先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 5059 久しぶりクッキング! | main | 5061 楽しくなって第3弾! >>

5060 嬉しくなって第2弾!

一昨日、脱・タバコ臭に向けて試行錯誤、準備中の山本あきひこのぴあの教室・ひみつ基地で初めて作ってみた、僕にとっての久しぶり料理「ケンミンの焼きビーフン」。

 

大成功でした!

 

それに気を良くして、昨日、自宅台所をIH化してから初めて(その前のガスコンロ時代を含めると数年ぶり)に、自宅でも、今度は父母の分も合わせて料理を作ってみました。

 

メニューはイカときのことブロッコリーのトマトソースパスタ。

 

 

鉄のフライパンにオリーブオイルを多い目に、目分量で。

 

ニンニクを二かけ、一つはスライスに、もう一つは粗目のみじん切りにしてフライパンのオリーブオイルの中へ。

 

フライパンを火にかけて、じわじわとニンニクをソテー。

 

もう一口のコンロで、書かれているより多い目の塩で、標準茹で時間より30秒短くタイマーをセットしてパスタを茹で始め。

 

フライパンのニンニクの香りが立って来たら、生のスルメイカの輪切り(ゲソあり)と、こちらも粗目に刻んだ鷹の爪を投入。

 

イカの表面が焼けたらキノコも投入。

 

イカとキノコに6割くらい火が通ったところで、パスタのゆで汁を加えて油を乳化させてから、ホールトマトの缶詰をフライパンへ。

 

パスタの茹で時間の残りが1分半になったところで、パスタの鍋にブロッコリーを入れて、フライパンには大きく切った完熟のフレッシュトマトを投入!

フライパンはパスタの塩味も考えながら塩、コショウで味を調えながら軽く煮込み、パスタは茹で続け、、、。

 

パスタが茹で上がったら、ゆで汁はあまり切らずにブロッコリーもパスタも一緒にフライパンに合わせ、パスタの上からオリーブオイルを多い目に振りかけて、一気に煽って(あおって)和えて(あえて)、、、。

 

父母と三人分に分けて盛り付けて、

粒の黒胡椒(こしょう)をガリガリ削って振りかけて完成っ!

 

アルデンテの茹で加減が、奇跡の完ぺきでした!

 

皿に残ったソースに、のがみの生食パンを浸けて食べると、、、

 

これはうまいっ!

 

父母も大盛をぺろりと平らげてくれて、大満足してくれたのでした(^O^)/

| やまもとせんせい | 我が家の食卓 | comments(0) | - |

この記事に対するコメント

コメントする









profilephoto

山本あきひこのぴあの教室LINE公式アカウントはじまりました!

1.友だち追加をクリック
2.山本あきひこのぴあの教室と
お友だち登録完了!
3.そのまま通常のLINEトークで
お気軽にお問合せください!
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS