先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 4779 もしかしたら、、、! | main | 4781 南半球から! >>

4780 きゅーかんばーっ!

人生にはさまざまなことが起こり、そしてそのどれもが無駄ではない、、、

 

、、、と、よくお話には聞きます。

 

僕も僕なりのレベルで、そのことを感じてはいるのですが、、、。

 

 

今を遡ること、多くの生徒さんたちが生まれる前くらい。

 

僕にも中学生の頃がありました。

 

その頃の英語の授業は、本当に、本当に、今思えば「突き指は引っ張って直せ!」くらいいい加減で(もちろん、当時の先生方はそれはそれで一生懸命に教えて下さったこと、感謝ばかりです!)、

 

先:「ほわっとたいむいずいっとなう。りぴいと」

 

子:「ほわっとたいむいずいっとなう」

 

先:「ぐっど。しっとだうん」

 

子:「さんきゅう、みすたあたなか」

 

平和でした。

 

後年になって、「わらいm、いずぃーっなぅ」っぽくって、りんごは「あぽー」だと知りました。

 

そんな頃に、真剣に覚えることを強要された単語の中に、「きゅーかんばー」と「ひぽぽます」がありました。

 

きゅうりとカバ。

 

当時まだまだ今どころではなく未熟だった中学生の僕は、「人生のシチュエーションの中で外国行って『僕は欲するところのきゅうり』とか『あなたの顔はカバみたいだと思いませんか?そうでしょう!(aren't you?)』とかあるんかな、って習う内容にちょっぴり不思議を感じていたのですが、、、。

 

ですが!

 

ついに!

 

きゅうりが役に立つ日がやって来ました!

 

 

高校2年生の生徒さん。

 

小学校入学と同時にレッスンに来てくれた彼女との付き合いも、もう10年以上。

 

県内屈指の県立進学校に通う彼女たちは先週が修学旅行でした。

 

行先は、、、。

 

海外っ!

 

マレーシアっ!

 

、、、僕は持っています、うっすらしたところの記憶に、その首都がクアラルンプールだったかな。

 

彼女は、彼女たちにとってきっとぶっちぎりに楽しかった思い出の時間の中でも、僕にもおみやげを買って来てくれて、それが、

子:「sea cucumber's sorpなんよ」

 

僕:「海きゅうりのせっけんっ!?」

 

子:「あ、ナマコのことを『sea cucumber』って言うんだって」

 

僕:「へええええっ!」

 

 

ありがとう、英語の先生っ!

 

ありがとう、きゅーかんばーっ(^O^)/

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

この記事に対するコメント

コメントする









profilephoto
友だち追加
山本あきひこのぴあの教室公式LINE@はじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS