先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 4769 ピアノ10周年の笑顔×20枚っ! | main | 4771 食欲系男子! >>

4770 3才半っ!

昨日の夕方、山本あきひこのぴあの教室の仲間たちでは現・最年少になる女の子が、お父さん、お母さんと一緒に体験レッスンに来てくれました。

 

彼女は地上に登場してからまだ3年半!

 

初めての場所はきっとこわくって、でも「ぴあのひきたい」っていう前向きな気持ちもあって、僕を見たら「しらないおじちゃん」だったり、でも「なんかおもしろいことをいってくれる」だったり、、、。

 

そんなこんなの結果、号泣で登場っ!

 

時々泣き止みながら、僕のことを見てくれて、、、。

 

僕はできるだけちっちゃく見えるように背をかがめて座って、「お父さん、お母さんとなきょしのひとなんだよ〜」っていう感じで、お父さん、お母さんと談笑をし、時々3才半の彼女にも話しかけて、、、。

 

絵本を読んであげたら「ぷっ」と笑ってくれて、、、。

 

でもやっぱり出ちゃう涙(笑)。

 

でもでも!

 

泣きながらも僕の方に近づいて来たり、お話を聞くときはこっちを見ていてくれたりだったので、たぶん、僕のことキライじゃない。

 

こんな時は無理せずに、「どきどきしたけどたのしかった」とか「どきどきしたけどがんばった」気持ちだけ持って帰って欲しいので、お手てを拭いてもらったあと、でたらめにいろんな音を鳴らしてもらって、「じょうずにできたね〜」でお開きにしました。

 

今までも、小さいお子さんの時々あることなので、そんな時は無理せずに楽しく第1回目の体験レッスンをして、それから例えば半年後、さらに半年後、、、っていう感じで体験レッスンに何度か来て頂いてからご入会っていう、ちっちゃいお子さんの流れがあります。

 

彼女とも半年後、彼女が4才になる頃の再会を楽しみに、、、。

 

 

そんなこともあった昨日。

 

午前中からお昼過ぎまでは、小学校低学年の生徒さんのピアノ探しに広島に行っていました。

 

その時、一緒に来て下さっていた、その小学校低学年の生徒さんのおじいさんが教えて下さった、

この本。

 

羊はフェルト。

 

鋼はワイヤー。

 

森は、、、。

 

夢、目標が持てなかった高校生の主人公が、ある日学校の体育館のピアノの調律に来ていた調律師さんと出会い、やがて、、、。

 

っていうお話なんだそうです。

 

おもしろそう!

 

早速注文してみようと思います(^O^)/

| やまもとせんせい | おでかけ | comments(0) | - |

この記事に対するコメント

コメントする









profilephoto
友だち追加
山本あきひこのぴあの教室公式LINE@はじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS