先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

3978 山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学2017まとめ!

この春、4月3日(月)の朝出発〜5日(水)の朝帰って来た、二泊三日(二泊二日?)の山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学2017はなまる

 

教室としては初めての企画でしたが、たくさんの生徒さんが参加してくださって、お天気にも恵まれて、訪れた先で体験した出来事にも恵まれて、一番は幸運にもたくさんの人のお力にも恵まれることが出来て、そして参加して下さった生徒さんたちみんなが喜んでくれて、本当にとってもとっても楽しかった大成功の旅になりましたっ大吉

 

その幸せな気持ちの余韻のあまり、旅の様子を続けてご紹介していたら、なんとびっくり

 

先生の日記の12回分にもなっていましたびっくり

 

もし「読んでみようかな〜」って思って下さる方がおられたら、ちょっとだけでも読みやすく、、、えんぴつ

 

というわけで、そのインデックスを作りました指

 

 

第1話「社会科見学、無事に帰宅!」

 

第2話「山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学の様子〜出発っ!」

 

第3話「春の社会科見学の様子〜遠州浜名湖鉄道桜木駅!」

 

第4話「春の社会科見学の様子〜だるまさん作りその1!」

 

第5話「春の社会科見学の様子〜だるまさん作りその2!」

 

第6話「春の社会科見学〜みんなの手作りだるまさんコレクションその1」

 

第7話「春の社会科見学〜みんなの手作りだるまさんコレクションその2!」

 

第8話「春の社会科見学の様子〜スタインウェイジャパン訪問!」

 

第9話「春の社会科見学の様子〜スタインウェイジャパンにて!」

 

第10話「春の社会科見学の様子〜もんじゃ焼きと江戸の老舗銭湯!」

 

第11話「春の社会科見学の様子〜寝台特急サンライズ瀬戸の夜!」

 

第12話「春の社会科見学の様子〜旅の仕上げに、、、!」

 

こうなっていましたメモ

 

 

出来上がっただるまさんも、全員手元にお届けできて、みんな改めて喜んでくれて、、、↑↑

 

社会科見学のご紹介ラストは、

現地で写真を撮り忘れていただるまさんだるまさんがころんだ

 

このだるまさんの製作者は、中学3年生、受験生の女の子。

 

彼女との付き合いももう9年目手

 

強豪校バスケ部レギュラーでキャプテンにして、一つの年生だけで300人近い生徒数のマンモス校でありながらほぼ毎回学年上位5番以内の成績を誇る彼女。

 

来春、彼女はきっと夢を叶えてこのだるまさんを完成させるはずっびっくりハート

 

 

山本あきひこのぴあの教室の次の行事は、今夏7月30日(日)に行う山本あきひこのぴあの教室・第16回演奏発表会。

 

第1回目からずっと、毎回同じ本物の音楽ホールをお借りして、毎回ずっとスタインウェイピアノ(フルコンサートグランドD274型)の生音のみのシンプルなピアノコンサートスタイルでの発表会を続けています。

 

生音なので、例えば発表会デビューで精一杯のメリーさんのひつじを弾くちびっ子ピアニストのドキドキの息遣いも、その子だけが持っている音色といっしょに客席へ、、、。

 

そんな生演奏の力がダイレクトに感じられることもシンプルなピアノコンサートスタイルの魅力の一つOK

 

素敵な夏の一日になるように!

 

みんな、がんばろうね〜おてんき

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(6) | - |

3977 春の社会科見学の様子〜旅の仕上げに、、、!

昨日の先生の日記の続きです国旗

 

とっても楽しかった今回の旅の仕上げは、東京駅から岡山駅までの、現在唯一運転されている寝台特急「サンライズ号」の旅でした赤い月

 

東京駅から無事、寝台特急サンライズ瀬戸号の1号車と2号車に分かれてそれそれの個室に入ったみんなは、東京駅出発後、次の停車駅横浜に到着する頃にはもう持参の部屋着に着替え、車内にある綺麗な洗面所で歯磨きなど寝る支度、、、

 

、、、というか、この寝台特急の夜を楽しむための準備が完了していました。

 

そして、個室でひとり旅の時間を愉しむ子、今回の旅で友だちになった仲間の部屋へ遊びに行く子、岡山まで思い思いの時間を過ごしました。

 

僕の部屋に6人集まって(サンライズは個室とは言っても、ほぼベッドだけの空間なのでギュウギュウでしたが(笑))、

個室の部屋の明りを消すと、

 

窓の外に見えたのは、

横浜の次の停車駅、熱海の手前あたり、真鶴付近から見えた夜の海と遠く房総半島か三浦半島(?)の灯り、、、。

 

しばらくみんなで、

個室内を真っ暗にして、この夜の海の景色を眺めていました。

 

熱海駅停車後、列車はやがて伊豆半島に繋がる山を横切るいくつかのトンネルを抜けて深夜の沼津駅へ。

 

ベンチと自動販売機と閉まった売店が蛍光灯に照らされる沼津駅のホームを2階の窓から見下ろしながら列車は静かに出発。

 

ここで、山側の生徒さんの部屋にみんなで移動して、また個室の明りを消し、目を凝らすと、、、。

 

 

見えたっmtrism!!

 

夜の富士山っmtrism!!

 

この夜、空が曇っていて山頂までは見えませんでしたが、富士山は夜空よりも黒いその夜の姿の裾を見せてくれました。

 

みんな「富士山じゃ!」。

 

 

富士山の後、携帯用人生ゲームを持って来ていた子たちと一緒に人生ゲームをして遊んで(ちゃんとちっちゃいルーレットも付いていました!)、深夜2時半過ぎ、僕も部屋に戻って寝ました。

 

そして、朝5時半ごろ、

サンライズにも、

朝が来て、

夜が開けて、

日の出、、、。

 

岡山駅到着は6時27分。

 

僕はみんなの部屋をノックして起こしてまわり、中にはなかなか起きない子もいましたが、6時8分に掛かった朝最初の車内放送の車掌さんの「みなさま、おはようございます」でみんな起きてくれて、

ちょっと眠そうなこの笑顔にひ

 

そして、みんなを乗せた寝台特急サンライズ号は、定刻通りの6時27分に、

岡山駅に到着しました。

 

ここからは広島への新幹線、下りの山陽本線、吉備線、ご両親のお迎えの車へと別れて、今回の旅は楽しくおしまいになりました。

 

 

旅でお世話になった、

 

・浜松市楽器博物館の皆様

・浜松駅駅弁の皆様

・遠江観光バスの皆様

・ヤマハハーモニープラザの皆様

・高崎パスタ「はらっぱ」高崎駅東口店の皆様

・東横イン高崎駅前汽好織奪佞粒様

・手作り高崎だるま工房やなせのご主人と奥様

・高崎駅駅弁の皆様

・スタインウェイジャパンの皆様

・もんじゃ焼き麦・清澄通り店スタッフの皆様

・江戸銭湯齋藤湯の皆様

 

心からの大きな感謝、、、。

 

スタインウェイジャパンへの社会科見学をセッティングして下さった広島・浜松ピアノ社社長のSさん、難しいチケット手配をして下さった農協観光の皆様にも本当に感謝、、、。

 

そして、未知の旅に大切なお子さんを参加させてくださった保護者の皆様にも大きな大きな感謝、、、。

 

 

この旅の時間や体験が、生徒さんひとりひとりの心の中でいつまでも財産として残ってくれたら嬉しいな。

 

この思い出があることで、生徒さんたちの未来の時間の感じ方が、よりちょこっとでも彩り豊かなものになったり、深くふっくらしたものになったりしたら嬉しいな。

 

何より、シンプルに「楽しかった」って思ってくれていたら嬉しいな。

 

それは、「桜木駅でさくら見たの、よかったな〜」でも、「だるまさんを乾かしていたら庭から青空が見えたよな〜」でも、「サンライズから夜の海見てる時のおしゃべり、楽しかったな〜」でも、なんでもふきだし

 

お世話になった皆様、ご協力を下さった皆様、温かいご理解、お気持ちのおかげで、みんな楽しい体験の旅をする事が出来ましたびっくりハート

 

本当に本当にありがとうございました福助

 

来春には次回企画(いくつかプランを考え中!)を行いたいと考えています。

 

次回、山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学2018もよろしくお願いいたしますお願い

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

3976 春の社会科見学の様子〜寝台特急サンライズ瀬戸の夜!

昨日の先生の日記の続きです矢印

 

浜松市楽器博物館見学に始まった、山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学2017NE

 

その後、雪の南アルプスを遠望しながらの貸し切りバスでの移動、ヤマハグランドピアノ工場見学、2階建て新幹線MAXとき号、高崎でのパスタのお店貸し切りでの晩ごはん、ホテルでの時間、だるま工房やなせさんでの手作りだるま作り体験、北陸新幹線はくたか乗車、東京モノレール乗車、スタインウェイジャパン見学、これも貸し切りでのもんじゃ焼き、そして江戸の銭湯、、、、。

 

みんなのたくさんの体験の旅は終わりに近づき、いよいよ東京駅から岡山駅までの寝台特急サンライズ瀬戸の旅になりましたきらきら

 

幸い、みんな2階室を取ることが出来ていて(小さい子がいたおひと家族だけ2段ベッドのお部屋でした)、1号車の23番以降の2階室と2号車の2階全室に分かれて、みんなそれぞれの部屋に入りました。

 

部屋に入ったら、みんなそれぞれ持参していた「リラックスできる部屋着」に着替えて、

始まった、

寝台特急サンライズ瀬戸の夜夜

 

みんなは(写真を撮る事が出来た分だけですカメラ)、

思い思いに、

宿題をしたり、

遊んだり、

部屋で寛いだり、

サンライズはもちろん、車内には洗面所も完備!

寝る支度をしたり、

隠れてみたり、、、めお

 

そして、

なんだか楽しい、

サンライズの夜は、

みんなそれぞれに、

更けて行きました。

 

窓の外には、

夜の景色が、

次々と流れて行きました。

 

続きはまた明日ご紹介しますラッキー

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

3975 春の社会科見学の様子〜もんじゃ焼きと江戸の老舗銭湯!

昨日の先生の日記の続きです♪

 

本当に夢のような時間だった、

スタインウェイジャパンでの社会科見学のあと、みんなは天王洲アイル駅からりんかい線と地下鉄を乗り継いで、月島へ向かいました。

 

目的は「本場のもんじゃ焼き」びっくり

 

お店はコンクールの時の打ち上げなどでもうお馴染みになっている「もんじゃ麦・清澄通り店(旧仲店)」さん。

 

今、元あったお店の場所が再開発になり、都営大江戸線月島駅から清澄通り沿いに勝どき橋に向かって歩いた場所で仮営業されています。

 

前もって電話で相談させて頂いた時に「それでしたらちょうど貸し切りですね!」とお話下さっていて、その通り、お店はみんなの貸し切りでしたビックリマーク

 

それぞれ鉄板が張られたテーブルに分かれて座り、それぞれ好きなもんじゃと飲み物を頼んで、

 

僕:「今回は参加してくださってありがとうございます!素敵な旅にかんぱ〜いっおんぷ

 

皆:「かんぱ〜いっおんぷ

 

で、貸し切りなので遠慮なく大きな声でおしゃべりをし、他のテーブルの様子も見に行って、おかわりも注文し、、、。

 

楽しい宴は続きました(笑)

 

美味しく楽しかったもんじゃ焼き屋さんから、また地下鉄と今度はJ山手線を乗り継いで、みんなが次に向かったのは、

日暮里駅からほど近い場所にある老舗の江戸銭湯「齋藤湯」さん温泉

 

齋藤湯さんは、3年ほど前まで最後の三助さん(お風呂屋さんでお客さんの背中を流すお仕事)がおられたことでも知られる老舗の銭湯で、つい最近新しく建て替えられた建物は敢えて江戸の古い風情も残しながらピッカピカきらきら

 

現在3代目のおじいさんを筆頭に4代目のお父さん、5代目候補のチビッコ、それに素敵な奥様方のご家族経営でした。

 

もちろん、

銭湯前には、地元の常連さん達の自転車がズラッとOK

 

この齋藤湯さんで、だるまさん作りから始まった一日の汗ともんじゃの煙を流し、、、。

 

身体にかけ湯をしたときのなんと気持ち良いことびっくりハート

 

かけ湯の温度、絶妙っ矢印

 

みんな湯から上がって帰り際、齋藤湯のご主人が、

 

湯:「せっかく岡山からみんなで来て下さったんだから、なにかお土産をさしあげましょう」

 

皆:「えっ?

 

湯:「こんなのしかないけどねぇ」

 

皆:「ありがとうございますびっくり

 

そして、みんなに一枚ずつ下さったのが、

この「齋藤湯オリジナル江戸手ぬぐい柄タオル」でしたふきだし

 

きっとこれが江戸の人情、江戸の粋ってものなんだ、、、矢印

 

 

江戸の粋、老舗銭湯「齋藤湯」のご主人は、「近道を教えてあげましょう」と言って、日暮里駅までの近道を一緒に歩いてご案内して下さり、、、。

 

日暮里駅前でよくよくお礼をお伝えして齋藤湯のご主人とお別れし、みんなはJR山手線に乗って東京駅を目指しました。

 

東京駅に着いたのは21時40分。


サンライズ瀬戸の出発まであと20分。

 

みんなそれぞれに預けていた大きな荷物をコインロッカーから出して、サンライズ瀬戸の出発ホームに上がったのが、サンライズ瀬戸の東京駅出発10分前の21時50分でした。

 

サンライズ瀬戸はもう入線していて、みんな「わあ〜!」とか言いながら、飲み物を買ったあと、1号車、2号車の2階のそれぞれの部屋に乗り込んだのでした。

 

そして、早速、それぞれ持っていていた部屋着に着替えて、

本当に楽しかった今回の旅。

 

その仕上げの「寝台特急サンライズの夜」が始まったのでした夜

 

続きはまた明日、ご紹介させていただきますラッキー

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

3974 春の社会科見学の様子〜スタインウェイジャパンにて!

昨日の先生の日記の続きですびっくり

 

広島の浜松ピアノ社の社長さんのご尽力とスタインウェイ社のご協力により実現した、山本あきひこのぴあの教室のみんなによる、スタインウェイジャパン社会科見学ビックリマーク

 

そこには「本物の空間」が広がっていましたonpu03

 

一番小型のもので一千万円超〜装飾モデルの数千万円のピアノまで、しばらく自由に弾かせて頂いたあと、、、び

 

マーケティング部長のMさんが別室に通して下さると、いつもはそこにもピアノが用意されているはずの場所に、生徒さんたちの人数分の椅子と大きなモニターが用意されていて、

「今日はみなさんにこのような形でご案内させて頂こうと思います」とお話を始めて下さったMさん。

 

なんとび

 

みんなのために2時間分ものプログラムをご用意して下さっていました!!

 

写真の右端に見えるアップライトピアノ(スタインウェイはその職人さんたちの技術の継承のために、年に数台しか作らないアップライトピアノの製造も続けています)は、「クラウンジュエル」という特別に美しい木目の木を選んで外装に施し、その名前の通り、鍵盤蓋の内側に本物の天然ダイヤモンドをあしらった特別モデルです。

 

 

お話は、、、。

 

スタインウェイの歴史や、考えていること、目指していること、今もさらに良いピアノ作りを目指し続けていること、スタインウェイが多くのピアニストたちから愛され続けている理由、また、ピアノ協奏曲の演奏会の98.6%でスタインウェイピアノが選ばれて使われていること、職人さんたちの持っている高い意識やプライドのお話などなど、、、。

 

今回のために用意して下さった映像を交えながら、小さい子にとても優しく笑いながらお話をしてくださったMさんに釣られて、みんな時に爆笑しながらMさんのお話は進みました。

 

そして、いよいよキラキラ

 

「スタインウェイグランドピアノの模擬選定」ですちからこぶ

 

スタインウェイジャパンでは、スタインウェイピアノまたはボストンピアノを購入する際、同じモデル3台(ボストンは2台)を専用の選定ルームに並べて試弾、より好みのピアノを選ぶことが出来る「選定」という作業をリクエストする事が出来ます。

 

今回の社会科見学で、もし可能ならば生徒さんたちに「世界最高のものを選ぶ体験」をしてもらいたくて「模擬選定をさせて頂けたら嬉しいです」、と、もう、無理を承知でスタインウェイ社にリクエストしていました。

 

そうしたら、なんとなんとやかんさん

 

「承りました」とわぁお

 

そうして実現した「スタインウェイグランドピアノ模擬選定体験」でした。

 

みんなは、本物のスタインウェイ選定ルームに通されました。

 

たくさん(20台以上?)並べられたピアノの中に置かれたスタインウェイグランドピアノの中に、選定前のプレップアップ(スタインウェイピアノは選定前、プレップアップと言って調律はもちろんアクションの整調など演奏可能な状態に準備する作業があります)がされた同じモデルのグランドピアノ3台が、その大屋根を開けてみんなを待っていました。

 

これはっビックリ!!

 

D274型ビックリ!!

 

スタインウェイ最大のコンサートグランドピアノで、スタインウェイが誇るフラッグシップモデルの新品です!

 

その3台をみんな全員、順番に音出しました。

 

中にはまだ両手で弾けない子やメリーさんのひつじが精一杯の子もいましたが、スタインウェイ社の方々はそんな拙い音出しもニコニコ熱心に聴いて下さって、、、。

 

最後に、それぞれ気に入ったピアノの前に移動して、感想を言い合って、、、。

 

これは夢だったのかなと思うほど現実離れした時間でした。

 

模擬選定のあとは、

本当にこれから出荷されるピアノの梱包作業の実演、また技術のトップのTさんによる調律の実演やアクションのお話、最後は全員にお土産まで頂いて、

みんな「すごかったな〜」って、

入口に戻って、

冷たい飲み物を頂いてだんだん現実に戻り、お世話してくださったMさんとSさんにお礼を言って、

記念写真を撮って頂いて、スタインウェイジャパンを後にしました。

 

この体験は本当にすごかったですゆう★

 

 

そうして春の社会科見学はおまけの時間へと、、、。

 

続きは明日、ご紹介させていただきますラッキー

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

3973 春の社会科見学の様子〜スタインウェイジャパン訪問!

一昨日の先生の日記の続きです矢印

 

この春、初めて企画してみた「山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学」キラキラ

 

4月3日(月)の朝、岡山駅を出発したみんなは、山陽・東海道・上越・北陸の各新幹線を乗り継ぎながら浜松の楽器博物館、掛川のヤマハグランドピアノ工場見学、高崎の手作りだるま工房やなせさんでのだるま作り体験と旅を続け、いよいよ矢印

 

今回のメインのひとつ、スタインウェイジャパン(スタインウェイの日本支社)訪問になりましたびっくりハート

 

 

スタインウェイジャパンは、そう!あのスタインウェイピアノを作っているスタインウェイ&サンズ社のことです指

 

スタインウェイ社は、スタインウェイ・ミュージカル・インスツルメンツというグループ企業体のピアノ部門の会社で、スタインウェイにはスタインウェイピアノをはじめ、ボストンピアノ、エセックスピアノの三つのピアノブランドがあります。

 

スタインウェイ・ミュージカル・インスツルメンツはピアノのスタインウェイ&サンズ社の他、トランペットのヴィンセント・バック、サックスのセルマーなど、それぞれの分野で世界トップと言われる楽器メーカーを中心に構成されています。

 

そのスタインウェイ・ミュージカル・インスツルメンツのピアノ部門、スタインウェイ&サンズ社の日本法人がスタインウェイジャパンで、そこには世界に5箇所だけのスタインウェイピアノセレクションセンターも併設されていて、スタインウェイ社のピアノの中でスタインウェイまたはボストンを購入する際は、そこで選定や検品を行うことが出来ます。

 

山本あきひこのぴあの教室でレッスンで生徒さんたちに自由に弾いてもらっているピアノ(スタインウェイB211)と、練習室のピアノ(スタインウェイAS188)も、ここで選定したピアノです。

 

スタインウェイジャパンには、世界ツアー中の海外のピアニストも練習などに訪れることも多く、ピアノが好きな人にとっては聖地の一つかも知れません。

 

 

そもそももん

 

そんな「世界最高のピアノ」を作り、それでもさらに上を目指すメーカーであり、「世界最高のピアニスト」達が訪れる場所であり、日本中の主なホールに置かれているスタインウェイのグランドピアノの多くは委託を受けたピアニストによってここで選定されたものであり、早い話が一般非公開の場所やかんさん

 

 

そもそも、そもそももんもん

 

そんな「世界一の人たちの場所」であるスタインウェイ社に、小さな町のピアノ教室である山本あきひこのぴあの教室の「子どもたちに社会科見学させていただけないでしょうか」っていうお願いを聞いて頂けるのか、、、。

 

例えて言うなら、、、

 

フランスの鴨料理の老舗名門トゥールダルジャンで、チビッコたちに調理実習をさせてもらうような、、、。

 

 

山本あきひこのぴあの教室のピアノ全てをお世話になり、生徒さんのピアノもお世話して頂いている、スタインウェイの広島県・岡山県正規ディーラー「浜松ピアノ社」(広島)の社長さんに相談してみました。

 

僕:「これこれで、こんな企画を考えているのですが、スタインウェイジャパンは社会科見学の受け入れはしてもらえるでしょうかあせ

 

社:「分かりました。掛け合ってみましょうメモ

 

 

そして、数日が過ぎ、、、。

 

社:「スタインウェイジャパン、大丈夫ですおめでとう!

 

僕:「本当ですかっわーい♪ありがとうございますok

 

 

そして、スタインウェイ社から「どのような内容がよろしいですか?」っていうご連絡を頂き、、、!!

 

何回かの連絡のやり取りで、お邪魔させて頂く人数や時間、社会科見学の内容などが決まっていきました↑↑

 

それは楽しく、その作業自体も僕にとってはとても勉強にもなる素晴らしい時間でしたpatipati

 

 

そうして実現した、スタインウェイジャパン訪問&社会科見学は、高崎駅を出発後、東京駅で大きな荷物を預けてから山手線、東京モノレールと乗り継いで、最寄りの天王洲アイル駅で下車、そこからみんなで歩いて、約束の時間だった4月4日(火)午後15時の5分ほど前に、スタインウェイジャパンが見えてきました。

 

するとわぁお

 

今回社会科見学をご案内して下さるスタインウェイ社マーケティング部・部長のMさんと、いつも選定のお世話をして下さるSさんが外に出て待っていて下さいましたわぁお

 

お二人にみんなで挨拶をして、いざスタインウェイジャパンの中に通して頂いて、、、。

 

実は、スタインウェイジャパン社は表の入口から入ったとてもオシャレな広間にはドアがありません。

 

なんと隠し扉っ!!

 

その隠し扉の一つを開けると、トイレや洗面所になっていて、みんな見学の前に手を洗いに、、、。

 

僕も手を洗いに入ったら、

手洗いがゴールドっキラキラ

 

手洗いが済んだ子から別の隠し扉を開けて、中に入ると、通常モデルの他、クラウンジュエルや限定ラリックガラス装飾モデル、伝説の「ルイモデル」(白ベース&金装飾&チッペンデール=6,860万円(税抜き))の新品がゆう★

 

そんなピアノたちを自由に弾かせて頂いたあと、別室に通されて、いよいよスタインウェイジャパン見学本編が始まりましたひらめき

 

それはとてもとても濃い時間でしたワッ!

 

続きは明日、ご紹介させていただきますラッキー

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

3971 春の社会科見学〜みんなの手作りだるまさんコレクションその2!

昨日の先生の日記の続きですだるまさんがころんだ

 

みんなそれぞれの想いをのせて完成しただるまさんたちだるまさんがころんだ

 

そのだるまさんのベースのまだ白いままのだるまさんは、日本一のだるまの産地(全国シェアの約80%!)群馬県高崎市、その高崎市の老舗手作りだるま工房やなせさんの本物のだるまさんですだるまさんがころんだ

 

完成した生徒さんたちの作品の続きは、

シュールな作品ゆう★

 

そして、

ほんわかしたり、

わんちゃんだったり、

笑ってたり、

メガネをかけていたり、

希望に溢れていたり、

プーさん発見っpatipati

 

さらに、

自分の名前入りだったり、

虹を狙ったり、

勇気があったり、、、↑↑


だるま工房やなせさんでのだるまさん作りは、

最高でしたっ;

 

とっても優しいやなせさんご夫婦にお礼を言って、みんなはまたタクシーに分乗して高崎駅に戻り、今度は最新の北陸新幹線はくたかに乗って、車内でお昼ごはんの駅弁を食べながら東京を目指しました走る

 

目的地は、あのスタインウェイジャパンねっ

 

世界に数箇所だけあるスタインウェイの公式セレクションセンターにして(もちろん日本唯一)、世界中のピアニストたちが日本を訪れた際、その多くが立ち寄り、またピアニストたちも自らの楽器や依頼を受けたホールのピアノの選定に訪れる場所。

 

普段は一般非公開の、ピアノが好きな人にとっていわば聖域っわぁお

 

続きはまた明日の先生の日記でご紹介させて頂きますラッキー

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

3970 春の社会科見学〜みんなの手作りだるまさんコレクションその1

昨日の先生の日記の続きですだるまさんがころんだ

 

4月4日(火)の朝からお邪魔した、群馬県高崎市にある手作りだるま工房やなせさん。

 

そこで、それぞれ選んだ大きさの白いだるまさんに、みんなそれぞれの想いをのせて好きなデザインを考えて、色を塗っては乾かし、乾かしては色を塗って、、、。

 

そんな作業を繰り返して、ついにびっくり

 

みんなのだるまさんたちは完成しましただるまさんがころんだ

 

そんなだるまさんコレクションですライト

これは、イチゴをモティーフにした高校生の作品いちご

 

そして、

黄色いとりや、

来春の合格祈願をした、こちらも高校生の作品。

 

そして、

本職のだるま職人さん絶賛だった、こちらも高校生の作品ふきだし

 

そしてそして、

金ピカや、

チョコレート色や、何だか優しいお顔のだるまさん。

 

さらに、

くまもんや、

なんか喜んでいるものや、

ピンクのだるまさんも。

 

そしてこれが、

山本作矢印

 

とっても楽しいだるまさんたち〜♡

 

あと半分は、明日ご紹介させて頂きますラッキー

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

3969 春の社会科見学の様子〜だるまさん作りその2!

昨日の先生の日記の続きですだるまさんがころんだ

 

みんなそれぞれ思い思いの大きさ、デザインの、それぞれオンリーワンのオリジナルだるまさん作りに掛かった総勢23名の春の社会科見学メンバーたちpy

 

色が混ざらないように、

塗っては乾かし、

乾かしては塗って、を何度も繰り返しましたライト

 

社会科見学当日、4月4日(火)の高崎市内は雲一つない、風もない、まさに日本晴れっ国旗

 

手作りだるま工房やなせさんのお庭で乾かされるだるまさんたちも、

なんだか、

ゴキゲンで、

気持ちよさそうっ矢印

 

お庭に並ぶ、

みんなのだるまさんと、

 

こちらは、

大量の本物の手作りの高崎だるまふきだし

 

こうして、生徒さんたちの作業は、

春の青空の下、続いたのでした矢印

 

そして、作業開始から約3時間。

 

いよいよ完成したみんなのだるまさんたちのご紹介は明日から写真でアップ致しますラッキー

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

3968 春の社会科見学の様子〜だるまさん作りその1!

昨日の先生の日記の続きですライト

 

4月3日(月)、朝7時28分岡山駅発のひかり460号で出発したみんなは、途中、浜松の楽器博物館、掛川のヤマハグランドピアノ工場見学をし、遠州浜名湖鉄道桜木駅で昭和レトロな時間を過ごし、再び新幹線に乗って東京へ、、、。

 

東京駅からは上越新幹線の2階建てMAXとき339号で

群馬県高崎駅までやって来ました。

 

高崎駅前のパスタ屋さんでみんな一緒に晩ごはんを食べたあとこれまた高崎駅前にあるホテル、東横イン高崎駅前気貿颪泙辰董△澆鵑覆修譴召譴乏擇靴ぬ襪魏瓩瓦掘◆◆◆

 

 

そして迎えた二日目、4月4日(火)の朝taiyougoki

 

この日はホテルで朝食のあとタクシーに分乗して、今回の社会科見学メインの一つ「日本一のだるまの街でオリジナルだるまさんを作ろう!」でお世話になる、手作りだるま工房やなせさんを目指しました。

 

手作りだるま工房やなせさんには高崎駅前から10分ほどで着きました。

 

最初、だるま工房やなせのご主人がみんなにわかりやすくだるまの由来などのお話をして下さって、どうして今のだるまの形になったのかっていうお話も(これには世界遺産富岡製糸場も関係がありました!)、とっても興味深く、、、だるまさんがころんだ

 

そして、作り方の説明の後、みんなエプロンやカッパを着て、

まずは、

それぞれのオリジナルデザインを、

考えることから、

だるまさん作りがスタートしました大吉

 

オリジナルのデザインがそれぞれ決まったら、決まった人から、

だるま工房やなせさんが用意してくださっていた「白いだるま」に色付けをしていきます。

それは、

みんな思い思いのデザインや色で、

それぞれの気持ちを込めて、

色は自由に、

だるまさんの表情には作者の心が出るんだそうです!

 

そして、

無い色は自分で配合し、

細かい場所は筆を変え、、、。

 

そうして、

色を塗ったらだるま工房やなせさんの庭で乾かし、、、。

 

その作業を繰り返し、色を重ねて、それぞれのだるまさんはだんだんその姿を現し始めたのでしただるまさんがころんだ

 

 

続きはまた明日、ご紹介いたしますラッキー

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |
profilephoto
RECENT COMMENTS
  • 3566 冬のごちそう〜津山家族庵の大阪風鍋焼きうどん!
    やまもとせんせい (11/03)
  • 3566 冬のごちそう〜津山家族庵の大阪風鍋焼きうどん!
    家族庵 (11/02)
  • 3566 冬のごちそう〜津山家族庵の大阪風鍋焼きうどん!
    家族庵 (11/02)
  • 3566 冬のごちそう〜津山家族庵の大阪風鍋焼きうどん!
    家族庵 (10/12)
  • 3566 冬のごちそう〜津山家族庵の大阪風鍋焼きうどん!
    やまもとせんせい (10/11)
  • 3566 冬のごちそう〜津山家族庵の大阪風鍋焼きうどん!
    家族庵 (10/10)
  • 3978 山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学2017まとめ!
    やまもとせんせい (04/23)
  • 3978 山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学2017まとめ!
    ゆう 母 (04/21)
  • 3978 山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学2017まとめ!
    やまもとせんせい (04/21)
  • 3978 山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学2017まとめ!
    ゆう 母 (04/20)
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS