先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 5030 おひなさま! | main | 5032 20歳、50,000歩チャレンジ! >>

5031 第38回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山本選〜ポジティブ化進行中の小学5年生!

先週の土曜日、倉敷市玉島にある玉島文化センター大ホールを会場に行われた第38回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山本選。

 

山本あきひこのぴあの教室からも前もって行われていた予選を通過することが出来ていた生徒さんたちが出場されました。

 

結果は、、、

 

悲喜こもごも。

 

本番までの準備もの時間も、、、

 

悲喜こもごも。

 

 

でも!

 

結果の悲喜と、その後の人生には相関関係が少ないように、今のところ、感じています。

 

要は、、、

 

結果の受け止め方と、その後の人生の進み方なんじゃないかなぁと。

 

その「結果の受け止め方」や「その後の進み方」を決めるのは、その人の日常や歩いて来た人生の時間の質なような気がして、、、。

 

そのためには、、、

 

まず僕も日常の質を上げるんだ!

 

 

お話が横に逸れました、、、。

 

 

第38回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール岡山本選に出場することが出来た、山本あきひこのぴあの教室の仲間たちのひとり、小学5年生の生徒さん。

 

幼稚園児だった頃からずっとレッスンに来てくれている彼女は、最初はのんびり、ゆっくり。

 

石橋を叩いて叩いて叩いて、そして別の道を往くタイプでした(笑)

 

それがだんだんピアノを頑張れるようになって、それと共にどんどん気持ちがポジティブに進化して、そしたらピアノも勉強もぐんぐん伸びて、学校生活でもいつしかみんなを明るく引っ張るリーダー的存在になって来ているみたいです。

 

彼女のコンクール挑戦は、とにかくポジティブ。

 

結果が良くても変わらず自然体、その反対でも、ぶれずふくれず腹立てず。

 

、、、まだ10才なのに、彼女は仙人っ!?

 

前回の同コンクール挑戦では、実は予選で落選だった彼女。

 

今回は、、、

子:「全国大会行けることになった!」

 

僕:「おめでとう!」

 

(『せんせいの顔が小顔になるよ〜に(笑)』って前に出て写ってくれました)

 

子:「前が予選落ちじゃったから、今回も弾き終わったら母さんが『あ〜ダメかも〜』ってゆっとった」

 

僕:「ふむふむ」

 

子:「一緒に出てた小さい子たちとそのお母さんたちが『〇〇〇(彼女)ちゃんおめでと〜!』って言ってくれた!」

 

僕:「それ、ええなあ!」

彼女の全国大会は、コロナウィルスの影響でどうなるか不安定ではありますが、準備を頑張り始めた彼女なのでした(^O^)/

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

この記事に対するコメント

コメントする









profilephoto

山本あきひこのぴあの教室LINE公式アカウントはじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS