先生の日記

保育士資格(幼稚園教諭免許も!)を持ったピアノの先生の日記。
岡山市北区庭瀬駅周辺の吉備・陵南学区から、レッスンに来てくれている子どもさんたちとの楽しい日々をチラッとご紹介♪
新しい生徒さんの無料体験レッスン、いつでも大歓迎でお待ちしています。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

4129 初挑戦のこと!

今気が付きましたライト

 

今日の先生の日記は、通算第4129回大吉

 

2007年2月の第1回以来、おかげさまで1日も欠かすことなく毎日更新を続けることが出来て10年半を過ぎていました↑↑

 

これは読んで下さる皆様や、今までにブログのお話しのネタになって下さったりご提供して下さった皆様や生徒さんたち、たくさんの皆様のお力のおかげですびっくりハート

 

本当にありがとうございますお願い

 

、、、で、4129回。

 

、、、ヨイニクランチ

 

、、、失礼しましたやかんさん

 

 

それはさておき、、、。

 

 

昨日たまたま、初挑戦をした3人がレッスンに来てくれましたnew

 

小学2年生と4年生の二人は、小学校の音楽発表会のピアノ伴奏オーディション初挑戦ちからこぶ

 

中学2年生の一人は、中学校の文化祭の合唱大会のクラスの合唱伴奏ですちからこぶ

 

小学生の二人は、結果は残念っcry

 

でもっひらめき

 

二人とも今までで初めて、ピアノに関することで挑戦するって言ってくれての初挑戦でした筋肉

 

やっぱり、挑戦した人だけが見えた景色が二人の心の中に残ったはず♪

 

2年後、リベンジだっ!

 

中学生の一人は、小学校時代、伴奏とは無縁な暮らしをしていましたが、中学校に入り、2年生になって文化祭で合唱をすることになり、クラスにピアノが弾ける子が少なくて、担ぎ出されるように伴奏者に決まったのでしたひらめき

 

そして、本番1週間前の昨日、

ちゃんと仕上げて来ていて、本人も案外それが楽しそう、、、♪

 

挑戦したみんなにも、これからいつか何かに挑戦するみんなにも、人生にいいこといっぱいありますようにラッキー

| やまもとせんせい | うれしい! | comments(0) | - |

4128 「いてえっ!」3連発!

昨日レッスンに来てくれた中の、たまたま中学2年生三人pypypy

 

同じアルファベットから始まる名前もいるので、仮にテニス部のテちゃんと、バスケ部のバちゃんと、吹奏楽部のスちゃんとして、、、。

 

 

テニス部のテちゃん。

 

彼女が通う中高一貫校では、先日、文化祭と体育祭が合体した学校祭がありました。

 

テ:「文化祭、体育祭があって、総合で最下位なみだ

 

僕:「それは心が痛い汗

 

テ:「合唱は一番いいって言われてたけど、それも最下位落ち込み

 

僕:「先生も高校3年の時、12クラスで総合最下位だったよ(笑)その分、いつかいいことあるさ〜ハート

 

彼女が痛いのは心でしたやかんさん

 

 

バスケ部のバちゃん。

 

足の骨を疲労骨折していた彼女は、約1か月半ぶりにバスケ部の練習メニューに参加できて、とっても楽しかったらしく、、、。

 

バ:「部活練習、今日から復活!めっちゃめちゃ楽しかったわーい♪

 

僕:「よかったな〜。ずっと治るの待っとったもんなぁにっこり

 

バ:「でも、めっちゃケツ痛ぇやかんさん

 

僕:「サイドキック(バスケのフットワークのひとつ)やった?」

 

バ:「やったやった!」

 

僕:「サイドキックはケツ筋ヤバいよなぁもん

 

バ:「マジ階段降りるときちょー痛い汗

 

僕:「階段って、上りより下りがヤバいよなぁ笑う

 

バ:「マジ、そうなんよkyu

 

僕:「こうなったら、左右両ケツ筋にダブルサロンパスや笑

 

バ:「あはは〜!でも、張らんし(笑)

 

彼女が痛いのはケツ筋でしたスニーカー

 

 

吹奏楽部のSちゃん。

 

彼女は昨日が体育会の本番で、それまでにすでに彼女が通う中学校名物「クラス対抗長縄跳び大会」練習の疲労の蓄積がありました。

 

ス:「痛い〜cry

 

僕:「足かなはてな

 

ス:「足じゃってば!って先生知っとるがbuu

 

僕:「そうよなぁおんぷでも、体育会がんばったじゃんにこにこ

 

ス:「痛ぇ〜痛ぇ〜汗

 

僕:「病院いったんじゃがなDocomo119

 

ス:「行ったしぃ!これ病院でテーピングしてもらったんよゆう★

 

僕:「おっ!これは!」

 

ス:「なになにおどろく

 

僕:「描いてもええ?アンパンマン

 

ス:「ええよ(笑)

ス:「この顔、先生じゃがぁ(笑)

 

彼女が痛いのは足でしたブーツ

 

とりあえず、みんな元気になって帰ってくれたので良かったですラッキー

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

4127 秋の運動!

母校でお世話になっている事務局のKさんからアイデアを頂いて、即実行になった、山本あきひこのぴあの教室・第1回球技大会ライト

 

昨日、レッスンのお休みを頂いていたので、現地へ行って来ました走る

 

、、、自転車で手

 

 

朝9時40分、うちを出発してから大安寺高校前、大野小学校前を通り、子どもの森から法界院へ抜けて、そこから旭川沿いにひたすら走りました。

 

旭川の川沿いの道は、山陽自動車道をくぐった後、俄然自然の中の道になります。

 

川の両岸とも、山がそのまま川に入り込んでいて、その山の裾の川に近いところをちょっと削って道が出来ている感じのところもあり、そんな中にも平地があればいくつかの集落もあり、、、。

 

旭川沿いの道になってから一時間弱、JR津山線野々口駅前からは国道53号線になって、車通りもそれなりにあり、同じくJR津山線の金川駅手前から駅前通りへ入旧道に入り、まだ11時半前でしたが金川駅前のラーメン屋さんでラーメンを食べて、再出発。

 

うちを出発してから2時間10分の11時50分、35kmの道のりを走って、山本あきひこのぴあの教室・第1回球技大会会場の御津スポーツパーク(旧御津町体育館)に到着したのでした。


前もって予約もしておいたので、2時間ほどシューティングをして、、、。

 

御津スポーツパークは、


施設の清潔さもさることながら、


自然豊かなロケーションもいいと思います​。

 

帰り道は、今度は川を下るのでいくらか楽、、、。

 

、、、かと思ったら、行きの川上りと、2時間のシューティングをした僕の足には、下りの中に潜むわずかな登りに手こずって、帰りは途中ラーメンを食べなかったのに、しっかり2時間かかりましたゆう★

 

まだ夏の緑を残している森の木の中にいくらか落葉が始まっているものもあったり、稲穂が黄色く色づき始めている田んぼもあったり、遠くに見える空の入道雲が夏よりは背が低くなっていたり、、、。

 

秋を感じながらいい運動が出来ましたラッキー

| やまもとせんせい | 自転車 | comments(0) | - |

4126 天高く、、、!

天高く馬肥ゆる秋py

 

、、、っていう言葉は、中国の西部の古い漢詩「蘇味道に贈る(贈蘇味道)」からの出典で、元々は中国西部の人々が秋の収穫期後に略奪に現れる古モンゴル人集団を警戒する合言葉のようなものだった。

 

とか、その後、古モンゴルが滅びてその心配がなくなってからは現在の秋の風景を伝える言葉になった。

 

とか、そもそもは「秋高く馬肥ゆ」だった。

 

とか。

 

それこそ、古の昔に、高校の漢文の先生が教えて下さったのでした。

 

、、、テストには出ませんでした笑う

 

、、、テストに出ないことは聞いていた僕、山本笑う

 

そんなことを思い出した、今朝、

9月13日(水)の岡山市内の日の出でしたラッキー

| やまもとせんせい | 徒然(つれづれ)に | comments(0) | - |

4125 山本あきひこのぴあの教室の新企画・秋の球技大会!

岡山市内ではここの所、朝夕涼しい風が吹くようになり、少しずつ秋らしさが感じられるようになって来ていますもみじ

 

そんな秋にっ笑

 

企画しましたVサイン

 

「山本あきひこのぴあの教室・秋の球技大会」LAVEMUSIC

 

これは、先日、母校の事務局のKさん(学生時代からお世話になっています)がお時間を取って下さった際に、

 

K:「あきひこんとこくらい来てくれとるんじゃったら、球技大会とか出来るんじゃねえん?」

 

僕:「そっかぁ!」

 

K:「おめえ、バスケやりよったんじゃしバスケットボール

 

僕:「それはぜんっぜん考えてなかったですバスケットボール

 

K:「ええと思うよグッド

 

僕:「考えてみますグッド

 

、、、そう言えば僕、元岡山県バスケットボール協会の公認審判員で、10年前、どちらにも生徒さんが所属するチーム同士の公式戦を裁いたのが最後ですが、それまで公式戦と練習試合を合わせたらたぶん、通算500試合以上は審判もさせて頂いていたのでしたドラえもん

 

早速、あちらこちらの体育館を調べ、発見!

 

現地に行って、床の状態などを実際にバッシュ(バスケットボールシューズ)を当てて確かめて、、、。

 

そして、予約!

 

そして、、、ライト

 

第1回山本あきひこのぴあの教室・秋の球技大会開催が決まりました大吉

 

これは、山本あきひこのぴあの教室の現役の生徒さんはもちろん、保護者の皆さま、きょうだい、いとこ(きょうだい、いとこは体格差等安全を考慮して男の子は小学生まで)、そして教室卒業生、みんな参加オッケーのオープン企画ですびっくりハート

 

ルールはケガをしないように、みんながより楽しくなれるように少しアレンジして行う予定です。

 

昨日の午前中、その会場としてお借りすることが決まった体育館に、

行って、

 

10年ぶりに、

シュートを、

打って、

そのボールは、

懐かしい弧を描いて、

ネットへ向かって、

スパッと、

入ってくれた、、、

 

、、、ものもありましたpatipati

 

球技大会は10月28日(土)です↑↑

 

教室の卒業生の子で、もし「出たいな〜」っ思ってくれる子がいたら、直接連絡くださいやかんさん

 

素敵な秋の一日になりますようにラッキー

| やまもとせんせい | 球技大会 | comments(0) | - |

4124 県外からの生徒さん!

山本あきひこのぴあの教室には、通常レッスンの生徒さんの他に、時に他のお教室のお子さんや先生方がレッスンを受けに、またお話を聞きに来て下さることがありますライト

 

昨日は、近づいて来たピアノコンクール本選に向けてという小学3年生の男の子が、お母さんに連れられて単発レッスンを受けに来られましたOK

 

「山本先生のようなユニークな(もちろんいい意味で!です。)先生に観て頂いたら、息子も何かピアノに対する考え方が変わるのではないかと」と、ご依頼を下さったのでしたパソコン

 

約束の時間にきちんと来てくれた彼は、野球少年だともお聞きしていました。

 

僕:「こんにちは!」

 

子:「こんにちは!初めまして。○○○○と言います。よろしくお願いします!」

 

僕:「おおっ!その素晴らしいごあいさつは、野球のコーチに教えてもらったの?それかお父さんやお母さんから?」

 

子:「お母さんが『こう言いなさい』ってニコ!

 

僕:「あまりに素敵なごあいさつでびっくりしたよ〜(笑)

 

子:「ありがとうございますびっくり

 

最初ちょこっと色々お話をお聞きして、ちょっと空気がほぐれたところでレッスンスタート矢印

 

他の先生のお子さんをお預かりした時にはいつものことなのですが、

 

僕:「これは『今の山本先生ならこんな風に考えていて、理由はこうなんだよ』でも、こんな別の考え方もあってもいいかもしれない」

 

僕:「もし、いつもの先生と違うところがあったら、例えば醤油ラーメンに『このチャーシュー大好き!』って、豚骨ラーメンのチャーシューを乗せたら、もしかしたらバランスが変わるかも知れないから、いつもの先生がおすすめのバランスで仕上げて頂いてね!」

 

僕:「言われる事が違った時に、たぶん、どっちもこんな感じ方や考え方もあるんだな〜って感じで聞いてくれたら嬉しいな」

 

と、レッスンを進めました。

 

最後、

 

子:「とっても楽しかった!」

 

って言ってくれた彼と記念写真を、

お母さんに撮って頂いてお開きになりましたカメラ

 

普段もとても素敵なレッスンをして下さっている先生に恵まれている様子の彼OK

 

彼が目指しているコンクールの全国大会で彼と再会出来るように、僕も山本あきひこのぴあの教室のみんなと一緒に頑張りますラッキー

 

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

4123 「未来の自分を信じて」〜中学2年生ピアノ男子!

小さい時からずっとレッスンに通って来てくれている、現中学2年生の男の子m

 

山本あきひこのぴあの教室の生徒さん全体の約1割、9人いるピアノ男子たちの一人である彼は、現在、山本あきひこのぴあの教室唯一の中学生男子でもあります指

 

そんな彼が、夏休みも後半に差し掛かったころのレッスンで言いました矢印

 

子:「先生、『未来の自分を信じて』っていうか、、、」

 

僕:「うおぉっ!なんかカッコええこと言うなあふきだし

 

子:「あ、いや、っていうか、そうでもないんだけど、、、」

 

僕:「いやいや、カッコいいよ!続けてOK

 

子:「未来の自分を信じて、夏休みの宿題は今はまだやらない(笑)

 

僕:「そっちかーい笑う

 

 

未来の自分を信じた彼はその後、8月31日の自分が「過去の自分のばかやろう!」って思いながらもちゃんと責任を取って、夏休みの宿題はやり遂げたんだそうです笑

 

えらいぞ〜イヒヒ

| やまもとせんせい | レッスンのひとコマ | comments(0) | - |

4122 ピアノの調律3台!

昨日、山本あきひこのぴあの教室のレッスン室と練習室のグランドピアノ、合わせて3台、調律がありましたライト

 

1月、4月、6月に続けて今年4回目の調律です矢印

 

作業して下さったのは、山本あきひこのぴあの教室の発表会のステージ調律でもおなじみの、岡山ピアノ調律センターのTさんニコチャン

 

朝9時から始まった作業は、

いつものようにてきぱきと進み、、、矢印

 

途中、写真手前側、生徒さん用のピアノの作業のはじめには、

 

T:「うわっ!これは生徒さんたち頑張って弾きましたね〜汗

 

僕:「発表会やら、コンクールやらで、、、やかんさん

 

っていうくらいの状態だったのですが、調律ですっきり回復っちからこぶ

 

特に、練習室のスタインウェイAS188は、

 

T:「これは、こんなによく育つとは、、、!!

 

僕:「中高音域のあたり、このピアノ、別次元に行ってますよねやかんさん

 

T:「これはすごいと思いますよもん

 

僕:「ありがとうございます↑

 

山本あきひこのぴあの教室に、生徒さん用のぴあの練習室を作って、もうすぐ5年。

 

その時に新品だったスタインウェイグランドピアノAS188(音大等音楽教育機関専用モデル)も、日々生徒さんたちに弾いてもらってもうすぐ5才。

 

今回の調律で、過去最高の音に育っていますやかんさん

 

、、、ような気がしますドラえもん

 

これは、うちの生徒さんたちが頑張って弾いて、それを調律師さんがサポートして下さりながら育てた音色↑↑

 

、、、生徒さんたちへの親バカ、ごめんなさいっ福助汗

 

、、、ついでに、ピアノへの親バカも、、、お願い

 

生徒さんたちに、山本あきひこのぴあの教室でピアノの音色も楽しんでもらえますようにニコニコ

| やまもとせんせい | ぴあの練習室 | comments(0) | - |

4121 第11回ベーテン音楽コンクール岡山予選〜その3!

第11回ベーテン音楽コンクール岡山予選に挑戦した山本あきひこのぴあの教室のなかまたちのご紹介のラストは、小学2年生の生徒さんpy

 

彼女は保育園時代、本当に「超」が付くのんびりさんでした♪

 

大抵半年くらい(今までの最短記録は3週間。彼女以前の最長記録は1年半)で終わる、山本あきひこのぴあの教室で最初の導入に使っている本を終えるのにかかった時間、2年ピース

 

ピアノを始めてから、伴奏が「ソ」だけのメリーさんのひつじが弾けるようになるまでにかかった時間、2年以上ふきだし

 

山本あきひこのぴあの教室の、二つだけあるお約束、

 

1.「ごあいさつをしましょう」

 

2.「おはなしをききましょう」

 

を守りたくなくてレッスンをぐずったことも多々あり、、、ドラえもん

 

何度も何度も、そのことで僕から注意されても、なかなか明後日を向いたままの彼女の心人

 

でもっ〜♡

 

ご両親が辛抱強く見守って下さって、大切なお子さんが「ごあいさつをちゃんとしなさい」「お話しちゃんと聞きなさい」と、他人の僕から注意されていても黙って見守って下さって、進まなくても辛抱強く待って下さって、、、。

 

そんなある日、彼女と同じ保育園のお友だちが山本あきひこのぴあの教室の仲間になってくれましたok

 

するとっもん

 

彼女、やる気スイッチ、オンっちからこぶ

 

メキメキと上達が始まりました↑

 

もう、誰にでも(山の学校の時にも!)ちゃんとごあいさつが出来て、とても上手にお話が聞けるようになっていた彼女は、持ち前のユニークな感性で包みながら、様々なことを吸収っやかんさん

 

1年前なら考えられなかったコンクール挑戦も出来そうなくらいになったので、お母さんにおススメしてみたところ、「出来ることならやってみます」と乗って下さり、第11回ベーテン音楽コンクール岡山予選ピアノソロ部門・自由曲コースへの挑戦になりましたやかんさん

 

そして、、、。

 

コンクール初挑戦、メリーさんのひつじが弾けるまでに2年以上かかった彼女、

最優秀賞を頂く事ができました!!

 

結果発表の時、ご両親とも「うっそおおぉぉぉ〜」って何度も何度も確かめられたんだそうです(笑)

 

結果は一枚の紙ですが、その一枚には彼女の努力と、ご両親の辛抱の時間がぎゅっと詰まっていますはなまる

 

油断せずに本選に向けても頑張ってくれますようにニコニコ

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |

4120 第11回ベーテン音楽コンクール岡山予選〜その2!

一昨日の先生の日記に続けて、ちょっと遅くなりましたが、先月8月6日(日)に岡山市中心部になる岡山県立美術館ホールを会場に行われた、第11回ベーテン音楽コンクール岡山予選に挑戦した、山本あきひこのぴあの教室のなかまのお話です矢印

 

彼女と初めて出会ったのは、今からちょうど5年前の夏のことでしたはれ

 

「ぴあのならいたい」っていう本人の希望があって、ご連絡を下さって、お母さんが体験レッスンに連れて来て下さったのでしたハート

 

が、しかしっふきだし

 

彼女は当時、まだ3才にわとり

 

ちょっぴりタイミングが早い感じだったので、4才になったらもう一度体験レッスンに来て頂くお話になって、一旦「またね!」になりました指

 

そして、それから半年後、彼女が4才になったタイミングでの二回目の体験レッスンは、、、おんぷ

 

今度は、彼女の気持ちが合わずに、お話は持ち越しになりましたドラえもん

 

そしてそして、、、。

 

二回目の体験レッスンから1年半後、彼女が5才半になった夏、彼女の気持ちがまた前向きになって、彼女のピアノはスタートしたのでした日本

 

それから3年やかんさん

 

彼女はコツコツ頑張って上達し、去年、初挑戦だった第10回ベーテン音楽コンクール・ピアノソロ部門自由曲コースで見事、予選本選共に最優秀賞で全国大会のステージに立つことが出来て、東京で僕も一緒に楽しくもんじゃ焼きを食べたのでしたok

 

そして迎えた今年にっこり

 

さらにパワーアップした彼女は、今年の第11回ベーテン音楽コンクールではピアノソロ部門の自由曲コースと、彼女は初めてのバロックコースにもエントリー。

 

別会場で先に受験したバロックコース予選では最優秀賞を頂いて無事通過が決まっていて、臨んだ今回の岡山予選の自由曲コースでしたもん

 

が、しかしっあせ

 

本番で大きなミスをしてしまった彼女は、結果発表前にもう諦めていたそうで、、、。

 

結果は、

でも、幸運にも優秀賞を頂く事が出来て、自由曲コースも予選通過になりましたわーい♪

 

9月から新しいレッスン時間に変わり気持ちも新たにっOK

 

伸び盛りの彼女YES!

 

この夏の三瓶山では、彼女の笑い声も三瓶の大自然の中に響いていました手

 

心も体もピアノも、元気に大きくなあれっラッキー

| やまもとせんせい | ピアノコンクール | comments(0) | - |
profilephoto
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS