先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

5019 春の社会科見学・延期!

この春計画しいてた「山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学の旅〜九州・鹿児島編」。

 

その前に立ちはだかったコロナウィルス。

 

九州でも感染された方が出たり、どうやら空気感染する可能性も否定できないっていうお話だったり、、、。

 

旅先ではほぼ貸し切りでの行動にはある予定の旅ではありますが、往復は新幹線。

 

また、現地でお世話になる場所での感染リスクは避けにくいものがあるような気がします。

 

今のところ、感染しても子どもは発症しないみたいなのではありますが、もし、旅先で感染して持ち帰り、それを岡山で広げるリスクも考えられます。

 

また、ウィルスだから、別のウィルス等と形質転換(?)を起こしていつ変異して、もっと強毒性に生まれ変わるかも知れず、コロナウィルス単体もだけれど、遺伝子の形質転換リスクを下げるためにも他のウィルスと重複感染の可能性を下げるためにも、出来るだけ元々かからない方が良さそうにも思います。

 

 

余談ですが、、、

 

 

この「遺伝子の形質転換」は、動物と植物の間でも起こるらしく、動物の目は植物の光合成をするために光を検知する遺伝子が形質転換されたものかも知れないっていう、結構有力な説があるんだそうです!

 

 

元に戻って、、、。

 

この春の社会科見学への参加を決めて下さっていた生徒さん、約20人!

 

本当にごめんなさい!

 

この春の社会科見学の旅は延期にさせて頂きます。

 

以前の新型肺炎のように数か月で収束したら、来春、同じプログラムで実行します!

待っとれ鹿児島っ!

 

待っとれ、

くまモン!

 

今のところ、夏の山の学校(この夏は馬路村の夏祭り)は実行の予定です。

 

ぜひ、たくさんの生徒さんのご参加をお待ちしています(^O^)/

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

5012 春の社会科見学、計画進行中!

2017年春の第1回以来、この春で第4回目になる山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学の旅。

 

生徒さんたちに旅を通して色んな体験や経験をしてもらって、それがピアノはもとより、これから先のきっと長い人生の中でのアイデアの引き出しの一つになってくれたら嬉しいなあと夢見ています。

 

最新の様々な研究でも、子どもの頃の子ども同士での自然体験や非日常時間の体験が多いほど、大人になった時に感じる人生の幸福度が高い、ついでに所得も平均的に高くなるっていう結果が如実に表れているらしく、、、。

 

それに加えて、シンプルに「旅の体験」っていうことだけでもおススメの企画です!

 

 

この春の旅も二泊三日!

 

一日目、

鹿児島に着いたら、ランチ(お弁当)付きの2時間のチャータークルーズ!

 

鹿児島・錦江湾の桜島周辺は野生のイルカの生息地らしく、野生のイルカが見れるかも知れません!

 

クルーズの後は、

かごしま水族館へ!

 

水族館と海をつなぐ通称「イルカ水路」に放されるイルカウォッチングをして、団体だから入ることが出来る水族館の裏側バックヤードツアーもあり、もちろんイルカショーやジンベイザメも見て、、、。

 

夜は鹿児島中央駅で好きな駅弁を買って、ホテルの部屋でゆっくり食べてもらう予定です。

 

 

二日目!

本場鹿児島の焼き芋を試食!

 

そして、

黒薩摩焼の窯元にお邪魔して、黒薩摩焼手びねりによる陶芸体験。

 

そのあと、

指宿の天然の湧水によるそうめん流しのお昼ごはん!

 

そうめん流しの次は、

春と秋の大潮の引き潮の時に現れる天然の砂州を渡って行く無人島「知林ヶ島」へ!

 

そんな海底体験の次は、

指宿名物、砂蒸し温泉!

 

そして、

日帰り温泉お客様満足度4年連続日本一に輝く、太平洋を一望の絶景「たまて箱温泉」へ!

 

晩ごはんは、

鹿児島中央駅近くのホテル近くの地元食材を使ったイタリアンレストランで。

 

メニューを見て食べたいものを店員さんに注文するっていう「おとな体験」がみんなを待っています!

 

そして、三日目、旅の仕上げは、、、

東シナ海や八代海を望むオーシャンビューの車窓で有名な肥薩おれんじ鉄道の旅。

 

オリジナルダイヤで運転される貸し切り列車「山本あきひこのぴあの教室のみんな号(仮称)」の旅は、、、。

 

途中、海が近い駅に停まって海を見て、おみやげ屋さんがある駅で停まってお土産を買って、途中駅からは前もって注文しておいた駅弁が列車に届くので、車窓風景を楽しみながら駅弁を楽しむ、通常なら2時間半ほどの道のりを約4時間かけてのんびり進む「乗り鉄」の旅です!

 

今朝、肥薩おれんじ鉄道の担当の方から、

 

お:「ダイヤがほぼ決まりました」

 

僕:「ありがとうございます!」

 

とご連絡を頂きました!

 

そして熊本からは新幹線で約2時間ちょっとで岡山へ。

 

こんな予定+きっと笑いと感動の旅。

 

昨日、

お申込み第1号は小学5年生!

 

山本あきひこのぴあの教室のみんなだからこそ出来る旅!

 

本当に本当におススメです!

 

ぜひぜひ、たくさんの生徒さんのご参加をお待ちしています!

 

よろしくお願いいたします(^O^)/

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

4997 春の社会科見学の旅〜日程決まる!

今から6年前、2014年の春。

 

生徒さんたちに何か新しいことをしてもらおうと考えて、春の遠足を行いました。

 

日本六古窯(にほんろくこよう)よりも古い時代に始まったとされる寒風焼手ろくろ作り体験や雪舟さんの小僧さん時代の涙のねずみの絵伝説で有名な総社市の井山宝福寺での座禅体験などを盛り込んだ日帰りの旅でした。

 

そこから発展し、その翌年2016春は現地下見と打ち合わせ、実際に生徒さんたちに可能か実証して、、、。

 

 

更に慎重に計画して2017年春に行った、初めての春の社会科見学の旅。

 

浜松の楽器博物館や掛川のヤマハピアノ工場見学、群馬県高崎でのだるま作り、東京のスタインウェイジャパン訪問、江戸下町の銭湯体験、それに旅の仕上げに東京から岡山まで寝台特急サンライズの旅がセットの、「色んな日本一を体験をしよう」がテーマの旅でした。

 

 

第2回目、2018年の春の社会科見学の旅。

 

盛岡のわんこそば挑戦、伝統工芸盛岡こけし作り体験、仙台港から名古屋港まで太平洋フェリーで約22時間の船の旅、大阪なんばグランド花月で吉本新喜劇観劇がセットの「おもてなし体験の旅」がテーマでした。

 

 

第3回目、昨年2019年春の社会科見学の旅は、、、。

 

高知県東部の山間、ダムを持たない清流安田川が始まる馬路村の馬路温泉へ二泊三日逗留(とうりゅう)し、「村の春を楽しもう」をテーマに史実で西暦700年より前から千数百年の歴史を持つ、落ち着いているけれど活気がある村の春を楽しみました。

 

 

そして第4回目の今年!

 

ハードルが上がった!

 

、、、ようなプレッシャーを楽しみに変えてあれこれ検討。

 

行先を、春の桜満開を迎えるころの九州・鹿児島にすることに!

 

とは言っても、僕は鹿児島は知らないことだらけだったので、色々下調べをし、実際に現地を訪れて安全確認をし、打ち合わせをし、予算も考え、、、。

 

そして決定っ!

 

先日、打ち合わせのラストだった、かごしま水族館のスタッフの方から最終オッケーが出て、

旅の日程が決まりました!

 

早速、生徒さんたちにご案内とお申し込みのお手紙を配り始めました!

 

楽しい旅の予定の詳しくは、、、。

 

まとめてから後日ご紹介させて頂きます(^O^)/

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

4884 山本あきひこのぴあの教室・来春の特別企画計画〜旅の仕上げ!

昨日の先生の日記の続きです!

 

 

鹿児島市内の大人数での食事場所の確保や宿泊するホテルの方との打ち合わせ、指宿から薩摩川内の現地確認、薩摩川内からは肥薩おれんじ鉄道の営業部の方との運行ダイヤや車両設備などの打ち合わせと確認、それに沿線各駅周辺の視察で停車駅の決定などなどが出来て、八代駅から熊本駅までは普通列車で移動してみました。

 

これは生徒さんたちみんなだときついっ!

 

僕一人なら座れましたが、みんなだと難しそうです。

 

うん、ここの移動は生徒さんたちには410円(子ども)プラスになるけど、指定席にしよう!

 

 

そして到着したJR熊本駅。

 

かつての九州最大の都市にして火の国熊本県の県都熊本市の玄関口で、九州新幹線の全ての列車が停車し、鹿児島本線、豊肥本線、三角線の各列車が発着し、八代から人吉方面へ入り鹿児島へ抜けていく肥薩線方面への直通列車も発着する、全国でも有数のターミナル駅のひとつです。

 

熊本駅では、ほとんど子どもの大人数&大荷物での乗り換え移動、同時進行での晩ごはんの確保、トイレ休憩、せっかくなのでくまモンなどのおみやげも見れたらいいな。

 

そんな基準で、約2時間、熊本駅構内をウロウロしました。

くまモン発見っ!

 

お弁当屋さんやパン屋さんが集まる一角を見つけて、熊本ラーメン屋さんや熊本名物太平燕(タイピーエン)が食べられるスポットも!

駅構内の立ち食いそば屋さんでそれは供されていました!

 

太平燕は長崎ちゃんぽんの麺が春雨になったようなイメージの食べもので、僕は大好きです!

 

 

春の社会科見学の旅の当日はきっと、熊本駅に到着したみんなは行きの荷物に加えておみやげが増え、さらに熊本駅でおみやげと新幹線車内で食べる晩ごはんが増えています。

 

それに旅の終盤でくたびれている、、、。

 

なので、出来るだけ水平方向の移動は最短で!

 

上下の移動はエスカレーターで!

 

その移動の途中に綺麗なトイレがあったら尚良しっ!

 

、、、そんなルートが、都合よく駅構内にあるかな。

 

、、、。

 

、、、。

 

あった!

 

無事、JR在来線改札口〜トイレ〜おみやげ&晩ごはん調達〜食べたい子は熊本ラーメンや太平燕〜新幹線改札口〜トイレ〜エスカレーターで新幹線ホームへ、のルートを発見しました!

 

その途中には、

みんなが喜んでくれそうな、でっかいくまモンも!

 

エスカレーターで新幹線ホームに上がった号車付近がちょうど、

こんな感じで、

その号車に乗ると、トイレも洗面所も広いタイプ!

 

旅の仕上げの岡山までの2時間も楽しく過ごせそうです!

 

 

途中、肥薩おれんじ鉄道出水駅のお弁当屋さんが下さった、

お弁当のパンフレット。

 

主に地元さん食材を使った、

たくさんのお弁当の中から好きなものを選んで注文出来て、それが貸し切り列車まで届きます!

 

 

まだまだ打ち合わせや旅の内容の練り上げがあります。

 

とっても楽しみな春の旅!

 

山本あきひこのぴあの教室ならではの特別企画です!

 

生徒さんたちみんな喜んでくれますように(^O^)/

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

4883 山本あきひこのぴあの教室・来春の特別企画計画〜貸し切り列車!

昨日の先生の日記の続きです!

 

 

残り時間を見ながら指宿を回り、鹿児島中央駅前で借りたレンタカーでそのまま高速道路を走って薩摩川内駅前に移動しました。

 

薩摩川内駅からは肥薩おれんじ鉄道(旧・JR鹿児島本線の一部区間)が熊本県の八代駅まで伸びています。

 

来春の社会科見学の旅の目玉のひとつが、この肥薩おれんじ鉄道での「貸し切り列車旅」!

 

肥薩おれんじ鉄道が走る薩摩川内駅〜八代駅間は、旧鹿児島本線時代から、その海岸線の景色の美しさで知られていました。

 

そこを、特別ダイヤで運行される山本あきひこのぴあの教室専用貸し切り列車で楽しむ、約4時間の旅!

 

僕は今回は一度、途中の出水駅で肥薩おれんじ鉄道営業部さんに寄って、担当の方と打ち合わせをしました。

 

また、みんなのお昼ごはんになるお弁当屋さんも見つけることが出来て、なんと、みんなの分のお弁当を列車まで配達して下さることにっ!

 

あと、途中下車したら楽しそうな駅を探しました。

 

肥薩おれんじ鉄道貸し切り列車の旅は、

この車内にテーブルがセットされて、

例えば海が近い途中駅では10分停車して、海まで降りてみたり、

海沿いの景色を楽しみながらおしゃべりを思いっきり楽しんでもらったり、

途中駅からは、前もって注文を聞いておいた希望のお弁当を列車まで届けてくれるので、そのお弁当の積み込みや、

地元の特産品などのおみやげ屋さんがある駅で、ちょこっとおみやげショッピングを楽しんだり、、、。

 

山本あきひこのぴあの教室のみんな専用の貸し切り列車なので、荷物は車内に置いたまま楽しめます!

一応リクエストを出した「くまモン号」も!

 

途中、

海の向こうに見える天草の島々。

穏やかな八代海。

 

あっという間に、

八代駅に到着です!

 

無事、途中停車してもらう駅も決まりました!

 

八代駅からはJRに乗り換えて、

やがて、

熊本駅に着きました。

 

熊本駅ではみんなの晩ごはんの確保と乗り継ぎ等の確認が課題でした。

 

子どもが二泊分の荷物とおみやげを持って移動するので、出来るだけエスカレーターが使えたり、迷わず最短距離で移動できる号車を選んだり、、、。

 

トイレも大切です!

 

 

つづく(^O^)/

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

4882 山本あきひこのぴあの教室・春の特別企画計画〜指宿のつづきのつづき!

昨日の先生の日記の続きです!

 

 

指宿を実際に訪れて、砂蒸し温泉、たまて箱温泉と、入れなかったけれど実際に現地を見ることが出来ました。

 

そして、次の打ち合わせ場所へ向かう残り時間を考えながら巡ったのは、

その湖畔に「鰻(うなぎ)」姓の方々が暮らされていることでも知られる鰻池。

 

今から約5,500年前の噴火で出来たカルデラ湖で、直径は約1.5kmのほぼ円形湖で深さが56mもあり、湖畔には鰻温泉があり、噴出す高音のガスを利用し、住民の方々が煮炊きに使われるかまどがあります。

 

今は静かな、

鰻池。

 

次に、

薩摩国一の宮こと枚聞(ひらきき)神社へ。

 

来春の旅の安全をお願いし、、、。

 

そして、枚聞神社から次に向かったのは、

九州最大の湖で、鰻池と同時期の火山活動で生まれたカルデラ湖、池田湖。

 

池田湖は周囲約15kmのやはり円形湖で、深さがなんと233m!

 

湖底中央には直径800m、高さ約180mの火山があるんだそうです!

 

謎の巨大生物「イッシ―」の正体ではないかとも言われる大ウナギが棲んでいて、その大ウナギを見ることも出来ます。

 

 

本当は本土最南端の駅「西大山」なども見たかったのですが、一度行ったことがあることもあり、時間の都合で今回はパスして、次の打ち合わせ場所「肥薩オレンジ鉄道営業部」さんを目指して、一路、高速道路で薩摩川内へ向かったのでした。

 

つづく(^O^)/

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

4881 山本あきひこのぴあの教室・来春の特別企画計画〜指宿のつづき!

昨日の先生の日記の続きです!

 

 

台風が残した高波で、様子を見るだけになった指宿・山川の砂蒸し温泉。

 

ではありましたが!

 

もう一つの温泉の下見予定もありました。

 

それは「指宿たまて箱温泉」。

 

太平洋を見渡す大絶景らしいこちらの温泉は、なんと、立ち寄り湯お客様満足度ランキング4年連続日本一!

 

砂蒸し温泉からは急坂をレンタカーで上がって移動、、、

 

、、、する途中で、僕よりはご高齢に見えるご夫婦が荷物を引っ張りながら坂道を上っているのが見えたので、

 

僕:「乗られますか?」

 

夫:「あぁ、すみません、ありがとうございます」

 

婦:「たすかりました」

 

急な坂の上のバス停まで行かれるということで、そこまでご案内し、、、。

 

僕:「お気をつけて〜」

 

夫婦:「ありがとう」

 

車中でのお話で、ご夫婦は大阪の方で、娘さんがピアノの先生をされているとか!

 

奇遇っ!

 

 

そんな物語もあったあと、砂蒸し温泉から10分足らずで、


到着したたまて箱温泉は、、、臨時休館っ!

 

僕が訪れた前々日の10月1日から、年末12月25日まで、施設のリニューアル工事のためにお休み、、、。

 

でも、ラッキーっ!

 

ってことは、、、

 

みんなで来る予定の来春は、リニューアルから間もなくのとってもきれいな状態のはず!

 

これはいいぞ〜!

 

一応、建物の前までは入れたので、

案内板を観たり、

 

太平洋を見下ろす、

景色の一番右にあったのは、焼酎のCMでもお馴染みの薩摩富士こと開聞岳!

 

この日は本当に波が荒く、こんな高台まで霧吹きで海水を吹き付けるような潮風が吹き付けていて、僕もあっという間に全身「塩コーティング」になりました。

 

たまて箱温泉を出発したあとは、次の下見目的地へ。

 

 

つづく(^O^)/

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

4880 山本あきひこのぴあの教室・来春の特別企画計画〜指宿へ!

昨日の先生の日記の続きです!

 

 

来春みんなで出かける計画の山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学2020の現地下見と打ち合わせで訪れた鹿児島。

 

本編は二泊三日の予定ですが、今回の打ち合わせは時間の都合で、前日夕方から二日目の最終の新幹線出発までの約27時間です。

 

一日目、夕方鹿児島中央駅に到着した後、前もってピックアップしていたり、実際に現地を見て「良さそ〜」って思ったレストランを他のお客さんのお邪魔にならないように気を使いつつ実際に訪問して、貸し切りが可能か、店内の雰囲気は、ホテルからのアプローチは、、、などなど調べました。

 

結局、ネットや雑誌で前もって調べていたお店ではなく、現地で「ここみんなに良さそうっ!」って感じたお店に、二晩とも決まりました。

 

ホテルの打ち合わせもし、ホテルを出たら二軒隣にコンビニがあることも確認し、生徒さんたちがもしかしたら一番楽しみにしているかもしれない「おみやげショッピング」が出来るところも探し、、、。

 

 

そして迎えた下見&打ち合わせ二日目in鹿児島。

台風の名残の雨が時折降る中、

レンタカーで向かったのは、砂蒸し温泉でも有名な指宿(いぶすき)!

 

JRの観光列車「いぶすきの玉手箱」号で訪れるか、バスをチャーターするか、迷うところです。

 

いざ、目的地の「たまて箱温泉」とセットの、

砂蒸し温泉へ向かうこのアプローチの気持ち良いことっ!

 

海岸まで降りたら、

この道の先なのですが、

この日は台風が残してくれた波が高く、波をかぶりながら進んだら、

この日は、

波が高くて波打ち際の砂蒸しは不可っ!

 

なので、

太平洋越しに見える大隅半島を眺めて、、、。

 

火山の噴火後の残存外輪山の、

長い長い年月を経た外輪山の名残(なごり)がカッコいいっ!

 

そして、砂蒸し温泉からレンタカーで5分ほどの次の目的地、たまて箱温泉を目指したのでした。

 

 

つづく(^O^)/

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

4879 山本あきひこのぴあの教室・来春の特別企画計画〜その1!

それは4年前の春。

 

浜松の楽器博物館見学とピアノ工場見学、東京のスタインウェイジャパン訪問などに、群馬県高崎でのだるま作り体験、東京での江戸銭湯体験、寝台特急サンライズの旅などなどをセットにした、山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学の旅2017を行いました。

 

「色んな日本一を体験しよう!」がテーマでした。

 

 

その翌年。

 

盛岡のわんこそば体験、伝統こけし作り体験、仙台から名古屋までの太平洋フェリーによるクルーズ体験などに大阪での吉本新喜劇観劇などをセットにした、山本あきひこのぴあの教室・春の社会科見学の旅2018。

 

「色んなおもてなしを体験しよう!」がテーマでした。

 

 

そして今年の春。

 

高知県馬路村を訪れて、村にある小さな温泉宿・馬路温泉に宿泊し、二泊三日馬路村の中で遊びました。

 

「山間の村の春」がテーマでした。

 

 

そしてそして、来春は!

 

行先は九州・鹿児島!

 

「異文化に触れよう!」がテーマです!

 

 

一昨日、お昼まで大学でレッスンした後、鹿児島中央駅行きの新幹線、

さくらに乗って、現地下見と打ち合わせの、1泊1.5日の弾丸往復をして来ました!

 

鹿児島中央駅には、夕方17時過ぎに到着。

 

現地二泊の晩ごはん場所の確保が課題です。

 

生徒さんたちには好きなものを自由に食べてもらいたいし、でも、安全は第一だし。

 

せっかくなので、鹿児島の食材を使ったお店が良いなあ、、、。

鹿児島中央駅周辺をウロウロし、いくつかのお店の方とお話をさせて頂いたりして、

すっかり夜っ!

 

そして、みんなで宿泊予定のホテルでは、他のお客さんに迷惑が掛からないように、また、より安心して泊まれるように、また、出来たら窓の外の景色も気持ちよいと更にいいので、景色が良い階をワンフロア―貸し切れるかどうか相談をし、、、。

 

そちらのホテル、まだ何階になるかは分からないけれど、ワンフロア―がちょうどよい部屋数でした!

 

これで現地下見の一日目が終了し、翌日に備えてベッドで爆睡になったのでした。

 

 

つづく(^O^)/

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |

4767 土佐の空の下!

令和になって初めての入道雲を見た日。

 

その入道雲は矢掛への用事の帰りだったのですが、その用事は、

春の社会科見学の集合写真の受け取り!

 

懐かしい、

春の思い出。

 

平成ラストの春だったので、日付はリクエストしてあえて元号で入れて頂きました!

 

集合写真には載せきれなかった一コマ一コマも宝物。

 

次回社会科見学は現在進行形で計画中です!

 

次回もみんなに喜んでもらえますように(^O^)/

| やまもとせんせい | 社会科見学 | comments(0) | - |
profilephoto

山本あきひこのぴあの教室LINE公式アカウントはじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS