先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 4765 発表会の輝き! | main | 4767 土佐の空の下! >>

4766 初夏!

昨日6月12日の水曜日。

 

用事で矢掛のミヤケスタジオさんへ出かけた帰り道、

今年初めて見る入道雲が、季節を教えてくれました。

 

小学生の頃、習っていたサッカーチームの合宿で訪れた津山。

 

夏の暑い暑い日、今ほど暑くはなかったとはいえ日陰の無いグラウンドで一日中練習でした。

 

当時はガチ昭和のガチ熱血指導がスポーツの世界。

 

厳しく水分を制限されて、それは夜間も続き、あまりの渇きに泊まっていた古くぼろく汚い旅館の、ひねると錆び水が出る水道の水を深夜、こそっとチームメイトたちとがぶ飲みし、お腹を壊して練習が休みになるチームメイトが続出!

 

しかしっ!

 

僕はお腹が丈夫で無事!

 

走り過ぎて吐いて強制退場になるチームメイトもたくさんになりましたが、僕は無事!

 

結果、いつまでもいつまでも走っていることに。

 

腹痛やリタイヤで休んでいるチームメイトたちを恨めしく思いながらひたすらグラウンドを何周も何周も走らされ、、、。

 

その合宿は3泊4日だったか4泊5日だったか忘れたのですが、毎日夕立がありました。

 

それは決まってお昼の3時を過ぎるころ。

 

それまでは真っ白だった入道雲が急激に青い空に昇り始めて、やがて「ゴロゴロ」と低く小さな雷鳴が聴こえだし、すると!

 

一気に「ざー!」と来ます!

 

当時は、野外スポーツ時の雷への危機感も薄く、のどは乾いて、体も乾いて、ひたすら砂まみれで熱かったみんなは夕立の中に飛び出して雨を浴びて口を開けてちょっとでも雨の水をなめて、、、。

 

、、、今思うと、めちゃめちゃ危なかったんですが。

 

、、、当時のコーチ、めちゃくちゃやな。

 

 

でも!

 

それ以来、夕立が好きです。

 

夕立の前に吹いてくる風の匂いや、ちょっとしたひんやりした空気、雷鳴、一気に降ってパッと上がる雨、夕立のあとのまるで空気の一粒一粒まで磨かれたように輝く夏の夕方の空の色。

 

なんか団扇と冷やしアメが似合うような気がする風景。

 

 

そんなことをふと思い出した矢掛の空でした(^O^)/

| やまもとせんせい | 徒然(つれづれ)に | comments(0) | - |

この記事に対するコメント

コメントする









profilephoto
友だち追加
山本あきひこのぴあの教室公式LINE@はじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS