先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 4991 焼き立て! | main | 4993 初めてのお客さま! >>

4992 第13回ベーテン音楽コンクール全国大会〜小学6年生、悩みは尽きねど!

昨年末に行われた第13回ベーテン音楽コンクール全国大会に出場することが出来た山本あきひこのぴあの教室の仲間たちのご紹介、ラストは小学6年生の生徒さん。

 

小学4年生の時に、同コンクール、、、というか、全てのコンクールの全国大会初出場で第4位に輝いた彼女。

 

しかしっ!

 

最初が良いとあとが大変なのが世の恒人の常(よのつねひとのつね=大抵そうなんだよっていうこと)。

 

、、、小学生の生徒さんたちも結構僕のブログを読んで下さっているらしく、大人の方には無くて良い説明、おせっかいごめんなさい!

 

 

その後、

 

子:「最初がよかったから、なんかがんばれんのよ」

 

僕:「そ〜よなぁ」

 

で、全国大会には残れるものの、結果というか、それまでのアプローチや日ごろのピアノとの向き合い方に、彼女なりの苦労が感じられる今日この頃。

 

でも、レッスンは楽しいらしくて、中学校に上がっても、部活や勉強が忙しくなっても、

 

子:「ピアノは続けるよ」

 

僕:「うん、ステキ!」

 

ってお話してくれています。

 

 

そんな彼女は今、小学6年生。

 

進路のこと、小学生活の締めくくりのこと、勉強やピアノのことなどなど。

 

様々なバージョンアップが求められて、彼女自身も心の中ではそれに向けて進もうとしていた矢先。

 

彼女が通う小学校の彼女のクラス、学級崩壊っ!

 

同じタイミングでやって来た彼女の人生の季節、反抗期。

 

 

クラスが学級崩壊した生徒さんって、眼付や言動が激変して、レッスンの時にもすぐわかるのですが、彼女は違いました。

 

レッスンの時には極力それを出すまいとして、辛抱していたっ!

 

彼女と僕とのほんのわずかの空気感の変化と、彼女からのお話で、彼女の周辺の環境が大変なことを僕は知ったのでした。

 

 

それでもコンクールには出てくれた!

 

もうそれだけでハナマル!

 

結果は「またがんばろう!」。

子:「先生の顔がデカくなるように(笑)」

 

僕:「ふっふっふ、安心しなさい」

僕:「堂々とデカく写ってやる(笑)」

 

子:「あっはっはっはっは〜!」

 

もうすぐ始まる彼女の中学校生活。

 

温かい春になりますように(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

この記事に対するコメント

コメントする









profilephoto

山本あきひこのぴあの教室LINE公式アカウントはじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS