先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 4976 強風っ! | main | 4978 第13回ベーテン音楽コンクール全国大会〜小学5年生、出て良かった! >>

4977 第13回ベーテン音楽コンクール全国大会〜小学3年生、未来へ!

昨年末行われた第13回ベーテン音楽コンクール全国大会。

 

そのピアノソロ部門自由曲コース、バロックコース両方に出場した小学3年生の生徒さん。

 

彼女、とっても利発!

 

ピアノも器用にどんどん譜読みを進めて、どんどん進んで、よく頑張っています。

 

が、しかしっ!

 

とっても知能が高い印象の彼女は、それだけに「だってできてるもん」になりがち。

 

僕:「今のところ、もう一回楽譜を見て音を確かめてごらん」

 

子:「えっ!あってるもん」

 

、、、楽譜を読み直そうとはしません。

 

、、、見ようともしません。

 

、、、間違いを認めません。

 

僕:「とにかく違ってるから、そこの小節の左手の二番目の音、よく確かめて」(例えば、ですが)

 

子:「えっ!あっとるけど」

 

、、、認めません(笑)

 

僕:「とにかくちがうんじゃぁ〜い!ちゃんと今、楽譜を確かめんか〜い」

 

子:「え〜」

 

、、、しばらくふくれた彼女のほっぺた。

 

、、、そして、、、

 

子:「あっ!まちがっとった!えへへ〜」

 

僕:「ほら見ろ、いつもやないかぁ〜い」

 

 

、、、を、繰り返すこと、もう数年(笑)

 

 

でもでも!

 

利口な子に有りがちなので、仕方ないか(笑)

 

ちょっとずつですが、彼女なりにお話が聞けるように成長しつつあります(笑)

 

 

そんな彼女は、去年、同コンクールの全国大会でメダルを頂いたのですが、今年は、

子:「自由曲(コース)も、バロック(コース)も、どっちも入選だった」

 

僕:「いいじゃん。また頑張って、もっとうまくなってやろう!」

子:「そうする!」

 

元々向上心があって、負けず嫌いな彼女。

 

彼女がせっかく持っている高い能力を活かすためにも、

 

僕:「まずは雪あそびとか、山の学校の時に、ちゃんとおそうじしよう(笑)」

 

僕:「○○○が持っているその素晴らしい力で、他の人を助けられるようになろう!」

 

子:「うん。やってみる」

 

、、、そう。彼女は山の学校などの時、今まではいつも掃除をしている仲間たちを見てるだけで掃除、片づけをしなくって、僕に注意されています(笑)

 

諸説ありますが、ピアノの上達も、スポーツの上達も日ごろの気持ちの力も確かにあるような、、、。

 

その未来に僕はとっても期待している彼女。

 

がんばろうな〜(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

この記事に対するコメント

コメントする









profilephoto

山本あきひこのぴあの教室LINE公式アカウントはじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS