先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 4748 夏の山の学校の下見の様子〜登山出発! | main | 4750 山の学校の下見の様子〜男三瓶山へ! >>

4749 夏の山の学校の下見〜登山中!

昨日の先生の日記の続きです!

 

 

そんなわけで、三瓶山縦走を目指して登り始めた大平山。

 

大平山までは一度歩いて登ったことがあったので、何となくイメージはあったような気もするのですが、体力は落ちていて、結構きつい!

 

でも!

やがて眼下に広がるこの景色っ!

 

うん、

最高だっ!

 

大平山山頂から見える、

左が孫三瓶、右が子三瓶、

 

そして、

子三瓶の右に聳える(そびえる)三瓶の主峰・男三瓶山。

 

大平山のすぐ隣には、

今回はパスしましたが女三瓶山。

 

旧火口を囲む三瓶の山々を眺めていて、ふと気が付きました。

上の写真では空と山との境目になっている右上がりの斜面。

 

地図によるとこのあと、この写真の時よりは未来の僕が進む道は男三瓶山のこの斜面を一直線に上がる登山道になっています。

 

45度超えてるぢゃんっ!

 

そして、

この子三瓶も、ついでに孫三瓶も。

 

美しい稜線をそのまま一直線に登るらしい、、、。

 

交流の家のスタッフの人から聞いてはいました。

 

ス:「急ですよ」

 

と。

 

おおおっ!本当だ!

 

、、、と思った10分後、孫三瓶への登山道で、その「45度の斜面を上がる」っていう、人生で貴重な経験をし、その急斜面の凄さを体験し、

孫三瓶、登頂成功っ!

 

孫三瓶から見えたのは、

真正面になった、主峰男三瓶山の険しい南側の壁!

 

そして、

島根と山口県境の旧火山群の山並み(他の登山の方にも本当に数人出会いました)。

 

そして、

これから進む道は、一度遥かな眼下に下りてから、斜面を一直線に子三瓶へ!

 

でもでも、

三瓶旧火口を囲む三瓶の山たちは、

美しいっ!

 

そして、孫三瓶以上だった急斜面を這って進んで、やっと登った、

子三瓶山頂で、交流の家で持たせてもらったおにぎり弁当を食べてパワーアップし、

 

スマホを見ると、

ここまでで既に階段143階分登ってる!

 

ちょっと弱気になって、子三瓶から山を下りて、麓の道を歩いて交流の家まで戻ろうかという気持ちになりかけたのですが、地図を見ると男三瓶山山頂経由の方が圧倒的に近い!

 

よしっ!

あの山頂に、急斜面から登ってやる!

 

写真の手前子三瓶と奥の男三瓶の間には「沢」と呼ばれる深い谷があり、一度おりてまた登るのではありますが、、、。

 

そして男三瓶山頂目指して出発したのでした!

 

 

つづく(^O^)/

| やまもとせんせい | 山の学校in三瓶山〜夏〜 | comments(0) | - |

この記事に対するコメント

コメントする









profilephoto
友だち追加
山本あきひこのぴあの教室公式LINE@はじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS