距離を完走っ!

 

みんなかっこよかったぞ〜っおてんき

| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

4319 6年生遠足〜四万十川45km自転車の旅〜その2!

3月22日(木)早朝、岡山を出発し、車と列車を乗り継いでその日の朝10時半ごろJR予土線江川崎駅に到着した、山本あきひこのぴあの教室6年生のみんなおんぷ

 

そこからは四万十りんりんサイクルっていうレンタサイクルを借りて、四万十川沿いに45km下流にある町、土佐の小京都とも呼ばれる中村を目指しました♪

 

江川崎駅を出発して、四万十川を見ながら快調に走り、時に長いトンネルを抜けて、山道を進み、山間の集落もいくつも通り過ぎ、

時々休憩も、

しながら、江川崎駅出発から約1時間半。

 

お昼ごはんの予定に入れていた、

農家レストラン「しゃえんじり」に到着。

 

地元産食材中心の、

バイキングスプーンとフォーク

 

だったのですが、

昭和のおばあちゃん風味付けと、

 

一人一匹ずつ付いたあめごの甘露煮(昔なら大ごちそう!)は、

ちょっと食べにくかった、

みたいではありましたが、ご飯を食べて元気回復したみんなは、

再び、中村を目指して出発っmtrism!!

 

、、、してすぐのところにあった、口屋内郵便局に、

ちょっと寄り道して、お家へのサプライズの用意をし、、、笑う

 

「がんばってね〜」って手を振って下さった郵便局長さんに見送られながら再び出発っ!

 

四万十川はだんだん大きくなり、

休憩のときのみんなの「ああ〜つかれた〜」の声も大きくなり、、、↑↑

 

そして、今回の最大の難所、

桜咲く長い峠の上り坂!

これは、本当に足がパンパンになったみたいで、

峠のてっぺんまでたどりついたみんなの、

この表情!

 

そして、

お茶を飲む様子の美味しそうなこと茶

 

そして、峠からの下りはスピードが出過ぎてはいけないので、そこだけは僕が先頭になってゆっくり進み、

里まで下りてきて、無事、峠越え達成っわぁお

 

続きは明日、ご紹介いたしますラッキー

| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

4095 夏の六年生遠足〜そうだ!京都へ行こう・帰り道!

8月9日(水)のことカレンダー

 

早朝、JR庭瀬駅と岡山駅の二段階で集合して出発、新幹線の旅を楽しみ京都・嵐山や伏見稲荷へ出かけ、その後、祇園をそぞろ歩きして吉本新喜劇で大爆笑したみんなが向かったのは、

ネットで偶然見つけて予約していたセルフたこ焼きが焼けるお店アンパンマン

 

ここで、みんな一人前ずつ焼くイメージだったのですが、鉄板の都合で1人前を二人で、、、。

 

それなら隣の平らな鉄板で焼きそばをmtrism_07

 

僕:「焼きそばって、この鉄板で焼けるんですか?」

 

店:「いや、もう鉄板の方は使ってないんで、こちら(厨房)で焼いて皿に乗せて出す感じで」

 

僕:「わかりました手この子らたぶんたこ焼き4人前じゃ足りないから、焼きそばも4人前下さい」

 

店:「焼きそばは時間かかりますけどいいですか?」

 

僕:「たこ焼焼く時間があるからいいですよ」

 

お店は割と空いていて、たこ焼き屋さんだけれど、

 

店:「うちは居酒屋なんでお冷はありません。最初に飲み物のオーダーをお願いします」

 

という事で、最初に飲み物も頼んで、一人に一つずつお通しが運ばれて来て、それは結構おいしくて、次に飲み物が運ばれて来ました。

 

僕:「かんぱ〜い♪

 

子:「かんぱ〜い♪

 

で、程なく、

タコパーが始まりましたゆう★

 

みんな楽しくたこ焼きを焼いて、食べ終わり、お店に入って1時間10分、焼きそばを頼んでから1時間以上、、、。

 

僕:「焼きそば、出てけえへんなぁ。」

 

子:「忘れとんじゃね?」

 

僕:「だって、こんだけお店空いてるのに、忘れるかなあ」

 

子:「最初に、『焼きそばは時間かかります』って言っとったけど」

 

僕:「そうやけど、もう注文してから1時間以上たった」

 

子:「マジ?やばくね?」

 

注文してから1時間と15分。

 

焼きそばが出て来ました。

 

僕:「新幹線やばいから、みんなで力を合わせて5分で食べて汗

 

子:「はーいmtrism_07

 

さすが、六年生!

 

4人前の焼きそばが、7人がかりで次々無くなって行きます笑

 

子:「先生、もう入らん!あと食べて」

 

僕:「残ってるの全部野菜やん笑う

 

子:「もう、いいからいいから(笑)」

 

僕:「麺が二本だけあったpatipati

 

子:「野菜は体にええんよ。うちら、やさしいじゃろハート

 

みんなの愛情がこもった「麺数本入り焼き野菜」を4人前堪能し、

 

全:「ごちそうさま〜!」

 

店:「ありがとうございました〜」

 

で、お店を出発っ走る

 

急いでバス停を探して、運よくすぐに来た京都駅行きのバスに乗って京都駅に到着!

 

、、、はしたものの、バスターミナルから駅への生き方が分からなくて、たまたま通りがかった綺麗なお姉さんに聞こうと声を掛けたら、、、

 

僕:「なんか、ナンパと間違われて無視された顔

 

子:「せんせい、だっさぁ〜(笑)

 

でも、次に通りがかった優しそうなお姉さんが親切に教えてくれましたにこ

 

無事に京都駅20時14分発の東海道本線下り新快速に乗ることが出来て、20時40分頃新大阪駅着。

 

予約していた帰りのこだまが21時09分発なので、これでお土産を買う時間も出来ましたライト

 

僕:「よし!551の豚まん買いに行こう!」

 

子:「やったぁ〜びっくり

 

、、、551へ行ってみると豚まんは売り切れでしたbuta

 

でも、コンコースのおみやげ物屋さんの中にある果物屋さんのフレッシュジュースをみんなで飲んで生き返り、

無事、予定のこだまに乗ることが出来て、

楽しい旅の締めくくりの新幹線こだま号は新大阪駅を定刻通りの21時09分、出発しました。

 

出発したら、

こんな感じで、

思い思いに遊んで語っているみたいでしたアハ

 

こだま号は1時間足らずで、あっという間に岡山駅に到到着し、岡山駅解散の生徒さんたちはお迎えのお父さんお母さんのもとへ、庭瀬駅解散の生徒さんたちは一緒に電車に乗って庭瀬駅でお迎えのお父さん、お母さんのもとへ。

 

僕もうちに戻って、スマホの万歩計を見ると、

こうでした。

 

スマホを持って来ていた子が撮ってくれた、旅の途中の、

僕が、

LINEで2枚届きましたやかんさん

 

あと、

これは、祇園花月でズッコケたお客さんだけもらえるシールですマリオ

 

みんなケガもなく、とっても楽しんでくれた様子で、とっても楽しい時間でしたラッキー

| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

4094 夏の六年生遠足〜そうだ!京都へ行こう・3!

8月9日(水)の早朝、岡山を出発して新幹線の旅を楽しみ、嵐山や伏見稲荷を訪れた山本あきひこのぴあの教室の六年生たちが次に向かったのは、京阪電車・祇園四条駅前の、

歌舞伎の名門、京都南座ふきだし

 

、、、ではなくはれ

 

祇園四条駅から祇園の大通りを八坂神社方面へ、いくつかのおみやげ物屋さんや団子屋さんをはしごしながらそぞろ歩きして、

今回の旅のメイン、吉本新喜劇「祇園花月」(笑)

 

祇園花月は今年6周年を迎えるそうで、吉本新喜劇伝統のなんばグランド花月と同じ公演を、なんばグランド花月よりも少しステージに近い雰囲気で楽しむことが出来る劇場です。

定員500人以上入れるお客さんの中から、入場時などに希望する用紙に記入した人の中から抽選で5名だけ、新喜劇上演後にステージに上がって、新喜劇の役者さんのギャグで一緒にズッコケ体験ができる!っていう特典もあります。

 

みんなにその貴重な「ズッコケ体験」を勧めてみたところ、

かわいい彼女らは、お約束通り、僕の名前を書いて出してくれましたニコ!

 

15時の開場と同時に入場し、開演前のバルーンパフォーマンスも、前説のふくんちゅさんっていう若手芸人さんのお笑いも楽しんで、15時30分、いよいよ開演っ矢印

 

前半はお笑いのキングコングさんから始まって、オール阪神巨人さんまで中堅、若手、ベテランと5組のお笑いの人たちが出て来られてそれぞれのネタをされるのですが、もうそこでみんな抱腹絶倒に笑っていて、、、矢印

 

そして、休憩をはさんだ後、いよいよお目当ての吉本新喜劇開演ok

 

この日は、今年芸歴30周年を迎えられてますます絶好調の辻本茂雄さん演じる「茂造バージョン」新喜劇でしたにっこり

 

新喜劇が始まってすぐ、茂造(役名なので敬称略で)が登場した瞬間、場内大爆笑になり、そのあとはもう、どっかんどっかんと大爆笑の連続でした;

 

約45分ほど笑い続けて、新喜劇は終演になり、役者さんたちが全員ステージに出て来られたところで、座長の辻本茂雄さんが茂造のままで、

 

茂:「それでは、みなさんお待ちかね『ステージでズッコケ』のお時間がやってまいりました!」

 

客:「パチパチパチパチ;

 

茂:「5名だけですが、当選された方をお呼びいたします!」

 

客:「パチパチパチパチ;

 

茂:「みなさん、もし呼ばれましたら大きな声で『やったあ!』をお願いしますね!」

 

客:「パチパチパチパチ;

 

みんな、応募用紙に書いていた座席番号とニックネームで呼ばれるのですが、一人目の中学生くらいの女の子が呼ばれ、二人目小学校低学年くらいの女の子が呼ばれ、三人目は岐阜県から来られた女性が呼ばれ、

 

茂:「それでは4人目、岡山からお越しの座席番号『く』の6番、山本先生!」

 

僕:「やったあわぁお

 

大爆笑するかわいい生徒さんたち笑

 

ステージに上がると、辻本茂雄さんから一人1分ずつくらいのインタビューがあって、

 

茂:「ここに書いてますが『ピアノの生徒たちのためにズッコケたい』と」

 

僕:「はい!」

 

茂:「ピアノの先生なんですか!」

 

僕:「はい!」

 

客:「ざわざわざわ、、、」

 

茂:「全然見えないですよ!」

 

客:「笑;

 

そして、あの大きな頭がトレードマークの「ごめんやしておくれやして、ごめんやっしぃ〜」に合わせて、ステージ上でズッコケました↑↑

 

これは嬉しいっkyu

 

大爆笑して大満足のみんなは、

京都の名所、鴨川も眺めて、京都の旅の晩ご飯に向かったのでしたハート

 

続きは明日、ご紹介いたしますラッキー

| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

4093 夏の六年生遠足〜そうだ!京都へ行こう・2!

8月9日(水)の早朝、JR庭瀬駅と岡山駅に分かれて集合した、山本あきひこのぴあの教室の6年生のみんなは、新幹線の旅を楽しみつつ、京都駅からはJR山陰本線に乗り換えて、

今回の目的地の一つ、嵐山最寄りのJR嵯峨嵐山駅に9時半ごろ到着しました。

 

嵯峨嵐山駅からおしゃべりとしながら、天龍寺の前も通ってのんびり歩いて約15分。

桂川に架かる木造で有名な「渡月橋」前にOK

 

本当はここからもう少し桂川上流にある、たぶん日本ではこの嵐山だけにあるシチュエーションが楽しい、桂川沿いのお茶屋さんで早めの京都ランチを楽しむ計画だったのですが、前日の台風の雨で桂川が増水していてこの日はお店がお休み指

 

それは仕方ないので、

日陰のオープンテラスのお店で、

かき氷休憩っかき氷

 

シャクシャクと甘い氷は、朝から暑かった外を歩いたみんなに心地冷たさ、、、ふうりん

 

かき氷の後、途中おみやげ屋さんにも寄りながら、再び嵯峨嵐山駅に戻って山陰本線の電車に乗って、京都駅で今度はJR奈良線に乗り換えて二駅、

全国のお稲荷さんの総本宮、伏見稲荷へむにゅ

 

休日は身動きが取れないほど混雑することもあるらしい伏見稲荷境内は、

平日だったこの日は、

真夏の日差し、、、夏

 

奥社にもお参りした後、

こんな裏参道沿いにあった、

隣のテーブルになったフランス人の家族はじめ、なぜかヨーロッパ系のお客さんが大量にいてみんな無言でうどんをすすっていた食堂に入って、みんなそれぞれうどんやそばやラーメンを遠慮なくずるずる言わせながら食べて、そこからは、

京阪電車伏見稲荷駅から、

「電車、すずしぃ〜うちわ」って言いながら、今回の京都旅のメインの目的地を目指したのでした電車

 

続きは明日、ご紹介いたしますラッキー

| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

4092 夏の六年生遠足〜そうだ!京都へ行こう!

山本あきひこのぴあの教室の現小学6年生の生徒さんたちから「6年のみんなでどっか遊びに行きたい!」っていうリクエストを貰って計画した「山本あきひこのぴあの教室・六年生遠足〜そうだ!京都へ行こう!」大吉

 

昨日、本当に京都へ行って来ました矢印

 

早朝6時30分、最寄りのJR庭瀬駅にまず4人(僕を入れて5人)が集合して、6時42分発の電車で岡山駅へ。

 

岡山駅で一度改札を出て、7時ちょうどに2階中央コンコースの新幹線改札口であと2人とも合流して、

山本あきひこのぴあの教室の小学6年生の内、今回参加できた6人で夏の京都を目指す旅へ出発になりましたはれ

 

まずは、

岡山駅7時28分発のひかりを待つみんな。

 

程なく列車が入って来て、

みんなは6人掛けに座って、僕は通路を挟んでその隣でのんびりと、、、。

 

小学校がバラバラ同志のみんなは、

仲良くババ抜きの熱戦を繰り広げ、

途中で座席をシャッフルして再戦する熱さOK

 

京都駅には8時57分に到着して、そこからJR山陰本線の普通列車に乗り換えて、車窓からは二条城や大文字山の送り字も見え、、、。

 

ちょっと早めの時間でしたが、笑顔のみんなはオシャレな京都ランチどころを目指しました。

 

続きは明日、ご紹介いたしますラッキー

| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

4091 春の五年生遠足〜京都編!

みんな結構ばらばらの小学校から、それぞれレッスンに通って来てくれている、山本あきひこのぴあの教室の六年生軍団たちpy

 

みんな山本あきひこのぴあの教室で仲良しになってくれました♪

 

彼女たちの何人かが「みんなでどっかあそびに行きたいライト」って言ってくれたことがきっかけで、彼女たちがまだ小学五年生だった今年三月、四国・琴平へ手打ちうどん体験とこんぴらさんの石段挑戦、そして本場さぬきの巨大釜揚げうどんをみんなで完食しよう!がメインの「五年生・春のうどん遠足」へ行って来ました車

 

それは、みんな想像以上に楽しんでくれて、手打ちうどんあり、石段あり、真っ暗闇の戒壇巡りあり、フェリーの船旅もあり、笑いあり、笑いあり、笑いありの旅になりました矢印

 

そして、、、おひさま

 

「夏休みもどっか連れてってやかんさん」ってリクエストをもらえたので、五年生改め六年生遠足アンコールを計画することにちからこぶ

 

彼女たちも中学生になったらもう誘ってもらえないかも知れないので(笑)、誘ってくれる間にたくさん思い出作っとこうわーい♪

 

今回の行先は、京都塔

 

彼女たち小人運賃の今なら、岡山から新大阪まで新幹線こだまで片道1,500円↑↑

 

僕は大阪育ちなので子どもの頃時々京都にも遊びに行っていたことや、兄や同い年の従妹が京都にいた頃があったこともあって、京都にも少しは土地勘はあるはずだったのですが、さすがに古いだろうと思ったので、最新のガイドブックを買って来て予習、、、。

 

、、、知らへんことばっかやんっゆう★

 

彼女たちの小学校の修学旅行(岡山の小学校の多くは修学旅行で京都・奈良・大阪を巡ります)と被らないように場所を選んで、、、。

 

 

そして迎えた今日、出発の朝。

まるで遠足が楽しみな小学生のように、こんな時間に目が覚めましたアンパンマン

 

外は、まだ夜でした月の夜

 

幸い、京都は今日は雨は大丈夫そうです手

 

みんな楽しい京都になりますようにラッキー

| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

3952 春の五年生うどん遠足〜こんぴらさんの石段と巨大釜揚げうどんに挑戦!

昨日の先生の日記の続きですライト

 

 

無事、手打ちさぬきうどん作りに成功したみんなは、

そのまま元気にこんぴらさん(金刀比羅宮)の石段を登り始めましたびっくり

 

その足の速いことっ走る

 

あっという間に、

御本宮に、

到着わぁお

 

ここまで785段っ笑

 

しかしっ!

 

今回はこの更に先にある奥社を目指します。

 

麓から奥社までは1,368段っ;

 

残りが約600段っわぁお

 

御本宮までは元気だったみんなにも、さすがにちょっと疲れが見えましたが、麓から約1時間、

金刀比羅宮奥社まで登りましたっ走る

 

みんなで、

順番に、

お参りして、、、

 

下り石段のみんな速いことっ走る

 

みんな、まるでおにぎりがコロコ転がっていくように石段を下りていきますおむすびコロリ

 

下りは40分ほどで麓まで下りて、参道脇のお土産屋さんで、

栄養補給を、、、アイス ミントとイチゴ

 

そして、水分も補給してから車に乗って、次は、弘法大師生誕の地、善通寺へと向かいました。

 

善通寺には、ご本堂の地下の真っ暗闇を歩く「戒壇巡り」という体験があり、これはその地下に作られた戒壇を巡ることで色々なことを感じられる貴重な場所です。

 

まずはご本道にお参りしてから戒壇巡りに行きました。

 

みんなには、この真っ暗闇体験は想像以上にドキドキして楽しかったみたいでした。

 

階段巡りを終えてから、

みんな順番に鐘を突き、、、

 

そんな、

善通寺をあとにして向かったのは、、、。

 

この春の遠足のラスト、

巨大釜揚げうどんに挑戦だ!の釜揚げうどんの名店、長田in香の香さん。

 

僕も合わせとりあえずみんなで、

頼んだ、

釜揚げうどん9人前(9玉)。

 

、、、は、あっという間に完食っ手

 

みんなは「もうおなかいっぱい!」って言ったので、僕用にと3玉をおかわりで注文し、それが到着すると、、、。

 

僕の釜揚げうどんに向かって伸びる、みんなの腕っゆう★

 

おかわりの3玉もすぐになくなり、、、

 

さすがにみんな「もう〜無理!これ以上はいらんわ」ってなって、、、。

 

でも、僕用に再びおかわり3玉アハ

 

、、、が到着したら、ものすごい勢いで伸びてくるみんなの腕っゆう★

 

、、、2度目の3玉もすぐにみんなの胃袋へ飛び込んで行きましたゆう★

 

結局、もう2玉おかわりを頼んでそれで釜揚げうどん大会終了っ!

 

大人が僕一人とあとは小学5年女子6人、合わせて7人で17玉、綺麗に食べました。

 

僕はたぶん4玉分くらいしか食べてないので、彼女らが食べたのは一人2玉以上っお願い

 

1時頃に自分たちの手打ちうどんを食べて、おやつも食べて、ソフトクリームも食べて、まだ夕方5時前だったのに、みんな頼もしい食欲だっアンパンマン

 

さすが、うちの仲間たち手

 

 

で、楽しい春の遠足は高速道路を走って帰ってまたね!になるはずだったのですが、、、

 

高速道路に乗ったらみんなが、

 

子:「え〜もう帰るのヤダ〜」

 

子:「帰りも船に乗りたい!」

 

子:「先生おねがい!」

 

になって、急遽、みんなのお家に連絡して了解を頂き、行き先は高松港へ!

 

高松港18時55分のフェリーまで少し待って、待っている間も、

車の中でパリピーなみんなアハ

 

フェリーに乗ったら、夜で他に誰もいない展望デッキでずっと走り回って遊んでいて、声がジャズシンガーのようになった子もいました♪

 

楽しかった旅も宇野港到着になり、みんなそれぞれ学区が違ったので、宇野港から近い順にそれぞれのお家へ本人をお届けし、、、。

 

車の中で「こんど夏休みに!」「夏が無理なら秋でもいいから!」って、次回リクエストももらえた楽しい遠足はまた次回になりました車

 

五年生の生徒さんたちから誘ってもらえて考えた企画、みんな喜んでくれて良かったですラッキー

| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |

3951 春の五年生うどん遠足〜手打ちさぬきうどん作り体験!

昨日の先生の日記の続きです大吉

 

 

無事、フェリーで四国・高松港に上陸した7人は、なぞなぞやしりとりやマジカルバナナをしながら、そのまま車で琴平町のこんぴらさんを目指しました車

 

高松港からは安全運転、約1時間で、前もって予約していたこんぴらさんのふもとの参道にある「中野うどん学校・琴平校」に到着っ笑

 

受付を済ませて、、、。

 

いざっビックリ!!

手打ちさぬきうどん作りが、

スタートっ↑↑

 

作り方は本職の方(作るのも教えるのも!)がとてもわかりやすく説明して下さるので、簡単です;

生地が伸ばせたら畳んで、

包丁で見本の太さを目指して切ります。

 

そして、

切れてなかったりして、、、アハ

 

でも、

完成っ!

完成っ!

 

この手打ち体験は、お店の人があらかじめ作っておいた生地で作るのですが、それとは別に生地作りにもチャレンジします。

小麦粉と塩水を合わせて手でこねてから、ここからがさぬきうどんの真髄、

独特の強いコシと食感を生む「生地踏み」!

 

この作業は体重が必要なので、みんなおんぶしてパワーアップっ!

 

そして、

中野うどん学校の卒業生になりました。

 

生地は寝かせる時間が必要なので、お土産で持って帰り、自分たちで打った麺の方は、

これも自分たちで、

湯掻いて、

究極のセルフうどん、実食っ日の丸

 

感想は「おいしいっわぁお」でしたねっ

 

このあと、

みんなが向かったのは、こんぴらさんの石段、、、。

 

続きはまた明日の先生の日記でご紹介させて頂きますラッキー

| やまもとせんせい | 春の遠足 | comments(0) | - |
profilephoto
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS